恋人を目の前に・・・

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


恋人を目の前に・・・
投稿者:ひでき 2009/6/26(金) 5:38:30 No.2201

塾帰りと思われる高校生カップルが、建設中のマンションにコッソリ入って行くのを目撃した。
俺は間違い無くヤルな!と思い静かに工事現場に入って行った。
仮設照明が薄暗く点灯する中、2人を発見した。
2人は同じ学校の制服でお互い眼鏡を掛け、勉強!と言う言葉が相応しかった。
彼氏は痩せこけて髪はボサボサだが、彼女の方は眼鏡は掛けているが、よく見るとスタイルも良く可愛らしい子だった。
隠れて2人を見ていると徐にキスをしだした。
この時、俺の頭に良からぬ事が過ぎった。
俺は2人が帰らぬ事を願って、近くのドラッグストアでコンドームを買った。
2人が帰ってしまってないか心配をしながら工事現場へ戻ると
彼女は上半身を裸で彼氏の股間に頭を埋めていた。
薄暗い光の中でも彼女の肌が白く、そして細い体の割りに大きな胸なのが分る。
そんな彼女が彼氏の細く、か弱そうなモノを口に含み頭を上下させていた。
軟弱彼氏の善がる表情が憎たらしく思えた。
暫くフェラチオをしているのを見ていると、彼氏は彼女を立たせ、手を壁に付かせた。
彼女の尻を突き出させ、スカートの中に手を入れ下着を膝まで下ろす。
そして、スカートを捲くり上げ尻を丸出しにさせて自らのモノを支え彼女に背後から突き刺そうとしていた。
そこで、俺は足元に丸まっていたトラロープを手に取り、足音を立てずに背を向ける2人に近付いた。
俺が後ろに立っている事に全く気付かない2人・・
俺は息を殺し、彼氏の直ぐ傍に居る。
彼氏は彼女の陰部に自分のモノを何度も擦り付け挿入準備をしていた。
そしていざ挿入する瞬間、俺は持っていたトラロープを彼氏の背後から両腕に掛けてグルグルと急いで撒き付けた。
彼氏が言葉を発する暇を与えず俺は完全にロープで両腕を縛り上げた。
俺が彼氏を床に転がすと、彼女は壁に手を付いたまま後ろを振り向いた。
「!!?な、直君!?」
地べたに這い蹲る彼氏を案じるも、真後ろに立つ俺の姿に驚く彼女。
『駄目じゃないか〜熟の帰りだろ?しかも此処は立ち入り禁止なんだぞ?』
『それに、今何をしていた?これから何をしようとしていだんだい??』
慌てて胸を手で隠す彼女の視線は俺と、彼氏を交互に見ていた。
彼氏は転がりながら必死にロープを解こうと力を入れ、彼女の名前を何度も呼ぶ。
『君みたいな貧弱君にはそれ外れないよ?諦めて見てなよ…』
『自分の彼女が犯される所をな!』
彼氏は大声で彼女の名を呼び続け、必死に俺へ止める様言い続けて来る。
彼女の方も涙目になりながら彼氏に助けを求めている。
当てにならない助けを求め、俺に許しを乞う。
俺は彼女の肩を掴みグルっと背を向けた。
そして、背をグっと壁に押し付け、尻をさっきの様に突き出させた。
横たわる彼氏に見せ付ける様に彼女の尻をググっと大きく開いて陰部を丸出しに晒す。
「嫌ぁぁ。な、直君…直君助けて……」
『ほらぁ、彼氏だろ?彼女助けてって言ってるぞ?良いのか?オマンコ丸出しになってるぞ!』
『あ〜こりゃ綺麗なピンク色だ…とても美味しそうなオマンコだぞ?彼女…』
俺はパクパクと彼女の陰部を開いたり閉じたりしながら彼氏に見せ付ける。


