妄想

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


妄想
投稿者:四葉 2010/1/31(日) 15:41:05 No.3081 [pcmWI0N7A6a1Q]

姉が夜に私の家に突然やって来ては、子供を預かってと言って来た。
姉は家を出て来たらしく、その理由を聞いても答えようとはしなかった。
私も学校があるから断ったが、結局なにも理由が分らないまま今春小学1年になろうとする男の子を預かる事になった。
そして姉は拓海君を私に預けると、慌ててその場から走り去って行った。
『ねぇねぇ、おばちゃん』
「おばちゃんじゃないでしょ!お姉ちゃんでしょ!分った!!」
『うん……』
「よろしい♪わかれば良いのよ。で〜拓海君はお風呂入って来たの?」
『ううん、まだ』
「じゃ、お姉ちゃんと一緒に入ろっか♪」
「えーーーッ」
『えーーーッじゃないの!此処にはママは居ないんだからお姉ちゃんの言う事を聞くの!いい、分った?』
「分った…」
素直な子供は本当に可愛く、私は拓海君を連れ脱衣場に向かった。
「1人で脱げる?」
『脱げるよぉ、ボクもう小学生になるんだよ!』
「ごめんごめん。もうお兄ちゃんだもんね」
拓海君はさっさと服を脱ぎ捨て浴室へ駆け込んで行った。
私も、後を追う様に服を脱ぎだした。
正直、彼氏以外の人に全裸を見せるのは小学生とは言え少し照れる物があった。
『お姉ちゃ〜ん、ま〜〜だぁ?』
「ごめ〜ん、今いくからね」
拓海君の催促に何故か私は少し体を隠しながら浴室に入った。
湯船に浸かる拓海君が私が入って来るなりジロジロと私の体を見ている。
「な、何よ?」
『お姉ちゃんの、おっぱいママより小さ〜い』
「わ、悪かったわね!そんな事、昔っから知ってるわよ!!」
姉の胸は昔から無駄に大きく、同じ姉妹でこの差は何?と恨めしく思った時期もあった。
取り合えず子供相手に大声を出すのは大人気なく思った私は軽く体を流し湯船に浸かった。
いつまでも私の胸ばかりジロジロと見つめる拓海君の視線が気になり思わず腕を組み胸を隠した。
すると今度は私の下半身辺りに視線を変えて来た。
『お姉ちゃんの、お毛々ってモジャモジャなんだね』
(オイオイ…お前はさっきから一体どこを見てるんだよ……)
「大人になるとね、お毛々が生えて来るのよ。拓海君も大きくなったらモジャモジャになるんだぞ〜♪」
『でも、でもママには お毛々ないよ?ママは大人じゃないの?』
「え!?ママ…無いの?」
『うん。ボクと同じツルツルしてるんだ』
(嘘!あの、お姉ちゃんがパイパンに……)
「時々ね、大人になっても お毛々が無い人も居る〜かな?」
「ほらほら、いつまでも浸かってると上せちゃうぞ!お姉ちゃんが体洗ってあげるから出よっ」
私は拓海君を湯船から上がらせ、拓海君の体を洗い始めた。
彼氏の体すら洗ってあげた事の無い私は何だか複雑な気持ちになりながら洗っていく。
私がスポンジで拓海君の おちんちんを擦っているとピョコンっと小さな おちんちんが勃起してしまった。
「拓海君の おちんちん元気になっちゃったぞ♪」
『えへへ♪』
(こんな小さく可愛い おちんちんが大人になったらあんなに……)
(後、10年後位には……ヤダっ、小学生相手に私ったら)
まだ子供とは言え おちんちんをあまり見ていると発情してしまいそうで怖くなった私はさっさと拓海君の体を洗い終えた。
頭は適当に洗わせ、拓海君を先に上がらせた。
その後に私は自分の体と頭を洗い、お風呂から上がった。
頭にはタオル、そして体にバスタオルを巻いて部屋に戻ると何と拓海君が私の下着を部屋中に撒き散らしていた。
「ちょ、ちょっとぉ!拓海君なにしてるのよっ!!」
私が大声を上げ怒鳴り付けても拓海君は嬉しそうに下着をバラ撒く。
『お姉ちゃんのパンツって小さいんだね。ボクにも履けちゃうよ』
「……………もぉ、止めなさいってば!!」
『ほら♪』
拓海君は立ち上がりパジャマのズボンを下げると、そこに現れたのは私のお気に入りだったピンクの花柄パンティだった。
「な、何で履いてるのよぉ〜はぁ………」
(このガキもしかして業とか?マセガキにも程があるだろ…)
とにかく拓海君が履いている私のパンティを脱がし、散らかった下着を拾い集めていると何か器械が動いた音が聞えて来た。
「何?何の音!?」
しゃがみながら拓海君の方を振り向くと、拓海君の手には黒光をした私のお気に入りがウネウネ音を立てながら蠢いていた。
引き出しの奥に隠し持っていた私のバイブレーターを見付けだした拓海君。
「ば、ばかぁっ!!」
身を乗り出して拓海君が手にするバイブレーターを奪い取り、スイッチを切った。
『ねぇ、それな〜にぃ?』
「知らなくて良いの!」
(絶対に業とだ!そうじゃなきゃ子供の姿をした大人に決まってる!)
「ほら、拓海君はもうあっちで大人しくテレビでも観てなさい!」
『は〜〜〜い』
それから拓海君を向こうの部屋に追いやった私は散らかった下着をかき集め、引き出しにしまった。
勿論、お気に入りのバイブレーターもしっかり奥の方へしまった。
ふと時計を見て私は慌ててパソコンの電源を入れた。
チャットで話す約束をしていた人との時刻が過ぎていたのだ。
急いでチャットを起動させ、待ち合わせをしていた場所に飛んだ。
そこには約束をしていた男性が待っていてくれた。
直ぐに入室をし、まずは謝った。
すると男性は【遅い!何してたんだ?おまんこ弄ってたんだろ!】
こんな言葉がいきなり返って来た。
当然、否定をすると【本当か?おまんこどうなってるんだ?言ってみろ!】
男性はやたらと、おまんこ、おまんこと言って来るせいで画面にそんな言葉が沢山並んでしまった。
私とこの男性とはチャットでHな指示を受けながらオナニーをする仲だった。
余りにも卑猥な言葉を連ねてくるので私の下半身は熱く疼かせてしまった。
足を開きバスタオルの中に手を潜り込ませ、指先で少し触れると既に濡れていた。
私が男性の指示でアソコをスリスリと指先で擦っていると拓海君が戻って来てしまった。
『お姉ちゃ〜ん、何してるのぉ?』
擦る手をピタっと止め、平然とした顔で返答をした。
「ちょっとお勉強してたの。どうしたの?」


