コインランドリー

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


コインランドリー
投稿者:ひでき 2009/6/21(日) 15:36:30 No.2156

1人暮らしをしている女性、杏奈。
梅雨の時期は洗濯物が乾き難く、部屋干しは避けたいと思い杏奈はコインランドリーに行った。
夜遅くまで営業をしているコインランドリーに数日分の洗濯物を一気に洗った。
洗い終わるまで暫く椅子に座りながら雑誌を読んで時間を潰す杏奈。
すると1人の中年男性がやって来て、特に何をするのでも無く少し離れた所に座った。
杏奈は中年男性と雑誌を交互にチラチラと不信そうに見ている。
杏奈の洗濯機が止まり、乾燥機へ移し再び暫く座って待つ。
5分程、時間が経過した時、中年男性が立ち上がり、杏奈の洗濯物の入る乾燥機の扉をまるで自分の様に開いた。
(え!?な、何をしてるの?それ私の…)
今、此処で使われているのは杏奈の乾燥機のみで、他の人の衣類は一つも無い。
どう考えても間違いとかの次元では無かった。
乾燥機の扉を開くと、さっきまでの煩い音が止まり室内は静まり返る。
控えめな性格の杏奈は中年男性へ声を掛ける事を躊躇してしまう。
雑誌を読む振りをしては男性の行動を監視する。
男性は乾燥機の中からネットを取り出し、その中から下着類を物色し始めた。
杏奈は手にしていた雑誌を床に落とし男性へ自分の存在をアピールしてみた。
男性はネットから取り出した杏奈のブラジャーを手にしながら後ろを振り向いた。
『ん?これってアンタのかい?』
「は、はい…私の何ですけど……」
男性は手に持っているブラジャーのサイズタグを見て、杏奈の胸を凝視する。
『嘘付くなよな。アンタどう見たってDカップなんか無いだろ?』
杏奈は顔を赤くして何故か黙ってしまった。
確かに間違い無く男性の手にしている下着は自分の物だ。
しかし杏奈は見栄を張ってワンサイズ大きなブラジャーをしていたのだった。
男性は杏奈を無視し再びネットへ手を入れ、今度はショーツを取り出した。
白いショーツを頭の上に掲げマジマジと見ている。
ショーツを裏返しクロッチ部分の臭いを嗅ぎ出す。
『チッ…匂いが消えちまってらぁ!しかしこの残ったスジ色が溜まらないな…・・・』
目の前で幾ら洗濯を終えたとは言え、自分のショーツの臭いを嗅がれるのに我慢出来なくなった杏奈は
「や、止めて下さいッ!!」
『あーー?何だって??』
「止めて下さいって言ったんです!それは私のです。だから止めて下さい!!」
男性は杏奈の言葉を無視し、次々とネットの中から下着を抜き出す。
杏奈は男性に歩み寄り、ネットと下着を奪い取った。
「警察に言いますよ?こんな事して」
すると男性は杏奈の胸に手を伸ばしてきた。
不意を突かれた杏奈はTシャツの上から胸を揉まれてしまった。
一瞬の出来事に怯んだ杏奈は一歩足を後退させ手で胸を覆い隠した。
「な、何をするんですか!」
『やっぱ少し小さいな。これはアンタのじゃない!』
「此処には監視カメラだってあるんですよ?ほら、あそこに」
『何処よ?』
「だからあそこですって!」
杏奈は男性に背を向け、背後上部に添え付けてある監視カメラを指差した。
すると背後から杏奈は身体を押さえ込まれた。
「ちょ、ちょっとッ・・な、なにを!?は、離してッ!離してってばッ…」
男性は杏奈の身体を押さえ込み、乾燥機の前まで杏奈を引きずる。