投稿者:ひでき 2009/6/26(金) 5:41:49 No.2202

開いた陰部に顔を近付ける。
『まだ若い女の匂いがプンプンして貯まらないなぁ…それに随分と濡らしてるじゃないか』
彼氏は芋虫の様にゴソゴソと蠢きながら叫ぶ事しか出来なかった。
『煩さいな、本当〜少しは黙って見てられないのか?』
俺は彼氏を足でうつ伏せになる様、転がした。
すると、彼氏のモノは砂で汚れていたが、まだ反立ちの状態を保っていた。
『何だ?チンポがまだ萎えてないじゃないか?さては〜この状況でも興奮が収まらないのか?』
そう言うと俺は彼女の膝を後ろから抱え上げ、そのまま彼氏の方を振り向いた。
すると、彼女はまるで子供がオシッコをする姿勢にさせらた姿を彼氏に晒す。
両足を開かされ陰部を大きく彼氏に晒される彼女・・・
「やめてッ…お願いだから離してッ!!直君見ないで……」
『見ないでって〜丸見えだぞ?そいつは無理だろぉ……』
『それに見てみろよ?彼氏のチンポ…あんなムクムクと勃起させちゃったぞ?』
『自分の彼女がこんな状況なのに、お前の彼氏はそれ見て勃起させてんだぞ?酷い彼氏だよなぁ』
俺は彼女を抱えたまま彼氏に近付き、彼女の晒す陰部を顔に押し付ける。
「いやぁ…いやぁぁぁぁ……っ」
抱えられたまま抵抗しようと暴れる彼女だった。
が、それが逆に陰部を彼氏の顔にグイグイと押し付ける形となってしまった。
か弱い彼氏のモノがビクビクと動きだす・・・
『あらら・・こいつは酷い…あんなに脈打たせてるぞ?ほら、見てみろよ!』
「・・・・・・・・・・・」
自分が他人に羞恥行為に合わされているにも関わらず興奮してしまっている彼氏に少し幻滅してしまう彼女。
『なぁ、彼氏〜かなり興奮してるみたいだぞ?あのドロチンコを綺麗にしてやれよ?』
『さっきしてた様にその口で…』
彼女を下ろし、彼女の頭を彼氏のモノにググっと押し付ける。
『ほらほらぁ、彼氏のを綺麗にするのが彼女だろ?パクっと咥えろよ!』
彼女は力を入れ彼氏のモノから顔を背ける。
しかし、俺はそうさせまいと彼女の頭を押え付ける。
「やめてッ…は、離してッ……んぐっっ…」
彼女は彼氏の砂の付いたモノを口に含まされてしまった。
「んごごっ...んごっ......」
彼女の口の中は砂でザラザラとなってくる。
途中、口を離し唾を出し、口の中の砂を吐き出す。
慣れた彼女の口が軟弱なモノを刺激してくる。
言葉を無くしながら歯を食いしばり、時折善がる表情をさせる彼氏・・・
『大分綺麗になったんじゃないか?やっぱ彼氏のが欲しいか?欲しいよな…』
俺は再び彼女の膝を抱き抱え、彼氏が突きたてているモノ目掛けて彼女を下ろしていった。
『ほーら、綺麗になった大好きな彼氏のチンポだぞ?』
彼女の陰部に彼氏の先端が当たり、メリメリと中に押し込まれていった・・・
「ぁぁっ……」
唇を噛み締め、小声を放つ彼女。
そして俺が手を離すと、陰部はズドンと彼氏の根元まで含んでしまった。
『ほら動けよ!いつもしてるんだろ?勉強とか言ってセックスばかりしてるんだろ??』
「っち、違ぅ・・んっ…んん…っ」
動いているのか、止まっているのか分らない腰使いに俺はイラ付き彼女の腰を掴みグイグイと動かす。
「や、やめてよ…じ、自分で動く……」
そう言うと彼女の腰は徐々に動いたが、膝の痛みでギコチなく腰を振る。
だが、確実に彼氏へ興奮を与えていた・・・
「んッ...んッ...んんッ.........」
そして、彼氏が今にもイキそうな言葉を口に出してきた。


