課題実践

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


課題実践
投稿者:ひでき 2008/11/18(火) 22:00:28 No.1356

彼女がシャワーを浴びている間にPCに向かった。
お気に入りである、ひとりエッチ倶楽部を視察していると彼女がシャワーから上がってきた。
長袖のTシャツにスウェットを履いていた。
髪をタオルで拭きながら俺の居る部屋へ入って来た。
「ま〜たそんな所を見てるぅ」
『良いだろ〜見てるだけなんだからさ。それよりこれ面白そうじゃないか?』
『男が女にHな課題を出すんだけどさ、突っ張り棒…確か余ってたよな?』
「えーッ!?こんな事してどうするのよぉ」
『良いから良いから、どんなもんか試しにさ。ほらッ折角持って来たんだから』
「え、ちょっと無理だってば、止めようよこんなの…」
伸ばした突っ張り棒を彼女の着ているTシャツの袖に通した。
カカシの様に両手を伸ばす彼女。
『なるほど!確かにこれで両手は使い物にならなそうだな!!』
「ねぇ、もう外してよ…イヤよこんな格好……」
彼女の着ているTシャツを捲くり上げ胸を露わにする。
「ヤダッ、ちょっと何をしてるの?明るいから早く下ろしてよ」
『明るい所でお前の胸を見るのってあまりないからな!この際じっくり見させて貰うか』
「恥しいからヤメテってば!」
湯上りの彼女の胸は温かく、何故か普段より柔らかく感じた。
彼女が抵抗出来ないのを良い事に両手を使いネットリと両胸を揉み解す。
乳首を摘み、引っ張りあげる。
グリグリと摘む乳首を捻りあげる。
「もう良いでしょ?満足したでしょ??」
『まだまだ全然さ、そうだ!他にもこんなのがあったんだよ』
「!?」
『綿棒…これに輪ゴムで縛り付けると〜ほら、こうなるんだ』
「それ・・どうするの??」
『こうするに決まってるじゃないか』
彼女の乳首に綿棒を挟み込む。
「ヤッ!ヤダこんなの・・外してよ…」
『あれ?ちょっと緩いかな…もっと強めに〜っと』
「あッ・・」
彼女の上半身が挟み込む綿棒に反応し始めた。
『あれあれ〜何か感じて来てない?』
「ち、違うッ…」
『ほんとかなぁ…じゃぁこれは?』
乳首に挟まる綿棒をグルグルと回してみる。
「あッぁぁぁ…ダ、ダメ……そ、そんな風にしないでっ」
『ほらぁ、しっかり気持ちいんじゃないか。さっきより乳首が大きくなってるもんな』
『そんな格好しても、ちゃ〜んと感じちゃう訳か…』
「ち、がうって・・あぁっ…」
『この調子じゃ、折角シャワーを浴びたと言うのに下・・汚しちゃってるんじゃないか?』
スウェットの上から彼女の股に触れる。
『ほらほら、此処・・汚しちゃってるんじゃないのか?』
「・・・・・・」
『ほら〜どうなんだよ?言ってみろよ!』
「・・・・濡れちゃってるの・・凄く濡れちゃってるのがわかる…の」
『やっぱり・・濡れたパンツが気持ち悪いだろ?』
「凄く…」
『ヨシ!じゃぁ俺が脱がしてやるとすっか』
「だ、駄目!明るいし、見られたくないの!!ね、お願いだから、ね?」
『見られたくないなら隠せば良いだろ?簡単な事じゃないか』
「出来る訳ないでしょ!だったらこれ抜いてよ!!」
『だ〜めッ!ほら、抵抗しないと脱がされちゃうぞ?見られたくないんだろ??』
スウェットと下着を同時に掴み、ゆっくりと下ろし始める。
上半身を揺すり、両足に力を入れ抵抗らしき行動を取る彼女。
『もっと足に力を入れないと一気に下ろすぞ?』
歯を食いしばり脱がされる事を拒む彼女・・・
しかし、物の見事に下半身を守る衣服を全て剥ぎ取られてしまった。
「・・・・!!」
『あ〜残念…これ、脱げちゃったな!』
剥ぎ取った彼女の下着を目の前でチラ付かせる。
下着を裏返し、クロッチを見ると大量の愛液が付着してあった。
『また随分と汚しちゃって・・スケベ汁出しすぎだろ、これは…』
「・・・・・・・」
『この分じゃ、オマンコ…相当汚してるだろ』
座る彼女の両膝を掴み、開く。
彼女は再び足に力を入れ開脚させまいとする。
『全く強情だなぁ、そろそろ観念して晒しちゃえよ』
「嫌!絶対に嫌!!」
『はぁ…ったく……』
俺はもう1本突っ張り棒を用意した。
力を入れ股を閉じる彼女の脚の間に身体を強引に押し込み、用意した突っ張り棒を両太腿の間に入れた。
『ふぅ、これでヨシ!』
「な、何これ・・外してよこんなの!」
突っ張り棒のせいで股を完全に閉じる事が出来なくなった彼女・・・
『さ〜て、これから更に丸出しにして貰うぞ?』
「ヤダ・・嫌…絶対に駄目……」
突っ張り棒を捻り徐々に突っ張り棒を伸ばしていく・・・
突っ張り棒が伸び、太腿が次第に大きく開いていく・・・
「やめて…お願いだから……」
『仕方ないな、じゃぁこの位で・・』
彼女が言葉を発した時には既に大きく股は開いてしまっていた。
両手は吊り上がり、両足は開脚させられ隠す事も出来ず、俺に視姦される彼女・・・

