男と女へ・・・

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


男と女へ・・・
投稿者:ひでき 2009/7/19(日) 11:01:00 No.2489

娘が物心を付く様になってから妻との行為は控えめになり、する機会さえ無くなって来た。
そんな娘も高校に入り、部活動に励んでいた。
今夜は部活の合宿で娘が留守と言う事もあって妻とは数年振りの2人切りとなった。
久々の妻と2人で食事を酒を交わしながら済ました。
妻がシャワーを浴びると言い、1人浴室へ向かう。
先にシャワーを済ました俺は寝室に向かい薄暗い照明の中、妻をベッドで待っている。
暫く待っていると寝室の開き戸から妻が顔を覗かせて来た。
薄っすらと笑みを浮かべ嬉しそうな表情をさせる妻を久々に見た。
俺は横たわりながら妻へ手招きをすると寝室に入って来た妻は娘が居ない事に下着姿で俺に歩み寄って来た。
勿論、俺もパンツ一丁のままだった。
妻の下着姿を見るのは久々と言う訳では無かったが、初めて見る下着に妙な興奮を覚えた。
『そんなの持ってたんだ?』
妻は今日の為に買ったらしい下着姿に恥じらいを見せる。
白のシースルーの上下のセット・・
透け感が抜群のシースルーは妻の小さな乳首をクッキリと浮き出し、黒々とした恥丘に生える陰毛を透かしていた。
俺が妻へ手を差し伸べると妻は黙って俺の手を軽く掴む。
そのまま妻の手を引き、妻の身体をベッドへ引き寄せる。
ベッドへ膝を付き顔を俺の方へ突き出す格好となる。
俺は身を起し妻の唇へ口付けを交わした。
左手で身体を支え、右手を妻の腰へ廻しながら口付けをする。
唇の中へ舌を伸ばすと妻は少し唇を開き、俺の舌を中へ受け入れる。
俺の舌先が妻の舌に触れ、妻の口の中で舌と舌が交わり合う。
溢れ出す2人の唾液が舌を絡ませ音を発する。
俺は手を妻の腰から尻に向かわせる。
ツルツルとした下着の肌触りを感じ、妻の大きな尻肉を捏ねる様に撫で回す。
その内、妻が俺の上に跨り出した。
妻の透かせる乳首が俺の目前に来る。
探す手間が省けた妻の乳首を下着の上から摘み上げる。
何度か摘んでいると乳首は硬く変化させ、下着の生地を突き出させる。
痛そうに尖らせた乳首を開放してやろうと俺は妻の背に手を廻し下着を外す。
すると開放されたのは乳首だけでは無く、重い乳房がズドンと垂れ下がった。
俺は両手で妻の垂れる乳房の根元付近をギュっと掴む。
掴んだままユサユサと揺らしタプタプと震わせる。
そして妻は上半身を少し沈め、俺の唇付近に乳首を差し出す様にさせてくる。
舐めてと言わんばかりに俺の唇へ突きつけて来た。
見るからに痛そうにしている妻の乳首を俺は一舐めし、口の中へ含ませた。
俺は口の中で乳輪をなぞる様に舐め、突起させる乳首を唇で甘噛みする。
「はっ..はっぁっ...」
妻の口から声が漏れ出す・・・
前歯で妻の乳首を根元から先端までキリキリと噛み締める。
「はぁっぁぅ..あっあぁぅ...」
妻は頭を俺の隣の枕へ沈め、俺の耳元付近で喘ぎだす。
妻の生温かい息使いを肌で感じ、脳裏を刺激する喘ぎ声に俺のモノが反応してくる。
俺のモノも下着を突き出させまで変化した。
変化に気付いた妻は下着の上から俺のモノの先端を掌で擦る。
下着ごと俺のモノを握り締めギュギュと圧迫させる。
その内、妻の手は俺の下着の中へ忍ばせ俺のモノを直に触れ、握り、刺激する。
俺の下着の中で妻の手が蠢かせている。
久々だと言うのに馴れた手付きで俺の先端から袋まで刺激してくる。


