離れてしまった彼氏

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


離れてしまった彼氏
投稿者:ひでき 2009/10/13(火) 21:23:10 No.2856

朝の通勤ラッシュ〜駅のホームで電車を待って居ると俺の背後に2人の男女が並んで来た。
そんな2人を見ると彼氏と思われる男はスーツ、そして彼女らしき女性は白いタイトスカートにブラウスだった。
女性はジャケットを手に持ち、鞄を肩から掛けていた。
僅か数分の電車待ちの間、この2人は楽しそうに喋っていた。
(このヤロ〜お前ら泊まりかぁ?昨夜は散々ヤリまくったんだろうな…)
(小さい癖にその胸なんだ?やたらデケーじゃね〜かよ!)
(あ〜あ、その男の手が胸を離す事なく揉みまくってたんだろうな)
(朝からイチャ付くんじゃねーよ!ウルセーッ!!)
俺は心は僻みと嫉みしで溢れていた。
そして電車が到着し、俺が電車へ足を踏み入れると後ろから人波に押し込まれ、中までギュウギュウに詰め込まれた。
何とか体の向きを入れ替えると俺の正面には、さっき俺の背後で並んでいた女性の後姿があった。
一緒に居た男は?と目で探すと、彼氏は何故か人波に逆らわず反対側の扉付近に立っていた。
(あらら〜仲良かったのに離れちゃって…いい気味だ)
背の低い女性は少し背伸びをして離れた男を探していた。
男は女性に気付き、笑顔を見せた。
男を見るからに俺の目の前に立つ女性と何やらアイコンタクトらしき行為で楽しんでいる様に感じた。
(お前ら何をやってんだ?まだイチャ付くつもりか??)
俺は混雑は勿論、この2人を見ていると無償に腹が立って来た。
背後から見る女性は鞄とジャケットで、周りからしっかりと大きな胸を守っていた。
(お?良いのか?胸をそんなガードしてて…)
(下半身の守りは必要ないってか?)
当然の如く俺の手は、女性が俺に向けている尻へピタリと押し付けた。
(離れている彼氏は守ってくれないぞ?ほらぁ、手ぇ出さないと触り放題だぞ?)
押し付けた手をスカート越しに撫で回していく。
スカートの上から女性の履く下着のラインを確かめながら撫でる。
(総レースのパンティか…昨夜のままだったら汚れてるんじゃないか?)
俺は指先を下着のレース地に沿ってスカートの上から動かせる。
暫くして女性は尻への感触に気付いたのか、下半身を少し動かし始めた。
人と人に挟まれる女性は微力な抵抗を試みた。
俺は女性の尻を撫で回しながらも、遠く離れた男を目で確認していた。
男の反応は全く変化なし・・
女性も暫く下に俯いたままだったからだろう。
(そんな抵抗で良いのか?ならこれならどうだ!)
俺は女性の履いていたタイトスカートを電車の揺れに合わせ少しずつ上に捲り上げていった。
目では良く確認出来ないが、相当捲り上げた感じはした。
僅かな隙間から下を覗き込むと薄いピンク色をしたレース部が見えた。
(やっぱりレース…そしてピンクか……堪んね〜〜)
空かさず直に下着へ触れ尻を撫で回す。
(生脚か?こいつはラッキーだ!)
レースのザラザラ感を堪能し、手を上手く使い女性の尻へ下着を食い込ませていく・・
そして、やっと女性は片手を胸から下へ持って来た。
一生懸命に俺の手を払おうとしてくる。
そんな事はお構いなしに俺は下着を更にグイグイと上に向け食い込ませる。
俯かせていた顔を上げ、離れた男へ何かを訴えている様に見えた。
離れた男は女性に向け、笑顔で対応してくる。
(ププッ、馬鹿な男だな。自分の女が痴漢されてるとも知らずに笑顔振り撒いちゃって)
(ほら、彼氏にもっとアピールしなくちゃ分からないぞ?おっと、だからと言って叫ぶなよ!)
俺は食い込ませて細く分厚くなった生地周辺を指先でなぞり出した。
プックリとした膨らみ部分にザラザラとした陰毛を俺の指先は感じ取る。


