超脳力

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


超脳力
投稿者:ひでき 2009/6/22(月) 21:09:00 No.2172

最近、口コミなどで有名な超能力者、橘に取材をする小林麻子。
「すいません、橘さん。お忙しい所、時間を作って頂いて有難う御座います」
『いえいえ、構いませんよ。私も、少しは有名人の仲間入りって所ですかね?ハハ』
「で、今日なんですが〜私1人で良かったんですか?」
『貴女1人の方が貴女の為と思いましてね。映像が必要と言うならカメラだけなら構いませんが…』
小林は映像を残す為カメラを用意し、2人が座るソファーが収まる様にセッティングした。
「ズバリお聞きしますけど、橘さんは超能力が使えるとお伺いしたんですが…」
『う〜ん、超能力とは違うんですよね。私の場合 脳 なんです』
『能力じゃなくて脳力なんです。分りますか?』
「えっと…脳と言いますと〜頭の脳ですか?」
『ええ、口で説明するより実際に試してみましょうか』
橘は小林の座るソファーの後ろに立ち、小林の頭を両手でガシっと押さえ込む感じで添えた。
『小林さん、今、貴女が履いている下着を頭に浮かべてみて下さい』
「え!?し、下着・・ですか?今日は確か……」
『黒・・いや、もしかしたら紺ですかね?シンプルですが〜Tバックじゃないですか?』
「!!!?ど、どうして!?」
『これが私の言う脳力なんですよ、小林さん…それにしても〜Tバックは良く履かれるんですか?笑』
「………そ、そんな事ありません…たまたまです……」
『なるほど。仮にそうだとしても口には出せませんよね…』
『と、この様に〜私は人が頭に思い描いた事を頭に触れる事で読み取れる力を持っているんですよ。』
「それって〜橘さんに触れられている間は変な事を考えたら伝わるんじゃ…?」
『その通りですよ。ですから私がこうしている間は小林さんは注意しなくてはならないのですよ』
『で、小林さん、昨夜は何をなされてましたか?』
「昨夜ですか?昨夜は……あッ!だ、だめッ!!」
『フフフ…なるほどぉ。手遅れですよ?小林さん……』
橘はカメラに顔を向けた。
「だ、だめッ!言わないで下さい!!」
『なんと、小林さんは自分の身体を慰めていた様です』
『こんな綺麗な顔立ちをしているのに勿体無い事ですよねぇ…』
「………」
小林は暑く火照らせ赤面させる顔を上げる事が出来なくなった。
『一体、昨夜はどの様にして慰めていたんですかね?』
顔を強張らせ昨夜の事を思い出すまいとする小林だった。
『ほぉ…また随分とハシタナイ姿でしていたんですね?』
「!?」
『カメラに向かって言って差し上げましょうか?小林さんの自慰行為の始終を…』
「やっ!だめッ!!言わないで…そんな事を回りに知られたら私・・私……」
『私を取材しに来たんですよね?だったら私の力を世間に証明して貰わないと〜』
橘は再びカメラに向かい口を開いた。
『小林さんは昨夜、今座っている様なソファーで大股を開いて両手を使って大事な所を掻き回してた様です』
『面白いのが、事前にソファーにタオルを敷いてたのが驚きですよね?』
「お願いっ!も、もう言わないで下さい」
小林の表情を楽しむかの様に橘は口を滑らす。
『終いにはソファーの肘掛に両足を乗せ男に跨る様な姿勢で弄ってたみたいですよ』
『下に敷いたタオル目掛けてピュッピュと汁を飛ばす程、乱れてた様子です』
「も、う分りました…橘さんの力は分りましたからこれ以上話さないで下さい…』
『ふぅ…カメラは一旦止めましょうかね……』
橘はカメラに歩み寄りスイッチを操作した。


