妄想

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


妄想
投稿者:四葉 2010/1/31(日) 15:44:02 No.3083 [pcmWI0N7A6a1Q]

主人が留守の間に私は息子の拓海を連れ家を出て来た。
拓海を妹の晴海へ預けた後、私は自宅へ荷物を取りに戻った。
主人がまだ帰って居ない事を願い自宅の扉の鍵を開けた。
家の中は真っ暗で、まだ主人が帰って来ていないのを知り安心した。
直ぐにでも荷物をまとめ拓海を預けた妹の所に戻る一心で寝室へ駆け込んだ。
寝室の照明を付けると部屋の中心に私が家を出るまで無かった大きな台が置いてあった。
「な、に…!?いつの間にこんな物を……」
台と呼べるか分らないが他に言い様が無い物は、真っ赤な変ったシートをしていた。
その物が何なのか分らない私はグルりと周りを一周した。
足元には輪になる4つのベルトが鎖で繋がれていた。
背もたれらしき物も変った形をしており、その真ん中には大きな半円の窪みがあった。
その大きな窪みの両隣には小さ目の同じ様な窪みがあった。
「何なの…一体これって……」
目線を上げると背もたれにある変った形と同じ窪みが上にも3つ並んでいた。
何だか嫌な予感がした私は、その物を無視し急いで荷物をまとめに掛かる事にした。
その時だった。
『何処に行ってたんだ?』
「!!!!!?」
背後から聞き覚えのある声に怯えながら反応した私。
ゆっくりと後ろを振り向くと、そこには居ないと思っていた主人が立っていた。
「ア、アナタ!?」
『だから何処に行ってたんだ?と聞いているんだけどな…』
『拓海はどうした?』
「あ、あの…そ、その……た、拓海は晴海の所へ………」
『ふ〜ん、晴海ちゃんに預けて来た訳か…で、お前は何してるんだ?』
「こ、これは……」
主人の登場に私の体は強張り、声すら震わせていた。
『何処かに行くのか?随分な大荷物らしいが…』
「………………………」
私は何も言えなかった。
無言の私に主人が近寄って来る。
『なぜ黙ってるんだ?まさか…俺から逃げ様としてた訳じゃないだろうなぁ?』
主人が私の着ているコートに手を掛けた瞬間、私は部屋から逃げ出そうと走り出した。
掴まれたコートを脱ぎ捨て、寝室の扉を抜け出した私は玄関まで走った。
もう少しで玄関を抜けれる、そう思った時だった。
背後から主人の手が私の腕を掴んだ。
「嫌ッ!!離してッ!離してッ!!」
暴れる私をその場から引き摺りながら主人に再び寝室へ連れて来られた。
「お願い、離して!もぅ嫌なの!!」
髪をグチャグチャに振り乱し、掴まれる腕を振り解こうとする私を主人は無言で押さえ付ける。
『何が嫌なんだよ…俺の何がイケナイんだ?』
「はぁはぁはぁ…最近のア、アナタには着いて行けないのッ!」
「昨日だって拓海の見てる前で…あ、あんな事……」
『それはお前が悦ぶからだろ?』
「ち、違うッ!悦んでなんていない!!そう思ってるのはアナタだけよ!」
『あれだけ喘いで、俺の勘違いだと?』
「本当に嫌なの!私はアナタの玩具じゃないのッ!」
主人は一旦、目を閉じ頭をグルグルとさせた後、目を見開かせ私を睨み付けた。
そして、私の体をあの不思議な台の様な物の前に連れて行こうとする。
「嫌ッ!離してッ!!何をするつもりなの!」
『お前の為に買ったコイツを無駄にさせるなよな』
嫌がる私を力ずくで赤い椅子に座らせる主人。
そのまま私の頭を前に押し出し、背もたれの大きな窪みの中に私の首を押し付ける。
「止めてッ!アナタ止めてッ!!」
私の首を窪みに押し込んだまま、今度は左手首を小さな窪みの中に乗せられた。
するとズドンと落ちて来た物が私の首と左手首を挟み抜け出せなくなった。
「何なのこれッ!止めてッ!!」
首と左手首を挟まれながらもジタバタさせていると、右手首も掴まれた。
そして上から挟んでいる物を少し浮かし、右手首まで窪みに乗せ挟み込む。
ガチャガチャと鎖の音が聞えると、私の首と両手首を挟み込む物は一切浮く事が無くなった。
私はまるでギロチン台に乗せられた格好にさせられてしまったのだった。
それから主人は首を出す私の前に現れ、ハサミを見せ付けて来た。
『動くなよ?動くと痛い思いするからな!』
そう言い残し私の前から姿を消したと思えば、私の着ているトレーナーを背中からハサミで切り出した。
ジョキジョキと私のトレーナーの背中を切り、両腕まで丁寧に切り刻んで行く・・
切り刻まれたトレーナーは布切れと貸し、私の肌からハラりと落ちた。


