ヒーロー?笑

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


ヒーロー?笑
投稿者:ひでき 2009/5/31(日) 22:21:06 No.2021

キャーーーーッ!誰か助けてーーーッッ!!
若い女性が得体の知れない怪物に暴行を受けていた。
『待てえぃ!その女性から手を離せ!!』
《ギギ…だ、誰だ!?》
『私か?私は〜〜〜女性を貴様の様な奴から守る!その名も、スペルマン!!』
《ギ…スペルマン?そんな恥しい名前、それにその格好……滑稽だギャ》
『き、貴様に言われたくは無い!早くその女性を離すんだ!!さもないと…』
自称、女性の見方と言うスペルマン。その姿は、全身水色のタイツに身を纏い頭から訳の分からない仮面を被っていた。
そして、得体の知れない怪物はと言うと〜毛の全くないゴリラに近い姿をしていた。
おまけに長い尻尾まで生えていた。
『貴様ぁ!ここ最近、連続暴行を繰り返しているゴウカーンだな!!』
《ギギギ…俺様の名前をよく知っていたな。スペル何とか!》
『スペルマンだ!!これから貴様を倒す者の名を覚えておけ!行くぞッ!』
スペルマンはゴウカーンに向かって強烈な蹴りを浴びせた。
《ぐあッ、中々やるじゃないかスペル何とか!》
その間、女性を素早く安全な所へ逃がしたスペルマン。
その時だった。スペルマンの背後からゴウカーンの力強い拳が襲い掛かって来た。
『うわッ・・な、なんて力だ……』
あっと言う間の逆転劇だった。
スペルマンはゴウカーンに滅多打ちに合い、意識を失いかけてしまった。
《ギギギッ、もうこれでお終いだギャ》
ゴウカーンが最後の一撃を見舞おうとした瞬間、何かがゴウカーン目掛けて飛んできた。
《ギ?な、何者だ!?》
「ゴウカーンそこまでよ!」
『インラーン………』
スペルマンのピンチを救ったのは、もう1人の女性ヒーロー、その名もインラーンだった。
インラーンの登場と同時にスペルマンは意識をフッと失った。
ピンクのマスクで顔を隠し、全身にはピンクのレオタード姿のインラーン。
手には武器のリボンとクラブを握り締めていた。
《また、恥しい格好をした女が現れたな…ギギギこいつは楽しみだ♪》
「女性の敵!私は許さないわよ!!スペルマン、今すぐ助けるからね」
《威勢の良い女だ…ギギッ……》
「ふんッ!今に見てらっしゃい!!行くわよ、インラーンキーーーック!!!」
インラーンはゴウカーンに走り込み、大きな蹴りを繰り出した。
だが、ゴウカーンはいとも簡単にインラーンの脚を捕まえた。
「くッ!は、離せッ!!」
インラーンは掴まれた脚を力付くで引き離そうとしたがビクともせず、武器のクラブを振りかざした。
そんな攻撃も蚊が止まったかの様にあしらい、振りかざしている手も掴まれてしまった。
その場で身動きの取れなくなったインラーンの顔に向かい、ゴウカーンは口から何かを吐き出した。
「あぁ…な、何!?」
怯んだインラーンに向かって何度も何度も口から霧状の物を吐き出す。
インラーンの全身に吐き掛ける。
「な、何?なんだか身体が・・熱いッ……身体が疼いて…くる……」
《俺様が吐いたそいつは身体を芯まで熱く疼かせるのだ!ギギギ》
《その内、全身の力が抜けて来るぞ》
「あぁ…ち、力が抜けて……あ、熱いッ…」
インラーンは地べたに這いつくばう様に力尽きた・・・
「はぁ、はぁ、はぁ、、、ス、ペル、、マン……」
《もうお終いだギャ?さっきまでの威勢は何処に行ったんだギャ??》
《所詮はお前も女って事だ!ギギギ、逃がした女の変わりにお前を頂くとするギャ》
ゴウカーンはインラーンを抱き起こし、レオタードの上から豊満な胸を揉み解しに掛かった。
《こんな大きな物をぶら下げてるから掴まっちゃうんだギャ!》
背後から大きな手が大きな乳房を解し、揉み上げる・・
手を上げようとしても力が入らず、ダラりとさせてしまうインラーン。
「はぁ、はぁ、はぁ…ヤメテ……」
そしてゴウカーンはインラーンの着ているレオタードを上から一気に下ろした。
張り、艶感が抜群の大きな胸を丸出しにさせ、隠す事も、抵抗する事すら出来ないインラーン。
黒ずんだ乳首に硬く尖らせた胸は無抵抗に弄ばれる・・・
敏感になった乳首を摘み潰す様に力を込めるゴウカーン。
「ぁッぐぅッ……」
指先の力を緩めるとホっとした表情を浮かべるインラーン。