投稿者:四葉 2010/1/31(日) 15:42:34 No.3082 [pcmWI0N7A6a1Q]

私の隣で立ち止まる拓海君はパソコンの画面を見て、ある言葉に食い付いた。
『おまんこ?ねぇ、おまんこってな〜に?』
(これだけ言葉が並ぶ中で、どうしてそこに目が行くかな……)
「う〜ん、何だろうね?」
『後でママに聞いてみよっと』
「だ、だめッ!!きっとママにも分らないと思うから〜ねっ!」
『そうかなぁ…でも、一応聞いてみるね』
「駄目ったら駄目っ!!良い、聞いたら駄目だからね!!」
私の顔が鬼の形相に見えたのか、拓海君は少しばかり怖がりながら頷いた。
「良い子ね♪」
拓海君の頭を撫で、少し宥めた。
(あ!エッチなお汁が付いたままだ…)
「もう遅いから拓海君は寝なくちゃね。あのお布団で寝て良いから」
私はお邪魔虫の拓海君を自分のベッドに寝かし付けた。
拓海君の思わぬ登場にチャットのお相手は気付くと居なくなっていた。
「もぉ…折角、気分が乗って来てたのにぃ……」
ジロっとベッドに振り向くと拓海君は寝息を吐いていた。
「寝顔は凄く可愛いのにな」
「もう流石に起きないよね…」
私は眠る拓海君を横目で意識しながら下着をしまっている引き出しの奥から、さっき戻した黒光するバイブレーターを持ち出した。
バスタオルを少し捲り上げ、スイッチを入れずにバイブレーターの先端をアソコに押し付けた。
まだ潤いが残るアソコにバイブレーターを擦りながら先端を濡らす。
座る椅子に両足を乗せ、バイブレーターの先端でアソコを刺激していく。
クリトリスにグリグリと押し付けていると乗せる足がビクビクと震えだす。
そして、私がバイブレーターのスイッチを入れると拓海君の寝息では誤魔化せない程の器械音が響いた。
ヴィ〜ン、ヴィヴィ〜ンと音を立てるバイブレーターが突起するクリトリスを捏ね繰り回す。
「はっぁぅ...い、いい.....はぁっはっあぁ...」
いつも通り1人で居ると思い込んでいた私は声を押し殺す事など一切しなかった。
後ろで拓海君が寝ている事など全く頭になく、私はバイブレーター相手に快楽に夢中になっていた。
「あぐっ..んんっくっぅ...」
バイブレーターの先端に自分の愛液を塗り付けた後、口を開いて待っている膣にズブズブとメリ込ませながら押し込んでいった。
「あっあぁぁ...」
私は全力でバイブレーター相手に悶えていた。
『お姉ちゃん?どうしたの??』
「!!!!!!!?」
背後から拓海君の声が聞え、私は後ろを振り向いた。
目を擦りながらベッドから立ち上がった拓海君が私に歩み寄って来た。
『大丈夫?お姉ちゃん…』
「だ、大丈夫だよ拓海君。もしかして起こしちゃった?ごめんね」
『お姉ちゃん、ママみたいな苦しそうな声出してたから…』
「ママみたいな声って?」
『ママがパパにお仕置きされてる時に出す苦しそうな声…』
「お仕置き?」
『うん。パパがママにお仕置きしてる所を見ちゃったんだ』
『それでね、何してるのかパパに聞いたら悪い事したママをお仕置きしてるんだって』
「そ、そうなんだ…ママ、悪い事しちゃったんだ」
『うん。ママは裸でお尻ペンペンされてたんだ。その時の声と同じだったから…』
(何だか私の知らないお姉ちゃんを知った気分……)
ヴィーン、ヴィヴィーーン。
