夜這いハプニング

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


夜這いハプニング
投稿者:ひでき 2009/8/2(日) 18:07:59 No.2599

納涼会で帰宅が遅くなった俺・・
足元をフラ付かせ、何とか自宅のマンションに辿り着いた。
エレベーターの階数を顔を近付かせなければ押せない程、酔っていた。
3Fへ付き、何とか玄関前まで到着出来た。
ポケットから鍵を取り出し、ドアノブを回すと鍵が開いていた。
『何だ?鍵も閉めないで無用心だな…よく言って聞かせないとダメだなこりゃ』
家に入り、ズルズルと壁に寄り掛かりながら妻の眠っている筈の寝室へ向かう。
照明を一切付けず真っ暗な部屋の中で妻が寝息を吐いて眠っている。
俺は鞄を放り、上着やネクタイ・・着ている物を全て脱ぎ妻の眠る布団へ入り込んだ。
酒のせいもあって、性欲が高まっていた俺。
背を向け眠る妻の肩を捕まえると、肌が露出していた。
普段寝るときはパジャマを着て寝ている妻が珍しく上半身を裸で寝ていた。
布団を捲くり薄暗い中、妻を見るとショーツ一枚で寝ていた。
酔っている事もあり、あまり深く考え込めない俺は、真っ先に性欲を解消させたい気持ちで一杯だった。
背を向ける妻の頭と枕の隙間に左腕を流し、腕枕の状態にする。
右手は妻の背後から胸へ回し込む様にし露にさせる乳房へ運ぶ。
乳房を包み込む右手がいつもと違う微妙な違和感を感じる。
手の中に収まる程の妻の胸がやたらと大きく感じたのだった。
この時、俺はアルコールで浮腫んだ程度にしか考えなかった。
目を瞑ると目がグルグルと回る中、指先の感覚だけで妻の乳首を捜し求める。
探し当てた乳首を人差し指と中指の間に挟み込みながら乳房を揉み、解す・・・
妻の身体を背後から抱き抱える様にし、両手を使い胸を弄る・・
流し込んだ腕枕状の左手を妻の右乳房へ、そして回し込む右手を左乳房に持っていった。
頭がフラ付く中、感覚だけで妻の2つの乳房を愛撫し続けていた。
いきり立たせたモノを妻の尻に下着の上から押し付ける。
「んんっ……」
妻の寝息が止み、小さな声を漏らした。
その時、右手は妻の下着の上から陰部を弄る手付きで刺激をしていた。
寝ていても薄っすらと生暖い湿りをさせている妻の陰部を捏ね繰り回していた。
そして妻が乳房と陰部の刺激で完全に目を覚ました。
「!!!!!!?」
「だ、誰!?やっ、止めてっ!誰なの?」
『愛しの旦那様に向かって誰は無いだろぉ?』
「ヤダっ…は、離してっ……止めてってば」
『奈緒の止めては、もっとって事じゃないか〜』
『ほらぁ、随分と湿ってきてるぞ?俺が帰って来るのを待ってたんじゃないか?』
「な、奈緒?ひ、人違いです!誰かと間違えてますよっ!!」
「ぃっゃっっ…止めて下さいっ」
『何を言ってるんだ奈緒ぉ〜こんなに乳首もカチカチにさせてるじゃないか』
『此処だってこ〜んなに濡らしてるじゃないか』
俺は左手で硬く尖らせている乳首をギュぅぅっと強く摘む。
そして右手で下着の前布をグイグイと引っ張りあげる。
「はぁはぁ…ヤメ、、て、、、、。離し、、、て、、、、」
妻は俺の手を払い除け様としたり、動かさない様押さえ付ける。
横に向かせる体を小さく丸め、くの字にさせながら折曲げる膝をしっかりと閉じている。
『いつもは悦んで受け入れる癖に今日は一体どうしたんだ?』
『少し久し振りで恥ずかしくなったか?』
「だ、だからッ、私は奈緒じゃないんですって!」
俺は妻の足元へ身体を向かわせ、両足を掴み開こうとする。
開かせまいと妻の足に強い力が入っている。
「や、めてッッッ……」
そして俺も負けじと手に力を入れ、ガバっと妻の両足を大きく開いた。
妻は両足を開かされても両手を陰部へ覆い隠していた。
『本当にどうしたんだぁ?もしかして無理矢理感が欲しかったとか?』
『なら付き合ってやるぞ!』
『ほらほらぁ、もっと力を入れないと脱がされてしまうぞ?』
俺は無理矢理感を感じさせる言葉使いをさせ、妻に付き合う事にした。


