ともみサンのリクエスト

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


ともみサンのリクエスト
投稿者:ひでき 2009/4/26(日) 12:32:45 No.1823

俺はホテルの部屋の扉を開け、ともみを先に入室させた。
靴を脱ぎ、そそくさと部屋の奥へ向かう ともみ。
『お?広くて綺麗だけど他に何も無いね』
「仕方ないよ、此処しか空いてなかったんだもん」
『皆、週末でスケベな事してるって訳か〜ハハハ...』
「…………」
『で、本当に良かったの?無理してない??嫌だったら出ても良いんだよ?』
「ううん。良いの…ひできサンと来たかったし……」
『そっか。じゃぁ〜先にシャワー浴びるかい?』
「うん。そうしようかな」
『それとも一緒に入る?』
「……///」
『アハハ、冗談だよ。一緒に入るの緊張するでしょ?1人で行っておいで♪』
「う、うん…」
ともみは1人浴室へ向かった。
その間、部屋の中を物色しつつ ともみが上がって来るのを待っていた。
ふと浴室に面している壁を見ると室内が硝子張りになっていたのに気付いた。
シャワーを浴びている ともみは俺に見られている事に全く気付かい。
きっと、マジックミラーの様な造りになっているのだろう。
ともみは、がに股で念入りに股間を洗っていた。
何度も何度も掌で洗っては脚を開き股間を確認していた。
(随分と丁寧に洗ってるなぁ、いつもあんな風に洗ってるのかな?)
俺はともみの入浴姿に見とれてしまう・・・
暫く股間を弄り、ともみは納得出来たのか、シャワーを止めた。
(おっと、上がるのか?)
俺は慌ててソファーに座り、何事も無かった様にタバコに火を着けた。
ともみは白いバスローブに身を纏い、髪を後ろで束ねて部屋に戻って来た。
『長かったじゃん。綺麗に洗い過ぎなんじゃないのぉ?笑』
「//////」
ともみは少し少し赤面し照れ笑いを浮かべた。
『じゃ、俺もささっと入って来るから適当に待っててよ。直に上がるからさ』
そして俺は5分程でシャワーから上がってきた。ともみと同じバスローブを着て。
ソファーに座る、ともみの隣に俺は座った。
『ふぅ〜お待たせ・・』
シャワーを浴びた俺をチラチラと横目で見る ともみは何だか落ち着きが無かった。
『どうしたの?もしかして少し緊張してる??』
「うん…やっぱ初めての人とってちょっと・・」
『そっかぁ、じゃぁ〜その緊張を少し解してからだね』
俺は、ともみの身体へ身体を密着させ腰に手を廻し抱き寄せた。
若干、俯き気味の ともみの顔を覗き込む様にしながら唇へ軽くキスを交わす。
5秒ほど唇を重ね合わせるだけのキス…
それから唇を一旦離しお互いの目と目を合わせてから再びキスをする。
舌を、ともみの唇から口の中へ入れ、ともみの舌を求める。
ともみの舌と俺の舌が触れ合い、絡み始める・・・。
ディープキス独特の音を静かな部屋に響かせる。
きゃしゃな、ともみの肩を抱き寄せお互いの唾液を入り混ぜるキスを続ける。
ともみの着るバスローブの胸元へ手を差し込むと小さめの乳房にポツっと突起させている乳首に掌が触れた。
『右の胸が感じるって言ってたよね?もう乳首・・立っちゃってるよ?』
「う、うん……」
ともみが感じ易いと言う右胸に集中させ愛撫する。
掌で突起する乳首の先端を擦らせながら、お椀型と自負する乳房を指先のみで解す・・・
乳首に刺激が伝わる度に、とみみは細身の身体を震わせる。
俺の膝の上に、ともみを後ろ向きで跨らせる。
バスローブを肩から肌蹴させ、上半身を全裸にさせる。
両手を使い、背後から ともみの胸を揉み解す・・
右の乳首を摘み捻り、左の乳房を念入りに揉み解す・・・
腰を時折捩り、徐々に興奮を高め始めていたが、声を殆ど発する事はしない。
俺は膝を開き、ともみの膝を大きく開かせる。
ともみが開く股の間に手を添えるとバスローブの中にショーツを履いていた。
『ん?下着履いてたんだ・・』
「う、うん。何となく…」
『水色だっけ?肌が綺麗に見えるって言ってたもんね』
俺は上半身を前に出し、ともみの開く股の間を覗き込んだ。
『あ、本当に水色だ。レース付きの…』
前に出した顔を、そのまま ともみの胸に運び少し窮屈な体勢になりながら
ともみの左乳首を舌先で舐め上げる。
無理な姿勢の為、乳首へは舌先が届くのがやっとだった。
しかし、その微妙な舌の感触が妙に心地よい ともみ。
右の乳首を執拗に指先で摘み、引っ張り上げる。
小さな乳首が赤く変化し、弾力が無い位まで硬く変わって来た。
「はぁはぁはぁ......」
派手な声は出さないが確実に感じ始めている ともみ・・・・。
『そろそろベッド行こうか?』
「………うん」


