妄想最後。

【ひできのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


妄想最後。
投稿者:ひでき 2009/11/23(月) 16:48:24 No.2968

俺は妄想を描き、それを文章として書いていた。
そんな俺の書く妄想に多くの感想やコメント、応援?の言葉を頂く事もあった。
そして・・・
とある1人の女性と親しくなりメールアドレスを上手く交換する事が出来た。
勿論、メール内容はスケベな事ばかり。
時として俺の写真を送り付ける事なんかもした。
硬くなった ちんぽ 画像を・・・。
妄想と画像のコラボさせた、なんちゃってリアル妄想をその女性に提供してあげていた。
女性の反応もそれなりに好評で、俺の送りつけたメールを読んでは写真を眺め自慰行為をしているそうだ。
そんな事を暫く続けていると、女性の方から一度俺と会ってみたいと申し出て来た。
こう言う形で知り合った者同士が会う目的と言えば、普通はセックスだろう。
だが、俺は性欲はあるが〜セックスに対してはそれ程がっついたりはしないタイプ。
しても、しなくても俺としてはどちらでも良かったので返事をOKした。

そして約束した日時を迎え、俺は待ち合わせ場所とした駅で女性を待った。
約束の時間を10分過ぎてから思った。
バックレられた!?と・・・。
俺は女性に電話を掛けた。
すると、電話に出た女性がハァハァと荒い息遣いで謝って来た。
話を進めて行くと、女性は駅のホームからこっちに向かっていて走ってる最中だとの事。
それから直ぐに携帯電話を耳に翳しながら白いコートに身を包み、黒のブーツで一生懸命に走って来る女性を発見した。
あの人だ!と思った俺はさり気なく、その女性に向け手を振ってみた。
女性が改札口から出て、俺の前で息を切らしながら手を膝に付いて謝って来る。
「ハァハァ…ご、ごめんなさいっ!仕事が長引いちゃって……」
俺は笑顔で女性を迎えた。
『そんな気にしないで良いですってば〜』
そして自己紹介的な挨拶を交わした。
『どうも、はじめまして。これが、ひできって男です(笑)』
「あ、はじめまして…由紀です。」
『いやぁ、こんな男でゴメンね』
「い、いえっ。私の方こそ…それに、想像に近かったです。ひできサン…」
女性の名は由紀・・
イメージとは違ったが、可愛らしい女性だった。
挨拶を終え、立ち話も何だから近くの居酒屋へ入った。
居酒屋に着きコートを脱いだ彼女はコートの中まで白で決めていた。
白のジャケットに膝丈位のスカート。
ビールを飲みながらのトークはスケベな話ばかりだった。
『今日は〜白で決めてるけど、もしかしてパンツも白?』
「白〜だったと思います(笑)」
『仕事中も妄想してパンツ汚しちゃったりしてない?(笑)』
「アハ♪やだぁ仕事中は妄想なんてしませんよぉ♪」
そして会話は俺の書いた妄想の事になった。
「ひできサンの書いてる妄想って実際にした事とかってあるんですか?」
『全然ないなぁ…近いのすら無いんじゃないかな?』
『結構〜ノーマル派だから俺…もしかして期待外れだった?』
「ううん、そんな事ないですよ。私だってノーマルな事しか…」
