クリーニング店

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


クリーニング店
投稿者:ひでき 2009/4/19(日) 18:45:47 No.1811

「すいませーんッ。おじさーーんッ」
『お?未来ちゃん久し振りじゃないか〜今日は自分で取りに来たんだ?』
「うん、ママが私の制服だから自分で行けって!」
『そっかぁ、じゃぁあの制服は未来ちゃんの何だ。えっと〜何年になったんだい?』
「3年…」
『そっかそっかぁ、早いもんだな…お母さんとはちょくよく顔合わせるんだけどね』
『ちょっと待ってて。確か制服の上下だったよね?』
「うん」
部屋の奥から仕上がった制服を持って来た。
『そうそう、ポケットの中に〜こんな物が入っていたよ?』
俺はポリ袋を未来に差し出した。
「あっ……!?」
『これって〜未来ちゃんのだよね??』
「う、うん…」
カウンターの上で肘を付きながらポリ袋の中身を取り出した。
『未来ちゃんも、こんなの履く様な年頃かぁ…』
未来の目の前で、白い透け感のあるショーツを拡げてみせる。
「ゃ、ゃぁっ、返してよ!」
『わ、分かったよ。そんな怖い顔しなくたって…ほら、返すって』
『でも、結構シミが付いていたよ?あ、心配しないで。ちゃんと洗っておいたから』
「・・・・・・・・」
『制服のポケットにパンティを入れてあるって事は〜途中で変な事をして脱いじゃったのかな?』
「ち、違ぅもん……」
『そうそう〜パンティと他にこんなのも入っていたんだよ?』
未来の目の前にSDカードを突き出した。
「………!!」
『この中身ねぇ、見させて貰っちゃったんだ…』
SDカードの持ち主である未来には何が入っているのか分かっていた。
「か、返してッ!」
俺の持つSDカードを奪おうとカウンターに乗り上げて来る未来・・
『おっとぉ、未来ちゃん〜そんなお行儀悪くしちゃダメじゃないかぁ』
『本当はお母さんが取りに来た時に見せてあげようと思っていたんだけど・・』
未来の伸ばす手首を掴みカウンター内に連れ込んだ。
『ちょっとそこでジッしててな。大人しくしていたら、ちゃ〜んと返すから』
俺は一旦、店の外に出てシャッターを降ろした。
『未来ちゃん、そこのパソコンの前に座ってご覧…』
PCの前にある椅子に座る未来。
俺は未来の横に立ち、マウスを操作させる。
フォルダーをクリックすると、そこにはトイレ内だと思われる場所で未来が自分で撮影した淫らな写真が数枚表示された・・・
「…………!?」
『未来ちゃん、こんな事をする様な子だったのかい?ちょっと意外だったなぁ』
「っ……け、消して!お願いっ、早く消してっ!!」
『消してあげても良いけど〜はい、そうですかって行かないんだな』
「じゃ、じゃぁどうしたら…」
『取り合えず、その着ている服・・全部脱いで貰えるかな?此処で…』
「ふ、服を?此処で??出来る訳ないでしょ、そんな事」
『そう、出来ないんだ…じゃ、お母さんにこれ見せてみようかなぁ……』
『お母さん、驚くだろうね。もしかしたらこれが他の人に見られちゃうかもねぇ…』
「や、止めて!お願いだから止めてよっ!!」
『じゃぁ、言う事聞いた方が良いね。それとも俺が脱がしてあげようか?』
「じ、自分で脱ぐから!」
未来は立ち上がり後ろ向きになってTシャツを脱ぎ始めた。
ジーンズのボタンを外し、ゆっくりと下に降ろす。
白とピンクのチェック柄の可愛らしい上下揃った下着一枚になった未来・・・
そこで一旦、手を止め躊躇する未来。
『未来ちゃん、全部って言ったよね?それもだよ??』
ブラジャーのホックに手を掛け外し、肩紐から腕を通しブラジャーを脱ぐ。
脱ぎ終えたブラジャーを未来の手から奪い取る。
奪い取ったブラジャーをマジマジと見て、サイズを確認しする。
『C75……ちょっと見得張ってないかい?』
「………」
『ほら、そのパンティもだよ?それとも、やっぱり脱がしてあげようか?』
「じ、自分で脱ぐってっ!」
未来はショーツを掴み、ゆっくりと下ろし始めた・・
少し大きめの尻をプリんっと出させ、ショーツが膝から足元に来た所でスッと足を抜き出した。
『それもこっちに渡して』
「…………」
後ろ向きで脱ぎたてのショーツを手渡す未来・・・
『少し汚れちゃってるよ?ほら、茶色い染みが着いてるでしょ?』
ショーツを拡げ、クロッチに着いた染みを見せ付けようとする。
「止めてよッ!」
『自分で付けた染みじゃないかぁ、どれどれ臭いはどんなかな…』
業とらしくスーハースーハーと音を立て臭いを嗅ぐ仕草をさせる。
「に、臭いなんて嗅がないでよ!」
俺の手からショーツを奪い取り、握り締めながらその場で身体を隠す様にしゃがみ込む。
『そんな所に座るんじゃなくて、この椅子に座るんだよ。未来ちゃん…』
未来の手を掴み、椅子に座らせようとする。
「は、離してっ。や、やだッ!!」
強引に未来を立ち上がらせ、椅子に座らせる。
椅子に座ってからも手は胸と股を覆い隠している未来。
『その手・・邪魔なんだけど?良いのかな…その写真……』
未来は脅しに負け、身体を隠す手を退ける・・・
『可愛い おっぱいしてるね未来ちゃん…乳首なんて小さくてピンク色じゃないか〜』
「ぬ、脱ぐだけって言ったじゃない…」
『いつそんな約束したっけ?誰も脱ぐだけなんて一言も言ってないけどなぁ』
色白の乳房に綺麗な形をした乳輪、そしてまだ引っ込んだままの乳首・・・
そんな色白の乳房をグっと鷲掴みし、軽く揉み解す。
「ヤ、ダ…さ、触らないで……」
『未来ちゃんの おっぱい…柔らかくて可愛いよ……』
「止めて……ょ」
顔を決して上げようとしない未来は口では抵抗しても身体はジッと黙らせたままだった。
まだ引っ込んでいる乳首を摘み上げ飛び出させる。
『この小さい乳首がまた可愛いね…その内、硬くなってくるよ?』
執拗に乳首だけを刺激し続ける・・・
身体を捻らせ、時折、ビクっと振るわせる未来・・・
『ほ〜ら、大分硬くなってきたぞ?分かる?未来ちゃん…』
未来の乳首は乳輪から飛び出し、ピンク色が赤褐色に変化する・・・
『さ〜て、そろそろ下の方も見せて貰おうかな…』
「嫌っ!此処は絶対ダメッ!!」
『駄目と言われても見ちゃうけどね…』