投稿者:ひでき 2009/7/19(日) 11:02:03 No.2490

俺は妻の手を押さえ込み、動かすのを止めさせた。
妻の乳房から唇を離し、妻の尻を捕まえ身体を反転させる。
今度は目の前に妻の尻が目前になり、妻の顔には俺のモノが間近になる。
僅かに開く妻の股の間・・シースルーの下着は透け感抜群な上、既に溢れさせていた愛液のせいで下着の中の陰部をクッキリと透けさせていた。
大きな輪染みに透ける妻の陰部は下着の中ですらパックリと広がっていた。
俺は尻を両手で掴み左右へ何度も開いたり閉じたりさせる。
『ビショヌレだぞ?中までスケスケの丸見えだぞ??』
妻は恥しくなったのか、手で自分の陰部を隠そうとする。
そんな妻の手を払い除け俺は指先で下着と陰部を擦り合わせる。
触れた瞬間に指先へ付く妻の愛液・・
薄い生地では吸収し切れない程の愛液を妻の陰部は吐き出す様に溢れさせてくる。
下着から指先を離すと切れる事なく伸びる糸状の愛液・・・
俺は首を持ち上げ妻の履く下着の上から愛液を舌で掬い出す。
唇を下着に押し付けジュルジュルと音を立てながら愛液を吸い上げる。
妻は小刻みに尻を震わせ善がり出す。
妻も負けじと俺の下着を下ろし、突き立つモノを口に含み始めた。
手で支えながら頭を上下させ、始めゆっくりだったストロークが次第に早まってくる。
ジュポッジュポッッと音を立てる妻の口使いは堪らない。
お互いが舐め合う音が静かな寝室を淫らな部屋にさせていく。
娘がいたらきっと部屋の外にまで漏れてしまう程、淫音を響かせていた。
俺は歯を食いしばりながら妻の奉仕に耐え、妻は俺の愛撫に悦び、喘ぎ奉仕する。
だが、我慢出来なくなったのは妻の方が先だった。
妻は体勢を入れ替え、自ら下着を脱ぎだした。
以前から妻は進んで下着を脱ぐ事なんて無かった。
久々の行為、そして娘が居なく周りを気にしなくて良い状況が妻をこうさせたのか・・
妻は髪を乱しながら俺の上に跨り、突き立たせるモノを支え自ら膣に押し当てる。
そして受け入れ態勢が万端な膣は俺のモノへ向け沈みだした。
「んッんんッ……」
妻は唇を噛み締めながら俺のモノをゆっくりと含んでいく・・・
一気に妻は腰を落とし俺のモノを根元深くまで含んだ。
「あッああぁぁぁ………ッ」
その瞬間に大きな歓喜の声を発する妻・・
暫く中に含ませたまま動く事をしない妻。
そして乱れた髪を掻き分けると一瞬妻の目が豹変したかの様に思えた。
妻は俺に向け腰を前後させ始めた。
俺は妻の腰へ手を当てるだけ、今動いているのは妻の意思だった。
俺の腹に手を付け膝をベッドに付きながら腰を前後に動かし善がる妻・・
「はッはッはッ…あぁ……」
膝を立て今度は上下に腰を振りだす。
大きな乳房も一緒に上下させる妻・・
脚を開き、M字にさせながら俺のモノを自ら出し入れさせる。
「あッあッあッ…あんッ・・んんッ……」
声を押し殺す必要の無い妻はカラオケでストレスを発散するかの様な大きな喘ぎをさせる。
その内、妻の上半身は後ろへ仰け反り、後ろ手で身体を支えながら腰を振る様になった。
乳房を激しく揺れ動かし、妻は脚を大きく開きながら俺のモノを堪能する。
身体を反らし自らの手で乳房を揉み解しながら腰を振る妻・・・
こんな乱れた妻を見るのは初めてだった・・・
一切閉じる事のない口・・
喘ぎっ放しの口・・・
今の妻は女・・雌・・・獣・・・・・どれもが当てはまる。
「あッあぁ...い、いい....凄くいいの..アナタ...気持ちぃ.....んあッ」
乳首を自ら摘み上げ腰を振りながら悦び喘ぐ妻・・・
2人の恥骨がぶつかり合う音。
2人の陰毛が擦れ合う音。
そして妻の中へ俺のモノが出し入れする際に発する音が寝室一杯に鳴り響く・・・
普段は静かな部屋が今夜はラブホテルの一室と化していた。
最後はお互いの胸を重ね合いながら2人は絶頂を迎えるたのだった。
その後も何度も体位を変えてはどちらかが絶頂を味わう。
そして営みは深夜遅くまで続いた・・・・・
行為が終わり2人で入った数年振りのシャワー・・
娘が居ない一時に父と母は男と女に戻ったのだった・・・・

ちゃんちゃん♪
たま〜に変化、シチュエーションが変ると興奮は高まりますよね♪
たとえ今までと同じ相手、同じセックスだったとしても・・・
しかし、意外とソフトなお話になっちゃいましたね(6 ̄  ̄)




  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.