軽い辱め

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


軽い辱め
投稿者:ひでき 2009/5/25(月) 19:54:41 No.1992

ピンポーン・・・ピンポーーン・・・・・
俺は玄関の戸を開けると、そこには以前1度だけ関係を持った事のある結花が立っていた。
結花との切欠は掲示板で知り合い、そこから親しくなりお互い1度だけと言う約束で関係を作った。
それから約一月、一切連絡は取らず終ったかと思っていたが、今こうして俺の目の前に現れた。
『どうしたの?久し振りだね…』
「あの……ひできサン…」
『ん?何??取りあえずあがる?』
「は、はい…」
俺は結花を家にあげ、奥の部屋で結花の話を聞く事にした。
『で、どうしたの?まだ俺の家、覚えていたんだ』
「ひできサン…あの……」
『なになに?どうしたのさ結花ちゃん。言ってご覧。何があったの?』
「何がって…あれから忘れられなくて………ひできサンとの事が忘れられないの」
『忘れられない?此処でした事??』
「はぃ…毎日思い出しちゃうの……そして思い出した後は疼いて仕方無くて…」
『ふーん・・なるほど。で、こうして俺の所を尋ねに来たって訳か…』
「はい…ご、ごめんなさい。やっぱり迷惑でしたよね……」
『また俺に辱められたくなったんでしょ?』
「………………」
結花は話をしている間、俺の目を一度も見る事なく俯くか、目を反らしていた。
普段からノーマルなセックスばかりしていた結花には俺の下した行為が印象的だったのだろう。
今まで気付かなかった惨めな自分を晒しながら欲望を満たす興奮を覚え、忘れなれない結花だった。
『今、緊張してる?それとも興奮?』
「わかりません…唯、ドキドキはしてしまっています……」
『そう…じゃぁ、来てくれて突き返す訳にも行かないからな。早速脱いで貰おうか?』
「も、、う、、、ですか?」
結花はその場で立ち上がり、着ている服を脱ぎ始めた。
『あ、下着とパンストはそのままで良いからさ。俺はちょっと用意してくるからそのままで!』
結花は俺の言葉通り下着を着用したままその場で待っていた。
上下揃って白の下着に身を包み、これから起こる出来事、そして以前味わった興奮を思いながら俺を待つ。
用意の出来た俺は廊下に結花を呼んだ。
結花が廊下に現れ、部屋の扉を閉めた。
廊下の先にある玄関の扉にはロープが巻き付けられ、そして今、閉めた扉の取っ手にロープの端を結び付ける。
すると玄関から廊下に1本の綱が出来上がる。
綱の途中には小さくゴツゴツした結び目が幾つか作られている。
『前にしたのを思い出すだろ?』
「…………はい」
『じゃぁ、そこに跨いで。あ、パンストは脱いで貸してくれな』
結花はベージュのストッキングを脱ぎ、俺に手渡すと綱を跨いで立った。
「ぁっ…ぁ、当たる……」
結花の腰の高さと綱の高さの微妙な高さが丁度良く、結花が少し背伸びをする位の高さだった。
『じゃぁ、早速そのまま歩いてと言いたい所だけど〜今日は少しこないだと変えてみよう』
俺は結花が脱いだパンストを結花の頭から被せ、顎先まで深く被せる。
「えっ!?や、やだ…そんなの被ったら顔が……」
『ほら、手が邪魔!顔が何だって?惨めで面白い顔になるだけだぞ』
パンストを結花にしっかりと被せ、パンストの足の部分をドアノブに結び付ける。
『よし!これで良いだろう。ほら、結花・・歩いて良いぞ?玄関までそのまま歩けよ』
「で、でも歩いたら顔がもっと酷く…」
『酷く?酷くなるに決まってるじゃないか〜お前の惨めな面を拝ませてみな!』
「そ、そんな…歩けませんっ」
『あっそ』
俺は結花のブラジャーを外し露出した乳首へ用意していた洗濯バサミを挟み込んだ。
「ぃっ、痛っっ…ひ、ひできサン、痛いです。外して下さい……」
洗濯バサミの端に紐が伸びており、俺は紐を引きながら玄関先まで歩き始めた。
「痛ッ...や、やめて......痛ぃっ」
『ほら、俺に着いて来ないともっと引っ張られて痛くなるぞ?』
結花は足を一歩、また一歩と玄関に向かい歩み始めた。
歩けば歩くほど顔を覆うストッキングが後ろに引かれ結花の顔を惨めに変えて行く・・
「ああああぁぁぁ…か、顔が……」
結花はストッキングで歪んでいく自分の顔を覆い隠しながら、ゆっくりと歩く。
『なに手で隠してるんだよ…手は下ろすんだろ?』
「で、出来ません…こんな顔、見られたくありません……」
俺は結花の後ろに周り、余っていたロープを使い結花の手を後ろ手で縛り上げた。
『これで良いだろう。さ、よーく見せて貰うぞ?お前の惨めな顔をな…ほら行くぞ』
「痛っ…ま、待って!顔が引っ張られ…っ。ぃ、痛いっっ」
『結花ぁ…もっと早く歩けよぉ。乳首千切れちまうぞ?』
ゴツゴツした綱の結びめがジワリとショーツの上から恥部を刺激する。
「ああああぁぁぁぁ…やだっ…顔が……っ…み、見ないで…」
『アハハ、だいぶ様になって来てるぞ?顔が見事なまでに別人だ』
結花の唇は捲れ上がり、鼻の穴が丸見えになるまで変形していく…
目は開く事が出来ず、薄目で視界が狭くなる。
『ほら、ほらっ、早く歩けっっ』
俺は紐をクイックイっと引っ張り痛みに耐える結花の変形した顔を楽しむ。
伸びるストッキングが段々と限界に近付いてくる。
結花が力を入れ脚を踏み込まないとならない位にストッキングは一杯に伸びていた。
「あああぁぁぁ…も、もう無理です……これ以上は…」
結花の顔が今までで最高に引き伸ばされ変形していた。
『なら、そのまま耐えるんだな!痛いのを取るか好きにしな!!』
俺は容赦なく結花の乳首に挟み込まれる洗濯バサミを引っ張りあげる。
「痛ぃっ、痛いっっ、痛いですっ……ほ、本当に乳首が取れちゃいますっ」
この辺が限界と思った俺は紐を引っ張りながら綱に結び、結花に近付いた。
『もう無理か?』
「は、はい…すいません……」
『なら、この場所が限界点と印を付けておかなくちゃな!』
俺は結花の跨る綱を掴みグイグイと持ち上げる。
綱は結花の恥部に食い込みだす。
背伸びをしていた結花は立って居られない程、爪先立ちになる。
『このロープにお前のマン汁をたっぷり染み込ませて印を付けてやるんだ』
「そ、そんな強くしたら…あっぁぁ…締め付けられて……」
爪先で立ち、身体を仰け反らし悦びだす結花・・・
幾ら言葉を並べようが喘ぐ声が全てを無にしてしまう。