投稿者:ひでき 2009/10/13(火) 21:24:58 No.2857

そして駅に着き電車が停車し、俺は一旦手を離した。
その隙を付いて女性は下着を元に戻し、スカートを直した。
電車が発車し、俺が女性の尻を触れるた。
(あら…直しちゃったんだ……まぁいいや)
懲りずに俺はスカートの中へ手を忍ばせる。
すんなりとスカートの中へ手は入り込み、今度は下着の中への侵入を試みた。
下着の脇から尻肉を感じ、指先は女性の恥部を目指す。
そして俺の指先が恥部目前にして気付いた。
女性の履いていた下着がヒンヤリと冷たくさせていた事を・・・
そこから数cm指を伸ばすとヌルっとした感触が伝わってきた。
(濡らしてんだ…ふ〜ん、お前ら今朝ヤって来たのか?それとも今か??)
(どちらにしても好都合だな)
俺は女性が溢れさせていたヌルヌルした液を指先に纏わり付かせながら動かした。
触れる指先で周辺の陰毛は普通、小さめ目なヒダの持ち主と判断をした。
流石に女性も抵抗をしてくる。
先程より払おうとする手に力が入っていたのが分かった。
だが、この状況でそんな抵抗は無意味だった。
俺の手を止めるには声を出すしか無かった。
しかし、そんな声をこの女性がこの状況で出す真似はしないと俺には一目で分かっていた。
指先に万遍無く塗られた液が付いたのを見計らって俺は膣穴へ向け、ゆっくりと指先を突き刺していった・・・
女性の脚が一瞬浮き上がったかの様に思えた。
小学生の頃、悪ふざけで背後から浣腸した時と同じ様な反応だった。
俺の突き刺した指先を、女性の膣は何の抵抗も干渉も無いまま受け入れてしまった。
一度奥まで入れてしまえば後は好きなだけ掻き回すだけ。
膣内を掻き回せば掻き回す程、溢れさせる愛液・・
静まるなら、音が漏れそうな程、愛液を吐き出す・・・
(んー、堪んねーーッ!どんな顔させて感じてるんだ、この女…)
(ほら彼氏ぃ、彼女がこのままだと逝っちまうぞ?)
俺の腕を掴む女性の手に力がこもる。
(感じてるんだろ?彼氏の目を見ながら逝っちまえよ…)
(朝からスケベ汁垂れ流して幸せ者だな!)
そして俺の指先は標的を替え、大概の女性が最も敏感としているクリトリスを責めあげた。
小さな体を電車の揺れで誤魔化しながら震わせていた。
(ここが一番良いんだよな?ほらほらぁ、逝っちゃえよ…)
女性が溢れさせたヌルヌルした液をクリトリスへ塗り、激しく擦る。
先端を掻き毟る様に刺激すると、女性の手の力が一気に抜けた。
と、思ったら俺の手がビショビショに濡れたのがわかった。
ビシュッ、ビシュっと水鉄砲で水を掛けられた感覚だった。
(マジかよ!?こいつ潮噴きやがったよ…)
その後、電車が駅に着き大勢いた乗客が一気に降り出した。
男が女性に近付き笑顔で話し掛けて来た。
『随分と混んでたね。あれ?どうしたの?何かあった??』
「う、ううん……ちょっと人込みに参っちゃって…」
(バーカ、潮噴いてパンツがビショビショなんだから気持ち悪いんだよ!)
『席空いたから座ろうか』
「あ、平気。大丈夫だから座って良いよ」
(座ったら余計気持悪いよな)
暫く2人の会話と女性の態度を楽しみ、俺は電車を降りていった・・・・・・

ちゃんちゃん♪
痴漢妄想が難しくなる季節になったなぁ・・・


投稿者:リリィ (ryoryo27)  2009/10/13(火) 22:33:32 No.2858 [r535f2bIwLA]

さいこ〜ですね(>_<)
私は女の子の方でSM妄想してます ひできさんのは臨場感あふれていて最高


投稿者:ひでき 2009/10/13(火) 23:48:29 No.2859 [ziW80aAffSU]

はじめまして。
お褒め頂き感謝♪
リリィさんの書いたのは読んだ事ありますよ〜
女の人の書き込みは表現力があります。
流石と言った所でしょうか(笑)


投稿者:リリィ 2009/10/14(水) 2:57:48 No.2861 [r535f2bIwLA]

いや じつはひできさんのからヒント貰ったりしてるんですf^_^;

ながぁいストーリーは最終の最終になりましたので よければよんでね(>_<)

ひできさんのはストレートで素敵です。

時に一人エッチには、創造力が大切だといわれますよね。



投稿者:ひでき 2009/10/14(水) 13:14:17 No.2864 [ziW80aAffSU]

ヒント?そんなんありましたか(笑)

時間が出来たら読ませて頂きますね。
リリィさんはオナる時に想像力をフル回転させてます?笑



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.