カーテンはしっかり閉めましょう!

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン

ひとりエッチ倶楽部 > ボクのひとりエッチの妄想 > カーテンはしっかり閉めましょう!

[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


カーテンはしっかり閉めましょう!
投稿者:ひでき 2009/11/17(火) 19:10:41 No.2951

マンションの外壁塗装、修繕工事が始まった。
各世帯のベランダを覗くと、足場がジャングルジムの様に組まれていた。
朝、主人を仕事へ送り出す際にドアに一枚の通知が挟まれていたのに気付いた。
今日の午前中から私の住むフロアの工事が始まるとの再通達だった。
そのまま主人を仕事へ送り出し、毎日の日課である家事を始めた。
洗濯をしている間に掃除機を掛ける。
掃除を終え、終わった洗濯物をベランダに干せないので部屋の中に干して小休止。
ソファーで紅茶を飲みながらTV鑑賞をしていると、昨夜、主人との営みをつい頭に浮かべてしまった。
主人だけが果て、私は逝かず終いだったせいで私の下半身はTVそっちのけで疼きだしてしまった。
そして私は密かに録画をしていたサスペンスドラマを再生した。
このサスペンスドラマには生々しいベッドシーンが随時に現れ、主人に見つかっても言い訳の立つ私の密かなオカズだった。
TVに映る男優が女優を乱暴に暴行するシーンは一番のお気に入りだった。
私はジーンズを降ろし、上に来ていたトレーナを捲くり上げソファーに座った。
胸が零れる様に業とブラジャーを引きずり降ろし乳房を食み出させる。
TVと同じく、暴行されている自分を演出する為に・・・
片足だけ脱いだジーンズに、ズレるブラジャーが衣服を無理矢理剥がされた感を私に与えてくれる。
食み出した乳房を持てる力を振り絞って強く揉み解す。
男の力に匹敵する力で乱暴に、そして強く揉み解す。
ショーツのゴムが延びても良い地味な物を履いていた事もあって私は太腿までショーツを下げ、足を一杯に開いた。
ショーツのゴムがギシギシに伸び、私はドラマと同じ様にソファーから逃げ惑う感じを演出していた。
肘掛にしがみ付きながら、背後から突き出した尻を強く掴まれ開かれる。
TVへ顔を向けると男優が女優の尻にイヤラシイ顔をしながら頬擦りしていた。
私は突き出した尻をググっと片手で開き、半開きになった陰部を指で擦る。
ヌルヌルした私のイヤラシイ液が指先にネットリと付着していた。
我慢出来なくなった私は、そのヌメり感のある指先を膣の中へ突き刺した。
溜め息の様な喘ぎ声が漏れ、私は何度も自分の指を出し入れさせる。
「はぁはぁ...だ、だめッ!そ、そこは......」
「お、お願い…それ以上は……ッ」
私の1人演技が始まった。
片足を床に付け、もう片方の足をソファーの上に乗せ、尻を高々と突き上げながら弄り、奥で掻き回す・・・
そのまま私は自分の股の間から顔を出し悶える。
すると、股下から見える逆さに映る光景に思わず時間が止まってしまった。
ベランダの足場に1人の作業員が私の部屋を覗いていたのだった。
カーテンを閉めるのを忘れてしまった私は今していた行為を見られていたのだった。
私は慌てて寝室へ向かい衣服を直し、恐る恐る窓を覗いてみた。
さっきまで1人だった作業員が2人になっていた。
1人の差し出す携帯電話を見せながらニヤニヤとイヤラシイ笑みを浮かべ何やら話していた。
作業員が暫く話をして何処かへ行ってしまった。
私は慌ててカーテーンを閉めに向かった。
それからは心臓の音が大きく響く程、私は緊張していた。
時間は12時を回り、買い物へ行こうと支度をしているとピンポーンとインターホンが鳴った。
慌てて履き掛けのスカートを履き、玄関へ向かい扉を開いた。
そこには2人の作業着を着た若い男が立っていた。
『うわっ!!近くで見るとメッチャ綺麗じゃん!』
「あの…何か?」
≪だろ?あ、すいません。これって奥さんですよね?≫
1人の作業員が携帯電話の画面を私に突き付けて来た。
画面には、さっき私が行っていた自慰行為が映し出されていた。
「!!?な、何なんですかこれ?わ、私じゃありません!!」
≪あらら・・惚けちゃって〜だってそのソファーって同じですよね?≫
『そうそう、奥さんがオナっていたソファーってあれでしょ!』
「ち、違いますっ!いきなりそんな事を言うの失礼ですよ?」
≪まぁまぁ、話は中でね!と言っても俺達あまり時間ないからさ≫
作業員達は勝手に家の中まで入って来た。
「ちょ、ちょっと。こまります。これから買い物を…」
男2人に私は玄関からリビングまで押し戻された。
そして、さっき自慰行為をしていたソファーにドンっと座らされてしまった。


