ありえないネイルサロン

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


ありえないネイルサロン
投稿者:ひでき 2009/8/25(火) 23:06:20 No.2687

ネイルサロンと言うんでしょうか?
俺はした事は勿論、行く事すら無いですけど、駅ビルやショッピングセンターなど結構見掛けますね。
脚の高いパイプ椅子に座り、手を差し出し施工を施されている女性は意外と腰から下着を食み出させています。
俺だけでは無いと思いますが、ほ〜んと男ってパンチラ好きですよね(笑)

そして、そんな場でさえ俺はアリエナイ妄想を〜〜

駅ビル内のフロアにある俺の店舗は人通りの少ない奥にあった。
客足の少ない中、最も多いのが会社帰りのOLだった。
待ち時間が無く、仕事を終えたOLには穴場的存在だったのだろう。
そして今夜も黒のスーツを着た仕事で疲れきった顔をさせたOLがやって来た。
長身のOLの膝丈まであるタイトスカートから覗かせている脚は細く長かった。
白いストライプ柄のブラウス越しからでさえ、彼女の胸の大きさには圧巻された。
『こんばんは。お仕事の帰りですか?少しお疲れの様で…』
「はい。最近残業が続いてしまって爪の手入れする気力が無くて……」
『大変ですね。なら今日はお手入れの方だけで?』
「はい。お願い出来ますか?」
『勿論。ささ、掛けて下さい。今、飲み物を用意しますから』
『あ、先におトイレとかは?20分程掛かりますけど〜』
「う〜ん、それ位なら大丈夫です。したくなったら我慢します」
『言いましたね!本当に我慢出来るんですね?』
俺は冗談っぽく笑顔で彼女へ念恩した。
「フフ。出来ますってばそれ位」
彼女の前に冷たい緑茶を差し出した。
仕事帰りのせいか、差し出されたお茶を彼女はゴクゴクと飲み干した。
『一気飲みじゃないですか〜相当喉が渇いていたんですね(笑)』
「ヤダ私ったら…(笑)」
俺はお代わりを用意し、彼女の爪の手入れに入った。
右手を差し出す彼女の指は脚同様に細長く綺麗な指をしていた。
若干指先には手入れを怠っていると思われる形跡があったが・・
彼女の塗ったネイルを落としている間も、ちょくちょくお茶を口に含む彼女。
『大分、爪先も痛んでますね。仕事でパソコンとか使ったりしてるんですか?』
「はい。パソコンと向かい合わせてる時間が多いかもしれません」
初めて数分経った頃に彼女は少しソワソワと落ち着きが無くなって来た様に見えた。
俺は間違いなく今、彼女は尿意に襲われだしたと感じた。