投稿者:ひでき 2009/5/31(日) 22:23:54 No.2022

そして、ゴウカーンはインラーンの武器のクラブを手に取った。
《ギギ…中々面白い物を持ってるだギャ》
クラブの取っ手のスイッチがあり、ゴウカーンはそのスイッチを入れた。
クラブは高速に振るえ、強い振動をする。
ゴウカーンはインラーンの脚を捕まえ大きく脚を開いた。
力の入らないインラーンの脚は身体の柔らかさもあって極限にまで開かされる。
クラブを開く股の間に押し付けた。
「ああああぁぁぁぁぁ…や、やめてッ…あぁッあぁぁぁ……」
押し付けられるクラブから逃れようと小刻みに身体を揺するインラーン。
しかし、強烈な振動が与える衝撃はインラーンの膣、そしてクリトリスを逃さない。
ピンクのレオタードが次第に部分的に濃くなって来る。
インラーンの中からにじみ出る液が外へ外へと溢れ出して来てしまう。
《倒そうと息巻いてこの姿…何て説明するだギャ?》
《あのスペル何とかに、こんな姿見せれないだギャ…》
ゴウカーンはインラーンのレオタードの股間部分を摘み、グイグイと引っ張り上げる。
レオタードは細くさせインラーンの陰部に埋もれて行く・・
ピンク色の面を殆ど見えない位に埋もれさせられて行った・・・
線状になったレオタードを引っ張りながらクリトリスを擦り付ける。
「あっ、あっ、、だめっ…だめっ……」
チョボチョボとしか生えていない陰毛を食み出させ、痴態を晒されてしまうインラーン。
『うぅ……はっ!い、インラーンは?』
スペルマンが意識を微かに取り戻した。
そして、目の前で今まで見た事の無いインラーンの痴態を目撃した。
『イ、インラーン!!くッ、まだ足元がふら付く……』
《ギギ?やっとお目覚めだギャ……》
ゴウカーンは目を覚ましたスペルマンに歩み寄った。
まだ足元がおぼつか無いスペルマンにインラーンが手にしていたリボンを手に巻き付けた。
『くッ!な、何をする!!は、離せッ!!』
《そうは行くか。良い事を思いついたんだから大人しくして貰うギャ》
「ス、スペルマン……ッ」
スペルマンの手の自由を奪ったゴウカーンはスペルマンの履くタイツの股間部分を破った。
長い萎えたモノがダラ~と垂れ下がる。
その垂れ下がっているモノ向け、口から霧を吐き出した。
すると、見る見る内にスペルマンの萎えていたモノがムクムクと大きく膨れ上がってきた。
《2人して情け無い格好だギャ!肝心な所を晒して愉快、愉快♪》
ゴウカーンはスペルマンの顔を殴りつけ、その場へ倒れさせる。
スペルマンは倒されても、丸出しにさせたモノは力強く突き上がっている。
いまだ力の抜けるインラーンは身体の疼きを止められない。
ゴウカーンはインラーンの背後へ回り、後ろから脚を掴み抱き抱えた。
レオタードを陰部へ食い込ませたまま、両足を広げる様に抱えられ、スペルマンの元へ向かう。
突き上がらせたままのスペルマンのモノにインラーンの身体を沈め込ませようとするゴウカーン。
『な、何をするつもりだ!くッ、や、止めろ!!』
「ヤ、ヤメテッ…」
ゴウカーンは陰部へ食い込んでいるレオタードを捲くり、スペルマンのモノを押し付けようとする。
《ギギ…ヒーロー同士仲良く合体だギャ♪》
ゴウカーンはインラーンの身体をゆっくりと下に沈めて行く・・・
「ああああぁぁぁぁぁ……入っちゃ…ぅ……」
インラーンの沈んだ身体は、膣の中へスペルマンのモノを根元まで完全に含んでしまった。
