寝ている友達

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


寝ている友達
投稿者:ひでき 2009/9/20(日) 17:20:15 No.2800

居酒屋の前で数人の男女が賑わっていた。
そんな中、男女が輪から少し離れていた。
「あーーーーッ!終電間に合わない!!」
『じゃぁ俺んち泊まってく?』
「えーッ!襲われたくないもーん♪」
『それナイナイ!俺ってば、幼児体系に興味ナシ(笑)』
「酷っ!!だいたい和志みたいなチビに言われたくないし!」
『で、どうする?俺そろそろ帰るけど来るの?』
「ねぇ本当、何もしない?」
『だ・か・ら!しないですっ!!』
「んーーーー。行く♪」
2人はタクシーに乗り10分程で到着した。
『此処が俺んち。狭いけど贅沢言うなよ?』
「わかってま〜〜〜す♪」
部屋の間取りは1Rで、割と片付けられていた。
『えっと…俺はその辺で寝るから綾乃はベッド使って良いからさ』
「後で入って来たりしない?」
『しません!で、シャワーどうする?入るなら先使って良いけど』
「先に入れて覗こうとしてるんでしょ?」
『覗きません!一応〜俺の着るならコレ使いな』
和志は綾乃へスウェットの上下を差し出した。
「じゃぁ、先にシャワー浴びるけど〜絶対に覗かないでね!覗いたら絶交だから!!」
『はいはい。綾乃の幼児体系には興味ナイってば』
綾乃はシャワーを浴びに浴室へ向かった。
脱衣場で服を脱ぎシャワーを浴びている。
「幼児体系、幼児体系って何なのよ…アタシだって裸になればエッチな体してるのにぃ」
「でも和志がもし言い寄って来たらどうしよう……」
「シャワー出たら?それとも寝てる間?や〜ん、ちょっとドキドキしちゃってる♪」
綾乃は何かを期待?もしもの為にと念入りに身体を洗っていた。
そしてシャワーから上がり、和志の居る部屋へ静かに向かった。
「うっそぉ!?」
床に敷いた布団の上で大きなイビキをかいていた。
綾乃が声を掛け様とも一切目を覚ます気配が無かった。
「本当にアタシの事は興味無いんだ……それもちょっとショックかも…」
多少なり期待をして居ただけに、溜め息を漏らす綾乃だった。
寝返ると和志の掛けていた布団が乱れ、下半身を露にさせた。
下着一枚で寝ていた和志の股間に綾乃の視線は釘付けになった。
「ちょ!?ちょっとぉ!何?これって大きくない?もしかして立ってるとか??」
下着を大きく膨らませながら寝ている和志。
その膨らみに目を奪われ、思わず顔を近づける綾乃。
寝息を吐く和志の顔色を窺いながら綾乃は恐る恐る下着の上から膨らみを突っ突いてみた。
「グニュって…柔らかい……って事は〜これで普通!?」
綾乃は和志の履く下着の中身の事を想像してしまっていた。
手を伸ばし、下着の上から中のモノを模る様に軽く触れてみた。
目を凝らし、軽く触れていると次第に中にあるモノが硬さを増してきた。
見る見る内に下着の中が更に大きく膨らみ、中から何かが押し出す様に下着を尖らせた。
綾乃が思わず生唾を飲んだ瞬間だった。
指先で尖らせる部分を突付くと、和志の身体がビクっと震えた。
驚きその場から離れると和志は起きる気配が無かった。
が、和志の手は下着の中に潜り込み、自らのモノを弄くる仕草を始めた。
「起きてるの?」
少し下着の中を弄ると手を抜き出し、再び寝息を大きく吐いた。
ホっとした綾乃が和志の弄った股間部を見ると下着の上から先端がしっかり食み出していた。
ピッタリとフィットしている下着を中のモノをクッキリと模り食み出させている光景に綾乃は大きく唾を飲み込んだ。
「嘘でしょ…こんな大きいのって初めて見た……」
「どうしてこんな小さな和志に、こんな大きな……」
毎日の様に顔を合わして居る仲の良い男友達の下半身に興味を抱く事は殆ど無かった。
しかし、今この状況で初めて強い興味を持ち出していた。
下着に隠されたモノの姿、下着から食み出してしまっているモノの姿を、見て触れたい想いが強くなっていた。
触れなくても良い、とにかく完全に見たいと言う強い想いが綾乃の手を動かしてしまうのだった・・


