妄想三部作(1)

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


妄想三部作(1)
投稿者:ひでき 2009/11/15(日) 4:33:31 No.2941

女子だけが集められた保健体育の授業を終え、美月先生が私達に宿題を出して来た。
それは私を含めた生徒皆が不満の声を漏らす内容だった。
その宿題とは・・・
『え〜〜それでは皆さんに宿題です。今日の授業であった女性器についてです』
『今から配るこの用紙に各自、自分の女性器を書いて来て下さい』
『鏡を使ってみるのもヨシ!写真に写してそれを書くのもヨシ!』
『とにかく自分の身体、女性器をしっかりと知って下さい』
『名称、男性器が何処に入って〜何処から赤ちゃんが生まれて来るのか』
『忘れたりしたら内申に響くかもよ?』
最後の一言で生徒達は静まり返ってしまった。
受験を控えた追い込みの中3二学期に内申が影響するのは非常に困る。
皆、渋々文句を垂らしながら教室を後にした。

それから再び保健体育の授業が始まった。
美月先生の立つ教壇へ各自、自分のアソコの絵を提出して行く・・
『はい!皆、提出しましたか?忘れた人が居たら手を挙げて〜』
私は周りをキョロキョロと見渡すと誰一人手を挙げる生徒は居なかった。
その光景に緊張を受けた私は静かに手を挙げた。
『あら?田中さん忘れたの?』
「い、いえ…教室の机の中だと思うんです。今から取りに行っても良いですか?』
『んー、授業もあるし田中さんは来週提出して』
「は、はい…すいません……」
それから美月先生は提出された生徒達のアソコの絵を黒板に張り出した。
『ふふ…こうして見ると〜結構リアルに書けてるじゃない(笑)』
『女性器について大体の名称が分かった様ね。』
『皆もこれから男性と性体験をし、子供を生むと思います』
『しっかりとした知識と行動を取るよう心掛けて下さい』
こうして保健体育の授業を終え、私達は教室へ帰って行った。
そして次の数学の授業の時だった。
クラスの男子達が何やら紙を先生にバレないように受け渡していた。
その紙は女子に渡る事なく、男子だけで行われていた。
受け渡した男子生徒達がチラチラと私を見ているのが気になった。
ニヤニヤ笑いながら後ろに座る私を態々振り向いてまで見ていた。
男子達の受け渡ししている行為と私を見る表情が気になって授業に集中出来なかった。
集中出来ないまま数学の授業を終え昼休みに入った。
私はクラスの中で大人しく余り目立たない存在だった。
そんな私にも付き合っている彼氏の春樹君が同じクラスに居た。
クラスの皆は私と春樹君が付き合っているのは知れ渡っていた。
一緒に春樹君と給食を食べながら、男子達が回していた紙について聞いてみた。
「ねぇ、春君。さっき男子達が見ていた紙って何だったの?」
「皆して私の方を見て笑ってたんだけど……」
春樹君が私の質問に戸惑っていた。
そして答えようとした時だった。
クラスでも少しガラの悪い大友が私の所にやって来た。
『田中ぁ〜お前のアソコってこんなグロかったんだな!』
「大友君、何言ってるの?」
『春樹もよくこんなエグいの弄れるよなぁ…もしかして、もうしちゃったとか?(笑)』
「何?一体なんの話をしてるの?ねぇ春君なんなの?」
春樹君は私と目を合わそうとしない。
『これだよ、これ!』
大友君が私に突き出して来た物とは保健体育の宿題だった私のアソコの絵だった。
「!?ど、どうしてそれを…」
『廊下で俺が拾ったんだよ!春樹もこんなの見た後じゃ食欲無えーだろ?』
『で、どうなんよ?田中とやったんか??』
すると、春樹君は首を振り一言。
【俺、まだ見た事すら無いからさ…】
『あらら〜じゃぁ、先に知れて良かったじゃん!絵だけど(笑)』
『こんなグロいんじゃ股開いた瞬間萎えるだろ?(笑)』
「ちょ、ちょっと言い過ぎじゃない!それ返してよ!来週提出するんだから!!」
『マジ!?こんなマン毛ボーボーでバカデカいビラビラよく出せるよな!』
『女子だけの宿題だか知らねーけど、少しは恥ずかしがれよなぁ』
「さっきから実際見た事も無い癖に、勝手な事ばかり言わないでよ!」
『でも、これってお前が自分で見ながら書いたんだろ?だったらこの通りじゃねー?』
「わ、私の絵が下手だからそうなったの!早く返してよ!!」
春樹君の前もあって恥ずかしさの余り、普段大声の出す事の無い私が強い口調で言いかかった。


