痴漢目撃

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


痴漢目撃
投稿者:ひでき 2009/11/22(日) 18:18:13 No.2961

出張の為、外がまだ日の昇らない休日の始発電車に乗り俺は乗り発車するのを待っていた。
その電車は下り方面と、始発と言う事もあり辺りに乗客は1人も居なかった。
車内の暖かさと朝が早かった俺は半分ウトウトとしていた。
BOXシートを大きく占領して座って居ると、1人のOL風の女性が乗車して来た。
上下のスーツにコートを着込んだ女性の足元はフラ付かせながら席にドスンっと腰を落とした。
(酔っ払いか…)
きっと朝方まで呑んでいたんだろう。
その女性は俺の右斜め前のBOXシートに座っている。
お互いが窓際に座っている為、シートが影になりお互いの姿は殆ど見えなかった。
電車が発車し始めて俺は何気なくシートから首を伸ばし斜め前に座った女性を覗き込んだ。
するとその女性は眠ってしまっていた。
居眠りをする女性を眺め、俺の頭の中には良からぬ事を考えてしまった。
この誰も居ない車両、そして酒を飲んで居眠りをする女。
当然、俺が何をしようと知る人は居ない・・
思わず俺は興奮をしてしまった。
口の中に溜まった唾液をゴクっと飲み込み、握る拳には汗が滲み出ていた。
俺はゆっくりと辺りを再確認をして席から立とうと腰を浮かした。
その時だった。
車両の後ろ側からドアの開く音が聞えた。
俺は驚き、慌ててその場に座り込んだ。
肘を立て居眠りをする仕草で聞き耳を立てる。
人が歩いて来る足音が聞えた。
薄っすらと目を開くと、ニット帽を深く被ったそこそこ若そうな男の姿が映った。
その男は俺の座るシートを通り過ぎ、女性の居る席の前で立ち止まった。
男は背後を見渡すと、その居眠りをしている女性の真前の席に座った。
俺の座る位置から男の左膝だけが見る事が出来る。
ついさっきまで良からぬ事を考えていた俺が思うのも何だが、このガラガラに空いた状況であそこに座るのは明らかに不自然だった。
俺はこっそりと首を伸ばし斜め前の席を覗き込んだ。
すると、男は女性の耳元で何かを言っていた。
勿論、女性の反応は全く無かった。
何かを確認する為だったのか男は女性の反応を見てしゃがみ込んでしまった。
少し開き気味の女性の股間を男が覗き込み始めた。
(うわっ!マジかよ……)
俺は痴漢をした事は勿論なかったが、痴漢をされているのも見た事が無かった。
何か、イケナイ物を見てしまっている様で心臓の音が大きくなってしまった。
女性の股間を覗いていた男が開き気味だった足を更に大きく開いた。
スカートがズリ上がり、短くなっていた事もあって大きく足を開くと隠れていた所は殆ど丸見え状態だった。
ストッキング越しに黒か紺だろうと思われる下着を丸出しにされた女性。
自分の姿を知らず、その女性は今も眠っている。
男は何度か女性の反応を確認し、開いた股に顔を近付けだした。
そして、女性の片足を座席の上に静かに乗せた。
窓際に肘を付きながら片足を座席に乗せる女性の格好は起きていたら挑発的なポーズと言えるだろう。
(これで起きたり人が来たらどうするんだよ?)
男は女性をそのままの格好にさせ、女性の着ているスーツのボタンを外しだした。
白いブラウスを大きく見せ、今度はそのブラウスのボタンまで外しだした。
女性の顔色を覗き込みながら慎重に男は小さなボタンに手を掛けていく。
ブラウスのボタン全てが外されると中にはピンク色のキャミソールだろうと思われる物を着ていた。
男はキャミソールの胸元を引っ張り上げ、出来た隙間から女性の胸元を深く覗き込む。
男がその場で立ち上がり前後の車両のドアを確認して来た。
(ヤベッ!!)
俺は腰を低くし、隠れる様に身を屈めた。
男へ気付かれまいと俺は少しの間、身を屈めたままジッとしていた。
もう平気かと思い、再び斜め前の座席を覗き込むと女性の胸が露にさせられていた。
キャミソールを捲くられ、ブラジャーのカップから乳房を引きずり出されていたのだった。
遠目からでも分かる女性の豊満さを感じさせる胸が形を変え飛び出していた。
男がその乳房を揉みだし、乳首に向かって唇を近付けていった。
起用にキャミソールが落ちて来ないように手に引っ掛けながら乳房を揉んでいる。
片方の乳首を口の中に含んでいるのだろう。
暫く女性の胸元から男の顔が離れる事は無かった。
正直、俺の興奮はかなり増していた。
痴漢とは言え、他人の性行為を目の当たりにするなんて事は無かったからだ。
俺の股間はスラックスの中で痛い位にまで大きくなり硬さを増していた。
時折、女性は頭を動かしたり反応は見せるが目を覚まそうとはしなかった。