さ〜て、久々だから今日はこの辺で♪
最近、仕事が忙しいから、もし続きを期待しちゃった方が居ましたら気長にお待ち下さいな。


投稿者:ひでき 2008/11/23(日) 13:05:23 No.1357

大きく股を開脚し恥部を晒している彼女・・・
『あ〜あ・・また随分とスケベな汁で汚しちゃってるじゃんかぁ』
「・・・・・・」
『おまんこ…グショグショに濡れてるぞ?』
彼女の股に頭を埋め両手で左右に花弁を開く。
ググっと彼女の花弁を摘み開く・・・
開いたり閉じたり繰り返していると、彼女は恥部をヒク着かせポッカリと開く
蜜壷からトロトロと蜜汁を垂らし始める。
『なんだ?この溢れて来る液体は・・・・』
俺は彼女が溢れさせる液体を指先に取り、彼女の顔に差し出した。
『ほら、わかるかい?この汁・・・今、お前の おまんこから出て来たんだぞ?』
「・・・・・・・」
俺の差し出す指先から無言で顔を背ける彼女。
『逃げるなよ?お前のスケベ汁なんだぞ?こいつ…』
指先に着いた彼女の蜜汁を口に含み舐め上げた。
再び彼女の開く股に頭を埋め、舌を伸ばし弛んだ花弁の間へ舌を這わす。
「ぁ......っ...」
『んん…んんん……んはぁ…出て来るぞ?スケベなマン汁がどんどん溢れて来てるぞ?』
「い...ゃ......ぁっぁぁ...」
淫音をたてながら彼女の恥部を舐め上げる。
溢れる蜜汁を吸い、口の中で俺の唾液と彼女の汁が混ざる。
唯でさせ大きめな彼女の花豆は更に大きく肥大していた。
『お〜相変わらず大きなクリトリスして来たぞ?本当にこのデカクリはイヤラシイな…』
覆う皮を自ら剥かせ赤く肥大させた豆を丸出しにしている彼女の豆・・・
彼女の豆を指先で弾き弄ぶ。
「あッぃッッ...」
弾く度に彼女の身体、下半身が振るえる…
面白い程、俺の指先に反応をする彼女。
「あッッ、やッやめッ...そ、そんなにしたら......あぁぁ...」
突起する豆を集中的に弄る。
乳首を扱う様に彼女の大きな豆を摘み軽く捻る。
溢れる蜜汁を塗り指先で小刻みに擦り上げる。
「だ、だめ…だめ……だめ…」
『何がダメなんだ?気持ちぃんだろ?これ・・・』
『ほらほらぁ、もっとか?もっとなのか??』
指先に力を入れ更に素早く豆の先端を擦る。
「あッあぁぁッ...や、やめッ...て......も、もぅ.........」
彼女は唇を食いしばりながら拳を握り腰を捩る。
「だ..め...逝っちゃう......逝っちゃ...ぅ.........っ」
彼女は絶頂を迎えた・・・
両手を伸ばし、脚は開いたまま暫く動かない。
『こんな格好してても最後は逝くんだな?嫌がってた割りに楽しんでたんじゃないか?』
「・・・・・・・・」
『まわ終わりじゃないぞ?ま〜だそのままで居て貰うからさ♪』


ちゃんちゃん。
と、ちょっと続きを書いてみました〜〜



投稿者:ゆき 2008/12/2(火) 7:02:42 No.1362

陰部を見られながらイジられるのって堪りません!
読んでたらビショビショになっちゃった。


投稿者:ひでき 2008/12/3(水) 0:26:54 No.1366

ゆきサン
溜まりませんか…

肉厚のあるヒダを開かれ直視されながら弄られ、陰部をいやらしい言葉使いで言われたら 相当感じてしまうんでしょうね。
朝っぱらから濡らす程だからな……



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.