美代サンのリクエスト

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


美代サンのリクエスト
投稿者:ひでき 2009/10/18(日) 12:36:40 No.2878

新入社員の私が配置された部署の上司である 工藤チーフが私へ指導してくれると言ってきた。
入社間もない私は勿論、断る理由無く仕事を終えた後に工藤チーフと共に料亭へやって来た。
品の良さそうな料亭で2人切りで行われる個人指導。
個室の座敷で工藤チーフが私に仕事の細かい所やクレーム対応、そして上に上がる為のノウハウを私へアドバイスをしてくれた。
工藤チーフは私の父と同じ位の年齢の男性。
その年齢差、そして会社の上司とは言え男性と2人切りの席は緊張してしまう。
緊張している私の姿に気付き、気を使おうと工藤チーフはお酒を頼んでくれた。
慣れないお酒を勧められ、遠慮しても注いで来る工藤チーフ。
直に私は頬を真っ赤に染め、気持ちが高まって来たのが自分でも分かった。
紳士的な工藤チーフは、大人の男性と言った言葉がとても似合う男性だった。
優しい口調の問い掛けをしながら私のお猪口へさり気無くお酒を注いで来る。
工藤チーフの言葉に私は気分を良くして、注がれたお酒を当たり前の様に口にしてしまった。
『上谷君の下の名前は何て言うんだい?』
「美代です。つまらない名前ですよね…」
『そんな事ないさ。良い名前だと思うけどな〜前の妻と似てるしな』
「前の?」
『そう、以前の妻は美千代って名前だったんだ』
「本当、似てますね。じゃ、じゃぁ、工藤チーフは今は?」
『んーー独り身って奴かな(笑)』
「そうだったんですか…」
こんな感じで仕事の話から脱線する会話が続き、私は目がグルグルと回る程に酔わされていた。
『お?そろそろ終電か…早いな。美代君大丈夫か?』
「れんれん、だいじょ〜ぶれすよ♪」
『オイオイ…その口調は全然大丈夫だと思えないぞ?』
そんな状態で私が帰り支度をしようと立ち上がろうとすると脚に力が入らなく、その場でペタリと座り込んでしまった。
『しょうがないなぁ…今タクシー呼んであげるから、それまでそっちの部屋で休んでなさい』
「部屋ぁ?」
私達が今まで居た部屋の隣の襖を開くと布団が敷いてあった。
『此処は寝泊りが出来る様になっていて私は良く利用しているんだ』
そう言って、工藤チーフはフラフラになる私を布団に連れて行ってくれた。
工藤チーフがタクシーを呼びに向かっている間、私は布団の上で横になっていた。
目を瞑ると頭の中をグルグル回す酔いに1人うなされていた。
その後どれ位の時間が経過したのだろう、私は眠ってしまっていた。
目を覚まし、暗い部屋の電気を付けようと布団から起き上がる。
電気が付き、部屋の中が明るくなると私は自分の姿に驚いた。
「え?何で下着姿に…!?」
誰も居ない部屋で思わず何も身に付けていない胸と下着一枚の股間を隠す仕草をしてしまう私。
そして急に立ち上がったせいか、お酒の残る身体を支えきれず尻餅を付いてしまった。
そこへ工藤チーフがお風呂上りの様子で私の居る部屋にやって来た。
『お?やっとお目覚めかい?』
「く、工藤チーフ?あ、あの私どうして此処に?」
『美代君を幾ら起そうとしても起きなくてな』
「ふ、服!私の服は?」
『ああ、何か苦しそうだったから脱がしてしまったよ』
『大丈夫、何もしてないから安心して良いよ。チラっと脱がす時に見えちゃったけど(笑)』
「と、取り合えず私 帰ります!」
私は再び立ち上がったが足元が覚束無く支えが無いと歩く事が出来ない状態だった。
『無理しなくて良いって。明日は休みだし、此処は泊まれるんだから』
「そ、そんな訳には行きません!」
工藤チーフは私の肩を掴み布団へ連れて行こうとする。
「か、帰ります!帰らせて下さいっ」
口調はハッキリしてるが、まだ身体に力が余り入らない。
簡単に布団へ寝かされてしまった私・・
身体を丸め込む私を工藤チーフの腕が包んで来た。
『怖がらなくても良いんだよ?ほら、もっとリラックスして…』
工藤チーフが私の耳元で囁きながら唇を奪った。
「んっ...んんっ......止めて下さいっ」
唇を数回重ねた後に緩んだ私の唇の中へ工藤チーフの舌が入り込んで来た。