投稿者:四葉 2010/1/31(日) 15:46:52 No.3084 [pcmWI0N7A6a1Q]

その後、ブラの肩紐をチョキン、チョキンと切るりホックを外すと支える物の無くなった私の大きな乳房はダラ~ンと垂れ落ちる。
主人は私の上半身を全裸にさせると、次は下半身に手を掛けて来た。
履いていたジーンズと下着を同時に掴み、私の足から引き抜こうとしてくる。
私の足は宙に浮き、ズルズルと下半身を覆っていた物を引き抜かれた。
始め、この台を見た時の嫌な予感はこの事だった。
私は全裸のままギロチンに固定され、この場から一歩たりとも逃げる事を許されなくなったのだった。
首を動かせない私は、後ろで主人が何をして来ようが分らない。
何をして来ようが成す術が無かった。
『やっぱお前にはこの姿が一番似合ってるな!良い光景だよ…』
「狂ってるわ…」
『何と言おうが、いつもみたいに泣いて悦ぶ羽目になるんだぞ?』
「あんなに優しかったアナタがどうして……」
『………………………』
主人は黙ってしまった。
もしかして、私の言葉で主人の心に変化が?と思った矢先だった。
「痛ッ!!」
私は乳首に何か挟まれた様な痛みを感じた。
その後、下に向け何かから引っ張られる強い感覚を与えられた。
『大きな胸も、こうなっては惨めで情けないな…』
主人が言うには今、私の2つの乳首には重りらしき物を取り付けたらしい。
その為、重みで私の乳房が下に向け引っ張られる感覚がしたのだ。
下に引っ張られる乳首が乳房から引き千切られる様な強い痛みが私の唇を無意識に噛み締めさせた。
「つぅっ...ぐぐっ......っ」
『悦んでも良いんだぞ?何を我慢してるんだ?』
「だ、誰が悦ぶもんですか!こ、こんな事で…っぅ」
主人が横から私の乳房を揺すり初めてきた。
意地悪く揺らす手に寄って、私の乳房への刺激は更に強まった。
「っぐぅ...ぃっ痛っ......」
暫く主人の胸への仕打ちが続いた。
その胸の仕打ちが止んだと思うと、座っていた私の腰を抱き起こし膝が伸びる様に立たせて来た。
尻を突出させる格好にさせた私の大事な所に何か大きな物を押し込もうとして来る。
『な〜んだ、流石にコイツはすんなり入らないか……』
「何を……」
私の目の前に回り込んで来た主人は今、私に入れようとしていた物を見せ付けて来た。
『どうだコイツ!堪らない大きさだろ?』
私に見せ付けて来た物は、今までに見た事すら無い程に太く大きな形をしていた。
それに向け私の前でローションをドボドボと塗る光景まで見せ付けて来る。
「や、止めてッ!そ、そんな大きな物なんて……」
『まぁ、見てなって!直ぐに馴染むさ。お前の事だからな!』
そう言いながら再び私の前から姿を消す主人。
そして、私の大事な所に冷たい溶液を更に垂らしてきた。
『さてと…今度は完璧に入るだろ』
主人は私に見せ付けた太く大きな物を再び私の大事な所に押し付けて来た。
その大きな物の先端は私の膣を破ろうとする勢いでジワジワリ入り込んで来る。
「い、痛いッ!アナタ止めてッ!」
痛みで私が腰を暴れさせると、主人は私の腰を押さえ付けながら大きな物を入れ続けてくる・・
捻じ込む様にグリグリとさせ、私の中を一杯に広げて行く・・・
「あぐっ…あっぐっ……」
言葉にならない程の痛みが私の膣を襲ってくる。
少し入れては引き抜き、また入れては引き抜く・・・それを繰り返される。
次第に始め受けた痛みが和らぎ、鎮まるまで時間を掛けられた。
『パンパンに広がってるぞ!これじゃ相当に緩くなるんじゃないか?』
『もう普通じゃ満足出来なくなるぞ!』
主人は私の中に、あの大きな物を刺し込んだ事にとても満足だったようだ。
それから大きな物を出し入れを繰り返す。
「んっ...んぐ.....」
出し入れしては、大きな物を奥に向けググっと押し込んで来る。
「あああぁぁぁぁぁぁ……」
何かで叩き込んでいる様な感覚は私の頭の先まで貫く。
ズンッ!ズンッ!!
膣の筋肉が大きな物を吐き出そうとすると、また強く押し込んで来る。
痛みを感じた乳首の刺激もいつの間にか当たり前の様になって来た。
その慣れた刺激が、時折私の油断を付いて強い刺激を与えてくれる。
私は主人が言った様に、悦んでしまっていた。
今でも頭の中では嫌がっている自分が居る。
だが、身体に与えられる刺激の度に反応し、声を漏らしているのも事実。
そして主人のモノが私のアナルへ突き刺してきた。
私のアナルは以前から主人へ開発されていた。
主人は私のアナルへ挿入を繰り返しながら、下の膣に突き刺さる大きな物も出し入れさせる。
「あっあぁ...ああぁぁ......」
息継ぎが追い付かない位に私は喘ぎ続けていた。
膣を広げられ、アナルも広げられる私・・・
もしかしたら私は主人から逃げられないのかも知れない・・・
主人が言う様に・・・・・・・