投稿者:ひでき 2009/6/21(日) 15:41:34 No.2158

そして杏奈の上半身を扉の開いたままの乾燥機へ突っ込んだ。
頭が乾燥機の奥まで入り、ドラムの中で手をバタバタと暴れさせる杏奈・・・
叫ぶ声がドラムの中で大きく響き、鼓膜を強烈に痛め付ける。
ドラムの外へ短パンを履いた尻を突き出した格好にさせられた杏奈・・・
Tシャツを背中まで捲くられ、ブラジャーのホックを外され乳房が垂れる。
背後から男性の手が杏奈の重力に従う乳房を覆いギュっと掴む。
垂れる乳房の先端を指先があらゆる方向へ引っ張りだす。
「止めてッ…嫌ぁぁ……」
手をバタバタと暴れさせ、少し浮いた足もバタバタさせ抵抗をする。
男性は杏奈の両足を持ち、更に奥へ奥へと杏奈の身体を乾燥機の中へ押し込もうとする。
完全に地から足が離れ、更に奥へ身体を入り込まされる。
履いていた短パンに手を掛ける男性。
そのままゆっくり杏奈の短パンとショーツをズルズルと下ろしだす。
尻が半分見えた所で杏奈は今までで一番の大声を発した。
鼓膜が破れようが頭に響こうが構わないと言わんばかりの大声だった。
しかし男性は手を離す事なく、ジワリジワリ短パンを下ろし、遂に足元から短パンは脱げ落ちてしまった・・・
杏奈はドラムの中に頭を突っ込み、丸出しになった尻を突き出した格好になった。
男性は杏奈の丸出しになる尻を両手で掴み、左右に開く。
同時にメリメリと音を立てながら杏奈の恥部も開いていった。
男性は杏奈の尻を開きながら顔を恥部へ埋め、臭いを嗅ぎだす。
『スーハー、スーーーーハーーーーーーー。酸っぱいのと女の匂いが入り混じってるぞ?』
「ヤメテ…ヤメテ下さい……」
埋めた顔から伸ばす舌先が杏奈の恥部を全体に這い出す・・・
「んはぁッ…や、やめ…て……ヤダッ・・いやぁ……」
浮かした足を激しく暴れさせる杏奈だが、大した抵抗にならず自由に恥部を舐めあげられる。
男性が杏奈から舌を離すと、背後から聞こえて来る音があった。
ガチャガチャ・・・ジーーー。
直ぐ様、杏奈は察知した。
そう、男性はベルトを外し履いていたズボンを下ろしたのだった。
杏奈は何とか乾燥機から抜け出そうと必死にもがく。
だが、男性は杏奈の揺れる尻を掴まえ、杏奈を静止させた。
そして一瞬だった。
「嫌ぁぁぁぁぁっ……」
杏奈の膣の中に男性の硬い異物の様なモノが入り込む。
中年とは思えない程の硬さを持つ男性のモノが杏奈のキュっと締まる膣へ突き刺さった。
『随分と締め付けて来るじゃないか…』
男性はズンズンと一定のリズムで杏奈の中を強く刺激してくる。
「あっ、あっ、、あっあぁぁぁぁ」
杏奈の子宮、そして背中を通り頭の先まで男性が突き刺す度に強い刺激が流れる。
ドラムの中で響かせてしまう自分の喘ぎ声が余計に刺激をしてくる。
男性は杏奈の奥へ突き刺したまま、腰だけを動かす。
円を描いたり、のの字を書いたりして硬いモノで杏奈の中を掻き回す。
「あふぅ...んっふぅ......んっ、んんっふぅ...」
中年男性の巧みな腰使いで杏奈は悦びを感じていた・・・
杏奈の膣から溢れる愛液がトロトロと溢れ、太腿を伝わり膝付近まで垂れて来ていた。
中年男性の持続力は長く、何度も杏奈は頭の中を真っ白にさせた。
意識を何度か切らし、白目を向いてしまう。
そして、大分時間が経過した所で男性は腰を素早く動かして来た。
素早く出し入れする硬いモノが杏奈のヒダを捲り上げる。
ズチュズチュと淫音を放つ2人の下半身。
「あッあッあッあッあぁぁぁぁッッ…」
「だ、めッ、、だめッ、、、や、やめ、、やめてッ、こ、こわ、、壊れちゃう」
口を閉じる暇も無く喘ぐ杏奈・・・
そして、杏奈が絶頂を迎えると同時に男性は杏奈の中から抜き出し
杏奈の背中目掛けて少量の精液を吐き出した。
乾燥機の中で力尽き、息を荒立てながら蹲る杏奈。
男性は自らのモノの先端を杏奈の尻に擦りつけ、精液を拭き取る。
『一つ言っておくけど、あのカメラね・・・私の趣味で付けてるカメラなんだ……』
「……!!?」

ちゃんちゃん♪
梅雨時のコインランドリーにご注意ですよ(笑



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.