投稿者:ひでき 2009/8/25(火) 23:08:46 No.2688

尿意から来る緊張のせいか彼女は喉が渇き、お茶を含む量が増してきた。
これが悪循環だと分かっていたが彼女は利尿作用の大きいお茶で渇きを潤してしまう。
『どうしました?少し落ち着きが無くなって来てません?』
「え?そうですか?そんな事ないですよ(笑)」
明らかに我慢してるのが伺える笑顔は引きつっていた。
俺は頃合かと思い彼女が差し出している右手を強く抑え、その下に置いている台へドンっと抑え付けた。
「!?」
手首を抑えながら、横に隠れていたベルトを巻き付け台と彼女の手首を固定した。
「え!?なに?何なんですか??」
慌てる彼女は左手で固定されたベルトを取り外そうと試みる。
俺はその左手も捕まえ右手と同じく台へベルトを撒き付け固定した。
端から見ればネイルサロンで手を差し出す光景は自然とも言える。
しかし今、彼女の両手首はしっかりと固定され手の自由を奪われてるのには時折通り過ぎる人には気付く筈も無かった。
「え!?ちょっと……コレ何なんですか?取って下さいッ!」
手に力を入れ必死に手を外そうとする彼女。
しかし、皮のベルトに結構な重さのある台から外れる事は無かった。
『そろそろ限界が近いんじゃないですか?オシッコ……フフフ』
俺は立ち上がり彼女の背後へ回り込み下腹部を手で撫で回す。
「止めて下さいッ!人呼びますよ?」
『あまり声に力を入れると膀胱に響きますよ?』
俺は撫で回していた手を下腹部へグイグイと軽く押し込んだ。
「あッ...ヤ、ヤダ......ッ。お、押さないでッ」
彼女は座りながら若干開かせていた足をビチっと閉じた。
俺は辺りを見渡し、人影が居ない事を確認し彼女の座る椅子を退かした。
すると彼女は両腕を突き出したまま立った姿勢になった。
そのまま立つ彼女の下腹部を再び押し込むと両足は閉じながらも内股にさせ尿意を必死に耐えている顔を彼女はさせていた。
『ほらぁ、先に聞いたじゃないですか〜念恩だってしましたよ?』
『何て答えました?我慢すると言い切りましたよね?』
「あれは……あッ…それ以上は…………」
彼女の履いているスカートを捲り上げるとストッキング越しに見える白のレース地のショーツが晒された。
縦長の彼女の尻を綺麗に映すレースは彼女にはとても似合っていた。
尻を撫で回し、閉じる太腿の間へ手を突っ込みながら股間へ近付かせる。
少しでも抵抗、反抗をしようものなら下腹部を押し黙らせる。
ブラウスのボタンを幾つか外し、ブラジャーの中から無理矢理乳房を取り出す。
大きく柔らかな乳房はブラジャーから零れ形を崩しながら晒される。
背後から手に収まり切らない程、大きな乳房を揉み、解す・・・
膨れ上がる股間を彼女の尻に押し付け、擦らせながら乳房の形が変わる程、揉み解す・・・
『ああ・・この大きさはハンパじゃないですね……柔らかくて堪らないですよ』
「触らないでッ!手を退けて下さいッ!!」
彼女が反抗的な態度を取ったので俺は再び下腹部をグイっと押し込むと彼女は弱々しい声を出し、膝を折り腰を落としだす。
身体を使っての抵抗を一切出来ない彼女の姿を俺は楽しみ、興奮する。
一旦、辺りを見渡し彼女の履いているストッキング、そして白のレースショーツを膝下まで一気にズリ下ろした。
縦長の尻が完全に露出された瞬間だった。
俺は彼女の足元に座り込み、目線を彼女の尻に合わせた。
両手を使い尻を一杯に開き、薄茶色のアナルを覗き込む。
指を1本突きたてアナルを数回なぞり、その指先を彼女の目の前で匂いを嗅ぐ。
『今日したみたいですね?ウンチ……少し匂いが残ってますよ?』
「お願いですからもう……」
俺は再び彼女の背後に回り座った。
今度は彼女の陰部をクンクンと鼻音を立てて匂う。
『今日1日の匂いがかなりキツいですよ?酸っぱい香りがプンプンしてますよ…』
髪を振り乱し頭を大きく振る彼女。
『此処で入れてみても良いですか?』
「!?ヤメテ下さいッ!それだけはヤメテッ!!」
『冗談ですよ…幾ら人気が少ないからってそんな事出来る訳ないじゃないですか……』
『ですが、指なら誤魔化し効きますからね』
俺は指を彼女の膣へグリグリと捻じ込んでいった・・・
「んッ...んん......ッ。ヤメ...て......ぃ、ゃ...ぁ」
『ほ〜ら、根元まで入りましたよ?わかりますか?』
『それにしても随分と締まってますね…もしかしてオシッコ漏らさない為に力入れてます?』
彼女の膣へ深く突き刺さった指を中で掻き回す。
「あっ...あぁ......ダメっ、止めてっ......」
『そんな事言って本当は指じゃ物足りないんじゃないですか?』
『相当、濡らしてますよ?ほら、聞えません?イヤラシイ音が……』
確かに彼女の膣からは俺の指を動かす度に卑猥な音を出していた。
『本当はこう言うスリルが好きなんじゃないですか?』
「そ、そんな事…ありま・・はぁっぅ……」
『アハハ。あまり感じて力を緩めるとオシッコが出ちゃいますよ?』
俺の突き刺す指先が目にも止まらぬ速さで彼女の膣内を出し入れする。
「あっあっあっ...ダメっ、ダメっ......そ、そんなに激しくしたら...ああっ」
「お願いっ、お願いっ!も、もぅ…出ちゃうっ!出ちゃ………ぅぅ」
そして俺が膣の中から指を抜き出した瞬間、彼女の股の間から噴水の様に勢い良く撒き散らす黄色い液体・・・・
彼女は尿意の限界に達し、黄金色をした尿を大量に噴出させてしまったのだった。
立ちながら吐き出す尿は飛散し、膝元に降ろされた白いショーツを黄色く変えていった・・・
「あああああぁ…いやぁぁぁ………」
『あ〜あ、こんな所で立ちションなんて大人のする事じゃないですよ?』
『ま〜だ出て来る…恥ずかしいと思わないんですか?』
「お願い言わないでっ!見ないでっ!お願いだから……」
全てを出し切った彼女の顔は恥じらい、脱力感で一杯だった・・・・・・

