謝罪

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


謝罪
投稿者:ひでき 2009/4/29(水) 16:42:58 No.1832

(部長、○○株式の中山様がお見えになってますが?)
『○○の中山?ん、通してくれ』
数分後、部屋に招かれ扉に立つのは黒のスーツに身を纏った女性だった。
「始めまして○○株式の中山です。この度は我が社の不手際で大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした…」
『担当の篠田君はどうしたんだ?そう言う時は本人を連れてくるのが礼儀だろ?』
「あ、あの・・篠田は自己退職をしまして…それで私が今後担当をして行く事に…」
『そうか…篠田君は責任を取ったって訳か・・』
『ま、丁度良い。お宅の方へ今後の取引の事で連絡しようと思っていた所だ』
「と、言いますと?」
『分からないのか?取引を無し!にすると言ったんだ』
『中山君だったか?』
「は、はい…」
『今日始めて来て貰って申し訳ないが、その事をお宅の社長に伝えておいてくれ』
「こ、困ります!部長、お願いします!そこを何とか!!」
『お宅の所も君みたいな若い子に、こんな事を任せるなんてな』
「部長!お願いします。今後、この様な事は二度と致しませんので!」
悲痛な表情を前面に押し出し許しを乞う女性。
『まぁ、まぁ、そんな顔しないで。ほら、少しそこに座って落ち着きたまえ』
「は、はい・・失礼します」
女性は黒皮のソファーに座り、ふぅっと大きく息を吐いた。
『ささ、これを飲んで落ち着いて』
部長の高橋は、コーヒーを差し出して来た。
「あ、す、すいません・・頂きます」
『君なんかが1人で此処に来るって事は、それなりの責任を任されたんだろ?』
「は、はい・・部長のお許しが無いと会社には戻れません…戻った所で……」
中山は差し出されたコーヒーを飲み始める。
『そうだろうな…ま、君次第で今回の件は見送りって事も出来なくは無いが〜』
「ほ、本当ですか!?」
『君次第だと言っただろ?』
「は、はいッ!有難う御座います。私に出来る事でしたら何でも致しますので」
『頼むよ、中山君…っと、その前に私の入れたコーヒーを残すなよ?』
「は、はい!頂きますッ」
中山はコーヒーを一滴残さず飲み干した。
コーヒーを飲み、暫くすると身体に妙な変化を覚える来た中山・・・
体内が熱く火照り、肌が服に擦れるだけで刺激を受ける敏感な肌になっていた。
腕を胸に当て、覆い被せる様にさせ身体を少し屈ませる中山・・
『おや?どうかしたのかな??』
「い、いえ…何でも……」
座る脚を閉じたまま、腰を捻らせ肩を震わせ何事も無いと言い張る中山。
『本当に大丈夫かい?』
高橋は、ソファーに座る中山の背後へ立ち、中山の肩へ手を添える。
「はぁっ...っ」
