ゅみサンのリクエスト(長っ!!)

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン

ひとりエッチ倶楽部 > ボクのひとりエッチの妄想 > ゅみサンのリクエスト(長っ!!)

[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


ゅみサンのリクエスト(長っ!!)
投稿者:ひでき 2009/8/14(金) 12:24:53 No.2631

20:00になり俺は店終いの作業をしていると慌てて走って来る女性 ゅみ。
「はぁはぁ…あ、あの・・はぁはぁ…もう遅いですか?」
手を膝に付き、息を切らしている ゅみ。
『う〜ん、ギリギリかな?特別だよ。じゃ、中に入って』
「す、すいません」
『じゃぁ、これ書いてくれるかな。出来るだけ埋めてね』
ゅみは名前や住所、そして症状など上から順に書き込んで行くと、おかしな質問に戸惑った。
(バストサイズ?え?最近のエッチって…何これ……)
『書けた?』
「あ、もう少しで…はい。書けました」
『ゅみチャンか…胸は少し小さめなんだね。あれ?その下は未記入だけど?』
「質問の意味がよく分からなくて…」
『そっか。じゃぁ、あそこでこれに着替えて終わったら声掛けてね』
ゅみは診察用と思われる医療白衣を手渡された。
カーテンの引かれた場所で手渡された白衣を広げると、白で薄地の白衣に困惑してしまう。
「あ、あのぉ…これ着ないと駄目なんですか?」
『んー…服がシワシワになっちゃうよ?スカートもそれプリーツでしょ?崩れちゃうけど良いの?』
『それと、薬塗ったりするから服に着いちゃうし。それでも構わないなら良いよ』
「それも困ります…わかりました。着替えます……」
上着を脱ぎ、スカートを下ろし、下着の上から白衣に身を通す ゅみ。
(え?これって後ろが丸見えなの!?)
ゅみの着る白衣は両袖を通すだけで、がら空きになった背を首と腰を紐で結ぶタイプだった。
(下着…黒だから透けてるし……やっぱこんなの着たくないよぉ)
『ど〜〜〜お?着替えたかな?』
「あ、はい。着替えました!けど……」
俺は、ゅみが着替えていた場所に向かいカーテンをシャーーっと開いた。
その中に、小振りの胸元を抑え隠す ゅみが立ちすくんでいた。
つま先から頭の先まで視線を移動させる俺。
「あ、あのぉ…そんなに見ないで下さいっ」
『おっとぉ。ゴメンゴメン。別に変な目で見た訳じゃないからさ』
『あまり見ちゃうと恥ずかしいみたいだから、そこ…うつ伏せになってくれる』
ゅみは言われた通りベッドへうつ伏せになった。
背中と腰のみを結ぶ紐が解けてしまわないか心配だった ゅみ。
『今日は肩と、腰、そして下半身の方を重点的に筋肉を解すからね』
『最近の子は姿勢が悪いから腰を痛めたり、携帯やパソコンの使い過ぎで目が疲れ、そこから肩や首に痛みや重ダルい症状を起こしてる子が多いから。ゅみちゃんだっけ?君も同じだと思うんだ』
「あ、はい。確かに言われてみるとそんな気がします」
『じゃぁ、腕をダラ~んと伸ばして身体全体を楽にしてくれるかな?』
