ナンパ

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


ナンパ
投稿者:ひでき 2009/8/30(日) 17:33:12 No.2702

人通りの多い駅前で俺は女性に手当たり次第声を掛けていた。
そう、俗に言うナンパをしていた。
当然、俺の呼び掛けに応じてくれる訳も無く時間だけが過ぎていた。
そこへ俺の目の前を2人組の女性が仲良さそうに話しながら横切った。
俺は2人を追い掛けダメ元で声を掛けみる事にした。
『ねぇねぇ、買い物中?それとも終わって暇潰し?だったら俺と少し遊ぼうよ♪』
好みの髪が長い女性へ集中的に話掛ける。
「え?私!?」
『あ、友達も一緒で良いよ♪』
髪の長い女性はオドオドとしながらも時折見せる笑顔が何だか少し嬉しそうに思えた。
そんな女性の態度を隣で見ていた友達はヤキモチからか少し不満そうな顔をさせていた。
[ねぇ!さっきから私はオマケみたいな言い方してるけど〜こんなオバサンの何処が良いわけ?]
『オバサンって…因みに幾つ?』
「43です……すいません、オバサンで………」
[大体ママも何?やたら嬉しそうにしちゃって!]
『ママぁ?それって〜親子!?』
「別に嬉しそうになんか……。はい、娘です…」
怒った娘は1人でさっさと歩き出してしまった。
「あ…ちょっとぉ。そう言う訳でごめんなさいね」
娘を追い掛け、その女性、いや母親も俺から去って行った。
『まさか親子だったとは……』
俺は気持ちを切り替え再び歩く女性に声を掛け始めた。
しかし、誰一人振り向く事無く時間だけが再び過ぎていった。
すると、隅で肩を落としダバコを吸っている俺の背後から女性が話し掛けて来た。
「あの……」
振り向くと、そこにはさっき声を掛けた親子の母親が立っていた。
『あれ?どうしたの??子供は?』
「あれから怒って一人で何処かに行っちゃって…」
「それで私1人になっちゃったから何となく此処に来たらまだ居たので…」
『マジっすか!?』
「マジっす(笑)」
俺の中でこれが最後のチャンスと思い、俺の目的をストレートに女性へ話した。
『俺〜ぶっちゃけHしたいんだけど……それって大丈夫?』
「…………………はい。大丈夫……かな?(笑)」
『マ、マジっすか!?』
「マジっす(笑)」
女性の気が変わらない内に俺は2人切りになれる場所へ向かった。
部屋に入ると彼女はまずソファーに座り込み、辺りをキョロキョロと物珍しそうに眺めている。
『どうしたの?何か珍しいもんでもある?』
「あ、いえ。私ってこう言う所って初めて来るから……」
『初めて?まぁ見た感じ男とこんな所に来そうも無いけど〜初めては無いでしょぉ』
「本当。だから何だか緊張しちゃって…あの子が生まれてから主人以外の男性と2人切りになる事なんかも無くて……」
『じゃぁ、ずっと旦那としかしてないんだ?』
「はい…ただ……最近はその主人ともさっぱりで………」
『そっか。でもさ、マジで驚いたよ!人妻に見えないし、まさか母親であんな大きな子供が居るなんて全然思わないってば!!』
「ですよね…よく友達とかと間違われます(笑)でも、さっきみたいに声なんか掛けられた事も無かったんですよ?」
ナンヤカンヤ話をして俺は彼女の隣に座り込んだ。
彼女のまだ緊張している肩を抱き寄せキスをする。
唇が重なり少し震えだす彼女をギュっと抱締め舌を彼女の中へ捻じ込む。
その時だった。彼女が俺の腕の中から離れだした。
「やっぱり…ごめんなさい………」
『へ?なにそれ……?』
夫への裏切り、そしてまだ会って間もない男との行為が彼女を踏み止まらせた。
ソファーから立ちあがり、荷物を手にして部屋の扉へ向かいだす彼女。
『ちょっと待ってよ!此処まで来て何それ……冗談だろ?』
「私…やっぱりこんな事………」
帰ろうとする彼女の腕を掴み扉の前で再びキスをした。
「んんっ……」
キスをしながらTシャツの上から彼女の胸を強く揉みしだく・・・
「んっ…ヤメテ…私、帰ります……」
『そんな事言うなよぉ。こんな事されたくて来たんだろ?したかったんだろ??』
「違っ…ただ私は刺激が欲しくて……」
『だったら刺激を与えてやるよ。ほら、此処だろ?』
俺は壁に寄り掛かる彼女のスカートの中へ手を忍ばせ下着の上から恥部を弄りだした。
生暖かく、湿気のある下着を指で刺激すると彼女の手が俺の手を押さえ付けてきた。
「はぁはぁ…ヤダ……帰らせて…っ」
『声が震えてるぞ?感じてるんじゃないか?気持ち良くなって来てるんだろ?』
彼女の首元を唇を這わせながらTシャツを捲くり上げ黒いブラジャーから覗かせる色白の乳房を揉み解す。
「はっ...はっ......はぁっ」
息を荒くさせ、俺の腕を掴む彼女の手に力が入る。
俺の下着越しに刺激している指先にヌルヌルとした滑り感を感じ出した。
『何これ?染み出すまで濡れて来てるじゃん…ずっとその気だったんでしょ?』
『このパンツの中身は相当びしょ濡れなんじゃない?』
「ぁぁっ…そんな風に言わないで……」
彼女の手を引き、部屋の中にあるベッドへドンっと突き飛ばした。
「キャっ!ら、乱暴にしないで…」
『旦那はこんな風にしてくれないだろ!優しく可愛がられてるんだろ?』
横たわる彼女の着ている服を脱がし始めた。
抵抗はするが、明らかに弱い抵抗だった。
そして色白の乳房に似合わない赤黒くさせている乳首が晒される。
『随分と遊んでそうなエロ乳首してるじゃないか〜』
「遊んでなんて……」
『旦那に相手されなくて1人で弄くり回してるんじゃないの?』
『ほ〜ら、この硬さ…メチャクチャ立たせてるじゃん!』
俺は彼女の赤黒い乳首を摘み、刺激する。
口に含み舌で丸々とした乳首を転がし舐める・・・
乳首の赤黒さが更に濃く変わってくる・・
身体を捻らせ、時折発する甲高い喘ぎ声・・・