投稿者:ひでき 2009/4/19(日) 18:46:47 No.1812

未来の座る椅子の目の前でにしゃがみ込み、太腿を掴み左右にググっと力一杯開く・・
股に力を入れていた未来だったが簡単に大股を開かされてしまった。
『あ〜あ、此処は立派に大人になっちゃってる様だね、未来ちゃん・・』
『大人顔負けしない位の おまんこ してるよ?』
「お願、、、ぃ…も、もぅ……許し、、て」
『まだ、だ〜め。もっとじっくり見させて貰うんだからさ』
未来の開かされる股の間に顔をグっと突き出し、マジマジと未来の陰部を眺める。
『おまんこも綺麗なピンク色してるよ?ビラビラも綺麗な形で・・ほらッ』
ヒダを拡げる様に両手を使って左右に開く・・・
何度も繰り返し開いては閉じて、閉じては開かせる・・
次第に未来の陰部から透明な液体が滴り始める・・・
何度も開いていると、その透明な液体が泡状になる。
『未来ちゃん・・濡れて来ちゃってるよ?イヤラシイ汁が溢れて来てるよ??』
「…………」
手で口を覆い恥しいのか、未来は声を発する事を堪えている。
俺は舌を伸ばし、舌先で未来の溢れさせる液体を舐め上げる。
ジュルッ、ジュルジュルルッ…
『んん、んはぁ、未来ちゃんのスケベ汁〜凄く美味しいよ・・んんんッ』
舐め上げる舌先が最も敏感なクリトリスへ触れると未来の身体は一瞬跳ね上がらせる。
「んっんっんんっ…」
唇を噛み締め、口を開こうとしない未来・・
『未来ちゃん良いんだよ?声を出しても…気持ちよくなって来てるんでしょ?』
舌先を敏感なクリトリスだけに集中させる。
座る身体を大きく揺らし、跳ね上がらせる未来・・・
「んっんんっ……んっ、あっあぁぁっ………」
今まで堪えていた未来の口から、大きく甲高い喘ぐ声が放たれ出す。
『ふふふ、可愛い声を上げちゃって…未来ちゃん、もっと出して良いんだよ?』
首を振りながらも一度発してしまった声は押えが効かず、常に喘いでしまう未来だった・・・
『ねぇ、そろそろ良いかな?入れちゃって…』
その言葉を耳にした未来の眼は見開き、首を大きく振り拒む。
「ダメっ、それはダメっ!」
『俺〜何だか我慢出来なくなっちゃって…此処まで来てお終いは無いだろ?』
「いや・・お願いだからそれだけは止めて…他なら何でもするから!」
『ゴメンよ、未来ちゃん…』
俺は立ち上がり、履いていたズボンを下ろした。
若い子を目の前にした俺のモノはこれ以上無い位に反り返っていた。
黒々としたモノを支え、赤黒い亀頭を未来に向けて押し付ける・・・
未来の溢れさせた透明の汁を万遍なく亀頭に塗りたぐり、先端を未来の中へ押し込んだ・・・
入り口が窮屈な未来の膣の中へ腰を突き出し、ゆっくりと突き刺していく・・・・・・
「ぁぁぁ…だ、だめぇぇぇ……」
『うわぁ、キツイ…締まってるよ…未来ちゃん』
俺のモノを完全に根元まで押し込まれた未来・・
少し腰を動かし未来の中を数回出し入れさせると徐々に窮屈さにも慣れ始める。
未来の締め付けが非常に良く俺のモノを刺激してくれる・・・
『あぁ、イイ…未来ちゃん、凄くイイよ……』
「はぁはぁはぁ…ぁっ…あっあっあっあっ………っ」
未来の胸を掴み、解しながら腰を振り続ける。
力強く押し込む様に未来の膣の奥深くを刺激する・・・
「あっあっあっ、ダ、ダメッ、ダメぇ…」
剥き出しになるクリトリスを指先で掻き毟りながら素早い出し入れを繰り返す・・・
「ひゃぁぅ…ぁっ、ぁっっ、、ぁっぁぁ……」
「や、やめ・・ぇて…も、もぅお願…ぃ………あっあぁぁぅぅ…」
「こ、壊れちゃぅ…アソコおかしくなっちゃ……ぅ…あぁぁっ」
『はぁはぁはぁはぁ…いき、そ…』
今まで以上に出し入れを早め、未来の膣を本当に壊す勢いで腰を動かす・・・
「あっひゃっ、やめて、、だめっ、だめっ、、だっめっ……」
『あぁぁ、逝くっ、逝くぞっ!』
『うっ!く…っ!!』
「ああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ.........っ...」
絶頂間際で未来の中から抜き出し、未来の胸目掛けて一気に放出させた。
『「はぁはぁはぁ・・・・・」』
未来の胸に白く濁った精液が胸を伝い、腹まで垂れ流れていった・・・・・・
『ふぅ…未来ちゃん。これはまだ暫く預かっておくからさ』
『また返して貰いたくなったらおいでよ♪』
「え!?ちょ、ちょっと約束が違う……」
『今度はお母さんも連れて来て良いよ?あはは』
「・・・・・・・・・・・・・」

