妄想

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


妄想
投稿者:四葉 2010/1/10(日) 16:55:53 No.3020 [pc6XzLs6WSLE6]

【羞恥】
恥かしく思う事。感じる事。
と言う事は〜個々にもよりますが基本、普通にセックスするだけでも【羞恥】に値するんでしょうね。
普段は衣類などで隠れてしまっている部分を晒してしまうだけで【羞恥】とも言えるんでしょう。
特に…性器を見られる事はとても恥かしいと思う女性も少なからず居るでしょう。
彼氏や夫となった男性にすら見られる事に対して非常に恥かしく思う人も居ると思います。

と、言う事で〜今回の妄想は少し【羞恥】です。

俺の彼女は付き合って1年以上経つと言うのにセックスをする時は未だに恥かしそうにしている。
感じてはいるけど声を我慢しているのかとても小さく、服を脱がそうとすると必ず電気は消してと言ってくる。
それなりに濡れているのは暗い中であっても指先で何となく判る。
ただ、俺は彼女のアソコをしっかり見た事が一度も無かった・・。
俺は今年こそ彼女のアソコを明るい部屋で見てやろうと思っていた。
それも間近でじっくりと・・・。
年末、年始は彼女が実家に帰省するので俺は彼女と会える5日の為に色々と仕込みの準備をしていた。
彼女のアソコを見る為の羞恥計画を・・・。
予定通り帰省した彼女を5日に俺の家に呼ぶ事にした。
久し振りに会ったとは言え、たったの数日なのだが家に来るなり彼女の見せた笑顔はとても可愛らしかった。
俺はこんな可愛い笑顔をした彼女がもし泣いたりしたらどうしようと少し不安になってしまった。
少し臆病風に吹かれた俺だったが、彼女と会話をしていく内にそれっぽい雰囲気になってきた。
「ねぇ、あれ何?」
『ん?ああ、あれね。内緒♪』
彼女が俺の用意して置いた物に気付いた。
何とか忘れさそうと俺は彼女の目を見つめた。
ベッドに座る俺達は向き合うとお互いの目が合わさり、彼女が目を閉じた。
俺に向け唇を差し出す彼女へキスをする。
彼女の髪を掻き分けながら舌を彼女の口の中へ押し込む。
彼女の舌が俺の舌を求め、絡み合う。
そのまま彼女の着ているTシャツの上から少し小さ目な胸に触れ、軽く揉みだした。
ブラジャーの少しゴツゴツとした感触を感じながら胸を揉んだ。
その内、俺の手は胸から下半身へと移動し太腿を撫で、短いスカートの中へ忍ばせる。
下着の上から触れる彼女のアソコはプニプニとした弾力があった。
生暖かく、少し湿り気を出すアソコを指先で擦る様に上下させる。
始めより彼女の足が開き気味になっていた。
彼女の口から吐き出す息が熱く、そして少し荒くなって来た。
「はぁ…はぁ……」
そして俺が彼女の着ているTシャツを脱がそうと裾に手を出した瞬間だった。
「電気…電気消して……」
いつも通りの言葉が出て来た。
俺は彼女の言葉に従い、電気を消しに行った。
電気を消した後、事前にスイッチの近くに置いておいたアイマスクとビニールの紐を手にして彼女の隣へ座った。
急に暗くなったせいで、彼女は俺の手にしていた物に気付かなかった。
電気が消えて安心したのか彼女は服を脱がされる事に何の躊躇もしなかった。
暗闇の中全裸になる彼女の耳元に顔を近付けた。
『ねぇ、今日は少し変った事しても良いかな?』
「変った事?どんな??」
『目隠しなんだけど…』
「目隠し?別に良いけど〜どうせ暗いし、意味あるの?」
難なく目隠しは了解を得る事が出来た。
ベッドに座る彼女を壁に寄りかかせ、俺は彼女の顔にアイマスクを装着した。
『どう?』
「どうって〜真っ暗だけど?」
『だよね(笑)』
『で、もう1つだけお願いがあるんだけど…』
「お願い?何??」
『手…縛っても良い〜かな?』
「縛るって…そんな趣味あったの?」
『趣味って訳じゃ無いんだけど〜たまにはこう言うのも…ダメかな?』
「いやよそんなの…」
『ね!一生のお願いッ!!』
「い・や・だ!!」
俺が幾ら頼んでも彼女の口からOKの返事は出なかった。
『軽くだからさっ、ちょっとだけで良いから。ねっ!ねっ!!』
しつこく粘っていると彼女が折れてくれた。
「本当に少しだけだからね?軽く縛ってよ??」
そう言いながら彼女は両手を俺に突き出してくれた。
もう俺は込み上げてくる興奮を抑えるのに必死で彼女の両手を縛っていった。
紐を何回もグルグルと巻き付け、決して強くしない様に細心の注意を図った。
『どう?痛くない??』
「うん。もう満足でしょ?さ、解いて!」
『もう!?ちょっとそれって早くない?』
「少しって言ったでしょ!早く解いてよこれ!!」
彼女が幾ら解けと言って来ようが、一度縛ればこっちの物。
取り合えずこの状況のまま彼女の両足を開こうとしてみた。