『何て声出してるんだ?水でも飲むかい?』
「は、、ぃ、、、」
高橋がコップに水を入れ、手渡す。
ゴクゴクと一気に水を喉に通す中山。
しかし、一向に身体の火照りは収まらない・・それ所か、更に熱く感じて来た・・・
「はっ、はっ、はっ...」
中山の吐く息が生々しくなり始める。
高橋は机に戻り、受話器を取る。
『あ、私だ。暫く誰も通さない様にしてくれ』
(はい…かしこまりました)
『さて、と…中山君・・やはり君は何処かおかしい様だな』
高橋は中山の座るソファーに歩み寄って来た。
中山の隣に座り、太腿に軽く手を添える。
「ぁ..っ...」
身体をビクっと震わせ、その場から立ち上がろうとする中山。
しかし、脚に力が入らずソファーに崩れ落ちてしまった。
『ふふふ……』
助平な笑みを浮かべ、中山の頬に油の乗った顔を擦り付ける高橋・・・
「はっぁ・・や、めて下さい…」
高橋の顔を引き剥がそうと手を押し付けるが力の無い手は唯、添えるだけになってしまう。
黒のジャケットのボタンを外し、白いブラウスのボタンまでをニヤニヤさせながら外す高橋。
ブラウスが肌蹴けると、ピンク色をした下着が程好い大きさの乳房を包み込んでいた。
高橋の両手が下着を掴み、一気に上へ押し上げると、色白の乳房に痛々しい位に
突起させた赤茶色をした乳首が晒された。
『ほぉ…こんなに痛そうになる位まで立たせちゃって……』
中山の突起させた乳首へしゃぶり付く高橋・・・
「あっぁぁ…ぶ、部長・・止め、、て、、、下さい……」
高橋の顔を押し返そうとする中山の手には当然、力が入らなかった。
中年の巧みな舌使いが、敏感になった乳首へ更なる刺激が与えられる・・・
口の中で上手に乳首を転がしながら、急に前歯で噛み強い刺激を与える。
「はっ、はっ、、はぁっぁぁ…」
『んふぅ〜んふぅぅ〜〜。やっぱ若い女の肌は良いもんだ』
高橋は中山の片足を持ち上げ、スカートの中を覗き込む。
片足を高々と持ち上げられストッキング越しに見えるのは上下お揃いのピンク色をしたショーツだった。
持ち上げた片足を肩の上に乗せ、中山が丸出しにさせてしまった陰部へ顔を突き出す。
股間部分のストッキングを掴み、両手で引き裂く高橋・・・
ストッキングを力強くビリッ、ビリビリっと引き裂き、ピンク色のショーツが完全に現れる。
『中山く〜ん。随分と濡らしてしまってるじゃないか…』
晒したピンク色のショーツの中心には、くっきりと輪染みが出来ていた。
「ぶ、部長・・も、もぅ…お願いします……」
『ん?もう何だい??もう欲しくなったのかい?』
高橋はショーツの輪染みが出来ている部分へ指先を強く押し付けた。
『この中に欲しいのかい?』
グイグイと何度も指先を押し付ける高橋・・
「はっ...ぁっぁぁ......っ。ち、違います。あっ..やめっ」
中山は横たわるソファーの上で何度も抵抗を試みるが力の無い抵抗は虚しいだけだった。


