夏の思い出

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


夏の思い出
投稿者:ひでき 2009/8/2(日) 15:43:05 No.2597

小学生最後の夏休み。
夏休みに入る前俺はクラスメイトの花香に告白され付き合う事になった。
今日はデートの予定を決める為、親が働いて居ない俺の家に花香がやって来た。
花香はクラスの男子達が、可愛い、スタイルが良いと良く言われてる様な子だった。
俺も花香に対して他の男子達と同じ事を思っていた。
「ねぇ英?夏休み終わってあたし達が付き合ったの知ったら皆、驚くよね?」
『多分・・なぁ、内緒にしとかない?』
「えーーーッ!英は、あたしと付き合ってるの知られるの嫌なの?」
『べ、別に嫌じゃないけどさ…わざわざ言う必要も無いかなって…』
「あたしは早く皆に言いたくて仕方ないんだけど?昨日、綾にメールで言っちゃったし☆」
『マジ!?綾に?あ?あ、じゃぁ、今ごろ友香とか武にも伝わっちゃってるじゃん』
「あ、そっかぁ。友香と英って小5の時に付き合ってたんだっけ」
『付き合ってたって言う程じゃないけど…』
「ふ?ん、だから内緒にしようとか言ったんだ…友香に知られたくないから」
『ば、馬鹿!違うって!そんなんじゃねーよッ!!』
「怪しぃ…ねぇ、友香とはキス位した?」
『し、してねーって!』
「動揺してる…したんだ……へ?キスしたんだ…」
『だ、だからしてねーっつってんだろ!そ、それにお前はどうなんだよ?』
「あたし?あたしはどうって??」
『キ、キスだよ……』
「した事あるよ♪な?んてね!うっそぴょ?ん☆した事ないよ。驚いた?」
『驚いちゃいねーしぃ、お前こそ怪しくないか?』
「ショックぅ、英はあたしが信じられないんだ?あたし…キスは英とって思ってたのにぃ……」
自分は人の事を疑った癖に花香は俺の放った言葉で目を潤ませてしまった。
『わ、悪かったよ…信じるからそんな顔するなって?なッ?』
「じゃぁ、キス…してくれる?」
『キ、キスって?何でそうなるんだよ?』
「…………英…あたしにキスしてよ……」
友香は上目使いで俺を見つめ、そっと瞳を閉じた。
俺は思わず乾いた唇を舌で舐め潤いを取り戻す。
大きく唾を飲み込み、待つ花香の肩を掴み顔を近付けていく。
緊張する俺の心臓は大きく鼓動させ、それを花香に悟られない様にと思えば思う程余計に鼓動は早まって来た。
花香の肩を支える手の先まで振るわせながら、俺も目を瞑り度胸を決め俺は唇を花香の唇と重ねた。
俺の唇を通して花香の柔らかな唇の感触が伝わってきた。
うっすら目を開くと花香の顔が間近にあり、更に緊張してしまった俺。
どれ位キスをしていたんだろう・・随分と時間を長く感じた。
唇を離し、目を合わせるのが恥ずかしくなった俺に花香が口を開いた。
「英、もっと下だよ?上唇しか触れてなかったよ…」
『し、知ってんよ!もう1回すりゃ良いんだろ!』
指摘された事が恥ずかしくなり、つい口調が荒くなってしまった。
ベッドに座っていた花香を押し倒す様な感じで再びキスをする。
少し強引な2度目のキスはお互いの歯が当たる散々な結果になってしまった。
「ひ、英ぇ…ぉ、重いよ……」
花香の言葉で感情の高まった俺は落ち着きを取り戻し、花香から身を離した。
『わ、悪ぃ…』
「ううん、平気だけど…ちょっとイキナリだったから……」
花香から目を反らすと花香の履くデニムショートの股の隙間から白地の星柄ショーツが覗かせているのに気付いてしまった。
俺の見つめている視線の先を花香の目が追うと慌てて開いていた股を閉じる花香。
「ちょ、ちょっと英ぇ。どこ見てるのよ!英のえっち…」
花香は俺の太腿を叩くつもりが股間に手が命中してしまった。
「な、何!?今、何か硬い物に当たったんだけど…何か入れてたの?」
『ば、馬鹿ッ。これはチンポコだっつ?の!マジで痛ぇ…』
「や、やだぁ…チ、チン……って…///」
「それってあんなに硬いの?」
『硬くなる時があんだよ!そんな事も知らねーのか?』
「し、知る訳ないじゃん!あたし女だもん!!」
「ねぇねぇ、男の子のってどんな風になってるの?ねぇ、英の見せてよ?」
『見せれる訳ねーだろ!』
「えーッ……英の見たい!だって彼氏じゃん♪」
『そんな見たいんだったら、まずは自分のを見せてみろって!見せれないだろ?』
「………………………英にだったら見せても良いよ……///」
花香がベッドの上で立ち上がり、俺に背を向けながらデニムショートパンツを脱ぎ始めた。
尻を覆い隠す花香の履く白地に黒い星が散りばめられたショーツを見入ってしまう。
そしてショーツまで降ろし、真っ白な花香の尻が丸出しになった。
手で恥部を覆いながらその場で腰を降ろし恥ずかしそうにする花香。
ゆっくりと俺の方に体を向かせ、女の子座りで俺の目を見つめてくる。
「やっぱ恥ずかしぃかも……」
初めて女の子とキスをして、間近で下着を見た俺は先程より緊張をしていた。
それに、手で隠しているとは言え、下半身に何も身に付けて居ない女の子を目の前にすると俺の股間はギシギシと痛みだした。
『やっぱ無理だろ?』
「…………恥ずかしぃけど…けど、英にだったらアソコ…見せても良いよ?」
「あたしが見せたら英も見せてくれるんでしょ?」
『ああ、見せてやるよ。約束だからな!』
花香は壁に寄り掛かり手をゆっくりと退かした。
手の離れた恥丘には俺にはまだ無い黒々とした陰毛がビッシリと生えていた。
まだ陰毛が無い事に何となく劣等感を感じた俺・・
『そ、そんなんじゃ見せた事にならないだろ!全然見えてねーじゃん』
花香は片手で恥部を隠しながら体勢を変える。
ゆっくりと足を上げ、体育座りになる。
「これで良い?」
『も、もっと足を開かねーと見えねーよッ!』
恥部を隠す手を退かす事なく足を広げ始める花香・・
『そ、それに手があったら意味ねーし……』
「……………ね、ねぇ…英はあたしの事好き?」
『…??あ、あぁ…』
「ちゃんと言ってよ!あたしは英が好き!でも、あたしを好きな人にしか見せたくない」
『す、好きだよ………』
「本当に?」
『本当に好きだよ!』
花香は顔を背け、恥部を隠していた手を退かした。
「こ、これで…良い……」


