さらサンのリクエスト

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


さらサンのリクエスト
投稿者:ひでき 2009/3/20(金) 13:05:04 No.1601

夕食を済ませ、1人の時間を快楽に溺れていた最中に玄関からチャイムが鳴った。
ピンポーン、ピンポンピンポーンッ。
ショーツ一枚切りだった さらは慌ててスウェットを履き、VネックTシャツを着て玄関に向かった。
(誰よ、折角良い所だったのにぃ…)
『篠原さーん、○○便です。お荷物をお届けに参りましたー』
(あ!そう言えば今夜届く様にしたんだっけ)
さらは玄関を開き、配達員を玄関の中へ招いた。
『えーっと、篠原さらサンで宜しいですか?』
「あ、はい。そうです」
『では、こちらにサインで結構ですので宜しいですか?』
玄関先の床でサインを記入する。
前かがみになる さらの胸元は大きく開き、上から覗き込む配達員の異様な視線に気付く。
「あ、あの・・何か?」
『え?あ、いえ…』
気にせず、サインを書き終え用紙とペンを返した。
ペンを受け取った配達員はペンに付着する少しヌルっとした感覚に気付いた。
『あれ?なんか濡れちゃってるな・・何でしょう…』
「え?どうかしました?」
『いえ、ペンが少しヌルヌルしていたので…』
慌てて手を後ろに隠す さら。
「さっきまで洗い物をしてたから〜かな?ごめんなさいね」
『そうですか…』
配達員はペンの臭いを業とらしく嗅ぎだす。
「ちょ、ちょとぉ、水ですって。それに、それって失礼ですよ?」
『あ、すいません。唯〜本当に水ですか?篠原さんもしかして…』
「も、もしかして何なのよ?み、水って言ってるじゃない!」
配達員は玄関の壁に手を付き、靴を脱ぎ足を一歩踏み出して来た。
「な、何なんですか?勝手に上がらないで下さい!」
さらは両手で配達員の肩を外に押し返そうとする。
が、配達員はお構いなしに さらを壁に押し付ける。
ペンを目の前にチラ付かせ
『これが水な訳ないじゃないですか…あのヌルヌルしたのが水の訳ないでしょう?』
『篠原さん・・バレてますよ?今さっきまで貴女が何をしていたのか〜ね…』
ペン先を さらの胸に押し付ける。
ブラジャーをしていない さらの胸はTシャツの上からでもペンを弾力で弾く。
柔らかい乳房へペン先をグイグイと押し込む配達員・・・
乳首を探し当てる筆使いをさせながら・・・
「ちょっと・・人呼びますよ?離してッ!」
『さっきまで1人で何をしてたんですか?ねぇ、教えて下さいよ〜篠原さん…』
壁を背にしている さらの肩を掴まえクルっと反転させる。
配達員は力を入れた腕で さらの背中を押し付ける・・・
さらの胸は壁で押し付けられる。
クッキリと尻のラインが浮かぶスウェットの上から尻を弄り撫で始める。
柔らかい肉尻を掴み揉む様な手付き・・・
手をバタ付かせ、腰を捩らせる さら。
配達員がスウェットの腰から手を中へ忍ばせてくる。
ツルっとしたサテン系のショーツの上から再び肉尻を弄りだす。
スウェットの中で蠢く配達員の手が尻から内腿へ滑らす様に運ぶ。
内腿を撫で、脚の付け根・・さらの陰部付近を焦らす様に擦る・・・
『しっとりしてますよ?さっきのせいですか?それとも今の状況がそうさせているのでしょうか…』
「はぁはぁはぁ…や、めて……下さい………」
さらの陰部をショーツの上から刺激させる配達員。
ツルツルのショーツが湿って手触りが変る部分がある。
手触りの違う部分を親指の関節を使ってググっと押し付けてくる・・・
「はぁはぁ・・ぁっ……」
『1人でするより、こうして貰った方が全然気持ちいでしょ…相当濡れて来てますよ?』
配達員は さらの履くスウェットを掴みズルズルっと膝元もで降ろした。
ショーツ姿を晒した さらは尻は大きく突き出される・・・
壁にしがみ付く様に尻を配達員へ突き出される・・・
配達員は床に膝を付き、ショーツへ向かって顔を埋めてくる。
生暖かい配達員の息を感じる さら・・


