妄想

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


妄想
投稿者:四葉 2010/1/24(日) 15:01:03 No.3061 [pc4F3tc1UM2XM]

歯医者って何気に色々な想像をさせられる場だと思いませんか?
先生と看護士さん。患者と看護士さん。そして先生と患者・・
あの治療する椅子に座り、椅子を倒される瞬間って女性の方の方が変な想像を膨らましてしまうのでは無いでしょうか?
今回の妄想は先生と患者です。

就業間際で歯医者に駆け込んで来た一人の女性。
「あ、あのッ!急に歯が痛み出したんですけど…もう遅いですか?」
女性が受付の人へ歯の痛みを訴えて来た。
受付の女性は奥の部屋へ向かい、先生へ相談しに行った。
『痛みますか?』
すると奥の部屋から少し小太りした先生が現れ女性へ声を掛けた。
「はい…明日から仕事が忙しくなるので出来るなら何とかして貰いたいんですが……」
『そうですか〜わかりました。中へどうぞ』
何とか治療をして貰える事になり女性は奥の治療室へ案内された。
一番奥にある椅子へ座る様に指示を受け、女性は腰を掛けた。
女性の直ぐ真横へ先生も座った。
『この時間までお仕事ですか?』
「ええ…今、大事な仕事がありまして」
『女性なのに大変ですね』
「私、そう言う女だからとかって言われるのが嫌で…だから男なんかに負けたくないんです」
「今は仕事が一番で女である事を忘れる事にしたんです!」
『それは、それは〜失礼しました。では椅子を倒しますね』
女性の座る椅子の背もたれを倒し、女性の身体を寝かした。
そこへアシスタントの女性が現れた。
『あ、君達はもう上がって良いよ。後は私がやっておくから』
先生は院内に居たアシスタントの女性達を全員に帰る様指示をした。
暫くして、ゾロゾロと着替えを済ました女性達が現れた。
そして今から治療をする女性を見てはヒソヒソと小声で何かを話しながら帰って行った。
今、この歯医者には小太りな先生と女を捨てたと口にした女の2人きりとなった・・
『では〜口を開けて下さい。どの変に痛みが?』
女性は口を大きく開き、痛む箇所を口にした。
『はは〜ん、此処ですね。歯じゃなくて歯茎の方でしょう。相当、腫れてますよ』
女性の口を先生は太く短い指で更に大きく開きながら口の中を覗き込む。
『多分、疲れから来たんだと思いますね。化膿止めして置きましょう』
「あい。おれがいします」
『かなり腫れて痛いと思うので麻酔しますね』
先生は準備をしに一旦、女性から離れた。
女性は先生が戻るまで目を瞑り待っていた。
すると、目を開く間も無く女性は口と鼻を何かの布切れで覆われたのだった。
「!!!?なっ、何をす……る…ん………Zzz...zっ..」
あっと言う間の出来事だった、女性は一気に意識を失って行った・・・
それから、どれ位の時間が経過したのか分らないが女性が意識を取り戻した。
「まッ!眩しいッ!!」
『やっと目が覚めたようだね……』
反射板の眩しい光が女性の目を中々開かせない。
先生は女性へ近寄ると同時に反射板の光を退けた。
「私は一体…ち、治療は!?」
『治療?治療は〜これからですよ?』
「これからって………」
女性は自分の身体を冷たい空気が触れるのを感じ、横になる身体を起こし自分の身体を見てみた。
「な、何ッ!!どうしてこんな格好を…えっ、え!?」
女性は何一つ身に付ける事の無い全裸にさせられていた。
その身体を隠そうと手を動かそうとすると、手が肘掛から離れない。
肘掛と女性の手首にはベルトらしき物で拘束されていたのだった。
「なっ、何なんですかこれ?何をしてるんですか!!」
『治療をするに決まってるでしょ?』
「ふ、ふざけないで下さいッ!う、訴えますよ!!」
『ふざけてませんよ?女を忘れたと言うから〜女である事を思い出させてあげますよ…』
先生は女性の目の前に三脚に乗ったビデオカメラを設置した。
「何なんですかそれ!」
『ビデオですよ?最近は凄いですねぇ。ほら、こうして映る自分を見ながら撮影すら出来るんですから〜大したもんだ』
ビデオカメラのモニターを反転させると、女性の目には自分の全裸姿が映し出されている。
「いやっ!と、撮らないでっ!止めてっ!!」
『フフフ…では治療を始めるとしましょうかね……』
丸々とした先生の顔がイヤラシイ中年オヤジの顔に変った。
両手にゴム手袋をしながら逃れられない女性に歩み寄る。
『こんな良いモノを持っていて、自分が女じゃ無いなんて〜勿体無いですよ?』
先生の手が女性の胸へギュっと掴んで来た。