投稿者:ひでき 2009/6/26(金) 5:42:59 No.2203

『お?彼氏イキそうだって?どうする?このまま中出しかぁ?』
すると彼女は彼氏のモノを慌てて抜き出そうとした。
しかし俺はそうはさせまいと彼女の肩を押さえ、抜かせまいとする。
「何するの?離してッ!中は駄目ッ!!お願いだから抜かせて…」
『何言ってるんだよ〜大好きな彼氏の精子を沢山出して貰えよ』
『お?彼氏の顔見て見ろよ。今にも出そうだぞ??』
彼氏は彼女の中に出してたまるかと歯を食いしばり必死に堪えている。
『もうちょいじゃないか?ほら、もっと押し付けてやるよ』
俺は彼女の肩をグイグイと押さえ、彼氏のモノを押し込ませた。
「だ、だめぇ…お願い…早く、早くしないとッ。直君駄目だよ?駄目だからね!」
そうこうしていると彼氏は、彼女へ謝った
そして・・・彼氏は彼女の中へ不本意ながらも射精をしてしまった・・・・
彼女は今までに知る事も無かった感覚を感じ、膣の中へ放たれたのを知った。
「いやぁぁぁ……」
膣の中で精液を吐き出してしまった彼氏のモノがビクビクと震えているのを感じる彼女・・・
俺は彼女を膝を再び抱き抱え、両足を大きく開き彼氏に見せる。
ヒダを何度か開いていると白濁した精液が彼女の膣の中からドロっと溢れ出て来た。
溢れた精液が彼氏の腹の上にボトボトと垂れ落ちる・・・
顔を背ける彼氏へ一言。
『あ〜〜また随分と出したな!幾ら彼女でもまだ中出しはマズいだろ?出来ちゃうかもよ??』
『ま、彼氏が中出ししたって事で〜俺も気兼ねなく中出し出来るって訳だ!』
『んじゃ、今度は俺の番な!』
俺は彼女を彼氏と向かい合わせさせる。
膝を付き四つん這いになる彼女へ俺は彼氏とは比べ物にならない逞しいモノを奥深く突き刺した。
「んあぁぁ……」
彼氏と彼女は顔を近くに向かい合わせながら俺に犯される・・・
顔をシワクチャにさせ、何度も何度も彼氏の名前を呼び続けている・・・
彼氏はそんな彼女の目を見る事は出来ず、歯を食いしばりながら目を背けていた。
そんな事はお構いなしと言わんばかりに俺は若く、締まりのある膣へ力一杯抜き挿しする。
「はッッ…はッぁぁ……」
彼女の口からは喘ぎ声を発してしまう。
「直君…ごめんなさい……ごめんな・・あっはぁ………」
『彼氏の目の前でそんな声出して良いのか?』
『なぁ、お前の彼女〜随分と締まるオマンコしてるな?俺のチンポを締め付けてくるぞ?』
『どうするよ?彼女、悦んでんぞ??良いのか?』
『こりゃ最高のオマンコだ!』
俺は出し入れを素早くさせる。
『そろそろだ…そろそろ出すぞ?勿論中だからな!はぁはぁはぁ…』
「ダメッ!ヤメテッ!!お願いだから出さないでッ!中は…中はダメぇぇぇ」
俺は彼女の腰をしっかり掴み、膣の奥へズンっと突き刺す。
そして、一気に精子を膣の中で吐き出した。
『うッ!!』
何度も奥に奥にと押し込みながら射精を済ました・・・・
「そ、そんな……い、いやぁぁぁぁっっっ」
俺は彼女の中から抜き出すと、直ぐに注がれた精液がドクドクと溢れ出てきた・・・
溢れ出た俺の精液は再び彼氏の腹の上にボタボタと垂れ落ちる・・・
『さて、どっちの精子が辿り付くかな?こいつは楽しみだな!アハハハ』
彼女は泣き・・彼氏は唯、唇を噛み締めていた・・・・・・・