投稿者:ひでき 2009/8/2(日) 15:45:29 No.2598

花香の恥部は真っ赤な色をし、あれだけ恥丘に生えていた陰毛が周りには一切なかった。
初めて見た女の子の恥部は夕飯で食べたり、見たりする貝と同じ形をしていた。
「も、もぉ良いでしょ?」
俺はあまりにも衝撃的なモノを見て返す言葉を失っていた。
「あ、あまり見ないで……」
花香は恥ずかしさの余り足を閉じ様とする。
『まだ!まだだって!!』
花香の両膝を捕まえ閉じる事をさせなくする。
そのまま、覗き込む様に顔を股の間に突き出す。
「や、やだッ...英、そ、そんなに顔を近付けちゃ...もぅ良いでしょ?」
『これが花香の……アソコかぁ…なぁ、花香。アソコの事なんて言うか知ってる?』
「し、知らないっ…」
『じゃぁ教えてやるよ。オマンコって言うんだ』
「…………//////」
花香は勿論知っていた言葉だった。
唯、この言葉は口に出すのは勿論、聞くだけで恥ずかしさが込み上げて来る言葉であった。
『花香も言ってみろよ!オマンコって…』
「ぃ、言えないっ…は、恥ずかしぃ……」
『オマンコ見せてる方が恥ずかしいと思うけど?ほら、言えって!』
恥ずかしがる花香を自分より下だと勘違いした口の利き方をしていた。
「…………ぉ、ぉま、、ん、、、、、、こ」
『聞こえねーよ!もっとハッキリ言えよな』
「おまんこ……///」
『花香の口からオマンコって聞けるなんて…』
「意地悪しないでよ…もう見たでしょ?これで英のも見せてくれるよね?」
陰毛の生えてない俺が見せたくない俺は時間稼ぎをしだす。
花香の晒している恥部を指先で触れてみた。
「んっはぁ…さ、触るのは反則でしょ!」
初めて聞く花香の漏らす声に益々興奮を覚えた。
小さめのヒダをなぞるってみる。
「ぁっぁぁ...そ、そんなとこ触っちゃ...んっんん..」
『花香・・何でそんな変な声出すんだ?』
「わ、分かんなぃ…か、勝手に出ちゃうの……ぁぁっ…」
「ひ、英が…そ、そんなところ触るから……んはぁっ」
初めて触れられる恥部の感覚に目覚め始めた花香・・・
「な、何か…何か変な感じ……ぁっぁっ…」
花香の開く両足がビクンビクン痙攣を起こしてるかの様に振るえだす。
「英ッ、英もぉ止めて?おかしくなっちゃぅ……」
『何か出て来た!花香のオマンコから液が出て来た!!何だコレ……』
「ウソ!?あたしの身体おかしくなっちゃったの?」
『透明のヌルヌルしたのが沢山出て来てるぞ花香』
膣の入り口へ指先を押し付け、溢れさせる愛液を指先に取る。
『ほら、コイツ…ヌルヌルしてるだろ?』
俺は指先に付く愛液を花香の目の前で糸を引かす様に親指と中指を動かす。
「英が止めてって言ったのに触るから……」
『痛かったの?』
「ううん、痛くなかったけど…どちらかと言うと気持ち良かったかも…」
『オマンコ触られると気持ちいんだ…』
俺は両手の指先を使い、訳も分からなく花香の恥部を弄りだした。
擽る様にコチョコチョさせたり、擦る感じにしたりと・・・
「あっ...だ、だから止めてって...ッ」
『だってこうすると気持ちいんだろ?』
「き、気持ちぃけど、何か変な感じがするの…」