投稿者:ひでき 2009/9/20(日) 17:21:36 No.2801

少し身を乗り出すと綾乃はショーツの中でヒンヤリとさせる冷たい感触を知った。
「やだ...濡れちゃってる......和志のを見てアタシ...」
綾乃の持つ興味が興奮に変わっていた。
身を乗り出し片手を食み出す先端に触れてみた。
「何か…凄くドキドキするんだけど……」
そして和志の顔色を不安な目で見ながら下着へ手を掛ける綾乃・・・
少しの間、そのまま様子を見、依然起きる気配が無いの確認してから掴んだ下着を引っ張り上げ隙間から中を覗き込んだ。
「もっとちゃんと見たい…お願いだから和志!起きないでね!!」
綾乃はゆっくりと和志の履く下着を下ろしだした・・・
収まりの無くなったモノは開放感を得たかの様に天に突き出した。
棒がくっ付いている様なモノはビクビクと小刻みに震わせていた。
「すごい......」
男のモノを見るのは勿論初めてでは無い綾乃だったが、男のモノに目を奪われたのは始めての事だった。
それだけ今、突き立たせている和志のモノは大きく長い、衝撃的なモノだった。
綾乃は顔を近付け和志のモノを間近で見る。
濡らしたままのショーツの違和感が気になる綾乃はスウェットの中へ手を入れ、ショーツに触れてみた。
「やだぁ・・何このビショビショ……」
ショーツの上から触れた指先にベタ付きのある液が一杯に付着してきた。
和志が完全に丸出しにしているモノを間近で見、そして自ら溢れさせるショーツの布が吸収しきれない程の恥液が綾乃の興奮を最大限に膨らませた。
前屈みになり、突き立つモノを間近に綾乃はショーツの中へ手を忍ばせた。
直に触れる恥部の周辺はヌルヌルとしたヌメり感で一杯だった。
「ぁっ...凄く濡れてる......」
「アタシってこんなにエッチだったの…友達のオチンチンを見ながらオナニーなんて……」
「でも...気持ちぃ......ダメっ...声が出ちゃぅ」
尻を高く突き出し、足を徐々に大きく開かせていく綾乃・・・
思わず和志のモノを握り締めてしまう綾乃。
「和志のオチンチン…凄く硬ぃ……」
「和志の熱いオチンチンを入れたい……」
普段人前では口にしない言葉を軽々しく口に出す綾乃。
当然、握り出してしまうとゆっくりであるが扱いてしまう。
肘で身体を支え、扱きながら綾乃は自慰行為に没頭する。
膣の中へ突き刺した指を出し入れさせると静まる部屋に恥音がスウェットの中から漏れ出す。
「音がこんなに出ちゃってる…エッチな音で和志が起きちゃったら……」
「んっんっ...あっぁぁっ......声が我慢出来なぃ」
膣の中へ突き刺す指が増え、出し入れする早さも増してくる・・・
2本の指を奥深くまで入れ中を掻き回すと、また違う恥音が発する様になる。
「グチュグチュいってるぅ…あっはっ…あっはぁ……凄く気持ぃの………」
そして綾乃は更に一線を越え、更に顔を和志のモノへ近づけた。
意識的に開いた口から延びる舌先が和志のモノを上から下、下から上へと這い始める。
突き立つモノに浮き出す血管を舌先が感じ取る。
「オチンチン舐めながらオナニーなんて……凄くアタシってエッチな事しちゃってる…」
「んっんんっ...和志ぃ起きてアタシをそのオチンチンで突いて......あぁぁっ...」
「和志のこのオチンチンが欲しぃ……でも、言えない…」
そんな綾乃の想いを知る訳も無く相変わらず爆睡を続ける和志。
綾乃は這わせる舌を引っ込め、ポッカリと開かせた口の中へ先端を含みだした。
含んだモノを口の奥まで入れるが、根元までは程遠い和志のモノ・・・
ジュッ...ジュポッジュポッ......
綾乃の口使いが淫らな音を吐き出す。
上の口と下の口・・綾乃は2つの穴から淫音と恥音を発する。
綾乃の口から吐き出される唾液が和志のモノを根元まで滴っていく・・・
ジュポッ、ジュププ...
「んっ..んんっ...美味しいょ和志......」
「和志のオチンチン美味しぃ...んっんっ」
和志のモノを咥えながら綾乃は頭を激しく上下させる。
ジュッジュプッジュププッジュポッッ...
「ぁっぁぁっ...ダメ...逝っちゃぅ......逝っちゃぅょぉ...」
「ぁっ、あはっ、、あはっ、、、逝くっ、逝っくぅ、、、、、、」
綾乃は絶頂を迎えてしまった・・・
同時に口から抜いた和志のモノから白い液が吐き出された。
「きゃっ!!」
顔を真上にしたまま絶頂を迎えてしまった綾乃の顔一面に白い液が吐き出されてしまった。
初めて受けた洗礼とも言う顔面への射精。
額や頬に吐き出された和志の精液が綾乃の顔からボタボタと垂れ落ちる・・・
「もぉ…出すなら出すって言ってよね!」
小声ながらも怒りを口にした綾乃。
そして、射精を寝ながらにして済ました和志は無意識だろう。
脱がされた下着を履き出した。
萎えたモノに自分が撒き散らした精液を付けながら下着に収めた・・
綾乃は和志が起きてしまう前に洗面所へ向かい顔を洗って来た。
そして戻ると和志が目を覚ましていた。
『あれ?今シャワー終わったの?』
「う、うん……」
『そっか。俺なんだか寝ちゃってたみたいだな。俺もシャワー浴びてくるわ』
和志が脱衣所で下着を脱ぐとベッタリとさせてる事に驚いた。
『マ、マジ!?…夢精かよ……』
『何か寝てる間、出た気がしたんだよなぁ……』
『綾乃に気付かれないで良かったよ。アイツに知られると何言われるか分かんないからな』
和志は夢精をした物とばかり思い込みシャワーを浴びる。
そして、シャワーから上がり部屋に戻ると綾乃がベッドの上でスースーと気持良さそうに眠っていた・・・・・・・。

ちゃんちゃん♪
さてさて、この後の展開は想像出来ますよね?笑

これより遠出して参りますので、連休を暇で過ごしてしまう方へ2つお届け♪



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.