力の入らないインラーンに変わってゴウカーンが背後から抱え上げたままインラーンの身体を上下に動かす。
『私のモノがインラーンの中に……はぁぁ…な、何て事を…・・・』
「あッあッあッ…お願・・ぃ…も、もう……はぁはぁはぁ…」
《どうだギャ?仲間同士の合体は?スペル何とか、こんな事したいって頭に少しはあっただギャ??》
《女の方は随分と感じている様子だギャ!もっとか?もっとこうだギャ??》
ゴウカーンはインラーンの身体を軽々と素早く動かす。
インラーンの大きな胸が上下に激しく揺れ動く・・
胸の残像が見える程、激しく動くインラーンの胸・・・
『あがッ…ま、まずい……インラーンの締め付けが強く…くッ』
『このままでは溜めに溜めていた私のスペルマをインラーンの中に放出してしまう』
「ぁっ...あぁっ.....スペルマン、絶対出したらダメッ!あっぁぅ…耐えて……」
『イ、ンラーン…し、しかしこのままでは私は……』
《何を2人でゴチャゴチャ言ってるんだギャ?》
ゴウカーンはインラーンから手を離し、スペルマンのモノへ突き刺した格好にさせる。
そして、インラーンの両肩を下へ押し込む様にグイグイと力を入れる。
「あっぁぁぁぁぁ…つ、突き刺さる……お、奥までスペルマンのモノが・・あっはぁ…」
もっとだと言わんばかりに押し付ける肩を色々な方向へ動かす。
「だ、だめッ…そ、そんなにしたら……」
「も、もぅ…逝き・・そ・・ぅ…逝っちゃ・・ぅぅ……ぁっはぁっ、い、逝っくぅ……」
インラーンは絶頂を迎えると同時に大きな声を張り上げた。
そして絶頂を迎えたインラーンの陰部から眩い光を放った!
《な、何だギャ!?こ、この光は一体…・・》
するとスペルマンは縛るリボンを力ずくで引き剥がした。
仁王立ちになるスペルマンは反り立たせたモノの先端をゴウカーンに向ける。
『今だッ!溜めに溜めていたスペルマを一気に吐き出すチャンス!!』
『スペルマーーーー白濁ビーーーーーーーーーーームッ!!』
スペルマンの高熱を持つスペルマは、ゴウカーン目掛けて放出され、ゴウカーンの体を一瞬で貫いた。
《ギ、ギ…ま、まさか・・・…ギギーーーーーーッ!!》
バタ・・・・・・・・・・・ゴウカーンは倒れた。
『ふぅ…恐ろしい敵だった……は!大丈夫か?インラーン』
「え、ええ…大丈夫……本当に手強かったわね…」


スペルマーン♪スペルマーーン♪嗚呼スペルマーーーーーン♪

つか、何だコレ・・・・・・・・・・笑
こんなの書く俺って一体・・(6 ̄  ̄)
まぁ、こいつを最後に″お休み?するのは心苦しいけど〜
夏が来るまで少しお休みとさせて頂きます。
待ち遠しい人はメールにて配信させて頂きます(嘘です!)
また書いた時には目を通してやって下さい♪


投稿者:みぃ  2009/6/2(火) 10:26:36 No.2024 [yTZ8WJIhROM]

ひできサン…

どうしたの(笑)?


ヒーロー戦隊もの妄想するなんて…(笑)

お休みかぁ♪

次回も楽しみにしてるよ(^^)


投稿者:ひでき 2009/6/2(火) 19:41:32 No.2026

オイラ〜伝説ぅの〜〜
どうしたも、こうしたもありませんですよ。
子供の頃から思ってた事を書いただけさ(笑
とは、言っても小さい頃は、ピンク役のパンチラが妄想の限界でしたけどね。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.