投稿者:ひでき 2009/4/29(水) 16:45:17 No.1833

高橋の刺激する指先で身体を振るわせる事しか出来ない中山・・
そして高橋の指は中山の履くピンクのショーツを捕まえた。
陰部を覆う部分を摘み、そのまま横にズラすと付着していた愛液が糸を引かせ
肉厚の陰唇が捲れあがる・・・
『ほほ〜う。若いオメコは実に美味しそうだ…』
下着を横にズラしながら、片方の手で肉厚の陰唇を開く高橋・・
『綺麗な色をしたオメコだな・・』
高橋は繰り返し中山の陰部を開いては閉じる・・
開くたびにヌチャ…っと卑猥な音を放ち糸を引かせる中山の陰部・・・
そして、高橋は顔全体を中山の陰部へ押し付けてきた。
押し付けた鼻をクリトリスに当て、唇では愛液を啜りながら首を震わせる高橋。
「んっんっん...んぅ」
『んんッ・・このオメコ汁は堪らないな……やはり若いオメコは最高に美味しい』
高橋の唾液と中山が溢れさせた愛液が入り混じり、陰部は異様な程、光り輝いていた。
『さて、そろそろ中山君…頃合じゃないか?』
「!?ぶ、部長!お願いです…お願いします部長……」
『中山君も頃合だと思ってた様だね…』
高橋は立ち上がりスーツの上着を脱ぎ捨て、スボンを下ろす。
「!?ち、違っ・・そ、それだけは止めて下さいっ」
ソファの上から逃げ様とする中山・・・
しかし背を向け、うつ伏せになり這い蹲る中山は腰を捕まえられてしまった。
腰を押さえ込まれショーツを膝元までズリ下ろされ、大きな尻を突き出させられる中山・・・
ソファーの肘掛に掴まり逃れ様と力を振り絞る中山だったが尻肉を拡げられ
丸出しになった陰部へ硬い物を押し当てられる感触に気付いた。
「いやっ..許してっ...許して下さい部長」
『中山く〜ん、此処まで来てそんな真似は出来ないなぁ…』
『それに、このオメコ…ずっと欲しがってたんだろ?』
「違いますッ。違が・・!!?あっ!あぁぁぁぁぁ………」
高橋の年老いたモノが中山の陰部へ侵入して来た・・
『んっ・・流石若いだけの事はあるな…締り具合も最高に・・んんっ!』
中山の中へ高橋のモノが根元まで深く突き刺さる・・・
尻を左右に開き、覗き込みながら腰を動かし始める高橋。
数回、中山の中を出し入れしただけで、高橋のモノは愛液塗れになり、黒光りさせていた・・
ゆっくりした動きの中で、微妙な腰使いをさせる高橋・・・
「んっふ・・んっ、んんっ……ぃっやっ、いやぁっ…あっぁっ………」
中山が声を発する度に高橋のモノをキュっと引き締める・・・
『お?まだ締まるのか…こ、こりゃ良い……ふっふっぅ』
「や、、め、、、ぶっ、ちょぅ……はぁっあっあっ…」
高橋は尻を掴む手に力を入れ、尻肉をグニュグニュと歪ませながら強い挿入を始める。
「うっぐ..ぅ...ぅ......っ」
『はぁ、はぁ、、な、中山君…君次第でお宅との付き合い〜考えても良いんだぞ?うっくぅ…』
高橋は絶頂を間際に感じ、腰を素早く動きさせた。
中山の肉厚の陰唇が高橋の動きに合わせ捲れ上がる・・・
拡げられた尻肉の隙間から覗かせた力の入る尻穴を僅かに開かせる中山・・・
「あっあっあっぁぁっ……」
『はぁはぁはぁはぁ…くぁぁ……』
高橋は腰を引き、中山の中から引き抜いた。
慌てて突き出した中山の尻を目掛けて放出させる・・・
高橋が浴びせた尻からソファーに滴り落ちる精液・・・・・・
そして、淡々とスーツを再び身に纏い、乱れたネクタイを締め直し
『もう一度言うが、君次第でどうにでも変ると言う事を忘れん様に……』
弱々しくなりながら下着を履き身を正す中山・・・
「は、い………」
高橋は机に戻り、受話器を持ち
『私だ。そろそろ中山君が帰るそうだ。頼む』
(はい。只今お伺いします)
コンコン。
(失礼します。中山様、こちらへ…)
俯きながら髪を整え部屋を後にする中山・・・・・・・・

ちゃんちゃん♪


投稿者:まり 2009/5/3(日) 0:34:46 No.1844

興奮しましたぁ。。。

嫌がりつつも無理やりってシチュエーションは嫌いじゃないですっ〈笑)

あぁん、ぬれてきちゃう。。。


投稿者:ひでき 2009/5/3(日) 10:52:15 No.1846

まりサン はじめまして。
興奮してくれましたか〜嬉しい限りです♪
嫌がりつつも力に屈し、身体が反応させてしまう事って普段でも?
濡れたままの放置なんて事ありませんよね?
当然・・弄りましたよね……?


投稿者:まり 2009/5/9(土) 0:14:50 No.1881

どMなので 笑
なかなか日常にはないけど「嫌がりつつも力に屈し、、、」なんて、だいすきシチュエーションですう。。。想像しただけで。。。ぬれちゃいそう。

ひできさんのを読んできもちよくなっちゃいましたよお。。。

思い出したら、また、おまんこがうずうずしますう。濡れたままの放置なんて耐えれませんね


投稿者:ひでき 2009/5/9(土) 18:52:57 No.1890 [ziW80aAffSU]

あらまぁ、自分からドM発言をするとは…
生半可な辱めなんかじゃ物足りないんでしょうね。
暇さえあれば疼かせてしまう身体をしてるんでしょう〜
暇なくても疼かせてたりして……
ま、幾ら口で嫌がり拒んでも疼かせた おまんこは欲しくて、受ける入れる準備は出来てるのだろうね。
力に屈し、ごり押しでの挿入に、ひぃひぃ悦ぶんだろうね…



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.