『っと、その前にだ!これ目に付けてるかな。目の疲れが取れると思うよ』
ゅみはアイマスクを手渡され付けてみた。
アイマスクに染み込ませてある、癒しのオイルが目蓋をスーっと癒してくる。
『気持ちいでしょ?』
「はい。凄く…」
それから俺は、心身共にリラックスしてきた ゅみの太腿の上に跨り筋肉を解すクリームを掌に用意した。
クチュクチュとクリームを音立てながら掌に満遍なく塗り合わせる。
『今から塗るクリームは筋肉を解す用途があるけど、後から少しポカポカしてくるからね』
「はい……」
首周り中心に肩へマッサージを施しながらクリームを塗っていく。
『んー、やっぱ凝りがあるね。こっちの方が辛いでしょ?』
俺は右肩のツボを親指でググっと押し込んだ。
「んッ…は、はぃ。少しそこ痛いかも……」
肩のマッサージを一旦終え、次に向かう先は腰だった。
まずは腰をグッグっと押し、ググっと強く押し込む。
『だいぶ、腰の筋肉も張ってるね』
「そうですか?」
この行為を何度か繰り返す。
『ゅみちゃんは今日はお揃いの下着なのかい?』
「はい?」
『上の下も黒でしょ。パンツがピンクの花柄までクッキリ透けてるからさ。ブラもそうなのかなって思って・・』
「………………」
(やっぱり完全に透けてるんじゃん・゜゜・(≧д≦)・゜゜・)
ゅみは聞こえなかった振りをして返答をしなかった。
(あ…なんだか身体がポカポカしてきたかも……肩と腰がモワ~んってしてきたっぽぃ)
すると俺の手が ゅみの太腿を伝い白衣の中へ進入させていく。
白衣の中で、ゅみの太腿の付け根を弄る先生の手付きに驚く。
(え!?ちょ、ちょっとぉ…どこに手を入れてるの?)
「あ、あの…先生?そこもですか……?」
『股関節と骨盤も修正しないとね。嫌?』
「い、いえ。嫌とかじゃなくて…そこは何となく……」
『アハハ。大丈夫だよ。何も心配する事ないから安心して良いよ♪』
と、言いながら俺の手は ゅみの太腿の付け根から手を離す事なく施工を続けた。
透け感のある白衣の中で自分の指先の動きが手に取る様にわかる。
内腿の筋肉を解す様にしながら徐々に足を開き気味にさせていく。
太腿の付け根に手を沿え、親指を使いグイグイと押し開く様にさせる。
(ヤダっ…そんなに力入れるとアソコが開いちゃぅ……)
ショーツの中で、ゅみの恥部を塞いでいるヒダが開いたり閉じたりを繰り返す。
俺は一度手を白衣の中から抜き出し、掌でクリームを練り合わせている。
「先生?もしかしてまた塗るんですか?それ…少し熱いんで……」
『ん?筋肉を暖める為だから少し我慢してくれるかな?』
俺の手は再び白衣の中へ手を忍ばせ、ゅみに恥部を避けるながら上手に満遍なく塗り上げていく・・・
(本当にヤバぃんだってばぁ!そんな所塗られたら変な気分になっちゃうよぉ)
クリームを塗ると乗じて、指先で遠回しに ゅみの恥部を刺激させる俺。
焦らしの極意の一つ、肝心な所を最後に!その周りを時間を掛け集中的に!!
俺は確実にその極意を実行していた。
丹念に塗り上げた保温クリームの効果が出て来るまで、執拗に恥部の周辺を刺激する。


