娘の前で・・・

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


娘の前で・・・
投稿者:ひでき 2009/7/19(日) 18:21:57 No.2492

夕方、涼しくなって来た頃の公園で娘と砂場で遊ぶ親子。
他の親子連れも疎らに居る中、この娘の親が一際目に付いた。
何故なら、その辺に居るであろうと思われるOLそのものの格好で娘と遊んでいたからだ。
白のブラウスに黒のタイトスカート姿・・そして黒い眼鏡は仕事の出来そうなOLだった。
そんな女性が母親で砂場で遊ぶ光景は男心を擽って来る・・・
人目を気にせず砂場で子供と遊ぶのに夢中で股を開いている。
砂場の傍に座る俺を気にする事無くタイトスカートの中から白っぽいショーツを覗かせていた。
胸元を開くブラウスからピチピチに強調させる母親の胸は遠目からでも大きさを伝えて来る。
俺は済ました顔をさせながらデニムの中のモノを硬くさせ痛みを感じていた。
そんな親子が立ち上がり帰る様子をさせ、俺は心の中で少し残念に思っていた。
そして母親は娘を連れ歩き出した。
何気なく俺も後を付けて行ってしまった。
すると、母親は娘をトイレの入り口付近で待たせ自分は中へ入って行こうとする。
俺は隣の男性用トイレを使用するかと思わせながら親子の会話を聞いていた。
「麻衣ちゃん、ママおトイレだから此処で待っててね。絶対に此処から動いちゃダメだからね?良い子だから言う事聞けるよね?」
そんな会話を娘としてるのを立ち聞きすると俺は良からぬ事を考えてしまっていた。
幼稚園児の格好で母親の言い付けを守る娘が立つ女性用トイレの入り口を当たり前に通り抜け母親が個室へ入ろうとした瞬間、背後から迫った。
「!!!!」
背後から細身の母親の身体を個室の奥へ掴まえ押し込める。
「だ、誰!?ヤッ!離して!!」
俺は母親の口を背後から手で押さえつけ耳元で呟いた。
『はぁはぁ…騒ぐなよ?騒ぐと外で待つ可愛い娘がどうなると思う?』
『な〜に、直ぐ済むさ。大人しくしてりゃ直ぐに済むさ…』
「ヤメテッ!は、離してッ!!ま、麻衣に何かしたら…」
『だから余計な事は言わないで良いから黙っておけって・・』
『口を開くのは喘ぐ時だけにしておけよな!』
『子供と砂場遊びも良いけど、これから俺と大人遊びしようじゃないか』
俺は背後から大きな胸をブラウスの上から荒々しく掴み、揉む。
ブラウス越しでも、その胸の大きさと柔らかさを十分伝えてくる程の乳房を揉む。
ブラウスのスベスベ感とブラジャーの刺繍のゴツゴツした感じと一緒に伝わる乳房の柔らかさを味わう。
『はぁはぁ…こんなに胸を強調して砂場で遊んじゃダメだろ?』
『大股開いてたろ?男でも誘っていたんじゃないか?はぁはぁ…』
「ち、違います!痛ぃッ…さ、触らないでッ」
『はぁ…この大きさ〜堪らないな……なんてデカ乳してるんだ…』
俺は手を下からブラウスの中へ忍ばせる。
ブラジャーの上から母親の豊満な乳房を力を込めて揉み上げだす。
そしてブラジャーのホックを手際よく外し、ブラジャーとの隙間に手を入れ直に胸に触れる。
『あぁ…堪んないなこの柔らかさ……』
支えの無くなった乳房を手で支えながら揉み解す・・・
不規則に形を変える様にグニュグニュと解す・・
揉みながら指先に触れる乳首が小さい事が分った。
片手で胸を直に揉み、乳首を摘みあげる。
もう片方の手はタイトスカートを少し捲くり上げ母親の股間を弄る・・
ストッキングは履いてなく、触れる指先にはツルツルとしたショーツの肌触りを感じた。
股間を弄ると同時に、時折下腹部を押す様に刺激する。
下腹部を軽く押す度に母親は若干腰を引かす動作をさせていた。
そう、俺には分かっていた。
この母親は既に尿意が限界近くまで来ていた事を・・・
それでも俺は股間を刺激する様に見せ掛け、下腹部を定期的に刺激させ更に尿意を早めようと試みる。
膝をプルプルと振るわせ始める母親。
少しでも力を入れると尿が漏れてしまう程、限界だった。
目の前の壁に肘を付いて項垂れる母親に追い討ちを掛ける。
両手で下腹部をクイクイと押し、ググっと強く押し込む。
「ヤ、ヤメテ…そ、それ以上したら…お、お願い……」
力の抜けた声で許しを乞う母親。
『ん?まさか出ちゃうのか?そんな真似しないよな??』
俺は意地悪に下腹部を何度も何度もグイグイと押し込む。
「ダ、ダメッ…で、出ちゃぅ……も、もう…」
『我慢出来るだろ?娘に示しが付かないぞ?人前でオシッコなんて…』


