お兄ちゃんのバカっ

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


お兄ちゃんのバカっ
投稿者:ひでき 2009/10/13(火) 21:20:37 No.2854

俺は高校を卒業し、社会人になっても暇を見つけてはトレーニングに精を出していた。
そして、日曜日の今日も部屋で筋トレに励んでいた。
「お兄ちゃ〜ん、お母さん達今日遅くなるから晩御飯適当にだって」
高3の妹が俺の部屋にやって来た。
『フンッ!フンッ!!』
「またやってるのぉ?ねぇ聞いてるぅ??」
『フンッ!ああ聞いてたよ』
「折角の休みに部屋で筋トレって…彼女でも作りなよ(笑)」
『あのな、彼女なんて作ろうと思って作れるもんじゃないの!フンッフンッッ!!』
「女っ気の無い兄を持つ妹の身にもなってよねぇ。アタシが紗希たちに男色系?とか言われるんだから…」
妹は兄の俺が言うのも何だが正直可愛い。
高校に入ってから、その可愛さは増すばかり。
日に日に俺は妹を、1人の女として意識してしまっていた。
しかし、俺達は兄妹・・
これは俺だけの中にとずっとしまい込んでおくべき気持ちだった。
今も妹の履いている短いスカートのせいで、目のやり場に困る位だ。
そんな妹が俺のベッドへ寝そべって話し掛けて来た。
「ねぇ、それって重いの?」
『フンッ!これか?付けてみるか??』
俺は両手首、そして両足首に付けていたアンクルウエイトを外した。
そしてベッドの上で立つ妹の両足首にウエイトを巻き付けた。
「うわっ、こんな重いの?これ付けて歩くなんてムリムリ!」
『たったの2?だぞ?情けないなぁ…』
「これで2??2?ってこんな重かったんだぁ…」
『じゃ、次は手首な!』
妹のダラリと垂らす手首にウエイトを巻き付けてやった。
「お、重い…こ、これも2?なの?」
『そう2?だよ』
俺はベッドの上を歩き降りようとすると、ベッドのクッションが大きく弾んだ。
「や、やだ!ちょ、ちょっとぉ…揺らさないで!」
すると妹はバランスを崩し両手を前に付いた。
脚を開き気味に両手を前に付かせる妹の姿は蛙の真似をしている様だった。
『アハハ、それは蛙か?』
「わ、笑わないでよ!お、重くて動け…んっんんっ。はぁ…ダメだ」
『俺をバカにするからそんな目に合うんだ(笑)』
「ねぇ、笑ってないで何とかしてよぉ……」
蛙の真似をした妹を正面から落ち着いて見ると着ているTシャツの胸元が大きく隙間を開いていた。
その隙間からピンクの縞模様の入ったブラジャーが見えていた。
成長を続けている妹の胸の谷間を、しっかりと目認出来た。
生唾を飲み込み、視線を妹の両手へ向けてみた。
すると、手と手の間からブラジャーとお揃いの下着が覗きこめた。
「お兄ちゃん、黙ってないで助けてってば!」
『あ、ああゴメンゴメン…』
俺は自分を取り戻し、妹を蛙から解放してあげようと近寄った時だった。
玄関からインターホンが聞えた。
『誰か来たみたいだ。ちょっと待っててな』
「ちょ、ちょっとぉ。助けてから行ってよーっ」