ちゃんちゃん♪
前回の事もあって急いで書いてみました〜
さっきのよりは良さ気?笑
皆さんもクリーニング屋さんに出す時はポケットの中身はしっかりチェックしてから出しましょう〜


投稿者:ともみ 2009/4/21(火) 19:21:44 No.1813 [tiWJg7SIKRc]

初めまして☆
凄く上手ですね!とても感じました(/\)
私もリクエストしたいのですが、OKして頂けますか?


投稿者:ともみ 2009/4/22(水) 0:09:41 No.1815 [tiWJg7SIKRc]

はい☆
気長に待ってますq(^-^q)大人気のようですもんね☆小説家になったらいいのにって思いますよ8(*^^*)8
情景が浮かぶ文章能力の高さに感心してます☆
暇が出来て、気が向いたらでいいのでお願い致します☆
内容は…優しいひできさんにともみを抱いて頂きたいです…(/\)
普通で面白くなくてすみません8(・・#)8
ただ、お恥ずかしながら…あなたの文章でリアルに抱かれたいと思いました。
場所はラブホで初めて結ばれる設定で…キスから…優しくしつこくともみを愛撫して下さい。耳や指や腿の内側…足の先まで…(/\)
サイズはお恥ずかしながら、胸はBカップで小さめですがお碗型…先は小さいですが感度が良いです…右胸が特に感じます(/\)後ろから揉まれたり、お口に含まれ強弱つけらると…(/\)声は出来るだけ我慢しちゃう方です(/\)
お風呂に入ったり、道具etc…ひできさんの好きにして頂いて構いません(/\)ともみは細身です。

もし興味が湧いたらで構いませんのでよろしくお願い致します


投稿者:ともみ 2009/4/23(木) 20:38:35 No.1818 [tiWJg7SIKRc]

ありがとうございます☆
下着は派手なものは持ってないので、水色のレース縁取にします(/\)
水色は肌をきれいに見せる色なんだそうです。


投稿者:ともみ 2009/4/23(木) 23:52:49 No.1820 [tiWJg7SIKRc]

楽しみです☆ノーマルな感じが苦手でしたでしょうか??
日曜夜は水色下着を付けて読ませて頂きます(/\)
胸が高鳴ります…



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.