布石

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


布石
投稿者:ひでき 2008/11/24(月) 16:33:47 No.1358

連休とあって妻の妹が田舎から遊びに家に来ていた。
妻と5歳年下の妹は胸が大きく妻とは対照的だった。
久し振りの姉妹の対面で女2人は昔話をつまみに慣れない酒を口にする。
時間も遅くなり妹は今居るリビングの隣の部屋で眠りにつく。
妻が片付けをしてる最中に俺は寝室へ向かいある物を手にして戻って来た。
『もう大体片付いたか?』
「ええ、そろそろ私達も寝ましょう」
膝を付きテーブルを拭いている妻の後ろから抱しめた。
「!?ア、アナタ。ダメ...涼子が居るのよ?ダメだってば…」
『大丈夫だって。もうとっくに寝てるさ』
「起きちゃうでしょ?ダメよ、こんな所で・・はぁはぁ……」
妻の首筋を唇で愛撫をしながら服の上から胸を揉み解す。
「はぁはぁ・・アナタ・・ヤメテ…ヤメテってば……」
テーブルに両手を着かせ、突き出す尻を撫で、スカートを捲り上げる。
白いショーツが丸出しになり、妻の陰部へ顔を埋め熱い息を吹き掛ける。
「はぁはぁはぁ…ダ、ダメ…アナタ、ダメだってば……」
ショーツを引っ張り妻の陰部へ食い込ませる。
布を挟む妻の陰部からはヒダが食み出、縮れた陰毛が点々と覗かせている。
テーブルにしがみ付く妻は尻を揺らし、決して嫌がってる様には思えなかった。
尻を一発パン!と叩き妻を起き上がらせ、後ろのソファーへ座らせた。
「ねぇ、アナタ、、もう良いでしょ?本当に涼子が起きちゃうわ」
『大丈夫だって。涼子ちゃんだって気を使って起きて来たりしないって』
そう言いながらソファーで座る妻の衣服を脱がせ全裸にさせた。
そして、寝室から持ってきたロープを妻の座る太腿に縛り、その先をソファーの両足に縛りつけた。
妻の脚はソファーの上で大きく開き、陰部を晒している格好になる。
少なめの陰毛のせいで、脚を開くと妻の陰部は隠される事なく丸出しになる。
自由の利く手で陰部を覆い隠そうとする妻の手を掴み抑え付ける。
妻の口へ大量の唾液を混ぜ合わせ、小さめの乳房へ舌を這わす・・・
突起する乳首を大きく舐め上げ、イヤラシイ光沢を出させる。
乳首を前歯を使い、かじる。
「あぁぁッ・・いいッぃぃ…」
更に強く乳首を前歯で挟み込む。
「ぃ、た、、い、、、アナタ、痛ぃ…」
妻の言葉を聞き入れず挟み込む乳首へ更に強い刺激を与える。
「あッはぁぁ...ぃぃ......いい...」
大股を開妻の陰部からはイヤラシイ汁が垂れ始め牛皮のソファーを汚していた・・・
先程まで妹の事を口にしていた妻が今となっては悦ぶ女の声しか口に出さなくなっていた・・・
『おいおい・・ソファー汚しすぎじゃないか?お前のマン汁でソファーがベチャベチャになってるじゃないか!』
「ご、ごめんなさい・・でも、でもアナタが・・・・こんな事をするから…」
『全く、妹が隣で寝ていると言うのに姉のお前は大股開いてオマンコをビショ濡れにさせてるんだからな…』
「言わないで・・そんな言い方で・・・まるで私が悦んでいる様な言い方……」