投稿者:ひでき 2009/8/30(日) 17:34:56 No.2703

俺はスカートに手を掛け脱がし、晒す黒い下着にも手を掛けた。
「ま、待って!電気…お願い暗くして……」
『暗くしたら見えないじゃん!』
俺は彼女の言葉を聞き入れず手に掛けた黒い下着をズルズルと下ろし始めた。
「ヤッ...ヤダっ。暗くしてっ」
下着が腰から離れると、恥部を覆っていたクロッチ部から透明な糸を引かせていた。
勿論、クロッチにはベットリとした粘液を大量に付着させていた。
全く処理を施されていない、無法地帯と化している彼女の陰毛は多く、濃かった。
『あ〜あ…パンツがビショビショだよ……なんだこりゃ…』
一気に太腿から下着を脱がした。
「あっ……」
慌てて恥部を手で覆い隠す彼女だった。
『な〜に隠してるんだよ……』
「だって…もう何年も主人以外の男性に見られた事ないし……」
「それに最近は主人とも無いからお手入れだって…」
『だったら尚更よーく見てやるよ…』
まずは彼女の閉じる両足を掴みガバっと大きく開く。
「あっ……」
そして懸命に隠そうとしている彼女の手を掴み力ずくで退けに掛かった。
力の入っている彼女の手だったが男の俺にあっさりと退けられ恥部を露にさせてしまう。
「ぃゃ…見ないでっ……」
丸出しに晒す彼女の恥部をマジマジと見つめる。
『ああ…これじゃ見せたくないだろう……こいつは…』
「そ、そんなに見ちゃ……お願いだから消してっ」
『オマンコは年相応にエログロくさせてるじゃん?ビラビラも黒くてさ…』
彼女の多く生える陰毛を掻き分ける様に恥部を開き鑑賞する。
『しっかしこのマン毛の量はマジでスゲーな……』
「ヤダっ…そんなに言わないで……」
自分の恥部の事を言葉にされると更に恥ずかしさが込み上げて来る。
思わず手で再び覆い隠そうとするも、その手を掴まれながら恥部を覗き込まれてしまった。
『旦那にこんな風に言われた事ないでしょ?』
「無いです…だからお願い。そんなに見ないで?恥ずかしい事言わないで…」
『な〜に言ってるんだよ…乾く所か余計びしょ濡れにさせてさ……』
「………………!?」
彼女の陰毛はしっとりとさせ、皮膚にべた付かせてしまう程に恥汁を溢れさせていた。
『アナルにまでビッシリと生やしてる毛がビショビショになってるぞ?』
俺は彼女の陰毛を両手で避け、微かに覗かせた恥部へ舌を大きく這わす。
陰毛のザラザラした感触と、垂らす恥汁のヌルヌル感を舌先で感じた。
『んん…ッ……ん…グロマンコから溢れ出すマン汁の味は堪らないな……』
「んっはぁ…んっんっ……そ、そんな言葉で言わないで……っ…」
『恥ずかしい事を言って貰って余計興奮してるんじゃないか?』
『この腰が動いてるのは何なんだよ?』
「こ、これは…勝手に……はっあぁ……そ、そこは…」
俺の広げる手の中心にはプックリとさせてしまっているクリトリスが顔を覗かせていた。
そのクリトリスの頭へ舌先を押さえ付け、小刻みに震わせる。
『こんな刺激は久々なんだろ?堪らないよな…オマンコの中も刺激欲しいだろ?』
「ほ、欲しいです...」
『ならケツを突き出しな!バックからたっぷりと突いてやるから』
彼女は四つん這いになり、俺の指示通り尻を俺に向けドンと突き出す。
『あ〜、本当アナルまで毛がボーボーだぞ?アナルが殆ど見えないじゃないか…』
『俺にこの汚いアナルを見ながらグロマンコに突っ込めと言うのか?』
「そんな言い方しないで…もう、我慢出来ないの!早く頂戴……」
俺は突き出すモノを彼女の膣の入り口で押し当てたまま止める。