俺は妹を残し、玄関へ向かうと新聞の勧誘だった。
勧誘を断るのに数分掛かって妹の待つ部屋に向かった。
部屋の扉を開けると、一瞬時間が止まったかの様に妹の姿に目を奪われた。
妹はベッドの上で大の字になったまま、1人でもがいていた。
必死にもがいたんだろう、妹の履く短いスカートが大きく捲くれ上がっていた。
『何でそうなってるんだ…どうしたらそんな風になるんだよ……』
「自分で何とかしようと立ったは良いけど、またバランスを崩したら後ろに倒れちゃって…」
「つ〜か、お兄ちゃん見ないでよ!パンティが見えちゃってるでしょ!」
「でも助けてっ!!」
見るなと言われても、これだけ丸見えにさせているのをどう見るなと言うのだろう。
それも、ずっと見たくても見れずにいた妹の下着・・・
目を背ける訳が無かった。
『見るな!助けろ!って難しくないか?』
『って、さっきから見えてるから今更だけど…』
「だ、だったら助けて!早くコレ外してよ」
俺は下着を丸出しにさせ大の字になっている妹の元へ近寄った。
妹の足元に座り込み、足首に巻かれたウエイトを外そうとする。
が、どうしても下着に目が行ってしまう・・
「なに見てるのよ!早く外してってばぁ」
『あ、ああ…成美ってそんな所にホクロがあったんだな……』
妹の下着と股関節の境に割りと大きなホクロの存在を始めて知った。
「やッ!ど、どこ見てるの?」
俺の自制心は無くなりつつあった。
ウエイトを外そうとしていた手を離し、前のめりになって妹の股間に顔を近づけてしまった。
妹は腕や足に力を入れ、覗き込む俺を止め様と試みる。
しかし、か弱い妹の力では少し浮き上がるので精一杯だった。
『あ、こっちにもホクロ…結構あるんだな?』
「お兄ちゃん!ほんっと怒るよ?」
既に我を忘れた俺に妹の呼び掛けは耳に入らなくなっていた。
『この中もホクロあるんじゃないか?』
俺は妹の下着に手を掛けてしまった。
下着の脇を摘み、出来た隙間から中を覗き込む・・・
下着が妹の肌と離れた瞬間、一点から透明な糸が一緒に、つつ〜と伸びた。
「お兄ちゃん止めてよぉ…」
『こんなんじゃよく見えないな…』
俺は妹の下着の端を両手で掴み、ズルズルと降ろしていった。
膝元までズリ降ろされたピンクの縞模様の下着・・
視線を何も身に付けない股間へ向けると、少なめの陰毛がチョボチョボと生えていた。
『成美って毛が少ないし薄かったんだな?もっと沢山かと思ってたよ…』
「お願いだから戻して…アタシ妹だよ?妹のアタシにこんな真似……」
『あ、やっぱりまだあったよホクロ…毛が少ないからす〜ぐ見つかった』
妹のアソコは毛が少ない事もあって、割れ目やヒダまでよく見えた。
2つのヒダが少し隙間を残しくっ付いている間から透明に光る液が少し出ていた。
『成美…少し濡れてるよ?』
「お、お兄ちゃん!アタシの言葉、聞いてる?」
『成美のアソコがこんなに綺麗だったなんて俺は嬉しいよ…』
「オカシイよお兄ちゃん!いつものお兄ちゃんじゃない!!」
『やっぱり、おっぱいも綺麗なんだろうな…』