投稿者:ひでき 2009/4/26(日) 12:35:09 No.1824

頷く ともみを抱き抱えながらベッドへ向かった。
俺の首に腕を廻し、しっかりと しがみ付いている ともみ。
『よっこらしょっと♪』
ともみをベッドに敷かれる布団の上にポフっと優しく置いた。
『ん?な〜にニヤニヤしてるんだよ〜〜?』
「お姫様抱っこ…♪」
『は?もしかして憧れとか好きだとか?笑』
「うん…」
照れ臭そうな表情をさせ頷く ともみ。
『アハハ、じゃぁ念願一つ叶った訳か♪』
ともみの隣へ横になり、腕を伸ばし ともみの頭を乗せ腕枕をする。
『もっとこっちにおいでよ…』
再びキスを交わし、舌先を首筋へ唾液の後を残しつつ運んで行く・・・
そして、首筋から耳元へ唇を近付け俺の荒い息を吹き掛ける。
生温かい俺の息を ともみの耳の穴目掛けて吹き込み、舌先で耳の穴を塞ぐ。
ともみの耳の中で舌が蠢く音を脳裏に響かせた。
俺の舌はお椀型の胸目掛けて這いずりだす。
小さめの胸全体を唇で愛撫してから豆粒の様になった突起した右乳首を口の中へ含んだ。
俺の口の中で ともみの乳首を舌を使い転がす。
乳輪を何度も舌が円を描き、先端を舌先が弾く・・
前歯で噛む事で先端へ更に強い刺激を与えると、ともみの手にも力が入る。
そうしている間に俺の手は、ともみの下腹部に触れ始めていた。
太腿を擦り、内腿を撫で、ショーツの淵と柔肌の境を指先でなぞる。
下半身への微弱な愛撫で自然と ともみの股の力が弛み自ら脚を拡げていってしまう。
自然と開いた ともみの股の間に身体を入れ、股間を眺めると
ショーツの水色の中に大きく色の変化させた部分があった。
くっきりと大きな輪染みを浮き上がらせている、ともみの履く水色のショーツ。
『ねぇ、肌を綺麗に見せるって言ってたけど〜それよりイヤラシイ染みの方が目立だっちゃってるよ?』
『ほら、こんなに濡らしちゃってるの分かる?』
ショーツの変色した所を指先でググっと押し込む。
『冷たいの分かるよね…』
「んっ、冷たぃ...」
指先にはショーツの布では吸収しきれなくなった、ともみの溢れさせる愛液が付着する。
『こんなに濡らしちゃって…濡れ易かったんだね。それとも初めてで興奮しちゃったかな?』
濡れた部分を摘み、引っ張り上げる。
ともみの恥部をチラ付かせ、再び濡れたショーツを元に戻すとヒンヤリとした感触が恥部に伝わる。
「冷たっ...ぃ」
『こんなに汚しちゃったら、履いて帰れないんじゃない?』
掌をグイグイ押し当て、ともみの愛液を満遍なくショーツに染み込ませる。
掌を見ると、べっとりと愛液が付着する。
手に付く愛液を ともみの胸に擦り付けながら業とらしく言い放つ。
『こんなに手が汚れちゃったよ・・ともみのイヤラシイ汁でさ…』
『もう脱がしちゃうよ?濡れてて気持ち悪いでしょ??』
肌を綺麗に見せる筈だった水色が単に卑猥さを増すだけの物となったショーツに手を掛け、ゆっくりと ともみの腰から下げ下ろして行った・・・