投稿者:四葉 2010/1/10(日) 16:57:29 No.3021 [pc6XzLs6WSLE6]

すると彼女は思わず縛られている両手でアソコを隠したのだった。
今までは電気を消せば隠そうとした事の無かった彼女が今日に限って隠しに来た。
『あれ?どうして隠すの??』
「何か…何か恥かしいんだもん……」
『どうして恥かしいの?電気だってちゃんと消えてるじゃん』
「何となく…」
彼女は口には出さなかったが今までされた事の無かったアイマスクと両手を縛られた事で、恥かしさが込み上げて来たのだろう。
性的行為において何か1つでも失われると恥かしさが込み上げてくると言う。
そして彼女は今、視界と手の自由を奪われた。
恥かしがり屋の彼女にとって、この2つを奪われる事は非常に羞恥と言えるだろう。
そんな恥じらい始めた彼女へ更なる羞恥を与え、念願であるアソコを見る計画を遂行していく。
彼女の手を掴み、2つの手を結んだ間に1本の長い紐を結び付ける。
「何してるの!?」
そして彼女は全く気付いて居なかった様子だったが、彼女の寄り掛かる壁の頭上には数個のフックを取り付けておいた。
これは、ちょっとやそっとで抜けない様にしっかりと壁に打ち付けた物。
彼女の手首へ新たに結び付けた紐の端を頭上のフックへ伸ばし、そこへ結び付けた。
すると、彼女の両手は交差しながら頭上へ持ち上げられた。
両脇を完全に開く程、両手を頭上へ挙げる彼女。
「ちょ、ちょっとぉ…何これ!?」
『俺、見たいんだ……よーく見たいんだよ…」
「み、見たいって何処をよ!」
『アソコ……』
「じょ、冗談でしょ?嫌よッ!早くこれ解いてッ!!」
彼女は縛られた手を懸命に外そうとして来た。
ベッドのマットに足を暴れさせる。
俺は暴れる片方の足を押さえ付け、捕まえた。
『ずっと見たかったんだよ……』
彼女の伸ばす足を膝から折り曲げ太腿と脛が開かない様に紐で結び付けた。
これで彼女の片足は折り畳まれ伸ばす事が出来なくなった。
「見たいからってこんな真似しなくても良いでしょ!」
『こうでもしないと見せてくれないだろ?』
彼女の反対側へ移動し、残ったもう片方の足を掴んだ。
同じように足を折り曲げ紐で結んだ。
こうする事で彼女は両足を伸ばす事が出来なくなった。
足を閉じ、小さなM字の形をさせた彼女の足・・
そして、さっきは隠す事が出来たが今度はそれが出来ない彼女。
俺はM字になった彼女の足をグイグイと左右に開きだした。
頭上に掲げる両手がガシガシと紐を引っ張り、必死に隠そうとさせる。
気持ちだけが・・・。
薄暗い中、彼女の股を大きく開いた・・
「イヤッ!見ないでッ!!」
『よく見えないって〜こんな暗いんだからさ』
『だから今から電気付けてこなくちゃ!』
「止めてッ!付けないでッ!!」
彼女は俺がベッドから立ち上がったのが揺れで分ったのだろう、物凄い勢いで電気を付けない様に言って来た。
『シッ!ちょっと静かにして!!』
彼女を一瞬黙らせ、カチッ・・・・・・。
照明のスイッチを入れる音を彼女に聞かせた。
「!!!!!!!」
それから彼女の目に覆われているアイマスクの下の方に微かな光が入ったのだろう。
「消してッ!お願いだから電気消してッ!!」
今まで一度たりとも見る事が出来なかった明るい場所での彼女のアソコ・・・。
ようやくそれが実現しようとしている今、これっぽっちも消そうなどと思わなかった。
開いていた足をグっと閉じ、ずっと電気を消すよう言っている彼女。
そして俺がベッドに座り込んだ揺れを感じたのだろう。
自由の利かない身体、全体を大きく揺すりだした。
俺はそんな彼女へ一度、キスをした。
「んんっ……」
キスをしながら閉じる両足を開こうとする。
しかし、彼女の足には力が入っていて中々開けなかった。
『ほらぁ、力抜いて……』
「嫌っ!!」
『仕方ないなぁ……』
俺は片足を使い彼女の内腿をグイグイと外へ押し込んでいった。
男の足の力は力強く徐々に彼女の片足は外側へ開いて行く・・・。
それでも必死に力を入れ、足を閉じようとしている彼女だったが遂に力付きてしまった。
彼女の片足は大きく外側へ開かされ、不自然な体勢になる俺の目に初めてみる彼女のアソコが丸出しになった。
だが、もっと正面でしっかり間近で見たい。
掴まえていた、片方の足首へ紐を結び付けた。
そして足首に結んだ紐の先端を再び壁の頭上に取り付けておいたフックへ結び付けた。
それから紐を引っ張り、締めて行くと彼女の片足は浮き始めて行く。
「止めてよ…こんな格好ヤダよ……」
更に紐を締めて行くと彼女の片足はかなり上まで持ち上がった。
勿論、もう片方の足も同じ様に紐を結び付け、頭上で結び締めて行く。