『悦んでるだろ?このオマンコ見ればそんなの一目で分かるだろ??』
『嫌なら此処で止めるか?俺はそれでも良いけど』
妻の陰部へ指先をヌルっと滑らせた。
「あッ...」
『どうした?止めて貰いたいんだろ?』
何度も妻の陰部を指先は上下に往復する。
「あぁッ・・き、気持ちぃ…お願い、アナタ止めないで…お願いだから続けて」
『なら、どうして貰いたいか自分の口でちゃんと言えよ…ほら言えよ……』
「アナタの…が欲しい……」
『俺のが欲しいのか?俺の何が欲しいんだ??』
「オチンチン…アナタのオチンチンが欲しいの。お願いだからアナタの入れて……」
『俺のコイツか?コイツを入れて貰いたいのか??』
俺は履いていたズボンと下着を下ろし、妻の正面で仁王立ちした。
硬く反り立つ物が妻の目の前に現れた。
「そう、それが欲しいの…ねぇアナタ早くそれを入れて…」
『そうか・・お前が欲しいのはコイツか・・・・でも、まだあげれないな』
俺は隠し持っていたバイブレーターを妻に見せ付けた。
『今のお前にはコイツで十分だろ!』
妻の弛んだ陰部へバイブレーターを突き立てた。
バイブレーターの先端を美味しそうにヒダが咥え込む。
そのまま膣目掛けてグイグイとバイブレーターを押し込み始める。
「あぁぁぁ...ぁぁぁぁぁッ......」
妻の中へ異物が深く突き刺さっていく・・・
奥深く刺さった所でバイブレーターを引き抜く・・・
「ぬ、抜かないで!もっと・・もっと入れて…」
妻の要望に応えて再びバイブレーターを妻に押し込む・・・
奥に突き刺してバイブレーターのスイッチを入れる。
「あぁひぃぃぃぃぃ・・・・」
妻の口からは悲鳴の様な声が吐き出された。
スイッチを入れながら妻の中を出し入れさせる。
身体を震わせ善がる妻・・・
瞬く間にバイブレーターで絶頂を迎えてしまった・・・
ソファーでグッタリとする妻に間髪入れずに俺の威きり立つ物を妻に押し当てた。
「・・・!?アナタ、待って!もう少しだけ待って!!」
妻が拒んだ時には既に俺の物は妻の中へ埋まっていた・・・
「んッぐぅぅ…」
妻の潤いが俺の動きをサポートしてくれる。
軽い力で素早い出し入れが可能になる。
妻から引き戻す度にヒダが捲れあがる・・・
絶頂を一度迎えた妻の身体全てが敏感になり、挿入をしながら乳首を刺激すると
大きな悦びの声をあげる。
妻の尻を抱え腰を浮かせながら出し入れする。
更に奥深くへ刺激が加わり、妻は自ら腰を振り始める。
「アナタ・・アナタ凄くいい……あッあッあッ…もっと、もっとアナタ……」
妻の乳房を掴む手に力が入り、一層腰の動きも早まっていく・・・
「あッぁッぁッ...イイッ......気持ちぃアナタ...」
「あッダメッ、ダメッッ、また逝っちゃうッ、逝っちゃぅアナタ………」
「イクッイクッイックッぅぅ…………ッ」
2度目の絶頂を迎えた妻は、またもや身体の力が抜け静かになる。
暫くして妻を縛るロープを解き妻を解放する。
「涼子…起きなかったかしら?そろそろ寝ましょ。アナタ」
満足気な様子で寝室へ向かう妻。
そして妻は気付いていない。
隣の部屋の開き戸が途中から少し開いていた事を・・・
俺はテーブルの上にバイブレーターを見える様に置いて寝室へ向かった・・・・。