投稿者:四葉 2010/1/24(日) 15:03:52 No.3062 [pc4F3tc1UM2XM]

真新しいゴム独特の臭いを漂わせながら、その手は胸を揉み続ける。
「止めてっ!触らないでっ!!」
先生は女性の頭の後ろに立ちピンセットを手に取り、胸の先端〜乳首を突つきだす。
「ぃっ、痛っ………」
そして、ヒンヤリとした冷たい金属が女性の乳首の根元をギュっと挟みだす。
乳首を挟んだピンセットを引っ張り上げると、大きめの乳房が離れまいと伸び出した。
ピンセットの先端が乳首を離すまいとプルプル震える程、挟む手にも力が入る。
横たわる女性の視界に入るまで、摘まれた乳首と乳房が引き伸ばされていった。
「痛っ!止めてっ!!と、取れちゃう。切れちゃうっ!」
『お、重いな…何て胸してるんだこりゃ……』
『ほら、モニター見てご覧?どれだけ伸ばされてるか分るでしょ?』
女性が目を前に向けると、自分の胸の形が変っている姿が映し出されていた。
「止めてよッ!!」
女性が身を大きく揺らした瞬間、上に持ち上げられていた乳首がピンセットから抜け落ちた。
ズドンと音を立てる様に大きな乳房が元の位置に戻った。
ピンセットから離れた後の乳首は変色し、伸び上がったままだった。
『いやぁ、ほんっと重かったな。こんな重いのは久々だな…』
『では、そろそろ〜こっちの方も……』
先生は女性の横を窮屈そうに通り抜け、女性の足元にやって来た。
まだ自由の利いていた女性の片足を持ち上げると、肘掛に拘束していた手首に膝の裏辺りを乗せた。
そして、もう片方の足も持ち上げ同じように乗せた。
すると足は綺麗なM字を描き、その中心を惜しむ事なく開脚させられた。
『なるほど…これはこれは……全く手入れをしてない様ですねぇ』
先生は丸出しになる女性の陰部を覗き込み、指先で抉じ開けて来る・・
「お、お願い…もぅ……」
『この処理していない陰毛が余計にイヤラシイですねぇ……』
陰毛を掻き分けながら親指でヒダをグイグイと開いく・・
『おや?この真っ赤に充血している突起物は……』
先生は女性の陰部を開きながら、突起物目掛けて舌を伸ばしてきた。
「はっぁぅっ!!」
突起物を舐め上げられた女性は大きく身体を振るわせてしまった。
『ん?女は忘れているのに、この刺激は忘れてないんですか?』
股の間からニヤニヤと笑みを女性に向け覗かせて来る先生。
短く、面積の大きい先生の舌が女性の突起物を舐め突いてくる・・・
「んはっぁ…うっぐっ……や、止め…て」
『おやおやぁ?この溢れて来る透明なのは何でしょう?』
女性の陰部からは愛液が溢れ、尻への割れ目を通過し座る椅子に流れ落ちて居た。
その垂れる愛液をゴム手袋で掬い、先生は女性の目の前で自ら口に含み愛液を味わう。
そして、三脚に乗せてあったビデオカメラを外し手に持つ。
モニターは反転させたままで女性の陰部にレンズを向けだした。
『ほら、どうなってるか分りますよね?よーく見えるでしょ??』
女性の突き付けられたビデオモニターには自分の陰部がクッキリと映し出されていた。
透明な愛液が光を放ちながら溢れ出ている光景まで鮮明に映し出されていた。
「いやっ!撮らないでってば!!止めてよ、本当……」