「じゃぁ2人ともノーマル同士って事で、ひできサンの妄想を実践してみちゃいますぅ?(笑)」
『アハハ、由紀ちゃんが実践したい妄想なんてあった?』
「うーーーーん……」
『無いんだ…』
「い、いえっ!あります!!」
「公衆トイレで1人でしてて、それを見つかって無理やり…ってありましたよね?」
『あったっけかぁ?覚えてないなぁ…(笑)』
「えーっ!!自分で書いたのって覚えてないんですかぁ?」
「私、無理やりとか恥かしい所を見られたいとか思ったりして…」
「でも、実際知らない人だと怖いし……」
『そんな事、前に言ってたよね。やっぱスケベ心が旺盛だね(笑)』
「もぉ…言わせたのはそっちでしょぉ!」
『じゃぁ、これからしに行ってみる?少し寒いかも知れないけど〜』
「は、はぃ……」
俺達は居酒屋を出て、公衆トイレのありそうな公園を探した。
少し離れた所に大きな公園を見つけ、そこへ向かった。
トイレを探し当て、まず彼女を1人で個室に入らせた。
俺はその隣で身を潜めている。
『じゃぁ、そこで1人でしてよ』
「ほ、本当にするんですか?」
『当たり前じゃん。今も本当は弄りたいと思ってるんでしょ?』
「そ、そんな事は……」
『ほらぁ、隣で静かにしてるから弄っちゃいなよ』
「……………………」
暫く会話を止め、静かな時間が続いた。
俺がトイレの壁に耳を近づけ隣の音を聞き入っていると服が擦り合う音が聞えて来た。
シュッ、シュッ…と。
その音と合わさり溜息の様な声が漏れ出して来た。
「はぁ……ぁっはぁ……」
俺は便座に登り、隣のトイレを上から覗き込んだ。
すると彼女が白いショーツを膝に掛けたまま便座に座っていた。
左右に開かせる両足を浮かせながら、陰部を指で擦り上げていた。
「うっぅぅ...ぅっぅぅ......」
浮かせる足をビクんビクンと何度も震わせながら陰部を弄っている彼女。
『ねぇ、気持ちぃ?』
彼女は顔を上にあげ、俺と目を合わした。
「やっ!いつから…み、見ないで下さいっ」
俺は彼女の入るトイレの扉を開いた。
『あらま…随分とイヤラシイ格好をして弄るんだね?』
俺の言葉で慌てて足を下ろし、陰部を手で隠す彼女。
『見られたいんでしょ?見ててあげるから続けなよ…』
「あ…で、でも……やっぱ恥かしいですっ」
『そんな事言って〜途中で止めたくないでしょ?ほら、手伝ってあげるからさ』
俺は彼女の座る前にしゃがみ込んで、彼女が閉じた両足を再び開いた。
『あ〜あ…スケベなオマンコじゃないか……』
「そ、そんなに足広げないで下さいっ。ほ、本当に恥かしいです」
手で陰部を覆い隠す彼女。
『手ぇ邪魔だな!』
「だ、だってっ……」
俺は彼女の両足を肩に乗せたまま、彼女の隠す手を掴んだ。
「あっ!だ、駄目ですっ!!」
手と足を広げられた彼女。
そして無防備に晒す陰部・・・
『あらら…またイヤラシイ形をしたオマンコしちゃって……』
『ビショビショだよ?』
「やだっ!見ない…で……っ」
『マン毛にスケベな汁がベッタリ付いちゃってるよ?』
「ぃ、ぃゃっ……」
俺は彼女の股の間に体を突っ込み、顔を陰部へ近付けた。
『スケベな匂いがプンプンしてるよ…』
そのまま俺は口から舌を出した。
彼女の陰部を下から上へ大きく舐め上げた。
「ぁっぁぁ……」
何度も下から上に向け舌を流す。


