小さな悪魔

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


小さな悪魔
投稿者:ひでき 2009/10/16(金) 5:58:37 No.2875

混雑する電車の中、通勤と思われる女性が車内の真ん中辺りで押し潰される様に立って居た。
膝丈程のプリーツスカートにブラウスが落ち着いた雰囲気をさせていた。
その女性の真横に、まだ3歳位の小さな子供の手を握る母親の姿があった。
背丈の低い男の子の頭が女性の膝元位だった。
混雑する車内で駄々を捏ねる子供を叱る母親。
小さい子なら当たり前だが、座りたいだの苦しいなど大声で叫ぶ有様だった。
そんな子供が急に大人しくなった。
(きゃっ!?なに?なに??)
子供が女性のスカートの中に潜り込んでしまった。
女性のスカートの中で楽しむワンパク坊主。
太腿を撫で回し、スーカートの中で探検気分になる始末。
母親がそんな子供に気付き、手を引くとスカートの中からヒョッコリと顔を出し笑う子供。
勿論、子供を叱った。
スカートに入られてしまった女性にも一言謝った。
女性は笑顔で対応したが、子供がそこで母親に言った。
『ねーねー、ママぁ。このお姉ちゃんフンドシ履いてるよ?』
(!!!?)
子供の一言で周りに居た人、特に男性が女性の顔を一斉に見た。
辺りの視線を一気に浴びた女性は恥ずかしくなり顔を俯いてしまった。
「マー君。女の子はね、フンドシは履かないの。すいません、変な事言っちゃって…」
母親が女性に頭を下げ謝っていたが、女性は黙って俯いたままだった。
『でもママ、お尻がフンドシみたいになってたよ?お花もね、た〜くさんあったんだよ♪』
言うまでもなく、周りにいる殆どの男性は花柄のTバックを履いていると解釈しているだろう。
(最悪…Tなんて履いて来なきゃ良かった……どうしよ、恥ずかしくて顔が上げられないよぉ)
そんな恥ずかしさをかき消してくれる人波が更に押し寄せて来た。
母親が数人先に居るのを発見し、これで子供と離れただろうと安心した女性。
人が増え、先程より圧迫感が増した。
身動きがあまり取れない状況で下半身、股間に違和感を感じた女性。
(何!?何か当たってない??)
女性が膝を少し閉じようとすると閉じれない。
(まさか!?嘘でしょ……)
そう、母親とはぐれた子供が再び女性のスカートの中に潜り込んでいたのだった。
子供と離れた母親が子供を探そうと声を出すと、スカートの中から子供の声が聞えて来た。
子供の声を聞き、少し安心した母親は子供へそこへ居る様に言った。
母親の言い付けを守ろうと子供は女性のスカートの中で電車の揺れに耐え様と女性の脚にしがみ付く。
(ちょ、ちょっとぉ…離れってってば!)
膝を動かし、子供を追い出そうとする女性。
だが、子供はそんな行動を面白がる始末だった。
『お花がいっぱ〜〜い♪お花畑みたいだ♪』
子供の手が女性の履く下着のフロント部分を触れ出す。
女性は小さな子供の手に思わず膝を閉じ、少し内股気味になってしまった。
(ど、どこ触ってるのよ…ちょ、やだっ……)
無邪気な子供の手が女性の恥部を刺激してくる。
次第に小さな手に恥部を疼かせ始めてしまう女性。
膝を締めたまま、踵と爪先を交互に浮かせだす。
(この子なに?わざと!?)
両手を使う小さい手は、大人の手とは違い不規則に恥部全てを刺激してくる。
(どうしよ…子供に感じさせられちゃう……)