投稿者:ひでき 2009/5/25(月) 19:55:50 No.1993

廊下で結花を悦ばせた後、ベッドへ向かった。
ストッキングを被り続けていたせいで髪はボサボサになり、乳首は未だに引っ込む事がなく赤紫色に突起させていた。
後ろ手で縛ったまま結花をベッドの上に座らせる。
白いショーツに手を掛け脱がしに掛かった。
『さっきので大分 汚したんじゃないのか?』
脱がし終えたショーツの内側にし、クロッチを見る。
白のショーツには茶色がかった染みと、ドロドロした愛液がこびり付いていた。
俺はその裏返したショーツの汚れを結花に見せ付ける様に顔へ近づけた。
『結構、汚してるぞ?ほら、おまんこがこんな汚してるんだぞ?』
「やっ!やめてっ!そんな物、近づけないで下さいっ」
俺はショーツの内側に着いた染みをクンクンと匂いを嗅ぎ出す。
『あああ…メスの香りがプンプンだぞ?』
「やだっ!に、匂いなんて嗅がないでっ…やめて……」
『嗅いでみるか?自分の匂い…』
「け、結構です…」
『そんな事言うなって〜自分を知る良い機会だぞ?ほらっ』
俺はショーツを広げ、結花の頭から被せ始めた。
「ちょっ…何を!?やだっ、やめて下さい…いやっっ」
自分の履いていた染み付きショーツを被されてしまった結花・・・
クロッチ付近を鼻と口に当てがわれ、手で擦り付ける様に濡れた部分押し付けていく。
『ほーら、どうだ?自分の匂いと味は…わかるだろ?答えるまでこのままだからな?』
「あああ…凄く・・酸っぱいです……ヌルヌルした物が唇に着いてしまってます…」
『酸っぱいか?アハハ メスの匂いは酸っぱいか……』
『こんな事をされても興奮するだろ?惨めな扱いが嬉しくて仕方ないんだよな??』
「は、はい…その通りです……う、嬉しいです…」
『俺のモノが早く欲しいだろ?』
「ほ、欲しいです…ずっと欲しくて堪りませんでした……」
俺は下半身を丸出しにし、結花の惨めな姿で興奮させていたモノを掴み、口に押し付けた。
ショーツの上から口目掛けてググっと押し込む。
「あがっ…ごがっ……な、何を?」
『欲しいんだろ?コイツが…ほら、そのまま舌を出して舐め上げてみろよ』
結花はショーツの中で口を開き舌を伸ばし唾液を何でも奥から吐き出し舐めようとする。
僅かにショーツの布が俺の先端を包み込み、結花の生温かい息を感じる。
正直、気持ち良い感覚は無いが、行為に俺は興奮を得ていた。
『このまま、自分の指で弄ってみな…パンツを被りながらオナるのもお前には似合うぞ?』
「……はい」


