罠(最終章)

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


罠(最終章)
投稿者:ひでき 2009/5/10(日) 16:58:55 No.1906

暫く放心状態が続いた絵里は立ち上がり、足をふら付かせながら浴室へ向かった。
シャワーを頭から浴び、涙を流しながら男が吐き出していった膣の中を洗い流す・・
自ら指を入れ、掻き出す様に男の精液を洗い流す・・・
シャワーを浴び終え、散乱した下着とキャミソールを洗濯機に入れ洗濯を始めた。
新しい下着で身を包み、キャミソールを再び着た。
白い下着に白のキャミソール・・・汚された身体を白で包み込みたかった気持ちだったのだろう。
気持ちが安らぐ事なく絵里はベッドに横たわっていると玄関の方からインターホンが鳴った。
ピンポーン、ピンポーーン…
身体を強張らせ身を丸める絵里。
『絵里ちゃん?まだ居ないの?俺だよ、高梨だよ。ねぇ、絵里ちゃん』
「た、高梨さん!?」
絵里は玄関と扉を開き、目の前に立つ俺の姿を見て泣き始めた。
『え、絵里ちゃん…どうしたの?何があったの??』
涙を流し、肩を落とす絵里を部屋の中へ連れて行く。
絵里は俺の質問に何も答えず、黙ったままだった。
俺も何を言ったら良いのか分らず、部屋に沈黙が漂わせる。
『えっと…シャワー、ねぇ、シャワー少し借りても良いかな?』
絵里は頷き、俺を浴室まで案内してくれた。
俺は背広を脱ぎ、全てを脱いでシャワーを浴びている。
俺の脱いだ物を絵里はシワにならない様、部屋に持ち帰りハンガーに掛けてくれた。
すると、俺の背広のポケットに入れてあった携帯電話がメールを受信した。
普段の絵里なら決して取る事の無かった行動を取ってしまった。
携帯電話をポケットから取り出し、絵里は俺宛のメールを無断で読み出した。
そしてメールに書かれていた内容に仰天した絵里は携帯電話を床に落とした。
【穴兄弟へ。お前が言う通り、あの女、全然喘がないな!】
【まぁ、締りは良かったから良かった様な物の…】
【いつまで正体隠しておくつもりだ?もしかしてこのまま隠し通すとか!?】
【あまり引っ張ると面倒になんぞ!そうそう、お前が来た時スゲー締り具合だったぞ(笑)】
俺はシャワーを浴び終え、絵里の居る部屋に行った。
『あ、ありがとうね。スーツ掛けてくれたんだ。さんきゅッ!』
俺は床に落ちていた自分の携帯に気付いた。
『それ、俺の携帯?どうしたの??』
携帯を拾い中を見るとメール本文が表示されていた。
『そう…で、これ見たんだ?』
「ベッドの隅に逃げる様に身を縮み込ませ、首を何度も振る絵里・・・
『なぁ、見たんだろ?全く余計な事をしてくれちゃって……』
手に持つ携帯使い電話をし始める俺。
『あ、俺だけど〜何か、今メール送ったろ?それ、絵里の奴が見ちゃってさ』
『うん・・うんうん……分った今から来るのね。はいよ〜待ってるよ』
絵里の居る方を振り向き俺は笑みを浮かべて言う。
『直ぐに来るってさ。絵里の中に出した男がまた会いに来るってさ〜』
絵里は慌てて玄関に走り出した。


