百合系の妄想の続き。

【ブルゥのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


百合系の妄想の続き。
投稿者:ブルゥ (bluedr)  2010/1/28(木) 23:27:28 No.3076 [pc0lPKMwjebss]


そうして…
たとえ義理とは言え…母と娘と言う関係ででありながら、2人の性的な関係は…どんどん深くなっていった。

そんなある日、何も知らない夫は…出張で海外に出かけてしまう。
留守にするのは一週間ほどだった。

女は恐ろしかった。
娘の責め方は夫のそれより陰湿で、自分の弱点を的確に見つけてしまう。
正直言って夫より…とろけそうになるぐらい気持ちが良い。

いつ、自ら…求めてしまうかもしれない、そんな恐れだった。

そして…予想はしてたが、夫が留守のその日から、娘の由真が…家に押し掛けて来る。

もちろん自分を…再調教する為に。

女は、娘にロープで縛られた。
もし抵抗すれば…全部、夫にバラすと言われ脅迫されている。
夫の事を愛していた女には、それは何より…怖かった。

両足は閉じられない様に開いたまま…固定され、乳房は盛り上がる様に上下から縛られ…目隠しまでされている。

「うふっ、良い格好ね。お父さんの縛り方と…どっちがキツイ?」

「あぁぁぁ、そ、それは…。もう解いてぇ」

「ちゃんと言わないと…お父さんが帰ってくるまで、このまま…放置しちゃおっかなぁ。放置プレイも好きっ」

「そんなっ、死んじゃいます。許して。」
見えない恐怖の中で女は震えた声を出す。

「じゃあ、ちゃんと言いなさい。これは命令よ!」

「………今の方が…キツイです。」

「ふーん、お父さんっ甘いなぁ。今度…SMラブホで…ガチ縛りで…吊るしてあげるね。ふふっ。」

それを聞いた女は…体の中で、得体の知れないどろっとした熱い物が流れるのを感じている。

「ゆ、許して下さいっ、もうこれ以上…」

「ふふっ。お母さん…そんな事言って…濡れてるわよ。ほーらっ」
娘の長い指が膣の中に入ってくる。

「あっあぁぁ」
閉じられない脚が切ない。

「それに、クリも乳首もおっ勃てて…。ホントは吊るして欲しいんでしょ?もっと…ハードにイジメられたいって言いなさい!」

目隠しをされて…全身の感覚が増した状態で聞く理不尽な要求。
しかし、マゾの歪んだ欲望が体内で熱く渦巻いていた。

クチュ、クチュ、クチュ、
娘の指が…膣の中で動いている。

「はぁ、はぁ、も、もぅこんな事…ヤメてっ。」
娘の長い指は、女の膣の中を楽しむ様に…複雑に動きながら抜き挿しを始めた。

ジュップ、ジュップ、
女は縛られて閉じられない脚を、必死に閉じようとしているが・・ロープが食い込むだけだった。

ジュ、ジュッ、ジュプッ、ジュップ、

「ハハハ、お母さん。何だって?ココはヤメて欲しく無いみたいだよぉ。目隠しされると余計に感じちゃうのかな〜」

「はぁ、はぁ、うぅぅ」

娘の手は…縛られて強制的に勃起されられた乳房の先に…伸びる。
もちろん女は気づかなかった。

「ほーらっ、ココも感じるんでしょ?」

「あっあぁぁぁ」
女は悲鳴に似た悦びの混じった喘ぎ声をあげる。

ゆっくり乳輪をなぞる細い指。

円を描く様に触り、そしてカチカチに勃起している乳首の先を軽く触った。
「あっ、ダメっ」

「ふふっ、可愛いぃ。そんなに感じるの?」

ビクッと体を震わせ…口が半開きになる。

「はぁ、はぁ、感じてなんか無い…」

「もう、沙希さん強情なんだからぁ」

娘は両手を後ろ手に縛られ、股を開いたままの女の後ろに…静かに移動すると、同時に両方の乳首を触りだした!