投稿者:四葉 2010/1/10(日) 17:01:23 No.3022 [pc6XzLs6WSLE6]

彼女の姿は両腕を挙げ、両足を開かされたまま上げられてしまった。
そして俺は遂に隠す事も無く、明るい部屋での彼女のアソコを目撃する事に成功したのだった・・・・。
彼女が丸出しにするアソコを間近で見た率直な感想はグロい形をしていた。
が、その淫形が妙にイヤラシク見えた。
俺は彼女のアソコを覗き込み、時々上目使いで彼女の恥らう表情を眺めた。
『こんな格好させてゴメンな。でも、凄く俺…嬉しいんだ』
「謝る位なら早く止めてよッ!」
『解いたらまた隠そうとするだろ?もっとよく見たいんだよ』
『こんなアソコしてたんだ……凄くイヤラシイアソコしてたんだね?』
「ヤメテっ!そ、そんな風に言わないでよ…」
恥じらいが増す彼女のアソコを指で開きに掛かった。
「イヤッ…開いちゃダメッ!」
俺の指は彼女のヒダを一杯に開いた。
「そ、そんなに開かないで……っ」
彼女のヒダは表は黒々としていたが裏側は赤々とさせていた。
何度も開いたり閉じたりしていると膣がポッカリと穴を開けてきた。
『穴がポッカリ口を開いてるよ?俺のが入る穴が口を開けて来たよ?』
「イヤッ!イヤッッ!!」
更にヒダを閉じたり繰り返していると、膣から透明な汁がトロトロと溢れ出て来た。
『嫌がってる割けど何か出て来たよ?』
『透明な汁が溢れて来てるけど〜これは何かな?』
「し、知らない…っ」
『恥かしいとかいつも言ってるけど〜本当はこう言うのが好きなんじゃないか?』
『だからこんなのが出てるんだ…スケベ汁がダラダラと……ね』
「ちっ、違ぅ!ほ、本当に恥かしいの!お願いだからもうお終いにして?」
『そっかぁ。本当に恥かしいんだ…でも感じてるんでしょ?』
「だから違うってば!!」
俺は一旦ベッドから離れ、彼女が気になっていた物を用意しに掛かった。
床をゴロゴロとキャスターを転がすと、その音に彼女が気付いた。
「ねぇ…何してるの……?」
『今に分るって』
そして俺は再びベッドへ戻り、彼女の隣へ座った。
『アイマスク外してあげよっか?』
「それと解いてくれる?」
『それは後で!まずはアイマスクからね』
俺は彼女の視界を奪っていたアイマスクを外した。
暗闇から光を取り戻した彼女は目を何度かパチパチと瞬きをした。
そして、目の前にあった物から顔を背けた。
「い、いやッ!!」
『何で背けるんだよ?ほらぁ、ちゃんと見て!』
彼女が背けた顔を正面に向けさせた。
「止めてよ!何してるの?」
そう、彼女の目の前には全身が納まる位の鏡を置いたのだった。
それも3つ並べて・・・
彼女は鏡に映る今の自分の姿から目を反らしたのだった。
全裸になりながら大きく足を上げ拡げている自分・・
最も隠したい場所が無防備に晒してしまっている自分・・・
そんな恥かしい格好をさせられている自分を映す鏡を見る事が出来なかった彼女。
『どう?結構、恥かしい格好だと思わない?』
「イヤっ!イヤっ!!早くっ、早く解いてよ……」
『なに言ってるんだよ…これからじゃないか〜ほら目をしっかり開けて自分の姿を見て』
俺は鏡を見ながら彼女のアソコを指で大きく広げた。
『中まで丸見えでしょ?この溢れている透明の液が見えるよね?』
視界を取り戻し、鏡に映る自分を見てから彼女は溢れさせる量を増加していた。
『指…入れてあげるね』
そう言うと俺は突き立てた指先を彼女の膣に向け押し込んでいった。
「んっんんっっ...」
そして奥一杯に押し込んだ指先を出し入れさせる。
『ほら見てご覧…指が出し入れされてるでしょ?』
「はっ...っん......んっ...」
『何処に指が入ってるか言ってご覧よ』
「んっ...んっんんっ......ぃ、ぃゃ、、、」
『そう…言わないんだ……』
俺は指先を奥に突っ込み、膣の中で指先をグルグルと回し出した。
彼女の膣の中を縦横無尽に暴れ出す俺の指・・
「あっあっぁぁ...だ、だめっ......そ、そんなに掻き回さないでっ」
「あっやっっ!あっああぁぁ…お、おま、、んこ……おまんこに入ってるのっ…」
『言えるじゃないか〜その、おまんこがどう映ってるんだい?』
「あっあっあっ…イヤラシ……く…」
「だめっ!だめぇっ!!も、もぅ抜いてっ、抜いてぇ……」
「あっがっ...だ、だめ...っ。逝っちゃぅ......逝っちゃ...ぅっ..」
彼女は俺の掻き回す指で絶頂に達してしまった・・・
嫌がり、恥かしがっていた彼女はその姿のまま絶頂を迎えたのだった。
壁に張り付けられた彼女は肩を落としながら息を荒立たせている。
『逝っちゃったんだ…気持ち良かったんでしょ?』
「……………」
『今度は俺が気持ち良くなる番ね!』
俺は見に付けていた物を脱ぎ捨て、貼り付けられた彼女目掛けていきり立つモノを押し当てた。
「で、電気ッ!」
『まだそんな事言ってるの?』
押し付けたモノを弛んだ彼女の膣に付き立てて行く・・・
「あああぁぁぁぁぁぁ……………」