先生はカメラ片手に陰部へ指先を入れ始めて来た。
ゴム手のギシギシ感が感じられなくなる程に溢れさせてしまった愛液が短い指を受け入れる。
『指が入ってるの分るよね?』
「はぁはぁはぁ…ぃ、ゃ……」
指先を奥へ押し込みながら、膣内を掻き回しだす。
すると、ジュプジュプと卑猥な音を放たれる女性の陰部。
「あっはぁ...あっあっ......っ」
『その声は女であるのを思い出したって事ですかね……』
先生はニヤニヤと笑みを浮かべながら女性の表情をカメラで捕らえる。
『良い顔してますよ?ほら、もっと声出してッ!』
「あぁ…ぁっぁぁっ……か、顔は…顔は撮らないでっ」
『しっかり女の顔してますよ?ほらほらぁ、もっと悦んで!』
「止めてっ…顔は許してっ!あっあぅ…」
先生は一旦、女性の中から指を抜き出しカメラを横に置いた。
そして、白衣のズボンをストンと床に脱ぎ捨てた。
みっともない腹を締め付けていたパンツまで脱ぎ捨てた。
小さく、短いながらも硬さを現す先生のモノが女性の目の前に現れた。
情けない下半身のまま女性の開く股に近寄りだす先生。
ビデオカメラを再び手に持ち、陰部を映しながら自分のモノを突き付ける。
『私のが入る瞬間を、よーく見ておくんですよ』
「い、いや…いや……お願いっ!お願いっ!!」
肩と頭を大きく揺らし、受け入れるのを拒もうとする女性。
先生の先端が自分に触れたのが分ると思わず目をモニターへ向けてしまう女性。
「ああ…止めてっ……許して………っ」
モニターに映る先生のモノが徐々に姿を消して行く・・・
『入っていってるの分りますよね?どんどん中に入って行ってますよ?』
自分の中に先生のモノが収まって行く光景から目を背けたいが不思議と目を向けてしまう・・
そして遂に、先生のモノは女性の中へ完全に埋まり2人の肌が重なりあった。
ゆっくりと腰を動かし、女性の中を出し入れさせてくる先生。
モニターに映し出される先生のモノは中から抜かれる度に光を強くさせていた。
女性が溢れさせた愛液が先生のモノに纏わり付きながら出入りしてくる・・
「あぁ...あぁ......」
不本意ながらも先生から与えられる刺激を感じてしまう女性・・・
閉じる事の出来ない足は、先生の動きを楽にさせる。
カメラのレンズが挿入部から胸へ移動する。
大きな乳房が前後に大きく揺れ動いていた。
モニター越しに弾ませる乳房が妙にイヤラシク映る。
カメラが更に上に向うと、モニターには自分の悦ぶ顔を捕らえられていた。
「あっあぁぁ...っ。か、顔はダメッ......んッはぁ...」
『フフフ…女である事を思い出したみたいですね……』
『こんな刺激は久し振りなんじゃないですか?』
先生は女性の胸を掴みながら激しく腰を動かし出す。
素早い挿入が女性の陰部から身体の神経に刺激を与えてくる・・
卑猥な音と、悦ぶ声がカメラのマイクを通して記録される。
そして先生は女性の中から急いで抜き出し、その先端を女性の胸に向けた。
夥しい量の精液が大きな乳房目掛けて放たれた。
『はぁはぁはぁ…久し振りに女になった気分は如何でしたか?』
「………………訴えてやる!」


投稿者:あき 2010/1/24(日) 15:21:25 No.3063 [V9GoS8OiwrM]

