妄想(長いです)

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


妄想(長いです)
投稿者:四葉 2010/2/11(木) 15:16:42 No.3102 [pcmWI0N7A6a1Q]

助手席に彼女を乗せ、少し遠出のドライブをした時の出来事(妄想)
深夜になるまで車を走らせ、駐車スペースの小さいパーキングエリアに車を止めた。
平日のこんな時間だと言うのに、周りは車でしっかり埋め尽くされていた。
『はい、これ…』
俺は彼女にリモコンタイプのバイブレーターを手渡した。
1つは両胸に取り付けるタイプ。
そして、もう1つは膣に挿入するタイプの2つ。
「……………本当にするの?」
『だって梓が自分から言ったんだろぉ?』
「そうだけど……やっぱ…」
以前、彼女は俺に一度露出行為をしてみたいと自分の口から言って来たのだった。
その言葉を聞いて、俺は通販でこのバイブレーターを購入したのだ。
俺も露出行為をするのは初めての経験で多少の不安はあった。
『だ、大丈夫だって!きっと直ぐに良かったって思うからさ』
『俺もこう言うの初めてだし、何かあったら直ぐに止めるからさ!な?』
俺は不安はあったが楽しみな気持ちが大きかった。
「う、うん……」
『じゃぁ、服は全部脱いで来るんだよ?中は下着だけね!!』
「……………うん」
梓は不安な表情を俺に見せながらも、手渡されたバイブレーターを上着のポケットに入れトイレに向かった。
10分程、俺が車内で待っているとトイレの入り口から梓が出て来た。
梓はロングダウン一枚に、履いていたタイツを脱ぎ肌色の脚を露出させていた。
手には中に着ていた服をしっかりと抱き抱え、周囲を意識する様にこっちに歩いて来る。
足取りが重く、何度も周りに視線を向けながら近付いて来る梓。
車の窓からそんな梓を見る俺は既に興奮状態にあった。
手にしている2つのバイブレーターのリモコンを握り締める手にも自然と力が入る。
既に電源を入れていたリモコンを梓が近くなった所で操作してみた。
足取りの重かった梓が一瞬ピタっと動きを止めた。
『おっ!?』
今、俺が操作したのは両胸に収められている筈の方だった。
梓は俺の方を見ながら首を横に振った。
そして再び歩こうとする梓へ、もう1つの刺激を与える。
膣内に埋め込まれているバイブレーターへ振動を送った。
すると梓は抱えていた衣服をその場に落とし、内股になりながら手で股間部を押さえ込んだ。
『中々いいリアクションしてるじゃん』
勿論、今与えたのは弱い振動だった。
梓は落としてしまった衣類を拾おうと、股間を押さえながら屈んだ。
その瞬間、俺は2つのバイブレーターの振動を中にしてみた。
与えられた振動が増すと、梓は方膝をペタりと付いてしまった。
歩行者がそんな梓へ何やら言葉を掛けて来た。
きっと体調不良などを心配した言葉だったのだろう。
俺は一度、振動を止めた。
刺激から開放された梓は立ち上がり、早足で俺の待つ車に到着した。
慌てて助手席にすわるなり、小声で俺を怒鳴り付けて来た。
「も、もぉっ!何であそこで操作しちゃうの?」
『アハハ、悪い悪い。でも〜中々良かったでしょ?』
「良かったも何も、急だったから驚いちゃったじゃない」
『ハハ、誰かに声掛けられてたしな』
「あの時はバレたらどうしようって思って恥しかったんだからね!」
『そんな事言って〜感じて濡らしちゃってるんだろ?』
俺は助手席に座る梓の股を開いた。
「ちょ、ちょっと何するの?」
そして下着を露にさせ、形を浮き出させているゴツっとした塊をグリグリ揺らす。
「あっ...や、やだっ!人が見ちゃうでしょ?」
『誰も一々車の中なんて見やしないって!』
膣に埋め込まれているバイブレーターへ再び振動を送った。
「あ..んっ....だ、駄目だってば..っ」
振動を送り続けながら、下着の上からグイグイと押し込む。
梓は嫌がる言葉を吐き出しながらも抵抗する素振りは見せて来ない。
『何が駄目だって?全然嫌がってる風に見えないぞ?』
「だ、だって…ああっ……」
俺もそうだが梓のテンションもそれっぽくなって来た所で俺は一旦車から降りた。
そして梓の座る助手席側のドアを開いた。
「なに!?」
『後ろ…後ろ行こう。後ろの方が広いでしょ』
すっかりその気になった梓は普通に後部座席に移動した。
俺も後部座席に移動し、梓へキスをしながら下着を脱がせる。
しっかりと梓の膣に埋め込まれたバイブレーターを掴み出し入れさせる。
「んっ...んんっ......き、気持ちぃ..」
再びバイブレーターへ振動を与え、抜き差しを繰り返す。
「あっはっ..ぁっ...す、凄、、ぃ...」
梓は自ら脚を大きく開き、俺が出し入れを繰り返す度に腰を動かして来た。
『何か〜いつもより感じてない?』
「だって…気持ちぃんだもん。誰かに見られたらって思うと余計……」
『やっぱ梓はスケベだな!』
俺は後部座席に転がしてあったビニール紐に目が行き、それを拾った。
そのビニール紐を梓の両手首を後ろにしグルグルと巻き付ける。
「え!?なに?なにするの??」
『梓はスリルが欲しいんだろ?だから…こうしちゃう♪』
梓の手首に巻き付けたビニール紐をギュっと縛った。
「何でこうなるの?ねぇ、解いてよ……」
手首を縛り上げた後、今度は梓の片足を掴み膝にビニール紐を巻き付ける。
紐の端を後部座席の窓の上にある掴み手部分に縛り上げて行くと梓の片足は大きく持ち上がる。
同様にもう片方の膝にもビニール紐を巻き付け、掴み手部分に縛った。


