就寝

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


就寝
投稿者:ひでき 2009/10/25(日) 9:53:38 No.2932

私は両腕を骨折し、1日の入院をする事になった。
ベッドに寝ながら両腕を安静にする為、吊らされている格好。
私と同じ病室には、年配の渋谷と同年代位の大倉2人の男性が居た。
就寝時間になり、病室の外の廊下は電気が消され静まり返った。
暫くして病室の照明も薄暗くなった。
私は眠くは無かったが不自由な両手のせいでする事が無く、無理してでも寝ようと思って目を瞑った。
目を閉じ、数分経つとサンダルの音が私に近付いて来た気がした。
『姉ちゃん、両手使えなくて困るだろ?』
声を聞いて、私に近寄って来たのは渋谷と言う男だと分かった。
薄暗い病室の中、目を開けるとベッドの横から渋谷が私を覗き込む様に立っていた。
私は渋谷の顔に思わずハっと驚いてしまった。
「そうですね。やっぱ両手になると何も出来なくて…」
『俺に何かして貰いたい事とかあるか?』
「だ、大丈夫です。お気遣いありがとう御座います」
≪渋谷さん、早く戻った方が良いですよ?次はマズいですってば!≫
小声で渋谷に話し掛けるのは私の隣で寝ている大倉だった。
『お前は見なかった事にしとけば良いだろ?』
≪そんな事言って、どうせまた僕を誘ってくるでしょ?≫
『だったら誘いに乗らなければ良いだけだろ』
≪……………若いんだから僕≫
私はさっき看護婦が最後、気になる事を言って去って行ったのを思い出した。
そしてこの2人も以前に何かした様な会話をしていた。
次第に私は此処に居るのが怖くなり渋谷へ寝る事を伝えた。
「あ、あの…私もう寝ますんで……」
『もう寝るの?じゃぁ、寝る前に俺が手伝ってやろうか?』
「手伝うって何をですか?」
『オナニーに決まってるだろ?姉ちゃんもよくオナニーしてるんだろ?』
「!!!?し、しません!!も、もう寝ますから戻って下さいっ」
『そんな手じゃ弄れないもんな。俺が代わりに気持ち良くさせてやっからさ』
「な、何を…か、看護婦呼びますよ?」
私がナースコールをしようと腕を動かすと渋谷は私の腕を吊り上げている器具を動かしてきた。
器具が私の方へ動かされると、少しバンザイ気味にされた位置に固定された。
すると私の両腕は器具から抜く事が出来ない様になってしまった・・・
渋谷はニヤついた笑顔をさせながら私の無防備な胸へ手を置いてきた。
パジャマの上から胸を自由に揉み動かす渋谷の手・・
『こりゃ大きいわ…しかもプニプニして柔らかい……いい物持ってるな!』
「ちょ、ちょっと…止めて下さいっ!人呼びますよ?」
渋谷の手が私の着ているパジャマのボタンを外しに掛かってきた。
≪渋谷さんっ、ヤバイですってば!≫
隣から大倉が止めに入ってきた。
ボタンを外す渋谷の手を大倉が掴み止め様とする。
しかし渋谷の手は最後のボタンを外し、パジャマをパラっと捲った。
その瞬間、渋谷を止めに入った大倉の手が止まった。
『姉ちゃんまたすっごいの着けてるな!』
肌蹴たパジャマから曝け出したのは弟が持参した私の過激なブラジャーだった。
『ほら、大倉見てみろよ。こんなスケベなの見た事あっか?』
≪無いっすよ!スッゲーエロいっすね……≫
≪乳首が丸見えっすよ?メッチャエロいっす…≫
私は隠したくても隠せない胸を2人の男から眺められている。
歓喜と興奮を感じさせる2人の男達の会話。
『姉ちゃんいっつもこんなの着けてるんか?相当好きだろ?』
渋谷は嬉しそうに私の露になっている乳首を指先で摘み弄んでくる・・
「ち、違いますっ…こ、これは……」
「やっ!止めて下さい…パジャマ戻して下さいっ」
渋谷に弄ばれている乳首を硬く尖らせてしまう。
こんな下着を見られて恥ずかしい筈なのに、私の体は反応してしまっていた。
円から飛び出す尖る乳首を渋谷は舌を伸ばし舐め上げてくる。
『便利なブラだなコレ!』
静かな病室にベチャベチャと私の乳首を舐め上げる音が響く・・
「止めてっ…止めて下さいっ……」
私は両手が情けない位に自由が利かず、体を捩るひ弱な抵抗しかする事が出来なかった。
幾ら声を出して拒もうが、反応させてしまった体のせいで説得力が無かった。
次第に、始めは止めに入った大倉の手までが私の胸を弄ぶ様になった。
私の胸は2人の男の手で揉まれ解されてしまう。