投稿者:ひでき 2009/11/22(日) 18:19:44 No.2962

男は再びしゃがみ込み、女性の両足を真っ直ぐ元に戻した。
(お終い?)
少しガッカリ気味になった俺だったが、男が次に取った行動に目を大きく見開かせてしまった。
男は女性の足を揃えた後、女性の履いている下着に手を回した。
何度も顔を上に上げ、女性の反応を確認しながらゆっくりと手に掛けた下着を下ろしていく。
更に驚いた事に女性が眠りながらも少し尻を浮かせてしまったのだった。
下着を押さえ付ける物が無くなると、あっさりと下着は膝元を通過し足元にまで脱がされた。
座席と男の頭でよくは確認出来ないが、間違いなく女性の恥部は男に向け丸出しにしている。
(何だよ!もう少し横に行けよ!!よく見えないだろっ)
中々ハッキリ見えない姿に俺は少しイラっとしていた。
下着を脱がし終えた男は再び女性の片足を座席に乗せた。
自分の大事な所を晒しているのに全く気付かない女性。
殆ど、男のヤリタイ放題に近いこの状況。
男は座りながら、丸出しになっている女性の陰部を拡げる。
(あーッ!だから頭邪魔だって!!)
何度か女性の陰部に顔を埋める行為を見せる男。
その後だった。
その場で一旦男は立ち上がり驚く事にその場で履いていたズボンを降ろしたのだった。
下着も下ろし、自分の手を口に含み股間に手を運んだ。
(嘘だろ!?もしかして入れるとか?)
男は自分の唾液を股間に擦り付けていたのだった。
少し不自然な体勢になった男は開いた女性の股の間に体を寄せて行った。
男の尻の筋肉が一瞬キュっと引き締まった感じがした。
それと同時に女性の頭がビクっと動いた。
この時、俺は挿入したと思った。
(入れちゃったよ…)
男は小さく腰を動かし出した。
流石に女性もようやく反応を見せてきた。
目は閉じているものの、頭を何度か横に振っている。
男は女性の座る座席に方膝を付き、女性の膝を捕まえながら挿入を繰り返している。
もっと間近で見たくなった俺はつい、女性と男の居る座席の背後まで足を運ばせてしまった。
男の背後に息を潜めながら身を隠す俺。
男が吐き出す微かな荒い息が聞えて来た。
そして静かに、バレ無い様に祈りながら頭を覗かせた。
すると俺の目の前で知らない男女がセックスをしていた。
ブラジャーからは相変わらず乳房を食み出させている女性。
男の背でここでもハッキリ見えない女性の恥部だったが、時々陰毛をチラっとさせる。
女性の顔を見ると、意外と俺の好みをしていた。
男が小刻みに出し入れをすると女性は目を覚ました。
目を覚ます女性は今の状況を理解する前に抵抗したのだった。
男の体を押し返そうと手を伸ばす女性。
それでも男は挿入を止める事をしない・・
女性は男へ向け言葉を放った。
「止めてっ!だ、誰?何なのこれ?」
何故こうなったか理解は出来ずとも、今自分が犯されている事は理解出来ていたようだ。
女性は大声を出し助けを求める。
そんな女性の口を男は手で塞ぎながらも挿入を繰り返す。
「んっ...んんーーーっ....んんんんっーーーーーーっ」
男は腰を巧みに操る。
そして女性の中に埋まる自分のモノを上手く動かしている。
始めは聞えなかった音が微かに響いてくる・・・
グチュッ…グチュグチュッ……と。
その内、男が女性の口から手を離しても嫌がる様な言葉を吐こうとはしなくなった女性。
それ所か、小声ながらも喘ぎ始めたのだった。
「はぁはぁ...っ......ぁぁ..ぁぁぁ......っ」
俺は2人を覗き見ながら大きくなったモノをズボンから抜き出した。
2人の行為を見ながら自らの手で扱いてしまった。
男は女性の両足を抱えながら激しく挿入を始めた。
椅子で窮屈な格好にさせながら女性は顔を歪めながら喘いでいる・・
ブラジャーから食み出していた乳房が元に収まる位、体を大きく揺らされる挿入。
男が射精をすると女性に言い出した。
「ぁっぁっぁぁぁっ...」
男は女性の中から抜き出し、女性の腹目掛けて射精を済ました。
夥しい量の男の精液が腹一面に広がった。
息を荒げながら呼吸をする2人。
射精を終えた男はズボンを履きその場から立ち去っていった・・
座席で体をグッタリとさせる女性は両足を開きっ放しでいた。
そんな後姿を覗き見ながら未だに俺は扱いていた。
そして俺も射精間近になって来たのを感じ、扱く手を更に早めた。
すると女性の目と俺の目が合ってしまった。
(ヤベッ!!!)
慌てて身を隠した俺だったが握ったモノから大量の精液が吐き出されてしまった。
ズボンと靴に自分の出した精液がベットリと付着してしまった・・・・
それから身形を整えた女性が、そんな俺の横を通り過ぎた。
そして振り向き様に一言。
「変態!!!!!!」
(ええぇ………!?)

ちゃんちゃん♪
さぁ、多分ですが〜明日を最後とします。
こんな俺の妄想にお付き合いしてくれた人ーーッ
ありがとさん♪
って、まだ少し早いか(笑


投稿者:さとみ  2009/11/22(日) 20:57:40 No.2963 [eQBROYMC8M.]

最後なんて言わないで?


投稿者:ひでき 2009/11/23(月) 16:30:19 No.2964

さとみサン。
申し訳ありません・・・。
暫く、今まで書いた妄想は残しておきますので繰り返し読んで下さい(笑)



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.