投稿者:四葉 2010/2/11(木) 15:17:57 No.3103 [pcmWI0N7A6a1Q]

ビニール紐によって両膝を吊るし上げられた梓は後部座席の真ん中で大きく股を開かされた。
「やっ、やだっ!こ、こんな格好止めてよっ!」
「ひ、人に見られちゃうでしょっ!!」
『だから〜誰も見ないって!それにさっき誰かに見られると興奮するって言ってたろ?』
「言ったけど〜これは見てって言ってる感じじゃない」
『大〜丈夫!じゃ、俺ちょっと便所行って来るからさ(笑)』
「え…嘘でしょ?私こんな格好のまま?」
『車は鍵して行くから安心して(笑)』
「そ、そう言う事言ってるんじゃないの!」
俺は梓の着ているダウンのボタンをブチブチと全て外し身体を曝け出した。
そのまま車内で拘束された梓を残し車から出た。
そして窓際から梓を覗き込んではニヤっと笑みを浮かべ、リモコンのスイッチを強にした。
梓はビクビクと大きく身体を捻っては揺らしだした。
そんな梓を後に、俺はトイレに向かった。
それから用を足し終えた俺は梓が今ごろ悶絶している姿を想像しながら歩いていると俺の車を取り囲む人が集まっていた。
『ん?俺の車の所だよな?どうしたんだろ…』
不安な気持ちを高ぶらせる俺は少し早足で車に近付いて行った。
その人だかりは明らかに俺の車を取り囲んでいた。
そして、その人だかりの視線の的は中に居る俺の彼女、梓へ向けられていたのだった。
梓は顔を隠す用に俯きながら車の外へ漏れる位の声を上げていた。
「いやっ!見ないでっ!!」
決して顔を上げようとしない梓は身体に力を込め、吊るされている脚を何とか引き離そうとしていた。
だが、外れない・・
梓は大勢の人の前で大きく股を開き、膣の中へバイブレーターを突っ込まれている姿を晒してしまった。
「あっち行って!帰ってよ!!」
車を取り囲む人の中には後部座席の窓にベッタリとへばり付いている男も居た。
男女のカップルや年配のご夫婦まで見物している有り様だった。
悦ぶ男、興奮する男達が集まる中には梓に向け指を指す女。
ヒソヒソと小声で梓に、ハシタナイと口にする年配夫婦もあった。
もし、今この車に鍵が掛かっていなかったと思うと俺はゾッとした・・・
それは、この男達に梓が玩具の様に扱われるのが想像出来たからだ。
梓を助けたい、開放してあげたい気持ちはあったが、ここで鍵を開けるのは危険と読んだ俺は見守るしか無かった。
軽い気持ちで望んだ行為を反省しながら待つと、人だかりも流石に減って来た。
人だかりも減り、男が3人となった時だった。
もう少ししたら誰も居なくなるだろうと思った俺は、少し気持ちに余裕が出て来たせいかバイブレーターのスイッチが入ったままだった事を思い出した。
俺は梓に突っ込まれたままのバイブレーターのスイッチを切ろうとリモコンを手にした。
そしてスイッチを押した瞬間、ガチャっと聞えた。
一瞬の出来事だった。
ずっとドアにへばりついていた男が車の開錠に気付きドアを開けたのだった。
そう、俺は絶対にしてはいけない間違いをしてしまった。
バイブレーターのリモコンと車の鍵のスイッチを何を思ったのか間違えて押してしまったのだ。
車内に入った男は逃げる事の出来ない梓に向け飛びついた。