投稿者:ひでき 2009/6/22(月) 21:10:08 No.2173

『貴女は若いですから昨夜の様な行為は当然と言えるんですよ?』
「で、ですが、、人に知られたくない行為です……まして、それを公けの場になんて……」
『分りますよ、小林さん…それにしても此処は少し暑いですね』
そう言うと、橘は上着を脱ぎ上半身裸になった。
「た、橘さん?急に何を??」
橘から目を反らす小林だったが、橘はポンっと小林の頭に手を置いた。
『今、私の身体を一瞬でも見て、何を想像しました?』
小林は橘の問い掛けに無我夢中で全く関係の無い事を頭に浮かべようとしていた。
『フフフ…良いんですか?そんな事を此処でして……若いと頭の回転が良いからスグですよ?』
「ち、違うんですっ!い、今のは違うんですっっ!!」
『違う?貴方の頭の中では私とのセックスが盛り沢山でしたよ??』
『この座るソファーにしがみ付きながら背後から私から突き上げられて悦ぶ貴女が見えましたよ?』
「違っ…………」
『私のコイツが欲しいんじゃないですか?』
橘は座る小林へ股間を突き出す様に見せ付けるた。頭をしっかり触れながら・・・
『見えましたよ…今、頭に浮かべた様に私のズボンを下ろしても良いんですよ?』
「…………」
橘は目を反らす小林に何度も何度も股間を突き付ける。
そして股間から背けていた顔を振り向かせ、橘の突き付ける股間を見つめる・・・
小林は黙ったまま橘の腰に巻かれるベルトに手を掛けた。
ベルトを外し、ズボンのボタンを外し、ファスナーを下ろす。
そのままズボンを下ろし、下着を下げ目の前に現れた橘の逞しいモノに目を釘付けにされた。
力強く脈打つモノを両手を添え顔を近づける。
小林は口をポッカリと開き、橘のモノを含んだ・・・
目を瞑り、味わう様に橘のモノを頬張る小林。
「んっ...んんっ.....んっぐ...」
添える手で支えながら伸ばした舌を先端から根元まで這わす・・・
「んっ..っはぁ......んっんっっ...」
小林の長く伸ばす舌先が橘の先端を淫音を立てながら刺激する。
橘のキュっと引き締まっている袋を優しく解しながら舌と口で先端を刺激する。
小林の唾液で橘のモノは艶光を放つ・・・
橘の黒々としたモノは血管を大きく浮かび上がらせ、まだかまだかと脈打たせていた。
そして橘は小林を立たせ、ソファーに手を付かせる。
突き出した尻を撫で回し、スカートを捲り上げた。
スカートの中から橘が先程言い放った紺色のTバックのショーツが晒される。
肉尻の間を紺色をした一本の細い線が流れていた。
橘は膝を付き、小林の肉尻を両手でググっと開く・・・
すると、細い布地では覆い隠せない小林の卑猥なヒダが食み出された。
それは紺色の布地をヒダが咥え込んでいるかの様な光景だった。
薄く、綺麗な色をさせるヒダ、そして無数のシワが蔓延る菊穴を食み出させる。
橘は小林の濡れ具合を確認し、立ち上がった。
小林の履く、紺色のTバックショーツを指で摘み横にズラしながら自らのモノを押し付ける。
小林の溢れさせる淫汁を先端に馴染ませ、膣目掛けて付きたてる・・
腰をグっと押し込むと、突き立てたモノは小林の中へ深々と侵入していった・・・
「んっっ…はぁぁぁ……っ」
橘は小林の両肩を捕まえ、一気に奥へ押し込んだ。
「あッぁぁ...ぁぁぁ.......っ」
根元まで含んだモノを、小林の中へゆっくりと出し入れさせる。
出し入れをする度にショーツの布地が橘のモノへ刺激を加える。
ショーツの布が擦れるシュッシュッと音をさせ、小林の溢れさせる淫汁がギュチュッヌチャっと音を放つ。
小林の中、奥深くに突き刺すと橘は腰をあらゆる方向に動かし掻き回す・・・
「あッ…いいッ…・・そ、そこ凄くいい……」
小林の溢れされる淫汁は太腿を伝い、膝まで垂れ落ちて来ていた。
橘は挿入したまま、小林の足を抱え上げソファーの肘掛に乗せた。
小林はソファーの上で、オシッコをする様な格好にさせられながら突かれる・・
背もたれに寄りかかりながら喘ぎ、悦ぶ女の顔をさせる小林。
不自然な格好での挿入は想像以上の刺激を小林へ与えた。
「あ...っ..あぁっ.....だめっ..だ、だめっ...っ......」
橘が突き刺す度に、小林の膣からは白濁した汁をピュッピュッと吐き飛ばす。
『こいつがタオルを必要とする原因か……』
小林の膣は水鉄砲の様にピュッピュッと汁を吐き飛ばしている。
そして背もたれを握る小林の手に力が入った。
「やっ、、だ、だめっ...それ以上は..イッちゃう..イクッ...イッくぅぅぅぅ.....」
小林は息を荒立て、背もたれにしがみ付きながら顔を落とす・・・
『想像が現実になった気分はどうだい?』
「はぁはぁはぁ…どうって……よ、良かったです…」
『そうそう、カメラね〜動いたままだから気を付けてね?』
「え!?そ、それって……!!?」
『今の・・しっかり撮れてると思うよ。フフフ…』

ちゃんちゃん♪
最近、此処も賑やかになって来ましたね。
妄想好きの人に取っては嬉しい事でしょう(笑



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.