投稿者:ひでき 2009/5/10(日) 17:01:04 No.1908

すると丁度、扉が開き今さっき自分に暴行をした男が目の前に立ちはだかった。
《お待たせ〜って、何?逃げる所だった??ざ〜んねん!》
男は絵里を捕まえ再び部屋に連れ戻す。
『んー、何て言えば良いんだ…取りあえず俺とコイツは同僚だ』
『そして昨日の電車の事も前々から計画していたって事!分った?』
『一応〜謝っておくよ、悪いな。まぁ、今日で最後にするからさ。な、良いだろ?』
狭い部屋の中を逃げ惑う絵里を男2人掛りで掴まえベッドに押え付ける。
今度は激しく身体を使って抵抗を試みる絵里だった。
が、絵里を押え付けているのは男2人。どう足掻いても逃げる事は叶わなかった。
2人掛かりで絵里が着替えなおした衣服を脱がし、身に着けている下着すら簡単に剥された。
俺は絵里の手を掴み、同僚の男は絵里の足を捕まえる。
「は、離して…いやッ!止めて!!」
同僚の男は絵里の無防備な胸に顔を埋め出す。
小振りの胸を両手を使い揉み解し、乳首を舐め上げる。
「や、やめ・・て…許して……」
《お?今度は随分と口を開くじゃねーか…高梨、その口塞いでやれば?》
俺は同僚の言葉に従いバスタオルで覆われていた下半身を絵里に突き出す。
既に硬く反り立たせていたモノを絵里の口にあてがい、押し込もうとする。
「ん、んんッ、、た、高梨さん・・やめて……お願い高梨さん…」
絵里が口を開いた瞬間、俺は硬くなったモノを絵里の口に突っ込んだ。
「んぐぅ…んんご…んごご……ご」
俺のモノを押し返そうとする絵里・・・
そして絵里の意識が俺の方に向かっているのを良い事に同僚の男は空かさず
絵里の中へ再び自らのモノを深々と挿入した。
「・・・・!?んごっ!んごごっ…んごごごぉっ……」
穴と呼ばれる所に男のモノを2本突き刺されてしまった絵里・・・
『ほらぁ、絵里ぃぃ…もっと良くしてくれよぉ。もっと舌を使ってさぁ』
《何かさっきより締まってるぞ?やっぱお前が居るからか?》
『な〜に言ってんだよ…コイツが好き者なだけじゃねーかぁ』
同僚の男は絵里の足を掴み、抱え上げて大きく開きながら挿入をさせる。
『絵里ぃ、俺から丸見えじゃないか〜絵里のオマンコが美味しそうに咥えてるぞ?』
「んっ、んんっ…んんんーっ……」
『ほら、良く見てみろよ絵里ぃ…チンポが気持ち良さそうに出し入れされてるの分るだろ?』
「んっ、んっ、んんっ……」
《やっべ〜さっき出したばかりなのにもうイキそうだ…》
『ちょ、ちょっと待て!次は俺の番なんだから中で出すなよ!』
《はぁはぁはぁ…わ、わかってるって!!あぁぁぁイクぞ?出すぞ!》
男は慌てて絵里の中から抜き出し、絵里の腹目掛けて射精をする。
《うッ!!はぁはぁはぁ……》
『はい、交代〜次俺ね!』
俺は絵里の身体をうつ伏せにさせ、腰を捕まえ尻を高く突き出させる。
そして絵里の中へ絵里の唾液が付いたモノを入れ始めた・・・
「んっ…んんぁっぁ……」
絵里の尻を軽く音を立てながら叩き出し入れを繰り返す。
背中から腰、そして尻までが綺麗に曲線を描く絵里の身体で欲望を満たす。
「はっ、はっっ、はっっ……」
絵里の口からリズム良く声が発せられる様になる。
《そろそろ次の準備でもしておくかな。ほら、俺のをまた大きくしな》
男は絵里の口へまだ萎えているモノを差し出した。
顔を反らす絵里の頭を掴み、口へ放り込む・・・
含んだ絵里の口の中にまだ残っていた精液が出始めた。
俺は絵里の手を掴まえ背後に持って来る。
両手を掴んで馬を手綱で操る様にさせながら出し入れする。
男のモノを口と頭だけを使わされ絵里の口の中で徐々に膨れ上がらせてきた。
『堪んないな絵里ぃ…これで最後なんてがっかりだろ?』
『悪いな、気を許した男がこんな俺でさ アハハ…』
《何なら俺に乗り換えるか?って、さっきまで俺が乗ってたか!アハハ》
『そろそろ逝くからな!絵里、俺はお前の中でぶっ放すからよ!!』
「んーっ!だめ゛っ!!や゛め゛て゛ーッ!!」
《何か言ってんぞ?俺は中出し良くてアイツはダメってか?》
『あったま来た!たっぷりお前の中に出してやんよ!!』
俺は絵里の中に出し入れさせているモノを素早く動かす。
絵里の膣が時々キュッキュッと俺のモノを締め付け、それが更に刺激を与えてくる。
『だめだ・・い、くぞ!があぁぁぁぁぁ…………うッぅ!!』
俺は絵里の中に溜め込んだ精液を一気に射精した・・・
絵里の中に収まりながらビクンビクンと脈打たせている俺のモノ・・・
当然、絵里にも伝わる感触、そして再び生温かい感覚が膣を通して伝わってきた。
「・・・・・・・・・・」
無言のまま男のモノを咥え肩を落とす絵里・・
俺が絵里の中から抜き出すと、吐き出した精液がドロドロと逆流して滴らせて来た。
シーツにまで滴る俺の精液・・・
『う〜ん、大分出たな…次またお前ヤル?』
《勿論!もう直ぐにでも出来んぞ!!》
男は絵里を抱え上げ、座ったまま絵里の腰を落とさせる・・・
俺の精液を吐き出したばかりの絵里の陰部は突き立たせる男のモノに向かって、ゆっくりと腰を沈めていく・・・・・・
そして、代わる代わる交互に絵里の身体を使い欲求を全て出し尽くすまでこの行為は続いた・・・・・・・・
深夜を迎えてもまだ・・・・。

ちゃんちゃん♪
何か〜書いてて何だけど俺って酷い事を頭に浮かべてるなぁ(6 ̄  ̄)
実際の俺は一切こんな真似はしませんよ?
少〜〜しだけ意地悪なだけですからね!笑


投稿者: 2009/5/12(火) 2:22:42 No.1925 [UgjgrP7/wd.]

ただいまです(^O^)/
もう寝てるよね。

このスレ長くなっちゃったねw
あたし、書き込みすぎなのかな?すみませんo(><)o


投稿者: 2009/5/15(金) 8:50:56 No.1941

おはようございます。
ひできさんの好みのを
今度買って来ますねw

なんだか今日は
頭が痛いと思っていたら
熱が39度も・・・しんどぃぃ・・・



投稿者:ひでき 2009/5/15(金) 13:24:47 No.1942 [ziW80aAffSU]

そんなに熱が?
裸で変な事して、そのまま寝ちゃったとか…
しかし、大変ですね‥
注射〜必要じゃないか?
ズブズブと打たなくちゃ!

下着、俺と買いに行きますか?笑
とにかくお大事に!



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.