投稿者:ひでき 2009/8/14(金) 12:26:22 No.2632

尻と黒いショーツの隙間に手を忍ばせ、柔らかな肉尻を揉み解し、左右へ開く・・・
ショーツの中で開く肉尻、その中心にある恥穴も開いているのが想像出来る。
(ヤメテッ…おかしいよ此処……)
「せ、先生?そこ…必要なんですか?」
『お尻の筋肉も同時に解さないと腰と、骨盤の筋肉とのバランスが崩れちゃうからね!』
俺は適当な言い訳で ゅみの抱いている不信感を取り除く。
(あ……アソコの周りがポカポカ温かくなってきた…)
(もどかしぃ……余計にアソコが疼いちゃってる…)
どことなく、ゅみの腰辺りがモゾモゾとさせている事に気付いた俺は手を休め、暫く何もしなかった。
『ゅみちゃんちょっと待っててくれるかな?手を洗ってくるからさ』
「はぃ……」
(あ〜ん…どうしよう……疼いて仕方ない…)
(先生、まだ来ない?少しなら大丈夫かな?)
ゅみは俺の居ない合間に黒いショーツの中へ手を入れてしまった。
(ヤダ…。凄く濡れちゃってる……こんなに濡れるのって初めてかも…)
ゅみは腰を少しベッドから浮かし、堪らず溢れさせた愛液の量を確認するとこっそりと自慰行為を始めてしまった。
(ぁっ..気持ちぃ...凄く気持ちぃ......こんな所でこんなに濡らしてる私って...)
(こんな事してるの見つかったらどうしよぅ……で、も、、止まらなぃっっ)
「んっんんっ……」
(声…出ちゃう………)
噛み締める唇の間から僅かにこぼれる喘ぎ声・・・
膣の中へいつの間にか指を深々と突き刺し、出し入れさせている ゅみ。
浮かした腰が徐々に高く上がり、尻を突き出す格好になりながら自慰を続ける ゅみ。
卑猥な淫音を恥部から吐き出し、堪える唇から甘く淫らな淫声を放つ。
(ぁっぁっ...イイ.....逝きたい...このまま逝ってしまいたぃ.........)
(先生…来ないで……もう少しで逝きそうだから。お願いまだ……)
夢中になる ゅみは知らないが、俺が手を洗うと言って離れたのは真っ赤な嘘で、俺はずっと ゅみの傍で息を潜めていたのだった。
間違いなく ゅみが自ら疼いた身体を鎮めると分かっていたからだ。
そんな ゅみは俺に自慰行為を間近で見られている事に気付かず弄る事だけに集中していた。
「んっ...んっぅぅっ......逝..くっ...逝っくぅぅ......」
ゅみの思わず口に出してしまった絶頂を迎えようとする言葉を俺は聞き逃さなかった。
俺はススーっと ゅみの傍から離れ、大声を出し、ずっと遠くに居たの振りをする。
『ゅみちゃ〜ん、そろそろ再開するよ〜〜〜〜』
(!!!!!!!!??)
足音は業と立てながら歩み寄る。
『さてと…あともう少しで終わるからね』
「あ、はい…………」
(もぉッ!!!!!何でもうちょっとって所で来るのぉ(;`O´)o )
(こんなんじゃ余計悶々としちゃうじゃん(x_x;))
俺はうつ伏せになる ゅみの頭の先に立った。
『あ、もうアイマスクは外しても良いよ。だいぶ目の疲れが取れたと思うよ』
「は、ぃ…良かったです……」
『ん?何かあった?』
「い、いえ…何も………」
『そっか……』
俺は、ゅみの右手を取り、何事もなかった様に指先を拭き取った。
「あのぉ…何を?」
『ああ。何か指が濡れてたからね。どうしてか分からないけど…』
「そ、そうなんですか?どうしてだろ……」
(ヤダーーッ!指にエッチな汁が付いたまんまだった(|||_|||) )
淡々と ゅみの首と肩を入念にマッサージを施す。
ゅみが少し顔を上げると俺の股間が目の前にあった。
(あのズボンの中に先生の大きな…………ヤダッ!私ったら何を考えてるの!)
俺は立ち位置を少し変え、ゅみの凝りが酷かった右肩に施工を集中させる。
グイグイと力を入れながら、俺は股間を ゅみの左頬に押し当てる。
(先生!先生!当たってるよぉ…もしかして業と!?)
(それに何だか硬ぃ……あぁ、欲しくなっちゃうよぉ…)
(このまま手でチャックを下ろして大きなモノをポロって出して…って、私また……)
絶頂間近で意気消沈した ゅみの恥部に更に大きな疼きが沸いてくる。
肩の施工を終え、ゅみの太腿へ跨り腰をマッサージしに掛かる。
今度は腰から背中を解しながら俺のモノを ゅみの尻に運び、押し付ける。
(ぁっ…今度はお尻に先生のモノが……)
背中を解していると、ゅみの尻が若干浮き上がってきた。
俺のモノへ自ら押し付ける様に尻を浮かせてくる。
尻を押しベッドへ沈めても、度々ゅみの尻は浮かせ、俺のモノへ押し付けてくる。
(もぉダメッ…勝手に浮いちゃぅ……っ)
ゅみの行動を見て頃合とみた俺は、ゅみの着る白衣の背にある紐へ手を掛けた。
唯一2ヵ所で縛ってあった紐をスルっと解いた。
「先生なにを!?」
俺の指は ゅみの黒いブラジャーのホックを外した。
(どうしよう…どうしよう……)
ホックを外し、下着と乳房に出来た大きな隙間へ手が入り込んできた。
小振りの乳房を背後から揉み解される ゅみ・・・
ゅみの中に迷いがまだ残っているが、欲望を満たす気持ちの方が大きかった。
俺のする事に抵抗する所か、ベッドへ肘を付き、胸を揉みやすい姿勢になった。
『早くこうされたかったでしょ?』
「………そ、そんな事は…」
『じゃぁ、何でさっきオナニーしていたんだい?』
「・・・・・・・・・・・・・!!!」
『ゅみちゃん弄るのに夢中で俺が隣にいたの気付かないんだもんな』
「ぇ!?えっ!!?」
『逝きそうな所で逝けなくてガッカリしてたでしょ?』
「・・・・・・・・・・・・・・・」
『フフフ……』
ゅみはこっそりしていた自慰行為を完全に見られていた事を知って無償に恥ずかしさが込み上げてきた。