投稿者:ひでき 2009/11/23(月) 16:51:15 No.2969

彼女の溢れさせる淫汁を舌に吸い付かせる。
舌を上に運ぶとプクっと突起させているクリトリスに触れる。
『随分とクリが大きくなってるけど?』
「そ、そんな事……」
俺の舌は彼女のクリトリスを集中的に舐め上げる。
クリトリスの先端を舌先で小刻みに舐め、口先でクリトリス全体を吸い付かせる。
「ぁぁぁぁぁぁぁ......っ」
彼女の開いた手に力が入り、拳を握り締める。
わざとジュルジュルと卑猥な音を立てながら吸い上げる。
溢れる淫汁と俺の唾液が入り混じり、どっちが垂れ落ちているのか分からない程、汁が便器の中にボタボタと滴っていた。
『こんな所でオマンコ舐められるの気持ちぃでしょ?』
「は、はぃ…気持ち、、、、ぃです……」
『俺のがそろそろ欲しくなってきたろ?』
「ひ、ひできサンのって……?」
『コイツに決まってるだろぉ』
俺は立ち上がり、ズボンを降ろした。
逞しい姿、形をさせたモノを彼女の前に突き付けた。
「あ…や、やっぱりそれは……」
『何?今更これでお終いとか言うの?』
「だ、だって…ひできサンとはこう言う関係には……」
『そっか…なら仕方ないな……そろそろ出ようか?』
「は、はぃ…ごめんなさい……」
彼女が立ち上がり下着を履き直そうとした瞬間、俺は彼女の腰を掴み体を反転させた。
「えっ!!?」
下着を履き終えない尻を押さえ付け、彼女の足を俺は足を使い抉じ開けた。
「ひ、ひできサン?ちょ、ちょっと……」
そそくさと俺は硬くなったモノの先端を彼女の陰部へ擦り付けた。
手を暴れさせ拒む彼女の手を俺は叩く。
そして俺は腰を一突きさせると、俺のモノは彼女の中にグチュっと音を立て埋まった。
「んっんんー……」
俺は腰を前後させ、彼女の中へ俺のモノを出し入れさせた。
「んっんっ...や、やめ、、てっ......ひ、ひできサンお願ぃ...あぁぁ...」
彼女の尻と俺の骨盤が激しくぶつかり合う。
奥に突き刺したまま、腰をグリグリと捻らせる。
俺の先端が彼女の膣の奥を掻き回す・・
『望んでいただろ?願望叶って気持ち良くて最高じゃないかぁ』
「そ、そんな…あっあっあっ……だめっ」
彼女の中を掻き回しながら未だに突起させているクリトリスを指で刺激を与える。
開く足が内股になり、何度も体全体を振るわせる彼女。
口にしなかったが、彼女の感じを見て俺は逝ったと思った。
だが、俺はまだ彼女の中から抜こうとはしなかった。
今度は、そのままの態勢でトイレの中から出て行こうとした。
彼女は俺に突き刺されたまま、トイレから出まいと壁に捕まり抵抗する。
腰を掴み、強引に引っ張る。
壁に捕まる手が離れ、俺と彼女は挿入したままトイレの外へ飛び出した。
『もし此処で人が来たらどうする?』
「だめっ!絶対だめっ!!お願いだからもうお終いにしよ?」
『スリスもまた興奮の1つ〜〜さぁ、前進!!』
彼女に突き刺したまま、トイレの手洗い場を目指す。
ギクシャクと歩きながらの挿入・・・
そして、手洗い場の前に着くと、彼女の中へ向け出し入れを繰り返した。
彼女は思わず洗面台にしがみ付き、俺の挿入に悦びだす。
『ほら、顔を上げて前を見てみな』
彼女が顔をあげると自分の顔と、俺に背後から出し入れされている光景が鏡に映っていた。
「こ、こんなの駄目ぇっ……」
『な〜に目を背けてるんだよぉ、俺のチンポが出たり入ったりしてるだろ?』
俺は体の向きを変え、よく鏡に映る様にした。
「あっあっあっ……やだっ、だめっ…お願いっ、ひできサン…も、もぅ……」
『また逝っちゃうの?速いなぁ……んじゃ俺もそろそろ〜』
俺は彼女の尻を強く掴み、腰を素早く動かし出した。
「あっあっ…ああっ……ぁぁぁぁ…………っ」
『はぁはぁ…逝くよ?逝くよ??ああああああ…』
そして彼女の突き出した尻に向け、俺は力いっぱい射精をした。
水鉄砲の様にビュッっと飛び出した精液は彼女の尻にベタベタにさせた。
「はぁはぁはぁ…」
『どうだった?一応、無理やりってのも体験した気分は…(笑)』
「し、知らないっ!」

うーーーーん・・・・
取り合えず、これが俺の妄想書き込みの最後となります。
妄想は自由です!
仮に犯罪的な内容であっても頭に描くだけなら幾らでも想像して良いと思います。
ですが、間違ってもそれを現実の世界に持ち入れない様に!!(当たり前か
可能な範囲で願望を実現化出来る事を願っております♪

それでは今まで読んでくれた方、それにコメントをくれた方々今までありがとう御座いました。
管理人さんにも、この様な場を作って頂き感謝しております。

いつか気が向いたら書こうと思います。
それまで待ち切れない方が居ましたらメールにて配信!(嘘
今後〜名前を変えたり、違う形での投稿はあると思うのでその時は宜しくです。

最後に一言!
ひできサンのチンチンは小さいけれど〜色・艶・形は中々ですぞ(想像してご覧 アハハ
じゃ〜〜〜〜〜ね♪


投稿者:ミャンマー ミャ  2009/11/23(月) 23:24:10 No.2970 [xKrPcpyD9vM]

毎回楽しんで読ませて頂きました。妄想をありがとう\(^o^)/


投稿者:ひでき 2009/11/24(火) 0:06:20 No.2971 [ziW80aAffSU]

毎回も読んでくれて
こちらこそ ありがとう♪


投稿者:ゅみ 2009/11/24(火) 22:57:26 No.2973 [tsOrm0rHuK.]