「あっ、あ゛っ、ダメ。あぁぁ、も、もぅダメっ」

「何がダメなのかなぁ、こんなにカチカチじゃない?」

「はぁぁぁ、うぅぅ、あっっ」

乳輪を優しく撫でたり、乳首の先をキュッと摘んだり…娘の乳首攻撃は続く。

縛られて…突出させられていなくても、十分感じる触り方だったが、今はその何倍も感じてしまう。

「はぁ、あぁ、はぁぁ、あっ、ダメっ、感じちゃうぅぅ」

「もうギブアップ?今日は…乳首だけでイカせてあげるねっ、お・か・あ・さん」

「お、お願いします、由真ちゃん、もぅ止めて下さいぃ。わ、私・・おかしくなっちゃうぅぅ」

女は義理の娘…由真に責められる様になってから、夫とのSMプレイに感じなくなっている…自分に戸惑っていた。

「良いじゃない。おかしくなれっ。さぁ、顔を出来るだけ…横に向けて…。命令を聞かないと…潰しちゃうからっ」
娘はそう言いながら…女の乳首を潰す様に…ゆっくりと指先に力を入れていく。

「はぁぁ、イヤぁぁ」
女は観念し、縛られて不自由な体で…出来るだけ横を向いた。

「キスしてあげる」
娘のいつもガムを噛んでいる…甘い舌が、女の唇に当たり…そして、口の中に消えていった。

「うっぐぅぅ」
直ぐに舌を絡め取られる。

娘の指先は、もう痛い位に勃起している女の乳首を弄んでいて…女はその快感に震えていた。

キスは段々と激しくなり、
ピチャ、ピチャ、チュッ、
濡れた音が響いていて…その音さえ、女を感じさせている。

「はぁ、はぁ、も、もぅぅ、ダメっ、はぁ、はぁイク、イッちゃうよぉぉ」

その時…娘の舌は、女の首筋を舐めていた。
舐めながら…乳首を揉んだり、ロープに縛られ突出した…乳房全体を優しく触ったりしている。

股間からは愛液が溢れているが…そこは決して触ろうとしない。

「あっ、だめっ、あっ、あぁ、イクッ」

全身を燃えている様に熱くさせ…

微笑みを浮かべた娘に見られながら…

女は激しいオーガズムに達する。

シュッ、シュッ、

「すっごぃ、触ってないのに…潮噴いてるっ。沙希さん、スケベな体ね…うふっ」

「はぁ、はぁ、い、言わないでぇ。恥ずかしいぃ、うぅぅ」

女は…もう…自分は、女同士のSMプレイしか感じない体になってしまったかもしれない。
そう考えていた。


(終わり)


投稿者:  2010/1/29(金) 13:36:25 No.3077 [I8YgZuboLkE]

こんにちわ。。
はじめまして(^-^)
続きを凄く楽しみにしてました(*^_^*)
もうドキドキしながら
読んじゃいました(//∀//)まるで柚が されてるみたいに。。。
感じちゃって(*/ω\*)


これからも楽しみにしています(*^_^*)


投稿者:さや  2010/1/29(金) 14:38:37 No.3078 [L.PibS7z5Jc]

ブルゥさん、ありがとございます♪

続きも…サイコーに燃えてしまいました〜。
もぅ…やばかったです…読みながらヌレヌレになっちゃぃした(>_<)

なんだか…SMにめざめちゃいそうです(笑)

違ったシチュエーションも知りたいな♪


投稿者:ブルゥ 2010/1/29(金) 16:38:37 No.3079 [.gVNGY4ecqI]

柚さん、さやさん、
感想ありがとうございました!
嬉しいです♪

自分は…官能小説を書いて…ブログにアップしてますが、宣伝はこの板の主旨に合わないので、サイト名は控えますね。
ごめんなさい。

また、何かアップするのでその時は宜しくお願いします。
ははっ。


投稿者:ブルゥ (bluedr)  2010/1/30(土) 8:28:42 No.3080 [pc0lPKMwjebss]


あの…

匿メールでご連絡頂いた方へ。

すみません。

メールの返信できませんでした。

あり得ないと思いますが、どーしても自分なんかに連絡を取りたい場合は、ブルゥで検索してみて下さい。






  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.