投稿者:ひでき 2009/8/14(金) 12:29:14 No.2633

俺の手が小振りの乳房をゆっくり揉み解す。
『ゅみちゃんの胸…小さいけど柔らかいね。可愛い胸してるよ』
『乳首もこんなにカチカチに硬くさせて…ずっとこうなってたのかい?』
「そんなんじゃ…はぁはぁはぁ……」
『乳首気持ちいでしょ?どうされるのが一番気持ちい?』
「はっはっはぁっ……口に出すの恥ずかしぃ…」
『ほら、言ってご覧よ?その通りにしてあげるからさ』
「……っ、摘まれるのが…」
『ふ〜ん。こう?こんな風に?』
俺は ゅみの硬く突起させた乳首をギュぅっと指先で摘み上げた。
「あぁぁっ...ぁっぁぅ.....そ、そうで...すっ......」
ギュウギュウと乳首を指先で挟み、グリグリと擦り合わせる。
「んあっ..あっん......あっあっあっ....」
『そんな悦んで…よっぽど乳首が気持ちいみたいだね』
『乳首でそんな敏感なら、こっちなんて触れたら凄い事になるんだろうな』
白衣を完全に肌蹴けさせ、丸出しになった黒いショーツの上から尻を撫であげる。
尻を撫で回していると ゅみの尻は徐々に浮かび上がってくる。
背中から腰、そして突き上げた尻が綺麗な曲線美を作り上げた。
『こんなに尻を突き出しちゃって…早くって感じかい?』
「・・・・・・・・・・・・・・・」
ショーツの上から ゅみの恥部を指先1本で刺激する。
スリスリと布と指先が擦り合わさる音を立てながら指を何度も上下させる。
ゅみの尻はプルプルと震わせながら上下左右に動き出す。
『焦らされてる気分はどうだい?相当焦れてるでしょ?』
「は、はぃ……さっきからずっと…これ以上焦らさないで下さい…っ」
『焦らすのを止めろと?じゃぁ、どうしたら良いんだい?』
「そ、それは……」
『言わないならまだまだ焦らされるだけだよ?』
「……………」
「ほ、欲しぃで、、、す……」
『何が欲しいんだい?ほらぁ、ちゃんと言えばその通りするってさっきも言っただろぉ?』
「あの…その……せ、先生のが…欲しいです……」
『わかんないなぁ…それじゃぁ』
「ぉ...ちん......ん」
『何だって?聞こえないよ?』
「言うの恥ずかしぃです、先生…………おちんちん…」
『ゅみちゃんは俺の おちんちんが欲しいんだ〜』
「は、はぃ……欲しいです」
『でも残念!先生のは〜だいぶ大人だから おちんちん何て可愛らしいモノじゃないんだよね』
「じゃぁ何ですか?」
『大人のはね〜 チンポ!って呼ぶんだよ?ほら、言い直して言ってご覧』
「チ、チン・・・!?そ、そんな言葉言えませんっ!!」
『良いよ言えなくても。言えるまでずっとこれだからさ』
俺は ゅみの割れ目に沿ってショーツの上から只管指先を擦り付ける。
「ぁっぁっぁぁ…ズ、ズルイ……」
『俺はずっとこのままで良いんだけどね?唯〜ココ…随分とビショビショになってきてるよ?』
『中で物欲しそうにスケベな口から涎垂らしながら待ってるんじゃないかな?』
「ぁっぁっぅ...チ、チン.........ポ。あっはぁ...チンポ下さいっ。先生のチンポが欲しいです......」
『言えるじゃないか…なら、欲しいんだろ?欲しいならちゃんと欲しい所を出さないと!』
ゅみは自ら黒いショーツに手を掛け、ズルズルとショーツを下ろしていった。
尻が完全に晒され、愛液塗れの恥ずかしくなった恥部を丸出しになる。
ヒダはプックリと膨らみ、今か今かと左右に開いた状態だった。
俺はズボンを下ろし、硬く反り立たせたモノを露にさせた。
『ほら、こっち見てご覧…ゅみちゃんの欲しいチンポってコイツだろ?』
「は、はぃ…それです……それが欲しいです」
(すっごく大きい!!何あれ!?)
『ならさ、もう一度お願いしないとね!自分の手で開きながらね!!』
ゅみは尻を突き出したまま背後に居る俺の方を向き、自らの手で恥部をグイっと開く。
「此処に…先生の、、先生のチ、チンポを入れて下さい……」
『よ〜し、手はそのままだぞ?離した時点で抜いてしまうからな!』
「は、はい……」
ゅみが広げる恥部にポッカリと穴を開き待っている所へ俺のモノを突き刺していく・・・
愛液を大量に溢れさせた準備万端な ゅみの膣穴はヌププと音を立てすんなり俺を向かいいれた。
「あああぁぁぁぁぁ………」
『どうだ?入ったぞ??』
「はぃ。凄く大きいです……」
『そのまま広げたままだからな?手を離したら本当に止めるからな?』
俺は ゅみが自ら開いてくれているお陰で、侵入部をしっかり眺めながら出し入れする事が出来る。
ゅみの中から抜く度に俺のモノは白く白濁した汁に塗れて出て来る・・
素早く腰を動かし、出し入れを早めると ゅみの膣穴から卑猥な淫音が休む事なく放たれる。
と、同時に ゅみの口からも休む事なつ発せられる甲高い喘ぎ声が・・・
「あっあんっあぁんぁんああぁんっ…」
枕に押し付けられている ゅみは顔をグチャグチャに歪ませながら喘いでいる。
俺の言い付けを守り、常に恥部を開き続けながら俺からの挿入に悶えている。
「うくっうっくぅ…せ、先生……先生っ…こ、壊れちゃぅ……」
『何だって?』
俺は目にも止まらぬ速さで ゅみの中に出し入れを繰り返す。
「先生ッ!先生ッ!!ヤ、ヤメテ…あっっぐぅ……ほ、本当にも、もう・・」
「イッ…ちゃッ……イッちゃぅ………す、ご、、ぃ……あぁぁっ逝っくっぅぅ」
ゅみは絶頂を向かえ、開いていた手をバタっとベッドに力無く降ろした。
『何だ?もう逝ってしまったのか……仕方ないなぁ』
「はっはっはっ……すいません・・あまりにも凄くて……」
『まぁ、何だ…取り合えず〜筋肉に良い動きをしてたからヨシとするか(笑)』
「…………先生が変な媚薬なんか塗るからですよ…」
『媚薬?あれは正真正銘、医療用の筋肉を温め解しやすくするやつだぞ?』
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
(じゃぁ疼いたりエッチな気持ちになった私って……)