ヒデキさんぉ久しぶりです^O^忘れてるかな!?久しぶりに見たら終わるって書いてあったから…;_;違う名前で書いてもゅみみつけちゃぃますからぁ^曲^ゅみがコメント残したら[ヒデキ]で返信下さぁい^o^v一個前の書き込み大好き*^_^*です
んぢゃマタ書く日を楽しみにしてまぁす≧_≦



投稿者:ひでき 2009/11/24(火) 23:30:07 No.2974

お!?
久し振りじゃないですか〜
ちゃんと覚えておりますよ♪
可愛らしいお乳の持ち主サンでしょ?笑
ゅみサンがあまりにも顔出してくれないから辞めちゃったさ(笑

で、顔出ししない間〜相当してたでしょ?されたでしょ??
最後に、ゅみサンが満足出来そうな妄想が掛けて何よりです♪


投稿者:みく 2009/11/25(水) 15:05:40 No.2975 [DGlnX1bvdQM]

いつも読ませてもらってました!
そして内容通りの妄想をして、よく一人でしちゃってました(*>ω<*)
ほんとお世話になりました 笑
ありがとうございました*

最後だということで勇気を出してカキコしました☆
またどこかで、ひできサンの妄想が読めることを楽しみにしてます!


投稿者:ひでき 2009/11/25(水) 17:26:05 No.2976 [ziW80aAffSU]

俺の知らない所で、みくサンを世話していたなんて…
もう少し早く絞り出してくれたら俺も出すもを出したのにぃ(笑)
因みにどんな妄想が良かったんでしょう?
いつか、またお世話させて頂きますね♪


投稿者:さとみ (tomo1974)  2009/11/29(日) 16:34:09 No.2990 [eQBROYMC8M.]

ひできさんの妄想大好きでした。
いつも読んでは、ドキドキしていました。
非日常だからこそのドキドキ…
楽しかったです。
またぜひ読みたいので、機会がありましたら…

楽しみにしています。


投稿者:ひでき 2009/11/30(月) 20:39:55 No.2991 [ziW80aAffSU]

さとみサン
ありがとう御座います♪
そんなにドキドキしたら疼いたりしません?笑
気付いたらパンツが湿ってたり…


投稿者:ナル 2009/11/30(月) 22:57:59 No.2992 [duZUsZSOxic]

ひできサーン♪
お久しぶりですm(__)m

のぞいてみたら、ひできサン 寂しいこと言ってるし…(;_;)


投稿者:ひでき 2009/12/1(火) 6:22:10 No.2993 [ziW80aAffSU]

お?
久し振りです、なるサン。
だれかさんが、あまりにも顔出してくれなかったからさ〜笑
顔出さない間、彼氏とHばかりしてたでしょ?
このぉ、俺ともしておくれよ(笑)
沢山、妄想残しましたので目を通してくれたら嬉しいですね♪


投稿者:ナル 2009/12/4(金) 6:36:53 No.2994 [duZUsZSOxic]

ひできさんとエッチしたいよ〜(*^^*)


投稿者:ひでき 2009/12/4(金) 18:30:18 No.2995 [ziW80aAffSU]

ぬぉ!?
問題発言だ!

で、しても良いの?笑
いつ、どこで、どんな風に??
ねーねー(笑)


投稿者:なる 2009/12/4(金) 22:48:40 No.2996 [Ok55FEs2NrA]

いつしよっか(^^)



投稿者:ひでき 2009/12/4(金) 23:00:30 No.2997 [ziW80aAffSU]

うーん……

お任せします(笑)

何なりとお申し付け下さい。


投稿者:なな 2009/12/5(土) 0:54:43 No.2998 [Ht/cWyk1ioI]


こっそりいつも読んでました///
どきどきするものばかりなんで好きでしたっ
もう書かないなんて残念ですっ…



投稿者:ひでき 2009/12/5(土) 7:37:20 No.2999 [ziW80aAffSU]

ななサン
ありがとう♪
こっそり読んで、どきどきしながら何かしましたか?
寒い季節です。
何かする時はお布団の中で!(笑)



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.