ショーツを脱がし終え、肌蹴たバスローブを脱がし、ともみを全裸にさせた。
何一つ身に纏わない全裸で横たわる ともみ・・
『凄く綺麗だよ…何も身に付けていない この身体が一番綺麗だよ……』
似合わない台詞を口にする俺・・
「そ、そんな事…恥し・・ぃ……」
顔を俺から背け手で胸と恥部を覆い隠す ともみ。
俺は、ともみが恥部を隠そうとする手を掴み退ける。
『恥しい?此処は恥しい事が出来る場所なんだからさ』
ともみの股の間に身体を再び入れ、今度は何一つ隠す事の無い ともみの恥部を覗き込む。
太腿を掴み左右に大きく開き丸出しになる恥部へ顔を近付ける・・
陰毛が愛液を付着させ、しっとりとさせていた。
既に肥大し、弛みだしているヒダが開き淫口ををポッカリ開かせている ともみの恥部・・・
『何か・・もう、物欲しそうにしてるよ?ともみの此処……』
『身体は綺麗なのに、此処だけはイヤラシイね?まだスケベな汁がトロトロ出て来てるし・・』
恥しそうに手で顔を覆い隠している ともみだが、大股を開かれ大事な所を視姦されている事で興奮は冷める所か上昇させていた。
その証拠に触れても居ない淫口からは白濁した汁を混ぜ合わせる愛液を休む事なく垂れ流していた・・・
太腿を掴む手に力が入り、身体を少し前に乗り出させながら口から舌を伸ばす。
伸ばした舌先が、ともみの愛液を大きく舐め上げ啜りだす。
「ん...んん......」
ともみは自分の手の甲を噛み締め、声が漏れる事を耐えていた。
ジュルジュルと大きく淫音を放ちながら俺の舌は ともみの愛液を吸い尽くす。
唾液と愛液が入り混じり、ともみの恥部は更に濡れ、卑猥に映る。
舌先でヒダを丹念になぞり、唇で挟み込む・・
「はぁはぁ…」
俺の舌先が、ともみの敏感なクリトリスを捉えると、ともみの腰が一瞬浮き上がった。
「はっぁ…」
腰を押さえ込み、只管クリトリスを舐め上げる・・・
舌先を小刻みに震わせると、ともみは俺の頭を押し出そうとする。
そんな ともみの抵抗らしき行動を無視しながらクリトリスを刺激する。
唇を恥部から離し、中指の先端を使い再びクリトリスへ刺激を与える。
出来物を掻き毟る様に執拗に掻く・・
ともみの腰は激しく浮き沈みを繰り返す・・・
「あっぁ…だ、め……っ」
更に追い討ちを掛けようと、もう片方の中指を大きく開く淫口目掛けて突き刺した。
中指は淫口の奥深くまですんなり突き刺さった。
生温かくヌメリ感を俺の指先が感じる・・
淫口へ指を出し入れさせながら、クリトリスを掻き毟り、ともみへ快楽を与える・・・
腰が浮き、沈んでは捩り、身体全体を大きく動かせる ともみ・・
「ぁっ...っん、んんっ..んんっ...んっん......」
ともみは手の甲を強く噛み締め絶頂を迎えてしまった・・・・・
俺は手を見つめると、手の全体が愛液塗れになっていた。
『逝けたんだね…凄く感じてたもん。声はあまり出てなかったけど……』
「・・・・・・・・・・・」