投稿者:ひでき 2009/10/25(日) 9:55:41 No.2933

2つの舌が私の両乳首を舐めあげてくる・・・
大きくベロ〜んと舐め上げてくる渋谷の舌・・
小さく小刻みにチロチロと舐める大倉の舌・・・
対称的な2人の舌が私の体を更なる快楽へ陥れる。
≪胸はこんなに大きくて柔らかいのに、乳首が小さくて硬いって何か良いっすよね!≫
私の目の前にある真面目そうな大倉の顔が渋谷と同じ顔に変わっていた。
渋谷は私の胸から離れ、下半身に向かいだした。
パジャマのズボンに手を掛け、私の履いているズボンを下ろそうとする。
私は足を暴れさせ拒む。
『こんなブラしてるんだからパンツも当然……』
暴れる私の足をズボンがズルズルと通過して行くのを感じる。
『何だこりゃーッ!!』
私はあの過激なショーツを男達へ晒したしまった。
≪スッゲーッ!!なんすかそれ〜紐じゃないっすか!≫
「お願い…見ないでっ……」
『姉ちゃん、こりゃエグいだろ…マンコ丸見えだぞ?』
≪こんなの履く意味あるんすかね?これじゃ脱ぐ必要も無いっすよ≫
『姉ちゃん、ションベンする時はこうやってズラんだろ?』
渋谷は私の割れ目に食い込んでいる紐を摘み横へズラす。
今の私は羞恥心で溢れていた。
しかし、恥ずかしい筈なのに男達の視線、言葉が私の身体を熱くさせていた・・
特に隠しているのか分からない私の恥部が特に熱く疼いていた・・・
そんな私の恥部へ触れる事なく、渋谷は自分の反り立たせたモノを押し付けてきた。
「いやッ...それだけは......ッ」
『姉ちゃん、自分で気付いてるか?マンコがびしょ濡れなのが』
『こんなに濡らしておいて、いやは無いだろ!』
渋谷は紐を脇にズラし、押し付けていたモノを私の中へ押し込んで来た・・・
「あぁぁぁ......ヤメテッ..ヤメテッ...ッ...」
すっぽりと私は渋谷を受け入れてしまった・・・
それも恥部を愛撫をされる事なく、溢れさせた愛液だけで・・・・
弄られる事なく始めてあった男のモノを受け入れてしまった私の淫らな恥部・・
渋谷は押し込んだモノを私の中で掻き回してきた。
「はぁはぁはぁ...ぁっ......」
その内、私の中を出し入れさせてくる。
『なっ!気持ちいだろ?もっと気持ち良くしてやるからな!』
私は更に足を大きく開かされ、渋谷のモノを素早く出し入れされる。
「んっんっ...あっぁぁ....ああぁ..」
悦び喘ぐ声を口に出してしまう私。
『そんな大きな声出すなって!バレんだろ!』
『大倉!塞げっ!!』
今まで執拗に私の胸だけに喰らい付いていた大倉が渋谷の指示で動いた。
大倉は立ち上がり、ズボンを下ろした。
渋谷に無い反り返りを見せる大倉のモノが視界に入った。
大倉は私の腕を吊るす器具を移動させ、私の顔に跨ってきた。
私の目前に大倉の力強いモノがビクビク脈打たせていた。
その脈打つ逞しいモノを私の口へ放り込み、喘ぐ口を塞いだ。
「んんっんんんっ……」
口に含まされ分かった大倉の大きなモノ。
その大きさは私の口は裂けてしまうのではと思わされる程に太かった。
『大倉の後だとマンコがガバガバになっちまうからな(笑)』
≪そんな風に言わないで下さいよ〜≫
大倉は私の頭を押さえ付け、自ら腰を動かし刺激を与えてくる。
大きなモノで口を塞がれながら、下から私を突き刺してくる・・・
開きっぱなしの口から唾液が漏れ、大倉のモノが滑らかに出し入れされる。
突き刺される程、愛液が溢れ渋谷のモノを滑らかに素早く出し入れさせる。
「んっんんっ...んんっんんんっ......」
私の口から言葉にならない声が零れる・・・
≪あぁ…この口堪らないっすよ!渋谷さんもどうっすか?≫
『俺はマンコの方が良いからよ!このマンコ堪んないぞ!!』
2人のモノが私の上と下の口を素早く出し入れしてきた。
≪やっべぇ…俺逝っちゃいそうっすよ……はぁはぁはぁ・・≫
そう言うと大倉が私の頭をグっと押さえ付け、口の中へ熱い精液を吐き出した。
「んん…っ。んっ、んん…」
私は口の中で一杯になった大倉の精液をゴクりと飲み干した。
≪はぁ…スッキリ♪渋谷さ〜ん、まだっすか?そろそろ見回り来るっすよ?≫
渋谷は私の足を抱え上げ、膣の奥深くを突いて来た。
「あっあぁぁ…あんっあんっっ……」
子宮を突っ突く刺激に私の開放された口から再び悦ぶ声が放ちだされた。
渋谷は今まで以上に素早い出し入れで私を貫き始めた。
「あっあっあぁ...や、やめっ.....やめてっ......だ、だめっ」
『はぁはぁはぁ…そ、そろそろだぞ!はぁはぁ……』
渋谷は私の中から慌てて抜き出し、私の口の中へ押し込んできた。
押し込まれた瞬間、再び私の口の中へ熱い精液が放たれた。
若い大倉より量が多い渋谷の精液・・・
私の口の中でビクビクと動くモノからは、微かに精液が出ていた。
『ほら、最後までちゃんと搾り出してくれよ…』
私は精液を口の中で充満させたまま、渋谷のモノから搾り出す様に吸い出した。
そして吸い出した後、一気に充満させた精液を飲み込んだ。
2人の精液を口にするのは初めてだった私・・
それから深夜の見回りの時間を見計らい、渋谷と大倉は私の身体と膣を求めやって来た・・・・
ナースコールを押す事など頭から消え、私を求める男2人を待ち焦がれていた・・・・・・

なんか、長過ぎて何を書いているのか分からなくなってしまった(6 ̄  ̄)


投稿者:みぃ  2009/10/27(火) 12:10:18 No.2934 [yTZ8WJIhROM]

お久しぶり(・∀・)ノ

ひできサン〜?
通常、病室ゎ
男女別々ですょ?笑


まぁ… ひできサンの
妄想好きやけどね♪



投稿者:  2009/10/27(火) 16:53:35 No.2935 [a41furiPO4c]

妄想しちゃった(*/ω\*)



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.