投稿者:ひでき 2008/11/30(日) 14:35:48 No.1359

暫くして隣で妻が寝息を吐くのを確認してリビングへ一度出向いた。
そしてテーブルの上に置いておいたバイブレーターが案の定無くなっていた。
妻の妹が寝ている隣の部屋の開き戸の前に忍び寄り、耳を澄ますと聞こえて来る。
バイブレーターの機械音と妹の涼子ちゃんの喘ぐ声が・・・
俺の思惑通りに事が運び始めていた。
リビングの照明を消し、静かに開き戸を少し開けた。
そこには薄暗い部屋の中で四つん這いになりながらバイブレーターで悦んでいる涼子ちゃんの姿があった。
尻を向けているせいで俺が覗いている事に全く気付かず快楽に没頭している妻の妹、涼子ちゃん・・・
大きく脚を開き尻を高々と上げながらバイブレーターと言う名の異物を膣の中へ出し入れさせている・・・
バイブレーターを使い慣れている様な持ち方、挿入。
顔を枕に埋め声を押し殺しながら快楽を得ている。
妻以外の女性の痴態を久し振りに目の当たりにしている俺の興奮は最高潮だった。
覗く程度の戸を意図的に大きく開け、部屋に足を踏み入れた。
いまだに涼子ちゃんは俺に気付かずバイブレーターを相手に善がっている。
バイブレーターを出し入れしている手を俺は捕まえた。
「!?」
『涼子ちゃん、ダメじゃないか・・こんな事してちゃ・・・』
「・・・・・・・!?」
一瞬の出来事に驚き戸惑う妹、涼子ちゃん。
バイブレーターの機械音を響かせながら埋めていた顔が振り向く。
『これ、お姉ちゃんのだよ?勝手に使ってこんな真似してたらお姉ちゃん・・どう思うかな?』
慌てて起き上がろうとする涼子ちゃんの背を押さえ再び布団へ押し付ける。
涼子ちゃんの腰を脇に抱え、尻を最初と同じく突き出させる。
「お、お兄さん…ヤダ…ヤメテよ。離してお兄さん……」
バイブレーターを握り、再び膣の中へ捻じ込む。
「あぁぁ、ヤ、ヤメテ…お姉ちゃんが…起きて来ちゃうッ」
『流石姉妹〜同じ事を揃って言うんだな』
『どうせそんな事を口にしても気にしなくなるんだろ?』
バイブレーターを膣の奥深くに押し込みながら掻き回す。
「違ッ...違う......起きて来ちゃう。ダメッお兄さんヤメテ」
『お姉ちゃんも涼子ちゃんの事を気にしてたけど結局こっちに負けて逝ったんだぞ?知ってるよね??見てたんだから・・・』
『どうだった?お姉ちゃんのあんな姿を見て・・』
「し、知らない・・んんぐぅ…も、もぅヤメテ…本当に……」
『最後まで見てた癖に…こんな風にされてお姉ちゃんも悦んでたでしょ?』
突き出す尻がバイブレーターによって震え始め、次第に腰が大きく揺れ出す。
『ほら、腰が動いて来てるじゃないか〜もう止まらなくなるぞ?』
『ほ〜らほ〜ら、涼子ちゃん。大好きなバイブがオマンコを掻き回してるぞ?』
『もしかしてお姉ちゃんより好きなんじゃない?こう言う事・・・』
「そんな事・・あッあぁぁ、そこダメッダメッッ」
どうやらツボをバイブレーターが捕まえたらしく涼子の尻は更に高々と持ち上がった。
自ら枕に顔を埋める涼子・・・
「うぐッ・・うぐぅ…うぐ、うぐぐ……」
声を押し殺しながら涼子の突き上げた尻は沈んだ。
涼子は絶頂を迎え枕に押し付けながら息を荒く吐き出す。
『なんだ?もう逝ったのか??随分と早いじゃないか…』
「ま、結局、涼子ちゃんも何だかんだ言って逝ってしまったって事だ』
『でも涼子ちゃん・・・まだ終わりじゃないよ?』
俺は立ち上がり履いていたズボンを下ろす。
「お、お兄さんそれだけは……」


ちゃんちゃん♪
こんな終わりで良かったのだろうか・・・ま、読む人少なそうだからな(笑




投稿者:愛奈 2008/12/5(金) 15:16:20 No.1375

こんにちは(^ー^)お久しぶりですけど覚えてますか?

忙しくてコメントが中々できませんでした(>_<)

コメントしないだけで、愛奈みたいに読んでる人はいっぱい居るんじゃないかなぁ?

愛奈は妹タイプなので後半のお話が興奮しちゃいましたぁ///

最後まで無理矢理されちゃいたかった…。


投稿者:ひでき 2008/12/5(金) 18:12:17 No.1376

おーっ!愛奈サンじゃないか♪
久しぶりじゃないか〜勿論覚えてますよ。
ファンが減って寂しかっただよ。
忙しいのは仕事?違う予感が……
ま、顔出してくれて感謝です。
あ!もしかして〜クリスマスが近づいて俺の硬いモノが恋しくなりましたか?(笑)
もぉ、だったら遠慮なく言っておくれよ〜〜


投稿者:愛奈 2008/12/5(金) 23:03:17 No.1377

風邪でダウン中の愛奈です。
なのに昨日はされちゃった///
体は熱いし、目は潤んで、頬は紅潮して、息が少し上がって、そんな愛奈に興奮しちゃったのかな?
おっぱいをいっぱいいじめられました。
揉みまくられ、乳首を引っ張られ、おもいっきり吸われ、もう…クチュクチュ。
おうちだから必死で堪えたけど声我慢できなくて、嫌がりながら喘いだら、中出しされちゃった///