拓海君に驚いた私はバイブレータのスイッチを切るのを忘れていた。
少し抜け掛かっていたものの、先端が膣に納まり蠢いていた。
『この音なぁに?』
拓海君は音に気付き私のアソコを覗き込んで来た。
『大変だ!お姉ちゃん!棒がおマンマンに刺さってるよ!!』
「こ、これは……あ!お掃除してるの。だ、だから心配しないで?」
『おマンマンのお掃除?』
「そ、そう。拓海君も〜耳!耳掃除とかママがするでしょ?それと一緒」
『うん。ボク、お耳掃除好きだよ。だって気持ちぃんだもん♪』
『おマンマンのお掃除も気持ちぃの?』
「気持ちいかな…ハハ」
『じゃぁ、ボクがしてあげる♪お姉ちゃんのオマンマンを綺麗にしてあげるよ♪』
「え!?い、良いっ…あッ!だ、だめっ……」
私が断ろうとする間も無く拓海君はその場でしゃがみ込み私のアソコに突き刺さったままのバイブレーターを再び奥へ押し込んでしまった。
「た、拓海君…んっ、だ、大丈夫だからっ。ねっ!あっぅぅ」
子供の手には大きく思わせるバイブレーターを握り締め私の奥まで刺激してくる。
私の開く脚の間に頭を突っ込みながら夢中にバイブレーターを出し入れしてくる。
拓海君の手を押さえ付け様としようも、突き刺さる刺激が私の力を奪っていく。
『どう?お姉ちゃん気持ちぃ?』
「はっあぁ…き、気持ちい……」
無邪気な手が黒い暴れん坊を不器用に扱う。
その不器用さが無性に私を感じさせてしまう。
「も、もっとぉ…もっと奥も……」
拓海君は私のアソコを片手で開き、奥を覗き込みながらバイブレーターを奥に奥に押し込んでは掻き回して来る。
『あ!何か白いのが出て来たよ?』
私のアソコからは白濁した女のイヤラシイ汁を溢れさせた。
「それが汚れなの…もっと出してくれる?」
『うん、分った!』
拓海君は私の白濁した汁を真剣な目をしながら掻き出そうとバイブレーターを扱って来た。
『どんどん出て来るよ?たくさん出て来てるよ、お姉ちゃん』
この時、私は天を仰ぎながら子供の操るバイブレーターに悦んでいた。
座る椅子の背もたれ一杯に身体を仰け反らし、開いた口から悶え悦ぶ声を発した。
そして私は小さな拓海君の両肩を捕まえながら更に大きく脚を開いた。
「あッあッあッ..いッいくッ!逝っちゃッぅ!!」
「あッあッ...逝くッ逝ッくぅッ......ッ」
私は小学1年生目前の子供に逝かされた・・・
『お姉ちゃん、何処に行くの?』
「はぁはぁはぁはぁはぁ…………き、気にしないで…はぁはぁ」
『うわぁ、お姉ちゃん。白いのが凄いよ?椅子に、たくさ〜んこぼれてるよ』
私は座る椅子を覗き込むと白濁した汁が一杯に広がっていた。
『お姉ちゃん、おマンマン綺麗になったね♪』
「そ、そうね。ありがとう拓海君」
私は今出来る精一杯の笑顔で拓海君に御礼を言った。
拓海君は満足気に私の中からバイブレーターを抜き取った。
蠢いたままのバイブレーターは私の白濁した汁で真っ白に変っていた。
『わぁ、ばっちぃ!お姉ちゃんのおマンマンこんなに汚れてたんだね』
「ばっちぃって………………ごめんなさいね。汚れてて…」
最後の最後で気に障る言葉を言われはしたが、十分満足した私は着替えて拓海君を連れ眠りに付いた。




  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.