四葉サン(o^-^o)
待ってました〜!!
コレですよ〜!
こーゆうシチュエーション大好きです(>_<)♪
今職場なのにヌレヌレになっちゃいましたよ(笑)

今日で生理終わりなんで、今夜早速パンツほっ冠りオナニーします(笑)
オカズはもちろん四葉サンの妄想で♪(>ε<)

報告待ってて下さい(笑)


投稿者:さくら 2010/1/24(日) 16:34:09 No.3064 [QKOb6RGYwxs]

始めまして、読んで今オナしてます。またお願いします。


投稿者:四葉 2010/1/24(日) 23:32:14 No.3066 [pc4F3tc1UM2XM]

あきサン。
お待ちしてましたか〜笑
生理も追え、遂に被る時が来たようですね!
当然、汚してからですよ?
それからパンツは深く、そして鼻と口に当たるまで!です(笑
あ、鏡に自分の姿を映しながら弄ると効果増すかも・・・
つか、日曜でも仕事だったんですね。お疲れさんです。
因みに〜マングリ返しは俺、好きですよ♪
股の間から覗く相手の苦しそうに悶える表情が堪りません…
勿論そのままクンニですね!

さくらサン。
始めまして♪
読みながらオナってくれて嬉しいですね。
ちゃんと逝くまで弄れましたか?
またヨロシクです。


投稿者:もも 2010/1/25(月) 12:11:20 No.3067 [j9adQVFQ7vo]

四葉さん、いつも楽しく読ませていただいてます。 
毎日ヒマしてるんで、これをオカズにひとりでしてます。
リクエスト!
近親モノをお願いします。


投稿者:あき 2010/1/26(火) 1:16:06 No.3068 [V9GoS8OiwrM]

四葉サン(>ε<)

お待たせしました(?)
オナニーの結果報告です(笑)
正直言って、あまり燃え(萌え)なかった…(^_^;)
確かに普段よりかはイヤらしい気持ちになりましたが、なんせ、一人で自分のパンツ被ってオナニーは虚しさが強い……(*_*)
せめて、好きな人のパンツならアリですが(笑)

一人でオナる時はあまりあたしには向かないかもしれません(ToT)
………四葉サンの目の前で、とかなら全然アリですね(笑)

妄想力(想像力)が乏しい為、こんな結果になってしまいすみません(-_-;)


投稿者:さや  2010/1/26(火) 14:55:26 No.3069 [L.PibS7z5Jc]

四葉さん、こんにちは♪

今回もサイコーですっ!実は…今回のは、私が一度は体験してみたいって思っていたものでした。

勿論、体験したことはありませんが…こんな妄想してオナってます(笑)

なぁんか…的確にツボ!?を押さえられてるような〜(^^)
またまた楽しみにしてますよぉ!!


投稿者:四葉 2010/1/26(火) 23:50:46 No.3072 [pcmWI0N7A6a1Q]

ももサン。
オカズになれて嬉しいです♪
でも、ひとりでするなんて勿体無いですよ〜笑
リクエストは近親ですか?
具体的なシチュエーションとか教えて頂けると助かります。

あきサン。
やはり虚しさが勝りましたか・・・
興奮材料は人それぞれって事ですね!笑
実践、そして報告してくれてありがとう御座いました。
因みにどんなパンツを被りました?
臭いは?(笑
味は??(笑

さやサン。
ツボでしたか♪
まぁ、非現実的な事って願望に持ってしまったりしますよね。
でも気を付けて下さいね。
決して無い出来事では無いので〜医者に行く時は心して!笑

それにしても、今回の妄想は意外と好評だったらしいですね☆
御主らも・・・好きよの〜〜〜(笑 
読んでくれてアリガトです。


投稿者:さくら 2010/1/27(水) 1:33:23 No.3073 [QKOb6RGYwxs]

ちゃんと、行きました。今さっき主人と営みが終わったけど、またオナてます。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.