妄想

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


妄想
投稿者:四葉 2010/1/17(日) 16:35:27 No.3042 [pc4F3tc1UM2XM]



もうすぐで卒業シーズンですね。
今の時代でも第2ボタンとかあげたり貰ったりってあるんでしょうか。
因みに俺は中学卒業に全てのボタンが無くなりました(自慢?笑)
尚且つ、校章は勿論、学ランとズボンまで…
高校の入学式を終えて直ぐ、教室に戻ると名前も顔も知らない子から告白まで♪
でも、俺のモテ人生のピークは中学、高校でお終いでしたが(汗)

今回はそんな卒業間近での妄想です。

校舎裏で仲間と喋っていると、女の子2人が俺達を見つけるなり近寄って来た。
1人は髪は短く活気ある感じの子、その隣には大人しい感じの子。
髪の短い子が、ほら頑張って!もう最後だよ?と大人しい子の肩を押している。
「で、でもぉ…」
オドオドと弱気な態度に看かねて、その子の友達が俺に話し掛けて来た。
この子が四葉先輩に話があるんですけど少し良いですか?と・・
『俺に話し?良いけど何??』
じゃ、しっかりね!と女の子の肩をポンっと叩き校舎裏を後にした。
その子を追い掛ける様に俺の仲間2人も気を使ってか立ち去ってくれた。
俺は大人しい感じの子と2人きりになった。
俯いたまま何も言わない女の子。
『ねぇ?』
「はっ、はいっ!!」
『大丈夫?』
「だ、だ、大丈夫ですっ!!」
『緊張〜してるの?』
「ちょ、ちょっちょっと……」
『で、俺に話って何?』
「え、えっと…そ、そのぉ……」
今まで以上にオドオドとしながら顔を俯かせる女の子の顔を下から覗き込んだ。
「☆※□★......!!!」
『よく見ると可愛いね♪』
「か、かわ、、可愛ぃだなんて、、、そ、そんな……」
『君、2年だよね?』
「す、好きですっ!!せ、せ、先輩の事ずっと、ずっと好きでしたっ!!」
『このタイミングで来たか(笑)』
「ご、ごめんなさいっ!!」
女の子は謝り、何を思ったのか俺の前から走り去ろうとした。
『ちょ、ちょっと待ってってば!』
俺は女の子の手を掴まえた。
「ご、ごめんなさい。わ、私何を言っ…んんっ!?」
そして俺はキスをした。
「せ、先輩……んっ」
唇を重ね、女の子の唇の隙間を拭って舌を放り込んだ。
「嫌っ!!」
女の子は俺の身体を突き飛ばしてきた。
『何だよ…俺の事が好きなんだろ?』
「す、好きですけど…こ、こんなんじゃ……」
『な〜に言ってるんだよ?俺とこうしたかったんだろ?』
女の子の身体を抱き寄せ、俺は手を女の子のブレザーの隙間に入れた。
ブラウスの上からまだ小振りな胸に触れ、軽く握る様に力を入れた。
「せ、先輩止めて下さいっ!先輩はこんな人じゃ…」
俺の身体を引き離そうとする女の子。
『怯えてるの?大丈夫!優しくするから安心して』
素早く女の子が着ているブラウスの第2、第3ボタンを外した。
その外れたボタンの隙間から手を入れ下着の上から胸に触れた。
女の子は小さいながらも弾力の在る胸をしていた。
「ほ、本当に止めて下さい。先輩…」
俺がブラウスに入れた手を何度も引き抜こうとしてくる女の子。
構わず、下着の上から胸をギュッギュっと揉み続ける俺。
そして余った方の手を女の子のスカートの中へ突っ込んだ。
今度は女の子の手はスカートの中に潜る俺の手を押し出そうとしてくる。
膝を折り、肩を揺らしながら俺の手を必死にスカートの中から遠ざけ様としてくる。
「せ、先輩…お願いですっ!止めてっ!!」
女の子は涙を浮かべ俺に許しを乞いだす。
スカートの中で俺の手首は女の子から掴まれながらも、自由に動く指先を下着の上で動かした。
女の子の股の中心にある柔らかい部分をシュッシュと指先でなぞり、擦る。
『生暖かいよ此処…』
『俺の事を想って、此処…弄ったりしてるんでしょ?』
「!?し、知りませんっ!や、止めて下さい本当…」
抵抗を止めない女の子。
そんな女の子の身体を校舎裏の壁に向け突き飛ばした。
「痛たっ!!」
その後を追う様に俺は女の子に近付き、女の子の両手を掴まえた。


投稿者:四葉 2010/1/17(日) 16:37:23 No.3043 [pc4F3tc1UM2XM]