投稿者:ひでき 2009/10/13(火) 21:21:40 No.2855

俺は妹の着ているTシャツを捲くり、胸を露にさせた。
ブラジャーの上から胸を軽く揉み、ブラジャーを上にズラした。
プルんと乳房が零れ、ピンク色をした可愛らしい乳首を晒す。
俺は息を荒くさせたまま、顔を乳房に埋め込む。
『ああ…涼子の胸がいつの間にかこんなに大きくなって…』
『柔らかいな・・成美のおっぱい…知らない間にこんなにも大きくなって』
『乳首も小さくて色も綺麗だよ…俺は嬉しいよ成美……』
俺の口は小さな乳首を含み、吸い上げる。
「んはぁ...ダメだってば!お兄ちゃん変だよ!!」
『ほ〜ら、乳首が痛い位にツンって硬くなったよ?』
前歯で小さな乳首をガチガチと挟み込む。
甘噛みされた乳首の色がピンクから赤に近付いてきた。
「あっ...あぁっ......止めてっ」
「兄妹でこんな事…い、痛っ……お兄ちゃん痛いよ…」
俺は乳房を揉みながら乳首を舐めては吸い、そして噛んだ。
妹の顔を見ると、眉間にシワを寄せ唇を強く噛み締めていた。
『そんなに痛かった?ゴメンな。もう痛くしないから…』
妹の足元に移動し、足首を両肩に乗せ妹の体をくの字にさせた。
「やっ、こんな格好…降ろして!いやだよぉ、恥ずかしいよ、お兄ちゃん…」
『やっぱ恥ずかしいんだ?じゃぁ、こうしたらもっと恥ずかしい??』
抱え上げていた妹の両足をガバっと左右へ大きく開いた。
Vの字に開かされた足の中心に、隠す事なく丸出しにされた妹のアソコ・・
「お兄ちゃん…お兄ちゃんってばぁ!ひっく...ひっくぅ.....」
妹の顔を見ると、目から涙が零れていた。
俺は妹の涙に戸惑う。
『ご、ごめん……』
『ひくっ...ひっく......お兄ちゃんのバカぁ!』
妹の言葉で俺は大きく開いていた両足を閉じ、下に降ろした。
妹は泣き続け、俺は両足に巻き付けたウエイトを外した。
次に両手首のウエイトを外すと妹は枕に顔を埋め俺に背を向ける様に体を背けた。
すると、さっきまで尻のあった所のシーツに大きな輪染みが出来ていた。
言葉を発しない妹の尻を静かに覗き込み、半開きになっているアソコに顔を近付けた。
妹のアソコは最初見た時と違っていた。
2つのヒダがプックリと膨れ上がり色濃く変化していた。
その周囲を強く光らせるまで溢れさせている透明な液。
俺は何度も生唾をゴクリと飲み込んだ。
妹へ気付かれまいと、股間を強く締め付けている物を静かに脱ぎ去る。
股間を脈打たせながら再び妹の背後へ近付いていった。
自らの唾液で反り立つモノの先端を濡らしながら静かに近付く・・
妹の尻をガバっと押さえ付け持ち上げ、両膝を付かせる。
「!!?」
「な、何!?お兄ちゃん?」
一瞬の出来事だった。
愛液を漏らしていた妹の膣は受け入れ準備が出来ていた。
そして、自らの唾液で十分に濡れた硬く脈打たせたモノも突き刺す準備が整っていた。
妹の不意を付き尻を俺へ向け突き出させ、膝を使い妹の両足を開かせた。
パックリと開いた妹の膣に俺は付き立てた。
『成美ごめん……』
「う、そ....っ」
兄である俺のモノが妹の中へメリメリと音を立てる様に沈んでいく・・・
「んっんんーッ!痛ぃ!痛ぃょ!!」
妹は初めてだったのか?俺のモノを痛がっていた。
だが、痛がり拒む妹を俺のモノは遠慮なしに、更に奥へと沈んでいく・・・
根元まで含ませてから俺は妹の締め付けがキツい事に気付いた。
『んんッ!成美…すっごくキツくて気持ちいよ……』
『初めてだった?』
妹はあまりの痛さで俺の言葉が頭に入らない様子だった。
歯を食いしばり、枕を強く握り締めていた。
俺が腰を動かそうとすると大声を出してそれを静止しようとしてくる。
「はぁはぁ...ま、待って!お兄ちゃん動かさないでッ!!」
「そのまま聞いてくれる。良い、アタシは初めてじゃないし、今まで何人か男の人とエッチした事あるけど…」
「だけど、お兄ちゃんのは大きいの!アタシには大き過ぎて痛いの!!」
「ね?だからこのままゆっくり抜いて?ね??」
妹は俺を拒む為に嘘を付いている気がしないでも無い。
『・・・・・・・・・・・・・・・・慣れるよ』
俺は妹の中を出し入れさせた。
「痛ッ、痛ぃッ!お兄ちゃん本当に痛いんだって」
あの可愛い顔を歪ませながら俺が動くのを止め様と手を伸ばし抑えてくる。
暫く妹の静止を無視しながら出し入れを繰り返していると、妹の口から痛いと言う階数が減り、遂に無くなった。
「んッんん...ぁ...っぁん......」
そして、可愛い喘ぎ声を出す様になった妹。
お互いの着ていた服を全て脱ぎ去り、全裸になって身体を入れ替えては交えた。
妹が積極的になる事は無かったが、俺を拒む事はしなくなった。
俺は今、1人の女として見るようになった妹とセックスをしている・・・
妹を寝かせ、胸を揉みしだいきながら俺は腰を振る・・
胸から手を離すと2つの胸が同じリズムで前後させながら揺れ動く。
腰を振るのを早め、妹の中を素早く出し入れさせる。
「あっぁぁっ...あっんっんっ......」
『はぁはぁ…成美…成美……逝きそう…っ』
「お兄ちゃん、中は…はっあぁぁ……中はダメだよ?」
『わ、分かってる…はぁはぁはぁ……あっ、も、もぅ………』
俺は慌てて妹の中から抜き出し、妹の腹目掛けて吐き出した。
黄色が入り混じるドロドロとした精液が妹の腹に池を作った。
「はぁはぁはぁはぁ……」
『ふぅふぅふぅ……』
息を荒め、グッタリとした妹が口を開いた。
「お兄ちゃんの…お兄ちゃんの……バカっ(>_<)」