投稿者:ひでき 2009/5/25(月) 19:57:28 No.1994

俺は結花の手を自由にさせた。
結花は閉じ気味だった足を少し開き、股間に手を埋める。
ゆっくりと擦り付ける指使いで恥部をなぞる・・・
「あっ...ヌルヌル......き、気持ちぃ...です」
愛液の付いたヒダを擦り、割れ目にそって指を上下させる。
肩をビクっと震わせ、もっとも敏感な部分に触れる・・
そんな結花の自慰行為を俺は手伝いだす。
結花の両足を持ち、大きく開きながら足を結花の方へ押し出す。
身体を屈曲させ、恥部を丸出しにさせたまま弄らせる。
『1人じゃこんな格好でオナれないだろ?』
『丸出しになった おまんこをこんな形で見られる気分はどうだ?』
「す、凄く恥しいです…で、も、、興奮してしまっている自分が居ます……」
「自分で汚した下着を被って、隠したい所を丸見えにしながら弄るのに堪らく興奮してしまってます」
本心を吐き出しながら結花の指先は更に激しく恥部に触れ刺激を与え出す。
抱えられた足を何度も震わせては突っ張り、そして浮かした尻を振る。
俺は開いた脚を肘で押え付け、恥部へ手を延ばしヒダを広げ、結花が弄り易くしてあげた。
『俺が開いておくから弄り易くなったろ?』
結花は右手で膣の中を刺激しながら、左手でクリトリスを掻き毟る・・・
手を借りながらも不自然な体勢での自慰行為は軽い陵辱的な行為と言えるかも知れない。
膣の中で、自分が最も感じる部分を集中的に擦り、クリトリスを指先で弾く様に掻き毟る器用な指使い。
結花の尻がプルプルと振るえだす。
「あっあっ・・だめっ、出ちゃうっっ…出ちゃ…ぅっ……あぁぁぁ…」
結花の膣がビクビクと蠢きながらピュッピュッと噴出す液体・・・
上半身全体に自ら噴出した液体を浴びてしまった結花・・・
『また噴いたのか?前もだったよな……お前の おまんこはオシッコよりスケベな汁を出す量の方が多いんじゃないか?』
噴出した後も結花の膣はビクビクと生き物の様に動いていた。
そして俺は結花を休ます事なく、うつ伏せにさせ、尻を掴み軽く叩いた。
『もっと上げるんだろ?尻振って強請るんじゃないのか??』
「は、はい…すいません……お、お願いします。入れて下さい…」
『そんな強請り方が有るか?』
俺は血管の浮き上がるモノを結花の膣に突き付け焦らす。
「その立派な…お、おちん、、ぽを、涎塗れの…おまん、こに……入れて蓋をして下さい…」
『よしとしてやるか。仕方ないから入れてやるから感謝するんだぞ?』
「はい・・・嬉しいです……」
俺は結花の肉尻を両手で開き突き立てたモノを結花の中に埋めていった・・・
「あっはぁぁ……っ。入って来ます…硬いモノが入ってます…っ」
背後位での挿入は征服欲を更に高める。
逆にされた側は服従するかの様な感覚に陥らせる。
結花の被ったままの下着を掴みながら結花の中を俺のモノで犯していく・・・
掴む下着を引っ張りながら結花の顔を上げさせながら挿入を繰り返す。
『どうだ?まだマン汁は残ってるのか??』
「はっはっはぁっ…い、いえ……んっはぁ…残っ、、てませ、、、んっんっんっ」
下着を引っ張られると布が鼻と口に密着し、息苦しくさせる。
口の周辺が吐き出す息で生温かくなり、喘げば喘ぐほど息苦しくなる。
「あっ、当たる…奥まで当たって来ます…いいっ、いいですっっ」
『俺のは良いのか?』
「はいぃぃ…凄く、、気持ちぃです……おま、ん、、こも悦んでます」
「あっあっぁぁぁ…そ、そんなに激しくされると……逝き、、逝きそうです…」
「わ、私…バックで逝くのなんて…あっぁんっ……は、初めて・・・んっんんっ」
『パンツ被ってバックで逝くのか?牝犬ぶり発揮してるじゃないか?』
『尻振りながら逝くんだぞ?大きく泣きながら逝くんだぞ??』
「あっああああああっっ……逝くっ…逝っくぅぅ…あっあっぁぁぁぁぁ…」
結花は歓喜の声を張り上げ絶頂を迎えた・・・
今までに味わった事のない羞恥を受け、心と身体を満たされたのだった・・・・・
そして今日を機に結花は定期的に辱しめを受けに俺の所へ足を運んで来るようになった・・・・

ちゃんちゃん♪
毎日玄関の前で待ってるんですけど〜こんな人、現れません!笑
どなたか俺の家の戸を叩いて下さい(笑


投稿者:なみ 2009/5/27(水) 20:47:17 No.2005 [zpg6./Ic25U]

あなたのおうちのドアを叩きたぃです…///

なみもこんなふぅになりたぃ…

全部読んだらヌレヌレになっちゃって//


投稿者:ひでき 2009/5/28(木) 12:44:50 No.2007 [ziW80aAffSU]

なみサン
家のドアを叩けば同じ様な辱めが待ってますよ‥
以前 他で見掛けた事があります。
車の中でローターを使い〜
仕事帰りにトイレでの行為…と、ありましたね。
そんな なみサンに打って付けでしょ?



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.