投稿者:ひでき 2009/4/26(日) 12:36:29 No.1825

暫く ともみを休ませ終えると俺はバスローブを脱ぎ、先程から脈打ちっ放しのモノを
ともみの顔近くに持っていった。
膝立ちになり、硬くなったモノを ともみに突き出すと有無を言わずに、ともみは口に含む。
噛みを掻き分けながら俺のモノを丁寧に奉仕する ともみ・・・
ともみの温かい口の中で俺の亀頭は舌で刺激される・・
「んぐ...んんん......」
俺の肉棒を、ともみの口が何度も往復される・・・
ともみの頭を撫でながら奉仕する ともみを見つめる。
地味な口での奉仕だが、とても丁寧で俺のツボを所々刺激してくれていた。
ともみの頭をトントンと軽く叩き有難うの合図を送る。
肉棒から口が離れ、上目遣いで俺を見つめる ともみ。
ともみをを寝かしキスを軽く済ませ、俺は下半身へ移動する。
太腿を抱き抱え、腰を引き寄せ、自らのモノを支え ともみの淫口に突き立てる。
俺はグッと腰に力を入れ、突き立てたモノの先端を淫口に進入させた。
「ぁっ...ぁぁ......っ」
先端が徐々に奥へ向かい、肉棒が ともみの中へ入り込んでいく・・・
根元まで含んだ肉棒を腰を動かし出し入れさせる。
ともみの身体に覆い被さりキスをしながら出し入れさせる。
『やっと一つになれたね』
『凄く気持ちいよ…ともみの中……』
耳元で囁きながら、腰の動きを早めていく・・・
腕をともみの頭に廻し、少し抱え気味にし、右の胸を愛撫しながらの挿入を繰り返す・・
「はぁはぁはぁ……」
控えめに喘ぐ ともみ・・・
俺は身体を起し、ともみの足首を持ち上げ肩に掛ける。
そのままググっと ともみの方に身体を押し込み深い挿入感を与える。
「ぁぁっ...っ...」
子宮を突付く程の深い挿入は、子宮から背中、そして頭の先まで刺激が貫く・・
ベッドがギシギシと擬音を立て、ともみの恥部からはズチュ・・ヌチュ・・・と淫音を放つ。
俺の肩に腕を回し、抱えられた両足を綺麗に伸ばす ともみ・・
素早く深い挿入が、ともみに休む間を与えない。
唇を噛み締め声を発するのを堪えていても、時折漏れさせてしまう ともみ。
『うっく…そ、そろそろ逝きそうだよ……い、いいかな?』
「ぅん、んんっ・・んっんっ……」
俺は身体を反らし、一気にスピードを速めた。
ともみのヒダが絡み、素早く捲くれ上がる・・
『はぁはぁはぁ…逝くよ?逝くよ??』
「ぁっぁっぁっ...ぁ..っぐ......」
『あぁぁぁぁぁぁ…………うッ!』
ともみの中から慌てて抜き出し、胸目掛けて一気に射精をした。
『はぁはぁはっはっ…ふぅ……』
射精を済ませ、ともみを見ると、ともみはピクリとも動かなかった。
『!?一緒に逝けたん・・だ?』
返答に間を空け「う・・ん・・・」と頷いた ともみ。
そんな ともみの髪を掻き分け、唇と唇を数回重ね合わせ〜
凄く良かったよ♪と無言のサインを送った・・・・・・

っと、こんな感じで、やたら長々となってしまいましたが…(6 ̄  ̄)
普通過ぎました?
出来るだけ普通にをイメージした結果なんです。
ですので余計な物、場所での行為は無くしちゃったんですけど・・
イマイチだったかな( ̄ー ̄;
前戯〜長かったし……
これで胸が高まり、水色パンツに染みを作って頂ければ幸いです(笑


投稿者:ひでき 2009/4/26(日) 12:40:10 No.1826

しかし疲れたなぁ
取り合えず〜抜いとくか(笑
そろそろGW入るから、そこで体力回復を勤めよっかな♪


投稿者:ひでき 2009/4/26(日) 23:34:53 No.1827

な〜んだ、ともみサン他で楽しんでたんですね・・

と、言う事は俺のはイマイチだった感じですかね・・・
今後の励みにするとします(6 ̄  ̄)


投稿者:はな 2009/4/27(月) 0:13:35 No.1828 [EnG3TnYIr8U]

Sな先生とMな生徒の
えっちな話かいてくださいっ//


投稿者:ともみ 2009/4/27(月) 0:28:14 No.1829 [tiWJg7SIKRc]


ひできさん、遅くなってすみません。今、こちら拝見しました…とてもリアルでドキドキしながら…逝かせて頂きました(/\)
生々しい音が重なりあって、かなりエッチでした(/\)
苦手分野だったから疲れたんですよね、ごめんなさい。
このお話、寂しい時に何度も読ませて頂きます!
なんだか不快にさせたようで申し訳ありませんφ(..)
ありがとうございました


投稿者:ひでき 2009/4/28(火) 13:44:31 No.1830 [ziW80aAffSU]

はなサン
顔出し頂いて申し訳ないですが〜
暫くリクエストとしては書くのを止めようと思っています。
ごめんなさい。
これに懲りずに見て頂けると嬉しいです♪
ともみサン
絶頂を迎えられ何よりです。
また暇な時間ありましたら覗いて下さいね。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.