ちゃんちゃん♪
実に長い!かなり長い!!
のんびり、ゆっくり時間のある時にでも読んでおくれ(笑
てか、こんな感じで良かったんかな(6 ̄  ̄)


投稿者:まあ 2009/8/14(金) 22:21:16 No.2634 [9J5eOP1QVTw]

いーな…
まあもこんなマッサージされたい//

今度ぜひまあのも書いて下さい//

痴漢系がいいな…


お願いしますっ


投稿者:ひでき 2009/8/14(金) 23:43:00 No.2637

こんばんは まあサン。
痴漢ですか?
勿論、挿入は無しですよね?笑

まだ途中のとか残ってるので、直ぐにと言う訳には行きませんが〜
それでも良ければお待ち下さいな。


投稿者:まあ 2009/8/15(土) 0:32:08 No.2639 [9J5eOP1QVTw]

はい…(笑


全然大丈夫です☆
ありがとうございます☆


投稿者:ひでき 2009/8/15(土) 0:44:39 No.2641

それまでは窓にご注意ですよ!笑


投稿者:ひでき 2009/8/21(金) 18:28:09 No.2667 [ziW80aAffSU]

まあサン
そろそろ時間が出来そうです。
聞くの忘れてたんですが〜どんな感じのが良いですか?
今まで幾つか書いてたんですけど。
今更、これに気付くかな(ーー;)



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.