投稿者:ひでき 2009/10/16(金) 6:08:08 No.2877

下着から僅かに食み出してしまった陰毛をピッっと引っ張られた。
女性の上半身がビクっと反応してしまう。
(痛っ!!毛、引っ張らないでっ!)
小さな子供の小さな手から繰り出される愛撫にしっとりとさせてしまう女性。
認めたくなかったが子供に濡らされてしまているのが分かる位に潤わせ、下着を湿らせてしまっていた。
(やだ…私、子供に濡れさせられてる……)
下着から伝わるヒンヤリとした冷たい感覚・・
しかし、その冷たさが急に無くなり、恥部辺りがスースーとする様になった。
(え!?嘘…も、もしかして解いちゃったの……?)
子供は女性の履いていた下着に結ばれていた紐を解いてしまった。
紐を解かれた下着は音も立てずに床へ、すぅぅっと落ちていた。
(え?え!?どうしよう…戻して!パンティ戻してよっ!!)
今、自分が下着を身に着けて居ないのを周りへ動揺しながらも隠そうとする。
しかし、身動きが取れず落ちた下着を拾う事は無理だった。
股をしっかりと閉じ脚を開く事をしまいとさせる女性だったが、子供は洞窟探検をしている気分で女性の両足をググっと開かせて来た。
スカートの中で丸出しになってしまった恥部を再び小さな手が襲いだした。
『お毛々がフサフサ〜♪ママより一杯だぁ♪』
女性の陰毛を掻き分け、撫でる子供の手・・・
無意識に触れる指先が最も敏感な部分を時折刺激させてくる。
(ぁっ...そ、そこは......)
何度も肩をビクッビクっと震わせてしまう女性。
既に女性の恥部は、子供の手によって陰毛まで湿らせ、しっとりとさせていた。
そんな愛液に溢れさせてしまった恥部が別の違和感、子供の手とは違う異物の感触を感じた。
『マックス・ハリケーーーンッ!』
(!!?)
子供は手に持っていた戦隊ヒーロー等が使う棒の玩具で女性の恥部へ押し付けて来た。
棒の先端は丸くなって幸いだった。
『中々やるな!大ナメクジ!!』
子供は女性の肥大して大きく変化した2つのヒダをナメクジと仮定した。
『これならどうだッ!ローリング・ハリケーーーーンッ!!』
子供の扱う棒が女性の膣へ向けグリグリと回転させてくる・・・
(ちょ、なにしてるの?止めてったら…あぁぁ…だめっ)
棒の先端に溢れさせた愛液が塗り手繰られて行く・・
『まだまだぁ!』
回転を上げた棒が女性の膣の中へズポっと入り込んでしまった・・・
(!!!?...あっくぅぅ......っ...ぁっ..ぁっぁぁ...)
(やめてっ...動かさ、、なぃ、、、で......こ、声が..出ちゃ......ぅ)
唇を強く噛み締め、声が漏れるのを必死に耐える女性・・
そんな女性に追い討ちを掛けてくる小さな悪魔・・・
『とりゃッ!うりゃうりゃッ!!』
棒を回転させながら突付き出した。
膣に子供の玩具が出し入れされる。
(あはっ...あっはぁ......そ、そんな....やめっ...て....)
棒を出し入れする度に膣から卑猥な音がグチュグチュと発している。
子供はナメクジの苦しむ悲鳴と思いながら、遠慮無しに強く、そして早く棒を出し入れしてくる。
『うわぁ、何か吐き出したぞ!』
棒を突っ込み突付くと、そこから愛液がピュっピュっと弾き撒かれ子供の顔に浴びせられる。
『毒攻撃か?しぶといな!ナメクジ!!』
女性は少量ながらも子供相手に潮を噴かされてしまったのだ。
『これでもかっ!これでもかっ!!』
『ヨーーシッ!大分弱って来たな!これで決まりだーーーーーッ』
『ハイパーーッ・ローリングーーー・サイクローーーーーーンッ!』
(そ、そんな掻き回しちゃだめっ!あふっ...ぁっう......)
棒を膣へ突き刺したまま、子供がスーカートの中でグルグルと回りだした。
(グリグリしちゃっ...あっあっあっぁぁぁ.....イヤッ、イヤッ...逝っちゃぅ...っ)
(や、やめてっ...やめて......っ...逝くっ、逝くっ、、逝っちゃ、、、、ぅっ)
女性は混雑する電車の中、小さな子供によって絶頂を迎えてしまった・・・
肩を落とし辺りに悟られぬ様、荒くなる息を小さく小刻みに吐く。
「マー君っ!次降りるからね!!」
『は〜〜〜い♪』
電車が駅に到着すると子供が母親を見つけ手を繋いで降りていった。
残された女性が降りる子供を見詰めていると、子供が繋がれた手と反対の手に自分の下着を持って降りたのに気付いた。
『ママぁ〜ほら、これフンドシでしょ?』
「やっ!マー君!!どうしたのそれ?」
『落ちてたの♪』

ちゃんちゃん♪
こんな事はありえませんね(笑)
でも、子供だと許される事ってあると思います。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.