投稿者:ひでき 2009/8/2(日) 18:10:53 No.2600

妻の下着へ手を掛け、引きずり降ろそうと力を入れる。
妻は脱がされまいと必死に下着を掴んでいる。
お互いの力で下着の原形が無くなる程に伸びる下着・・・
既に役割を果たしていない下着から覗かせる妻の陰部・・
少し前に俺が剃り上げた無い筈の陰毛がビッシリと生えているのに気付いた。
『いつの間にこんな生えたんだ?』
「始めから生えてますッ!だからさっきから人違いっていってるでしょ!!」
「いい加減気付いて!離してってばッ!!」
眉間にシワを寄せ、一瞬考え込む俺だったが直ぐ様、下着を捕まえていた手に力をいれた。
妻の手から下着が徐々に離されていく・・・
「イ、、、ヤッ……!」
そして俺は力を込め、一気に下着を引っ張りだした。
完全に下着は足元から離れ、妻の陰部は丸出しになった。
が、妻は慌てて手で陰部を押さえ込む感じで隠した。
『まだ諦めないか…ま、その方が楽しめるって事か…』
俺は妻の開く股の間に身体を入れ、今度は妻の隠す手を剥がしに掛かる。
『ほ〜〜ら、力を抜くと見られてしまうぞぉ?大事なオマンコが丸出しになるぞぉ?』
「はぁはぁ..お願いっ...も、もう止めてっ..」
『んッ!今度は本当に粘るな…』
俺は妻の身体を捕まえ、うつ伏せにさせた。
腰を引っ張り尻を突き出させる格好にさせても妻の手はしっかりと陰部を隠している。
『まだ隠すか…なら、これならどうだ……』
背後から妻の顎を捕まえ、後ろへ顔をグイグイと引く。
「ああぁ…ヤメテ…ッ……く、苦し、、、ぃ」
妻の身体は反り返り、呼吸するのが苦しくなりだす。
それから逃れようと思わず手を前に付いてしまった妻。
俺はこの時を待ってたかの如く、ずっといきり立たせたままだったモノを陰部目掛けて突き出した。
いきり立つモノの先端が陰部へズブりとめり込んでいく・・・
「ぃっ、、いやぁぁ……ぁぁ…」
『入って行くぞ?ほ〜らっ、先を突っ込んだぞ?』
先端が埋まると、残りは一気に根元まで突き刺した。
「あっあぁぁぁぁ......抜いてっ...抜いてっっ......」
『後でちゃんと抜いてやるから心配するなって〜中にたっぷり出した後だけどな!』
『ああ…それにしても今日は随分と締まってるじゃないか?そんな久々だったかぁ』
締め付け具合を堪能しながら腰を動かし始めた。
尻を抑え、時には開き、挿入部を覗き込みながら出し入れをさせる。
陰部からは淫らな音を放ちながら俺のモノを受け入れる。
「あっ、ぁっぁっぁっ......んあっ...止めてぇ...ッ」
枕へ埋めた顔と頭を大きく振り乱す妻。
尻をパシっと叩くと一層、膣は俺のモノを締め付けてくる・・
パシッ、パシッっと叩く度に膣がギュッギュッっとキツく締め付けてくる・・・
「あッ!あッぅッ!痛ぃッ…んっはぁぁ」
いつもならアルコールが入ると射精を迎えるのは遅い筈なのに、今日の妻の締まり具合は非常に良く俺のモノを刺激してくる。
キツい締め付けに素早い出し入れを繰り返してると、射精が間近になってきた。
『はぁはぁ…本当によく締めるな……どうしたんだ?はぁはぁはぁ…』
「あっあっあっ...んっんんっ.....」
『そろそろイクぞ?中でたっぷり出してやるからな!』
「あっんっんっ…!?」
「だ、ダメッ!な、中はダメッッ!!お願いだから中で出さなぃ、、、ああぁッ、、で!!」
『いつも中だろ!うッくッ・・だ、駄目だ…イクぞ!イクぞッ!』
「あああああああッッ…ダメッ!イヤッ!イヤッ!!あくッぁっくぅ、、、お願、、ぃ」
そして俺は妻の中で射精を済ませた・・・
妻の膣の奥へ俺の吐き出した大量の精液がビュッビュツっと勢いよく放たれる・・・
「ああぁぁぁぁ...........」
完全に精液を吐き出した後、俺は尻を軽くパンパンと叩き、萎えたモノを抜き出した。
身体の力が抜け、グッタリと伸びきった妻の身体…
口を半開きにさせ放心状態に近い表情をさせる妻の膣からドロっとした精液が溢れて来た・・・
垂れた精液がシーツに小さな輪染みを作り上げていた。
満足のいった俺は妻の顔を横から覗き込んだ。
『・・・・・・・・・・!?』
『だ、誰だ!?どうして人の家に居る…』
見知らぬ女性に俺は酔いが一気に抜け、唖然としてしまった・・・
女性は俺を睨み付け
「人違いってずっと言ってたでしょ!!」
「それなのに、それなのに…しかも中で出すなんて………」
『い、いや、でも…此処は俺の家。308号室だろ?』
「ここは私の家!208号室よッ!!!」
『208ぃ!!!!!!!!!!!!!!』