投稿者:ひでき 2009/11/17(火) 19:11:53 No.2952

男は直ぐ様、私の足元にしゃがみ込み、私の足を捕まえ肘掛に乗せた。
「や、止めてッ!人呼びますよ?は、離してッ」
抵抗する私の手は払われ、掴まれてしまう。
肘掛に乗せられた私の両足は自力で降ろすのが困難だった。
スカートを捲くられ、履き替えたばかりの黒いショーツの上から男の手が刺激を与えてくる。
≪既に湿ってるんですけど〜〜〜〜もしかして、さっきから濡れっ放し?(笑)≫
「ち、違っ…はぁはぁ……さ、触らないでっ」
『触らないでっ。じゃぁ俺はオッパイ触っちゃおっと♪』
もう1人の男がソファーの背後から私の着ているニットを脱がそうとしてきた。
両腕を上げさせられ、ニットはスルっと私の首から脱げてしまった。
ショーツとお揃いの黒いブラジャーをズラされ乳房を露にさせられてしまった。
『うおぉ〜柔らかいオッパイ♪プニプニじゃん♪』
「イヤっ、止めて下さいっ…」
私は今、密かにオカズにしていたサスペンスドラマのワンシーンが現実とされていた。
イヤラシイ顔をした作業員2人が、ヘラヘラとニヤケながら私の身体を弄んでいた。
ゴムが延びきる程、ショーツを太腿まで下げられ、股の間に男の頭が突っ込んできた。
≪堪んね〜スケベなマンコしてるぞ、この奥さん…≫
私の陰部は広げられ奥まで覗き込まれる。
≪マン汁がダラダラ〜なぁ、こうされるの好きなんだろ?≫
「ち、違います…」
『違います…って、奥さんさぁ、こう言うの想像してオナってたんでしょ?』
「だ、だから…あっ!!」
男の舌が、私の陰部を舐め始めてきた。
ヒダを開きながら、剥き出しになった私の敏感なクリトリスを雑に舐めてくる。
「あっ、あっ、あっ…」
私の身体がビクビクと振るえ、尻がソファーから浮き出してしまった。
『感じてるよ…身体は正直ってのは本当なんだな!』
『乳首もこんなカチカチにさせちゃって〜奥さん、旦那としてないのか?』
私の乳首が男が言う様に、硬く反応させてしまっていた。
硬くなり、感度が増した私の乳首を指先で強く摘んで来た。
摘みながらグリグリと捻り、捻ってくる・・・
強く引っ張りながら再び捻られ、乳首の神経が乳房を伝い、私の身体全体に伝えてきた。
「あっぁぁ...あはっ、あっはぁぁ......」
『感じちゃってるよ、この女……ほ〜んと好きだなぁ』
『スケベ汁が止まんねーしぃ…綺麗な顔して唯の淫乱じゃねーっ』
≪なぁ時間!≫
男2人は時間を確認し、慌てて作業ズボンを降ろした。
1人は私の横に立ち、私の顔にいきり立つモノを突き出して来た。
もう1人は、私の掛かる両足を持ち上げ、脈打たせたモノを陰部にあてがって来た。
≪ほら、さっさと咥えろよぉ〜時間が無いっつ〜の!≫
口を強く閉じ、拒む私の唇へ無理矢理いきり立たせたモノを押し付けて来る。
唇に出来た僅かな隙間から強引に男は捻じ込んで来た。
「んごっ...んんごっ......ぅっ」
頭をしっかり押さえ付けられ、男は私の口の中へ腰を動かし刺激している。
塞がれた口で息苦しくしている私を、もう1人の男のモノが追い討ちを掛けて来た。
私の陰部から溢れさせた汁を脈打たせたモノに塗り終えた男は私の膣の中へ挿入を始めた。
「んんーっ!んんんーーーっ!!」
私は塞がれた口から精一杯の言葉を放った。
しかし、男は一気に私の奥まで突き刺してきた。
「んごぁ...んんがっ......」
言葉にならない強い刺激が私の身体を貫いた・・・
私の口と膣、一度入れたモノは吐き出すまで抜かれる事は無かった・・
男2人が私の身体に向かって腰を振っている。
私の舌が男のゴツゴツとした血管に触れる。
私のヒダが出し入れをされる度に捲れ上がる。
上と下、2つの穴からイヤラシイ音が私の耳に入り込んで来る・・
その音を聞き、私の漏らす声を聞く男達は更に興奮を増し、私に向け罵声に近い言葉を言い放って来る。
私の頭を押さえ付ける手に力が入り、口の中へ出し入れしてくる早さが増してきた。
同時に、私の膣に向け強く早い挿入をしてくる。
私の意識は遠のき、真っ白になった。
「はぁはぁはぁはぁ…」
僅かに失った意識を取り戻すと、顔一杯に吐き出された男の精液に気付いた。
身体を起こすと、胸からドロドロした液が腹部まで滴り落ちてくる・・・
私は絶頂を迎えてしまった様だった。
慌ててズボンを履きなおし家から飛び出す様に出て行った男達・・
私は、密かに願望としていた無理矢理の行為を体験してしまった。


投稿者:ナミ  2009/11/19(木) 9:17:17 No.2957

いつも読ませていただいています。

以前、同じような体験をしたことがあります。
うちのマンションも外壁塗装・修繕がありました。
カーテンはひいていましたが、外に作業員さんの影・動きを感じつつ
いろいろと想像しながらオナったことがあります。
それも作業が始まる時間帯にあわせて。
見られはしないけど、気付かれてたら…とか思うと
いつも以上に感じて気持ちよかったです。
残念ながら(?)うちには作業員さんの来客はなかったです。


投稿者:ひでき 2009/11/19(木) 17:29:03 No.2958 [ziW80aAffSU]

また随分と1人ハレンチな行為をしましたねぇ…
世の中 広いからこの工事に便乗してオナる人は居ると思ってましたが。
窓に向けて弄ったんでしょうか?
それにしても〜カーテンは隙間無くちゃんと閉じてたんだろうか(笑)
お返事どうもです♪



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.