投稿者:ひでき 2009/7/19(日) 18:27:34 No.2493

俺は便座を上げる。
『我慢出来ないならパンツ脱げよ?お漏らしパンツで娘と帰れないだろ?』
母親は急々とショーツを下ろし脱いだショーツを手に持つ。
『そのままするんだよ!ほら、さっさとしないと漏れちまうぞ?』
俺は母親の手を壁に付かせ、便座を跨ぐ様に立たせる。
背後から見る母親は見事なまでに立派な蟹股をさせた。
俺は座り込み、蟹股をさせる母親の陰部を覗き込む。
『ヨシ、良いぞ!たっぷり出して良いぞ!しっかり見ててやっから』
「こ、こんな格好でなんて…む、無理っ。それに見られながらなんて…」
『本当に無理かぁ?もう我慢も限界なんだろ??』
俺は突き出した母親の尻をバチんと叩く。
「…………っっ!!」
叩かれ、思わず力が入ってしまった母親の股からシャーーーッと勢い良く噴き出す尿水・・
「ああああぁぁぁぁ…………」
『おーおーッ出る出るぅ…勢い良く出てるぞ?』
「み、見ないでッ・・」
1度出してしまったら自らの意思では止める事の出来ない尿水。
『ビラビラに当たって飛沫をあげてるぞ?』
「いやぁぁぁ……いやぁぁぁぁ・・」
そして勢いの失った尿水はボトボトと陰毛に撒き散らし滴を落とす・・・
『随分と出たな!それにしてもそんな格好で良く出せるもんだよな?』
『どれどれ、お味の方を・・っと』
俺は座り込みながら目の前にある母親の陰部へ唇を近寄らせる。
尻を掴まえググっと口を尿水の付く陰部へ押し付ける。
『ジュルジュルッ・・んはぁぁ…この味、匂いが堪らない…んッんはぁ』
「ヤダッ!ヤメテッ!!そ、そんな所…んッん」
『お?何だかヌルヌルしてないか?マン汁まで一緒に出してたんじゃないか??』
「………!」
俺はデニムを下ろし、今にも噴出してしまいそうなモノを間髪入れずに母親の中へ沈めて行った。
「んあぁぁ…はぁ……」
俺は仰け反りながら腰をズシズシと母親に向け突き刺す。
「んッんんッ…や、止め…ッ・・嫌ッ嫌ぁ…」
『スッポリ咥え込んで止めては無いだろ?いつでも入る様なマンコしてる癖によぉ』
俺は根元まで一杯に力強く母親の中へ突き刺す。
するとドアの向こうから娘が心配になって母親を訪ねに来た。
「ま、麻衣ちゃん!?」
『あまりにも遅いから娘来ちゃったじゃないか…ほら、顔出して安心させてやれよ!』
俺は体勢を入れ替えドア側に母親を向かわせる。
そのまま俺は腰を便座に落とし、下から突き上げる。
「んんッ!んんッ!!」
声を押し殺し娘を不安にさせまいと気遣う母親。
それでも何度も娘は母親を求めてくる。
『ほらぁ、泣いちまうぞ?顔見せてやれって!』
母親はトイレのドアを少し開き娘に顔を見せる。
「ま、麻衣ちゃん・・も、もう少しね?良い子だからそこで待ってて・・んんぅっ…ね」
俺に下から突き上げられながらも笑顔を作り娘を安心させようとする母親。
ドアが完全に開かない様に母親は手で抑えながら耐える。
「マ、ママね。ポンポン痛くて…もうちょっとだから……はッあぁぅッッ」
俺の座る便座が割れるんじゃないかと言う位、ギシギシと音を立てながら突き上げる。
俺は立ち上がり再び母親を貫く・・・
尻肉を掴まえながらガシガシと腰を動かし奥深くを刺激する。
「あッあッ…あぁッ……」
表情が険しくなり笑顔が壊れ出す母親。
『娘の顔見ながら他人にヤラれる気分はどうだ?はぁはぁ…』
『割と感じてるだろ?ハハハ、好き者だなアンタ……』
そして俺はここ一番の速さを出した。
母親の中を素早く出し入れさせ、ヒダに摩擦で刺激を与え、膣の奥・・子宮を休む事無く刺激を与える。
「あッあッあッあッあッ…だめッだめッ……」
『はぁはぁはぁ…くッぅぅ……』
俺は射精間近になる。
唇を噛み締め娘の前で母親も絶頂を迎えようとしていた。
「んくッんくッッ・・」
そして俺は母親の中から抜きだし、尻目掛けて一気に放出させた。
生温かいドロドロとした精液が尻を伝い太腿に辿り付く・・・
『はぁはぁはぁ…どうだ?娘の顔を見ながら逝くってのは?』
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
その場へ倒れ込みたかった母親だったが力を振り絞って最後に娘へ向け笑顔を作った・・・・・・

ちゃんちゃん♪
う〜〜ん、現実にありえませんね(6 ̄  ̄)
可愛い娘の顔を見ながら絶頂なんて


投稿者:ゆうな (210131)  2009/7/20(月) 17:43:27 No.2505 [aHbz6iyGJbY]

私 ひできさんのファンです。私で書いてほしいな。Mでご主人様の命令で電車で複数の男性に痴漢されて車内全員に犯されちゃうような…
教室とか…公園とか…よかったらゆうな投稿画像みてください
よろしくお願いします


投稿者:ひでき 2009/7/20(月) 18:37:24 No.2509

ゆうなサン。
貴女の事は掲示板、投稿画像で存じておりますよ♪
中々のハレンチ振りですよね(笑
そうそう、ハサミのもギリギリ拝見出来ましたよ。
リクエストは構いませんが〜ゆうなサン程の方を満足させれる様な事は書けないと思いますよ?


投稿者:ひでき 2009/7/26(日) 0:14:33 No.2547

さて、そろそろ空いた時間に手を進めて行きますよ。
ご主人様の命令〜電車、教室、公園と〜どれをチョイスしましょ・・・



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.