彼女との明るい部屋でのセックスは長時間に渡って続いた・・・
俺のモノを含む彼女のアソコが目に焼き付く程、何度も何度も突き刺した・・・・・・。


投稿者:あき 2010/1/11(月) 0:47:19 No.3024 [V9GoS8OiwrM]

凄くドキドキしながら読ませて貰いました(>_<)
こーゆうの大好きです♪
また次回作期待しています!


投稿者:四葉 2010/1/11(月) 10:55:20 No.3025 [pc6XzLs6WSLE6]

あきサン。
大好きですか♪
よく、こーいうのされるんですか?
まだまだ寒い日が続きます。
濡れたままの下着での外出は風邪ひいちゃいますのでご注意を!笑


投稿者:あき 2010/1/11(月) 23:30:41 No.3028 [V9GoS8OiwrM]

いつもこんなことしてませんよ(笑)
してくれる相手がいないんで(T_T)
でも妄想の中ではいつもこんなのばっかです(笑)
痴漢とかレイプとか…(^_^;)実際されたら洒落にならないんですけどね〜


投稿者:四葉 2010/1/12(火) 0:31:39 No.3030 [pc4F3tc1UM2XM]

あらら…お相手不足でしたか〜〜
それはそれは大変ご愁傷様です(笑)
それにしても、いつもこの様な妄想をしてるんですか?
そりゃ俺以上にエロエロじゃないですか〜笑
当然、妄想した後、またはしながら弄ったりしてるんでしょうね。


投稿者:あき 2010/1/12(火) 7:23:32 No.3033 [V9GoS8OiwrM]

御名答!(笑)
いっつもこんな事ばかり考えてます(>ε<)
むしろ、あたしの頭の中はこんな事で一杯です!(笑)
最近は寝る前に必ず四葉さんの妄想を読みながら……?ですよ(o^-^o)

本当、ごちそうさまです(笑)



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.