『こんな言い方は嫌いか?』
「恥ずかしくて……ねぇ、早くっ!早くそれを入れて!」
『だったら、俺みたいな言葉でお願いしてみ?ちゃんと言えたらこのまま中へ入れてやるぞ!』
「・・・・・・・・わ、私の…汚、、ぃエ、ログロ……オマ、ンコにオチン、、ポを入れて下さ、、、ぃ」
入り口で止まっていた俺のモノがズブズブと彼女の中へ収まれていった・・・
「ああぁぁぁ...すっごぃ......入ってくる...あっぁぁ......」
俺のモノが根元まで含まれると彼女の陰毛のせいで何も見えなくなってしまう。
『オイオイ…毛が多くて何も見えないぞ?バックは失敗だったな…』
一度奥深くまで突き刺したモノを抜き、体位を変えようとした。
「ま、待って!ヤダ。抜かないでッ!!このまま…このまま動かして……」
『はぁ…わかったよ。後で変えるからな?』
彼女の願い通り、俺はこのまま体位を変える事なく出し入れをさせた。
白い恥汁が恥部の周りに生える陰毛へ絡まっていく・・・
出し入れする度にその白い恥汁がダラダラと溢れ出してくる・・
「はっ..はぁ......いい...いいのっ......」
彼女は上半身をベタリとベッドに付け両手を前に伸ばす。
俺が少しでも動きを止めよう物なら、突き出した尻を自ら動かし貧欲さを露にさせる。
「あっあっあっ…もっと……もっとぉ………ッ」
彼女の伸ばす手を取り、背後に運び挿入を早める。
上半身を反り返しながら素早い出し入れに悶絶する彼女・・
頭を振り、髪を大きく振り乱す彼女。
小振りの胸を前へ突き出し喘ぎ悦ぶ彼女。
「ぁっっぁっぁぁ…凄っぃ……凄く気持ちぃ……あっはぁ…」
「ダメっ…ダメぇ……逝っちゃぅ……あぁぁ…逝っちゃ、、ぅ」
『はぁはぁ…逝って良いぞ?ほら、逝きな!はぁはぁはぁ…っくッ。お、俺も…』
「イクッイクッッイックぅぅぅぅ…ぁ………ッ」
天を仰ぎながら絶頂を迎えてしまった彼女。
そして、俺も射精が限界にまで近付き慌てて彼女の中から抜き出しグッタリと前のめりになる彼女の横顔目掛けて精液を吐き出した。
彼女の頬に広がる薄黄色の精液・・・
頬一杯に広がった精液が隙間の空く唇を伝い口の中へ流れて行った・・・・・

ちゃんちゃん♪
生まれて此の方ナンパはした事の無かった俺でした〜〜〜
でも、逆ナン?はあったんですよ♪


投稿者: 2009/8/30(日) 23:21:05 No.2704

ほぉー?
逆ナンの続きは?w



投稿者:ひでき 2009/8/31(月) 5:31:44 No.2705 [ziW80aAffSU]

花サン
逆ナンの続きって…
妄想じゃないので内緒(笑)
今日は台風です。
ハプニングの予感…♪


投稿者:ひでき 2009/8/31(月) 12:27:45 No.2707 [ziW80aAffSU]

そのテンションは一体…
そしてナンパの何が良いんだろ(笑)
されたいんかな。


投稿者:ゅみ 2009/8/31(月) 16:59:52 No.2708 [tsOrm0rHuK.]

ナンパしたコトなぃんですか〜?!バン?かと…^曲^ゅみゎナンパしたコトぁるなぁ*^_^*


投稿者:ひでき 2009/8/31(月) 17:35:23 No.2709 [ziW80aAffSU]

ゅみサン
ナンパなイメージでした?笑

男に声を掛けて 何処で何をしたのさ〜



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.