ちゃんちゃん♪
あ〜妹欲しい(笑)


投稿者:美代 2009/10/14(水) 0:12:42 No.2860 [gwUi/bb2XxY]

凄くよかったです。
今度は、彼氏の見てる前で彼女を犯す話か、新入社員の女性が上司との絡みの話も聞いてみたい。たまに渡しの名前を入れてくださいお願いします。


投稿者:ひでき 2009/10/14(水) 13:11:22 No.2863 [ziW80aAffSU]

ありがとうございます。
こんな感じで良ければですが、極力要望に応えたいと思っています。


投稿者:なる 2009/10/14(水) 17:49:28 No.2866 [Ok55FEs2NrA]

成美… って(>_<)
おにいちゃん!!


投稿者:ひでき 2009/10/14(水) 18:36:03 No.2867 [ziW80aAffSU]

やぁ♪


投稿者:なる 2009/10/14(水) 19:29:06 No.2868 [Ok55FEs2NrA]

まさか こんなサプライズがあるとは!?


投稿者:ひでき 2009/10/14(水) 20:17:09 No.2869 [ziW80aAffSU]

サプライズですか(笑)
お気に召しましたか?


投稿者:なる 2009/10/14(水) 23:42:14 No.2870 [Ok55FEs2NrA]

結構 お気に召しました^^;
3回読みました(笑)


投稿者:ひでき 2009/10/15(木) 5:41:15 No.2871 [ziW80aAffSU]

3回も!?
そいつは何よりです。
読みながらヌルヌル出てきました?笑


投稿者:なる 2009/10/15(木) 8:02:31 No.2872 [Ok55FEs2NrA]

少しだけ そんな感じだったかも…///
ひできサンは書きながら変化ありますか?そりゃ あるか!?
それとも 気分は売れっ子作家で頭かきむしりながらかな?


投稿者:ひでき 2009/10/15(木) 13:01:21 No.2873 [ziW80aAffSU]

なんだぁ 少しだけか…
俺も、まだまだだな(笑)
ひできサンは変化するのは時々ですかね。
売れっ子ねぇ(ーー;)
俺一人で これだけ書いてんだもん。
嫌でも読んだらコメントしてくれるさ〜
此処で皆が書き出したら 俺なんか霞んでしまいますよ。


投稿者:なりみ 2009/10/15(木) 20:49:56 No.2874 [Ch6oDRmWKpw]

成美って……
「なりみ」じゃなくて本名は「なるみ」なのでちょっとドキドキしちゃいました(〃▽〃)


投稿者:ひでき 2009/10/16(金) 6:02:48 No.2876

自分に置き換え読むと、またドキドキが増しますよね。
ドキドキしながら弄って貰えると嬉しいですね♪
因みに登場したのは同じ『なるみ』と読むんですよ(笑



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.