投稿者:あき 2010/1/31(日) 23:26:11 No.3085 [V9GoS8OiwrM]

四葉サン(^^)

今週もナイスな妄想ありがとうございます♪
前々回に引き続きのスピンオフですね〜☆
でも今回はちょっとエロさがヌルかった様に感じました…
(偉そうな口きいてスミマセン!m(__)m)

あっ、大分遅くなりましたがパンツ被りオナニーの時に被ったパンツは黒の総レースです(笑)
味や匂いは酸っぱい感じとしか覚えて無いですね〜(笑)

…今更何言ってんだあたし(^_^;)


投稿者:さや  2010/2/2(火) 15:10:28 No.3086 [L.PibS7z5Jc]

四葉さん、こんにちは♪

今回も読ませて頂きました…すっごいドキドキしちゃった…

息子に遊ばれる…妹も良かったけど…夫に強引にやられることに、なぜか無性に感じてしまいました…

なんでだと思います?(笑)
続きが気になるので…お願いします!!


投稿者:四葉 2010/2/7(日) 18:04:05 No.3090 [pcmWI0N7A6a1Q]

お返事が遅くなりました。

あきサン。
ヌルかったですか…
妄想はヌルいが、これがリアルだと〜すんごいだよ!笑
黒の総レースなんて持っていたんですね♪
あきサンって色んな下着持ってそうなイメージします。

さやサン。
ズバリ!さやサンが旦那さんからされたい願望でしょうか?
それとも、日頃から旦那さんに無理矢理なセックスを強要されてるから?
つか、さやサンが人妻なのかさえ知りませんが・・・(笑
あ、続きは考えてあるんですけど書いてません。
ちょびっとだけグロいです!



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.