背にした壁に押し付ける様に頭の上で俺は片手で女の子の両手を押さえ込んだ。
「は、離して下さいっ!」
片手とは言え、女の力には負けない俺の手の力はしっかりと女の子を押さえ付けていた。
両手を押さえ込え込んだ女の子の無防備な下半身に向け、再びスカートの中に手を潜り込ませた。
スカートの中で下着を掴み、ズルっと太腿辺りまで下ろした。
隠す物が無くなった女の子の恥部を手を添えてみた。
フサフサな陰毛を撫で上げる・・
『意外と毛深い?』
俺はスカートの中から一旦手を抜き、スカートをペラっと捲った。
「いやっ!」
『フサフサしてるんだね?丸見えだよ?』
「せ、先輩どうして?どうしてですか?」
『どうしてって〜俺の事が好きなんでしょ?好きな人にこう言う事されたいでしょ?』
「こんな真似する先輩は好きじゃありません!!」
『あっそ…それよりもっと良く見せてよ』
俺は女の子の太腿を掴まえ、ググっと持ち上げた。
片足のみで立つ女の子は片足を持ち上げられ恥部を惜しげもなく晒してしまった。
『ああ…パックリ開いちゃったよ?何か〜スケベなアソコしてるね?』
「や、止めて下さいっ!み、見ないでっ!!下ろして下さい…」
『綺麗なピンク色だね……今すぐにでも入れたい位だよ…』
俺は女の子の片足を戻し、自分のズボンを脱ぎ出した。
既にカチカチに硬くさせたモノを女の子の目の前に晒した。
「止めて…止めて……っ」
そして、自分の手にたっぷりと唾を吐き出し、その唾を女の子の恥部へ塗りたぐった。
自分のモノにも満遍なく唾を塗った。
女の子の恥部と自分のモノに唾を塗り終えた俺は、女の子の身体を反転させた。
俺に向け、女の子の尻を向けさせスカートを捲る。
プリンっと色白な尻が露になった。
そんな尻を押さえ付け、俺は硬くさせたモノの先端を女の子に向け押し付ける。
「ヤダッ…それだけは……私、私…」
押し付けたモノの先をグっと押し込んだ。
「い、いた、、、ぃ」
手を後ろに回し、俺が押し込もうとするとバタバタと手を暴れさせる女の子。
更に女の子の中へ押し込んで行く・・・
「痛ぃっ!痛ぃっっ!!」
まだ先端が入りきったばかりだと言うのに女の子は痛みを訴えてくる。
『もしかして…初めて?』
「痛ぃょぉ……痛ぃぃぃ………もう止めて下さぃ…」
確かにこれ以上は中々入りそうも無かった。
が、此処まで来て諦め切れなかった俺は、少しずつ女の子の中に押し込んで行った・・
「ヤダッ、痛゛っ、痛゛ぃ゛っっ!」
『ああ…キツぃ……後少しだぞ!』
そして、俺は渾身の力を込めて女の子の中へ残り数cmを押し込んだ。
「あ゛っっぐぅぅっ!!」
俺のモノが根元まで女の子の中へ含まれた。
幾ら痛がろうが叫ぼうが、俺は自分の欲を満たすまで抜こうとはしなかった。
「んっん゛ん゛っ…ぃっ……」
俺はしっかりと女の子の腰を抑え込み、自らの欲を満たす動きをさせた。
先から根元と俺のモノ全てを痛い位に刺激をしてくる女の子の中・・
痛みを感じながらも俺のモノは刺激を受け、着実に射精に近付いている・・・
痛みに耐えながら俺は素早く女の子の中へ出し入れをさせた。
「う゛ぅっ...うっん゛っん゛ん゛......」
『ああ…あああ……はぁはぁはぁ…逝くぞ?逝くからな!!』
そして、俺は女の子の中から抜き出し、捲くれ上がったスカートに向け夥しい量の精液を吐き出した。
紺色のスカートに真っ白な精液を撒き散らした。
『はぁはぁはぁ…』
その場で膝を付き崩れ落ちた女の子は泣き出した。
「ひくっ...ひっく......グスん..」
俺はその場から逃げる様に走り去って行った・・・・・・。


投稿者:あき 2010/1/17(日) 17:31:16 No.3044 [V9GoS8OiwrM]

いつもと違った感じですね(^^)
てっきり嫌と言いながらよがる女の子かと思っていたら…(笑)


投稿者:四葉 2010/1/17(日) 17:35:00 No.3045 [pc4F3tc1UM2XM]

あきサン、お早いお返事ですね。
早速、目を通して頂き ありがとう。

嫌と言いながら善がる女の子って〜あきサンでしょ?(笑



投稿者:あき 2010/1/17(日) 17:46:52 No.3049 [V9GoS8OiwrM]

大☆正☆解!(笑)
もぅあたしの性癖、四葉サンにバレバレですね(^_^;)笑

…嫌と言いつつも身体は正直に反応する。その事を指摘され、責められる……。堪りませんねぇ(>ε<)♪(笑)

ちなみに自分の犯されてる映像を目の前で流されながら……とゆーシチュエーションも大好きです(^^)

誰かやってくれないかな〜?(笑)



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.