ちゃんちゃん♪
いやぁ、可愛そうですね(6 ̄  ̄)


投稿者:愛華 2009/6/26(金) 23:01:34 No.2208 [q0CbiR/diSc]

いつも楽しく拝見させてもらってます!こういうの大好きなので沢山書いてくれたら嬉しいです。お時間があるときで良いのでお願いします!


投稿者:みぃ  2009/6/27(土) 0:50:48 No.2211 [yTZ8WJIhROM]

…ただ?(・ω・)

何はともあれ
荒れすぎですよー笑


たまには、息 『抜き』も必要ですよ−笑笑


投稿者:ひでき 2009/6/27(土) 5:49:24 No.2214 [ziW80aAffSU]

愛華さん
他で見かけましたよ♪
相当な見せたがり屋の様ですねぇ…
彼の前でこんな事をされたいんですか?
それとも無理矢理が好きとか??

みぃサン
そんな荒れてますか?笑
て事は濡れなかったか…
ここは一発ヒーローを登場させっか!(笑)
因みに、ただ最近〜珍しく性欲が湧き出してるんですよ…
無性に入れたい(ーー;)


投稿者:愛華 2009/6/27(土) 10:44:22 No.2216 [q0CbiR/diSc]

露出狂です!誰かに見てもらいたくて毎日夜中に何だかの露出してます!無理矢理ってのが好きですね。最後の言葉もかなり好きです!でもコンドーム買った意味ない!って思いました。


投稿者:愛華 2009/6/27(土) 22:01:27 No.2223 [q0CbiR/diSc]

確かに夏を望んでました!いっぱい外で露出出来ますから!その言葉良いですねー!その言葉で小説書いてほしいぐらいですよ!


投稿者:愛華 2009/6/28(日) 0:22:24 No.2227 [q0CbiR/diSc]

ロングコートで中は全裸で家の近くでコート脱いで感じてます…!
下着はもちろん着けてないですよ。家の玄関の前(外)オッパイやマンコを突き出してます!


投稿者:ひでき 2009/6/28(日) 14:43:01 No.2243

こんにちは。
愛華さん、そろそろコートは目立ってしまいますよね?
薄着でノーパン、ノーブラで出歩く様になるんでしょう〜
そんな女性に出くわしたいもんです(笑
勿論、見て終わりなんかさせませんけどね!


投稿者:愛華 2009/6/28(日) 20:34:03 No.2264 [q0CbiR/diSc]

今度は全裸で道路歩こうかな?歩いてるうちに男の人に会っちゃって…全裸だから犯されたり…。服を一枚も着てないから…。愛華みたいな人に会ったらどうします?やっぱり…?


投稿者:ひでき 2009/6/29(月) 1:34:45 No.2277 [ziW80aAffSU]

道路ですか?
人気にも寄りますが〜
車に連れ込むか、少し陰のある場所に引きずりますね。
羽交い締めにしながら…
勿論、わざとらしい抵抗を見せるんでしょ?
軽く触れた指先は自らの行為でビショビショにさせているでしょう。
『何なんだ?こんなに濡らして抵抗か?』
『今すぐ欲しいと涎がダラダラだぞ?この口はよ…』
ま、そんな格好を見付けたら愛撫も乱暴で強くしますね。
間違いなく優しい言葉や愛撫なんかありません!


投稿者:愛華 2009/6/29(月) 18:45:36 No.2284 [q0CbiR/diSc]

もう乱暴にしてほしいです!愛華のオマンコメチャメチャにオチンチンでついて!って言っちゃうかも…!中だしもされたいの…!レイプされたいです。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.