「キャーーーーッ!来ないでッ!!イヤッ、ヤダッ」
梓の悲鳴が車の外に響いた。
男が中に押し寄せた瞬間、周りにいた2人の男も開いたドアの外で立ち出した。
まるで順番を待つかの様に・・・
『ちょ、ちょっと待てよ……オイ…俺の彼女なんだよ……』
『オ、オイ!ヤメローーーッ!!!』
俺が何を言おうと男は梓から離れようとしなかった。
「翔君助けてッ!お願い翔君!!」
梓は俺に助けを求める。
しかし男はブラジャーを剥ぎ取り梓の胸に吸い付く・・
その男は突っ込んだバイブレーターを弄くり、それを終えると抜き出した。
履いていたズボンを下ろし、既に硬くさせていたモノを抜き終えてポッカリと口を開いている梓の膣に向け突き出した。
「イヤッ!ヤダッ!!ヤメテッ!!」
俺は反対側のドアから梓を助け出そうと、梓を貫こうとする男を引き出そうとした。
しかし予想以上に力の強い男は俺を軽く撥ね退け、俺は車から追い出されてしまった。
地べたに転がった俺は車内から聞える梓の悲鳴が頂点に達し顔を上げた。
無残にも梓は男へ突き刺されてしまった・・・・
閉じる事が不可能な膣は、男をすんなりと受け入れるしか無かった。
男は腰を振り、梓の中を力強い出し入れを繰り返す。
「しょ、翔、、君、、、、たすけ、、て、、、」
梓は地べたに転がっている俺に向け涙を流しながら助けを求めて来た。
既に男のモノを突き刺されたにも関わらず俺へ助けを求める。
俺は拳を握り、梓を救うべく車内の男に飛び掛った。
が、突然俺の身体を押さえ込む手があった。
【おい!順番守れよ!!】
『な、何言って…るん、、だ』
俺を掴む手の周囲にはズラ〜っと人が並んでいた。
一体どこから沸いて来たのか分らない程の列が並んでいたのだった。
『な、何だよこいつら……』
そして気付くと一人目の男が車から出て来た。
スッキリした感を漂わせながら車の外でズボンを履きなおしている。
その反対側のドアからは次に並んでいた男が車の中へ入りだす。
『待てよッ!俺の彼女に何してるんだよッ!!』
『は、離せって!』
「翔君……お願い…助けて……」
梓が言葉を発したのはこれが最後だった・・・・
代わる代わる男が押し寄せ、梓は犯されていく・・
いつ途切れるのか分らない列・・・
梓の中で吐き出す男、梓の身体に向け吐き出す男・・・
梓は顔は勿論、身体の至る所まで男達が吐き出したザーメンによって塗れた。
俺は梓を助ける事が出来なかった。
叫び、肩を落とす事しか出来なかった。
唯、この男達が梓の身体に飽きる事を願う事しか出来なかった。
そして日が昇りだし、あの長蛇の列は何事も無かったかの様に無くなっていた。
梓の傍に駆け寄り俺が車の中へ頭を突っ込むと、鼻を強く刺激するザーメン臭が車内を覆い尽くしていた。
『うッ…梓ッ!梓ッ!!』
「…………………」
幾ら声を掛けても、どんなに身体を揺すろうが梓は反応しなかった。
『梓ッ!なぁ返事してくれよ!!』
「あ…次の人ですか?」
『な、何言ってるんだよ?俺だよ俺!翔だよ』
「もう、かなり汚れてしまってますけど……」
『梓ーーーーーーーーッ!!』
軽い気持ちが招いた行為の最低、最悪の出来事だった・・・・・・・・・・