俺の適当に動かす指先が花香のクリトリスへ偶然触れた。
「あッ..はぁぁぅっ...っ」
今までで一番大きな声を放った花香・・・
『何だ今の?ここか…』
俺は偶然触れたクリトリスを探し当てる様に指先をボタンを押す感覚で探し出す。
「んッ...んッ......んッはぁぁ...そ、そこダメぇ」
花香の反応を見て、俺は少しプックリとさせた所を集中的に弄ってみた。
「あッあッあッ...ヤメッ..あぁッ...ヤメ...て......そこダメッんんはぁっ」
花香は足を大きく震わせ腰を浮かせたり沈ませたり激しく動かす。
俺の弄る手を止めようと手で押さえ付けながら激しく動かす。
「んんッ...んはッぁ.....な、何そこ...電気が走ったみたいに変になる」
『花香スゲー液が出て来てるぞ?ションベン漏らしたみたいにスゲーよ!』
「ヤダッヤダッ…英ッもぉ止めて…そこ、動かさないでッ」
「あッあッあッ…ヤメテッ、頭の中がおかしくなって来ちゃぅ」
俺は動かすのを一旦止め、花香を見つめた。
息を大きく吐き出し、まるで走っていたかの呼吸をしていた。
「はぁはぁはぁはぁ……はぁ…。英、弄るのはズルぃ」
『でもさ、花香。気持ち良かったんだろ?』
「よく分かんない…///」
『これがHなのかな?』
「かも……じゃぁ次は英が見せる番だよ?約束でしょ!」
『わ、分かったって〜ちょっと待ってな』
俺は花香に背を向け、履いていたズボンを降ろそうとした。
その時だった、玄関の鍵が開く音が聞こえてきた。
『!?ヤベッ!帰って来た!!』
俺達は慌てて着替え直した。
「ズルぃ……嘘つき…酷い……」
花香は小声で俺を睨み付けて来た・・・・・・・・・。


いやぁ、俺もまさかの小学生ネタとは(6 ̄  ̄)
ま、これ以上は〜流石に書くと問題ですね。
でも、この頃っていつもクラスの女子の下着や裸とか気になってたな(笑
毎日、体育の度に勃起してたなぁ。
今じゃ・・・・・・・・


投稿者:ひでき 2009/8/6(木) 12:51:31 No.2608 [ziW80aAffSU]

久々ですね。
監禁でもされてたのかい?(笑)

書いてる時も 友香 と何回も打ち間違いしてたんだよな‥
何でか知りませんが(ーー;)

夏に向けての陰毛の処理〜
しっかり済ましましたか?


投稿者:ひでき 2009/8/6(木) 16:17:07 No.2610 [ziW80aAffSU]

なーんだ。
毛ナシか!
俺がジョリジョリしようと思ってたのにな…(笑)

今度 うちの物置に監禁させて下さい(笑)


投稿者:みぃ  2009/8/6(木) 22:04:28 No.2611 [yTZ8WJIhROM]

監禁?笑

考えておきますWW笑笑


物置でわなく
最高級の羽毛布団に
包まれるなら
いいですよWW♪


投稿者:ひでき 2009/8/6(木) 23:28:55 No.2612 [ziW80aAffSU]

最高級の羽毛ぅぅ?
包まれるなら俺の腕の中は駄目でしょうか?
腕〜意外と好評なんですよ♪



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.