投稿者:ひでき 2009/3/20(金) 13:15:49 No.1602

配達員は唇を さらの陰部へ密着させ、熱い息を吹き掛ける。
疼く陰部へ吹き掛かる熱い吐息が更に さらの興奮を増す。
「ああぁぁぁぁ...」
ショーツの上から配達員の舌が舐め始める。
『んんっんんんんっ…』
ショーツの内側からは さらの愛液・・そして外側からは配達員の唾液でショーツの中心は完全に色を変えていった・・・
腰を落としたまま配達員は さらのショーツを降ろしだした。
突き出す尻から丸出しになる さらの陰部・・・
『篠原さん…凄くイヤラシイおまんこになってしまってますよ…』
『陰毛まで、びしょびしょになってますよ…これは堪らないな』
「嫌ッ、こ、こんな所でそんな所……」
配達員は両手を使いググっと さらの肉ヒダを開き出す。
『あ〜あ、ポッカリ開いた穴からまだまだ溢れて来てますよ?』
さらの溢れさせる愛液を指先に掬い一舐めすると配達員は顔を陰部へ埋めて来た。
ジュルジュルジュル〜と玄関いっぱいに響かせる淫音・・・
「あッぁぁぁぁぁ…そ、そんな音させないでッ」
さらの愛液を力一杯吸い上げる配達員・・・
「あぁぁぁぁ、だ、だめッ…そ、外に聞こえ・・ちゃ…ぅ」
『その喘ぎ声の方が聞こえてしまいますよ?』
ジュ、ジュルジュルジュルジュル…ジュ……配達員は立ち上がり さらの腰を掴まえ
玄関先まで移動させる。
玄関扉に向かい合わせながら尻を突き出す さら・・・
そして突き出した尻を押えられた瞬間と同時に身体の芯に突き刺さる刺激を与えられた。
さらの中に配達員の硬くなったモノが突き刺さされる・・・・・・
「あッ...はぁ......ぅ..」
玄関の取ってを掴み、扉にしがみ付かせながら突かれる さら・・
配達員は淡々と同じリズムで腰を動かし自らのモノを抜き挿しさせる・・・
「あッあッあッぁッ…」
『はぁはぁ、篠原さん…そんな声上げると外に聞こえてしまいますよ?』
配達員の言葉に唇を噛み締め、一時は堪えた さら。
しかし、配達員が腰に力を入れ、さらの奥深くを突き出すと さらの口からは
再び悦びの声を発する様になった。
「あっあっあっ、ダメッ、ダメッ…あッあぁぁ、イイッイイぃぃ……」
『ダメなのか、イイのかどっちなんですか?篠原さん……』
「イイの!イイのッ!!あぁぁ・・ぃぃ…」
配達員は玄関扉のチェーンを引っ掛け、さらの掴まる取っ手の手を上から捻った。
扉が開き、ガンッ!とチェーンで止まった。
「!?」
僅かに開く扉の外を さらの視界に入る。
「な、何をしてるんですか!こ、こんな事したら見られちゃうでしょ?」
慌てて扉を閉めようとする さらだが、背後の配達員から突かれる力で扉を
押し戻してしまう。
僅かな隙間を開く扉にしがみ付きながら配達員の突き刺す刺激を感じてしまう さら・・・
未だ人一人来ないのが幸いだった。
しかし、扉が開く事で さらの喘ぐ声は寄り一層大きく外に漏らす事になってしまう。
『ほらほら、そんな大きな声をだしてると外に聞こえますよ?隣にバレますよ?』
配達員は腰を素早く動かし始めた。
「あッあが…ッ……ダメッダメッッ・・も、もぅダメ…あッあッあッぁっ」
『逝きそうなんですか?外に篠原さんの逝き声聞かれちゃいますよ??』
「ぃ、嫌っ・・あぁぁぁ、ダメッイクッイクぅ…イ、っちゃ、、、ぅ」
さらは絶頂を向かえ力無く扉に寄りかかる・・・
配達員が さらの中から抜き出すと、その場で崩れ落ちる様に尻を付く さら・・・
射精を済ましていない配達員は自ら扱き始めた。
さらの崩れ落ちる顔を目掛けて扱き、射精を済ます。
そそくさと玄関から出て行く配達員。
そして倒れ込む さらの顔から配達員の吐き出した精液が床に垂れていた・・・・・・

と、非現実的な展開?になってしまいました(6 ̄  ̄)
まぁ、妄想ですから♪
さらサン、求めていたのと違う形になったかも知れませんがご了承下さいな。


投稿者:さら 2009/3/26(木) 23:17:21 No.1664

わーい!
ありがとうございます♪

読んでるうちに疼いてきちゃいましたぁ


投稿者:さら 2009/3/26(木) 23:19:02 No.1665

わーい!
ありがとうございます♪

読んでるうちに疼いてきちゃいましたぁ…

またお時間のある時に書いて下さいね〜


投稿者:ひでき 2009/3/28(土) 14:03:53 No.1673

二度もお返事ありがとう(笑)
こんなでしたが、楽しめた部分もあったでしょ?
今度は疼かせた後の話も聞かせて下さいな♪



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.