投稿者:ひでき 2008/12/6(土) 17:18:18 No.1378

愛奈サン、風邪ひきサンでしたか〜
なのに乳首を引っ張られ、吸われてスケベ汁を溢れさせちゃうとは・・・
終いにゃ、中出し…熱で温かい愛奈サンの中へ彼氏の熱い精子を注がれたって訳ね。
もぉ、相変わらずお盛んです事♪
愛奈サンって実家暮らしなの?必死で喘ぐのを堪えてたらしいですけど。
風邪ひきでのセックスも中々良いですよね。
あまり熱が高すぎると無理だけど、多少の熱なら何故か興奮する材料となりますよね。
また、風邪をひきそうになったら今度は俺が予防接種しに参りましょうか?笑


投稿者:愛奈 2008/12/7(日) 19:10:26 No.1380

こんばんわ☆
実は愛奈、ルームシェアしてるのです(*^ー^*)

もちろんメンバーの中には男性も居るわけで…。
だから恥ずかしいので、部屋でするときは声は我慢なのです。
クチュクチュ音がすると、「聞こえたらどうしよう…」と思いつつ、溢れてくるものも声も簡単には止められません。

男性が入ってきたので近々愛奈は抜ける予定ですけど(^^)v

ひできさん表現が生々しくていやらしい…(*/ω\*)


投稿者:ひでき 2008/12/8(月) 6:50:42 No.1381

愛奈サン
ルームシェアですか?
ドラマみたいですね(笑)
男性が入って来て愛奈サンは何処へ行くのでしょう〜彼氏のとこかな?
愛奈サンの事だから新しく入ってくる男性からクチュクチュさせられたいと心の隅で思ったりもしてるんでしょうね!(笑)
深夜眠る愛奈サンの部屋へ男が侵入…
男の触れる手に気付き目を覚まし〜
止めて。隣に聞こえちゃう。と、口に出すが男の執拗な下半身への愛撫に身体は感じ、溢れてくるスケベな汁がより大きなクチュクチュ音を部屋に響かせてしまうでしょうね。
唇を噛み締め漏れる声を押し殺していても下半身から容赦ない卑猥な音が男の手で発してしまう。
興奮した男は素早くズボンを下ろし、彼氏とは違った男の力強いモノを愛奈サンの目の前に晒す。
下から眺める男のモノは血管が浮き出、ドクンドクンと脈打っている……
赤黒く染まったモノの先端は大きく艶やか……
さ〜て、そろそろ出勤準備です。
一段と寒さが増して来ます。
暖かな格好は勿論、毛糸のパンツも忘れずに!(笑)
因みに俺の表現が生々しく いやらしいと感じるのは愛奈サンのスケベ心がそうさせているんですよ。
俺、全然 生々しと思ってないもん(笑)


投稿者:愛奈 2008/12/13(土) 9:35:14 No.1384

はい、クチュクチュされたい…。

抵抗しつつもたぶんトロトロになっちゃう…。

だって、これ読んで想像しただけでそうなんだもん。
舐めろよ、って言われてフェラしたい…。

ひできさん…クリトリスが、脈うってる。
触ってないのに…きもちい…。
我慢し過ぎて…イヤッ…ぁあん…
下着に擦れてきもちいよぉん…
だめぇひできさん…イッちゃう…


投稿者:ひでき 2008/12/13(土) 13:50:46 No.1385

愛奈サン こんにちは。
ちゃんとイケましたか?
下着でクリトリスを刺激されて さぞ甘い声を堪えていたんでしょうね。
彼氏以外の男のモノを自分の意志と逆らい口に含む…
『何だそれは?違うだろ!もっとこうだろ!!』
と、頭を掴まれ口の奥に突き刺さるまで押し込まれる…
咳き込もうが苦しもうがお構いなしに頭を前後させられる。
口に含ませながら濡れた陰部を弄られてしまう。
なんて昼間から何を書いてるんだ俺は(笑)
今夜は飲み会です♪
ご一緒に如何ですか?(笑)



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.