投稿者:ひでき 2009/10/18(日) 12:38:08 No.2879

煙草の匂いをさせるキス・・・
私の口の中で工藤チーフの舌が私の舌に纏わり、絡ませて来る・・
クチュッ、グチュっと口の中から唾液が入り混じる音が聞える・・・
お酒ではなく、今度は工藤チーフのキスに私は酔わされてしまった。
自分から工藤チーフの肩へ腕を回し、強引なキスを迫ってしまう私。
唇同士を重ね、舌同士を絡ませていると私の胸に手が添えられた。
工藤チーフは5本の指を巧みに動かし私の乳房を押し、揉んで愛撫してくる。
とても優しい愛撫を工藤チーフは繰り出してくる。
時間を掛け、丁寧に私の乳輪だけを刺激する。
乳首を痛い位に硬く尖らせたまま、もどかしい刺激を与えてくる。
耐え切れなくなった私は身体を動かし、工藤チーフの指へ乳首が当たる様に仕向けた。
すると、それに感付いた指は私の乳首を避け、再び乳輪をスリスリと刺激する。
プックリと膨れ上がった乳輪を1周、2週と時計方向に周っては半回転させて来る指先。
「はぁはぁ…工藤チーフ……焦らさないで下さい…」
余りのもどかしさにおかしくなりそうな私は勇気を出して言葉を口にした。
しかし、工藤チーフは私を弄ぶかの様に執拗に乳輪のみを刺激してくる。
「はっ、、はっ…お、お願いします…乳首も……」
『乳首がどうかしたのかい?』
「ち、乳首を…弄って欲しいです……」
私の言葉を聞いて、工藤チーフは乳輪への愛撫を一旦止めた。
すると私は尖らせた乳首をピンッ!と強く指先で弾かれた。
「はあぅっ!!」
今まで優しかった指が一変して強い刺激を私に与えてくる。
何度も何度も私の硬くさせた乳首を指先が弾く。
「はぁっ!ああっぅ!!」
甲高い声を放ち、余りの痛さに私は背筋を反り返してしまった。
浮いた私の背に工藤チーフは腕を入れ、私の上半身を浮かす。
散々弾かれ、赤々と変色させた乳首へ向け舌を伸ばしてきた。
強い刺激の後の柔らかい舌先の優しい感触が心地よかった。
工藤チーフの口の中で丸々とした乳首を転がされる。
指使い同様に口使いも丁寧で優しい感じがとても良かった。
私の胸と乳首を愛撫しながら、工藤チーフの手が下着に掛かってきた。
手と足を使いながら私の下着を脱がし終えると、私の両足を開かせる。
随分と前から私の下半身は疼きだしていた。
そのせいもあって、自分の意思で更に大きく脚を開いた。
膝から太腿を滑らす指先が私の陰部へ近付いてくる。
指先が太腿の付け根に辿り着き、陰部への刺激を待ち受ける私。
すると私の期待を裏切るかの様に、指先はそこから下腹部へ向かってしまった。
そして陰部を避けながら指先は触れ動く。
陰部へ指先が近寄ってくると、私は少し腰を浮かし工藤チーフの指を迎え入れようとする。
だが、指先は一向に陰部へ辿り着く事は無かった。
工藤チーフは私の下半身を弄びながら、乳房と乳首を愛撫している。
年配の愛撫はネットリと時間を掛けると聞いた事があったが、まさにその通りだった。
胸の時と同じく、このままじゃ私が口にしない限り延々とこの行為が続くと思った。
既に私の陰部から愛液が滴っているのがわかった。
今すぐにでも欲しいと待ち焦がれている陰部をどうにかしたくなった私は再び言葉を口にした。
「く、工藤チーフ…もう……欲しいです…」
『欲しい?何が欲しいんだい?』
「工藤チーフの…が……」
『私の?私のコレかい?』