ちゃんちゃん♪
こりゃまた絶対ありえね〜〜〜
何気に俺の妄想って非現実的なのが多いよな(6 ̄  ̄)
でも、妄想なんてそんなもんか!笑


投稿者:サキ 2009/8/26(水) 6:30:13 No.2689 [X9ri3/a9KUw]

ありえないけど…

でも想像しながら読ませてもらいました(*^^*)

いつも読みごたえありますよね〜


投稿者:ひでき 2009/8/26(水) 7:43:17 No.2690 [ziW80aAffSU]

読みごたえ…単にウダウダ長いだけです(笑)
サキさん こんなんで良ければまた目を通してやって下さい♪


投稿者:サキ 2009/8/26(水) 8:08:22 No.2691 [X9ri3/a9KUw]

次は もう少しだけ リアリティーのあるもの…(^^)



投稿者:ひでき 2009/8/26(水) 20:34:02 No.2692 [ziW80aAffSU]

うーん…
俺にリアリティを求めるのは無理でしょう!(笑)


投稿者:ゅみ 2009/8/27(木) 17:36:38 No.2693 [tsOrm0rHuK.]

実際近いトコマデゎできそぉだケド*^_^*スリルぁり過ぎで超気持ちょさそ〜!!!


投稿者:ひでき 2009/8/27(木) 19:34:40 No.2694 [ziW80aAffSU]

ゅみサンはスリルを興奮にしてしまう人でしたか〜
それを知る彼氏なんか何処でもチョッカイ出してくるでしょ?(笑)
因みに俺は個室で本領発揮するタイプです。


投稿者:ゅみ 2009/8/27(木) 20:05:20 No.2695 [tsOrm0rHuK.]

残念なコトに彼氏ゎぃなぃんですケドねToTぃたトキゎ外で触られたりしてた方かなぁ!個室でジックリもいぃですね!


投稿者:ひでき 2009/8/27(木) 20:12:05 No.2696 [ziW80aAffSU]

彼氏居ないんだ…
じゃぁ、夜な夜な1人で弄くりまわしてるの?
さて、ゅみサン!
相手は俺!!
野外や公共の場でスリルで興奮得るか。
または2人きりの部屋で時間を掛けながらの興奮〜
どちらが宜しい?(笑)


投稿者:ゅみ 2009/8/27(木) 21:12:56 No.2697 [tsOrm0rHuK.]

ひできさんとならどっちもいぃケドどっちかって言ったらじっくりがぃぃかな≧_≦ひできさんのぃろ?知りたいからね


投稿者:ひでき 2009/8/27(木) 22:57:15 No.2698 [ziW80aAffSU]

おーッ!
どっちも嫌だったら どうしようと思ったさ(笑)
でも、どっちも良いなんて俺ってスゲーッ♪
んで、まだ知りたい事あったの?
長さ?太さ?勃起率??(笑)


投稿者: 2009/8/27(木) 23:12:21 No.2699 [UgjgrP7/wd.]

こんばんは★

ひでちゃんモテモテやねぇw
あたしの入る隙間なさそうだわ(><)


投稿者:ゅみ 2009/8/27(木) 23:29:20 No.2700 [tsOrm0rHuK.]

個室に入ってからのひできさん*^_^*


投稿者:ひでき 2009/8/28(金) 6:19:07 No.2701 [ziW80aAffSU]

おはよーさん
花サン
またそんな事を言っちゃって〜
あ、俺のがズブズブと入れる隙間はありますよね?笑
ゅみサン
個室での俺ですか?
それは個室に入ってみないと分かりませんねぇ。
とか言って、実際たいした事ないんだけどね(ーー;)



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.