投稿者:さや  2010/2/12(金) 0:42:59 No.3104 [L.PibS7z5Jc]

こんばんは〜

今回もワクワクして読んでましたが…車に人だかりのところくらいから、刺激的なんだけど凄く怖いな…って思っちゃいました。

でも、こんな感想をもちながらも感じてしまいました(*^^*)

当たり前ですけど…実体験じゃないですよね(笑)


投稿者:あき 2010/2/12(金) 11:31:29 No.3105 [V9GoS8OiwrM]

四葉サン(>ε<)♪

こんにちは!
全然性欲減退してないじゃないですか〜(笑)
更に凄みを増したって感じです(゜_゜)
ちょっと残酷(?)ですが、これはこれでアリですね〜(´Д`)ハアハア

四葉サンお得意の細かい描写がリアルで、現実に起きてる感じがしてドキドキしました♪

日曜日、また待ってます(>ε<)


ちなみに勝負パンツは黒の総レースをデザイン違いで7枚前後持ってます♪
一週間対応!(笑)


投稿者:四葉 2010/2/14(日) 17:56:07 No.3107 [pc1jwarG1jFoM]

さやサン、あきサン。
お2人が思う様に俺も書いていて酷いと思ってしまいました・・・
最初は良かったんですけどね(笑
怖い想いをさせてすいませんでした。
次は柔らかいですので!

さやサン。
これは勿論、妄想ですよ(笑

あきサン。
俺との勝負の時は大人なレースより、可愛い柄をチョイスで!笑
手持ちの勝負パンツを一週間履き通した事ってあるんだろうか・・・


投稿者:あき 2010/2/14(日) 23:09:55 No.3110 [V9GoS8OiwrM]

四葉サン(^_-)

可愛い柄のは持って無いですね〜(^_^;)
自分に可愛い系は似合わないと思ってるんで……(ToT)しかも身長170センチもあるんですよ…(+_+)


さすがに一週間勝負パンツは無いですね(笑)
4日位ならありますよ★
…結果は『負け』でしたが(爆)


投稿者:四葉 2010/2/26(金) 18:21:50 No.3112 [pc1jwarG1jFoM]

大変、お返事が遅くなりました〜

あきサンってそんな身長があったんですね。
俺とあまり変らない(笑
ま、自分で似合わないと決め付けず、気分転換に可愛いのも良いと思いますよ♪

それにしても〜4日履いて全敗ですか?
俺に一言あれば、敗者復活で激勝したかもしれないのにぃ(笑



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.