工藤チーフは意地悪にも此処で指を私の膣の中へ入れて来た。
「ぁっぁぁ...ぁっぁっぁっ......」
指先が私の膣の中を数回出入りして来た。
「あっぁぁ…違いますっ。ゆ、指じゃ無いです、指じゃ…あっふぅ……」
膣の中を掻き回し、私の溢れさせる愛液がビチャビチャとイヤラシイ音を出す。
『指じゃない?十分悦んでる様だけど?』
私の膣の壁を四方八方と擦ってくる。
ずっと待ち望んでいた陰部への愛撫は当然気持ち良く、私は腰を何度も浮かしていた。
仰向けに寝ながら腰を下から上に突き上げる様に振り動かす私。
「き、気持ちぃです…でも、我慢出来ないんです……お願いですから」
『美代君は私にどうして欲しいと言っているんだい?ちゃんと言ってくれないと分からないぞ?』
「お、おちんぽ…おちんぽが欲しいです………」
『まさか美代君の口からそんな言葉が聞けるとは…』
『此処かい?此処に私のが欲しいのかい?』
工藤チーフは私の膣の中から指を抜き出し、アナルへ突き刺して言って来た。
「ち、違いますっ…もぅ我慢出来ません……早く入れて下さい…………」
「私のおまんこに…おまんこに、ちんぽを入れて下さいっ」
『随分とストレートに言って来るなぁ…最近の若い子は皆そうなのか?』
今まで、こんな言葉を吐く事は殆ど無かった私。
焦らす工藤チーフによって私は今までに無い行動をしてしまった。
脚を大きく開き、自らの手で陰部を一杯に開いて強請ってしまったのだった。
「この おまんこに、ちんぽを入れて下さい……」
ピンク色の膣肉を広げ、ポッカリと口を開かせる私の陰部・・
羞恥心なんて欠片も無く卑猥な姿を上司に見せ付けてしまう私。
そんな私の姿を見て、工藤チーフは立ち上がった。
履いていた下着を下ろすと、私の視線の先には何度も強請った工藤チーフのモノが丸出しにされた。
『すまないな。してあげたい気持ちは山々なんだが……』
工藤チーフのモノは一言で言えば大きかった。
ただ、先端が俯いたままの状態でピクリとも動かなかった。
「そんな……………」
私は生き地獄へ突き落とされた想いで一杯だった。

ちゃんちゃん♪
いやぁ〜こんな終わりってあるのでしょうか(6 ̄  ̄)
しかも、長々と余計な前置き・・・
でも、少しは楽しめますよね?無理??笑


投稿者:美代 2009/10/18(日) 17:14:19 No.2882 [gwUi/bb2XxY]

えっ、入れないで終わったの、入れてほしかったなぁ?私の名前を使ってくれてありがとう。でも、入れてほしかったなぁ(^_^)


投稿者:ひでき 2009/10/19(月) 19:16:35 No.2884 [ziW80aAffSU]

あらら…相当 入れて貰いたかったみたいで(笑)
じゃ、あんま楽しめなかったですね(ーー;)


投稿者:美代 2009/10/23(金) 17:35:56 No.2887 [gwUi/bb2XxY]

楽しかったけど、やっぱり入れられたかったかなぁ?またよろしくお願いします。


投稿者:ひでき 2009/10/23(金) 22:32:23 No.2893 [ziW80aAffSU]

次回はしっかり入れてあげましょう♪
その時は また楽しんで下さいな



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.