投稿者:ひでき 2009/11/15(日) 4:35:03 No.2942

そして、私は大友君が持っている私の書いた絵を奪おうと立ち上がった。
大友君は面白がって私の背では届かない所まで絵を持つ手を高く挙げた。
ピョンピョンと飛び跳ね、必死に奪おうとするが届く事は無かった。
『そんなに絵が下手って言うなら実際に俺が見て比べてやんよ!』
大友君は私の履いているスカートの中に手を入れて来た。
そして、スカートの中に履いている下着に手を掛けて来た。
私は懸命に下着を下ろされまいと歯を食いしばり手に力を入れた。
「は、春君助けてっ!ねぇ春君ってばっ!!」
春樹君は黙ったまま、私を助けようとしなかった・・・
勿論、教室の中に居る生徒達も見て見ぬ振りをしていた・・
大友君は学校内でも力のある生徒で問題も今まで多い生徒だったからだ。
『オラオラ〜諦めて手を離せって!』
大友君の手に力が更に入って来た。
グイグイと下に引きずり降ろす様に力のこもった手が私を襲ってくる。
「止めてっ!止めてってば!!」
男の中でも力のある大友君に私の力が太刀打ち出来るのは此処までだった。
そして私の手から下着は離れてしまった。
一気に足元まで下ろされた下着を大友君は奪い取ろうと私の足を持ち上げた。
その時、バランスを崩した私は尻餅を付き倒れてしまった。
『捕ったどーーーーーッ!田中のパンツ捕ったどーーーーーーーッ!!』
大友君は私から脱がした下着を笑いながら高々とさせた。
ピンクの花柄の私の下着を頭の上で広げ、皆に見せ付けていた。
「ちょっとッ!返して!!止めてってば」
立ち上がろうとした私を見て、大友君は私の足首を捕まえ立たせまいとして来た。
『では田中のアソコを実物検証しま〜〜〜す(笑)』
そして倒れ込んだ私のスカートを大きく捲り上げた。
私は慌てて両手でアソコを覆い隠した。
『何だよ田中ぁ…手ぇ邪魔!』
大友君の手が私の手を引き剥がそうとして来た。
「止めてっ!お、お願いだから…だれか助けてっ!!」
相変わらずクラスの皆は見て見ぬ振りをしていた。
「春君っ!春君助けて!!お願いだから……」
私が晴君を見ると、晴君は私に背を向け座っていた。
そんな私の目から涙が零れ始めた・・・
それでも1人必死に大友君の力に抵抗する私。
しかし体力が続かず、私は負けてしまった・・・
横へ大きく開かされた手。
そして無防備になった私のアソコを目の前に座る大友君へ見られてしまった・・
『うっわ!?マジグロいんだけど〜田中のマンコ……』
『絵とそっくりじゃん!お前って絵の才能あるって(笑)』
「お願い…もう許して……」
『許してってお前何か悪い事したっけ?俺が見たいから勝手にやってるんだけど?』
『でも、田中のマンコって毛深いな!マン毛ボーボー!タワシ付けてるみてーだな?(笑)』
誰一人として助けてくれない教室内で私は羞恥を受けている。
見るだけじゃ飽き足らず、大友君は私の両足を抱き抱える様にしてアソコに触れようとして来た。
手足を暴れさせても、押さえ込まれ静まってしまう私。
何度も隠そうとする手を強く払い除けられ私はアソコを好き勝手に弄られてしまった。
『ビラビラが本当デケーな!お前オナり過ぎなんじゃねーの?(笑)』
大友君は私のヒダを摘んで横に引っ張って来た。
左右に広げられた私のアソコはポッカリと穴まで開いてしまった。
涙が止まらない私。
私の手はアソコを隠すより、泣く顔を隠す様になった。
大量の陰毛を掻き分けながら私の奥まで覗き込もうとする大友君。
「も、もぅ…止めてよぅ……お願いっ、誰か助けて………」
それでも泣きじゃくる私を助けようとする生徒は現れない・・
誰も大友君を止め様とする生徒は居ない・・・
彼氏だった春樹君まで・・・・
このまま私は教室内でクラスメートに囲まれながら処女を失うとまで思ってしまった。
そして大友君が自分の指を口に含み唾液を塗る仕草を始めた。
大友君の仕草を見て、私には次なにをしてくるのか理解出来ていた。
分かっていただけに、怖くなった。
私の腹部を左手で押さえ付け、付き立てる唾液の付いた指をアソコ目掛けて移動して来た。
「いやっ、いやっ!いやぁぁ……っ」
大友君の指先が私のアソコに触れた瞬間だった。
ちょっと何してるの!と大きな声が遠くから聞えた。
大友君は私のアソコから指を離し、後ろを振り向いた。
私の視線も同じ方向を見ると、そこには生徒会長をしている明奈ちゃんが息を切らしながら立っていた。
『はぁ?何って田中の女性器の検証だよ!保体の勉強で〜〜す』
『つか、何で生徒会長のお前が居んの?クラス違うだろ!』
『丸山ーーーッ!お前が呼んだのか?』
生徒会長の明奈ちゃんの後ろに隠れる様に立つ、同じクラスの丸山君が怯えて居た。
明奈ちゃんの登場に周囲がざわめき大友君は教室から出て行った。
私は助かった。
明奈ちゃんに連れられ保健室に向かった。
怖くて、恥ずかしかった・・
その言葉を何度口にしただろう。
助けてくれた生徒会長を務める明奈ちゃんは神様に見えた。
保健室で担任と生活指導の先生、それと今回の宿題を出した美月先生を呼び、全てを話した。
大友君は一週間の停学となった。
美月先生は宿題の出し方に問題があったと指摘され、注意されていた。
それから私は学校へ行っても、クラスの人とは口を利かなくなった。
私は、あの日の事を忘れない・・・
大友君を始め、私を助けようとしなかった生徒を恨んだ・・・・・・。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.