ちゃんちゃん♪
こんな間違えなんか絶対に無いですね(6 ̄  ̄)


投稿者:愛華 2009/8/3(月) 12:23:36 No.2602 [q0CbiR/diSc]

素敵です。こういうの。正しくレイプですね!レイプされたい…!中出しがとても良かったです。妊娠したらどうするんでしょうね?


投稿者:ひでき 2009/8/3(月) 21:14:30 No.2603 [ziW80aAffSU]

いやぁ、素敵と言われたのは初めてですね(笑)

ま、俺に出来るのは中出しだけですけど…


投稿者:ゅみ 2009/8/3(月) 23:22:59 No.2604 [tsOrm0rHuK.]

ひできさん待ってましたょ^_^ひできさんお気に入りのヤツでプラィドが高い女って書いてあったケドゅみ友達に結構プラィド高いって言われます!自分でゎそんな風に思わないんですケドね>_<そんなゅみだからひできさんと相性いぃかななんてずぅ?しくも勝手に思ってます!これからも楽しいのいっぱい書いて下さいね*^o^*


投稿者:愛華 2009/8/4(火) 0:11:47 No.2605 [q0CbiR/diSc]

素敵って言うか…凄い興奮しました!私好みのストーリーだったんで!またレイプ&中出し系のを書いてください!!


投稿者:ひでき 2009/8/4(火) 7:49:01 No.2606 [ziW80aAffSU]

ゅみサン
相性良さそうですか♪
一度試してみますか(笑)
男が近寄りがたい雰囲気を出してる人の顔を、たっぷり歪ませたいですねぇ…
愛華さん
俺なんかの話でそんな興奮してたら映像なんか観たらヤバいんじゃない?
無理矢理画像とか‥
もう堪らないんでしょうね…
また時間が出来たら書かせて頂きます。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.