妄想(続きはお待ちを)

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


妄想(続きはお待ちを)
投稿者:四葉 2010/2/14(日) 17:52:01 No.3106 [pc1jwarG1jFoM]


『オイオイ…ほんと大丈夫かよ〜』
俺は、自分の足で帰れない程に酔った友達を自分の家に連れ帰って来た。
この酔っ払った達也と俺は同じバイト仲間で、付き合いも長くよくこうして飲み歩く事も多かった。
今日、達也がこんなにも酔った原因は〜遠距離恋愛中の年上彼女の事だった。
まぁ、よくある話だが酒を呑んでいる内に急に寂しさが込み上げて来たのだろう。
達也は俺が聞いても居ないのにベラベラと彼女の事をよく話し、教えてくる。
お陰で俺は達也の彼女がどんな人なのか気になって仕方なかった。
『何だ?もう寝てんし…』
俺のベッドで横になると直ぐに大きなイビキをかきながら達也は寝てしまった。
取合えず達也の着ているコートだけでも脱がそうとした時だった。
コートのポケットにしまってあった携帯電話が鳴り出した。
始めは何とも思ってなかったが2回、3回と鳴る携帯電話が煩く思った俺はついポケットの中から達也の携帯電話を取り出してしまった。
『なんだメールか。明奈?明奈……あ!もしかして彼女か』
俺は達也がベタ褒めする、噂の可愛い彼女のメールの内容が無性になりだした。
そして眠る達也を横目に俺は、してはいけない人様の携帯電話を開き、中身を見てしまった。
1通目は【達也もう寝ちゃった?】
2通目は【今日ねスカート買ったんだ☆凄んごく可愛いんだよ♪】
3通目は【どう?ちょっと短すぎたかな?】
最後の3通目には写真が添付されていた。
その添付されている写真は達也の彼女が買ったと言うスカートを履いて写した物だった。
『うっそ!彼女…メッチャ可愛くね?』
写真に写る彼女を見た俺は、初めて達也の言葉を信じた。
すると再び携帯電話がメールを受信した。
もう、友達の携帯電話を覗く事に何の躊躇いも無くなった俺は当たり前にメールを開いた。
【これね、リーバーシブルなんだよ☆何と裏は水玉なのだーーーっ♪って寝てるみたいだね(悲)】
彼女のメールを読んだ俺は出来心と言うのだろうか、達也になりすまし返事を書いた。
【起きてるよー。スカート可愛いね♪裏の水玉も見てみたいな♪】
と、書き込み彼女へ送信してしまった。
ついメールを返してしまったが、それから暫く経っても返事が来る事なく俺はバレたのか不安になっていた。
そして達也が起きたら、この事を謝ろうと思った時だった。
再度メールが返って来た。
達也を装ったのがバレてないかメールを見るのが怖くなった。
俺は恐る恐る彼女の受信メールを開いた。
【もぉバレバレだよ?そんな事言って本当はスカートの中を見たいんでしょ(笑)】
そして、そのメールには写真が添付されていた。
写真に写る彼女は少し恥らう感じでスカートをペラっと捲くり裏地の水玉を見せていた。
俺は彼女の見せる水玉模様よりも、そこからチラ付かせていたピンクのショーツに目がいった。
『良かったぁ。バレて無かったよ…このチラっと見えてるパンティが堪んねーッ』
俺の事を達也と思い込んでいると確信した俺は賭けに出た。
【アハハ、バレてた?(笑)でも明奈のピンクパンティもっとちゃんと見たいな♪】
もしこれで写真が送られて来たら、相当な所まで行けると俺は思った。
俺がメールを送ってから数分後・・・彼女からのメールを受信した。
『ヨッシャ!来たーーーッ!!』
【何か…恥しいよ……後でちゃんと消しておいてね?】
恥らう言葉と共に送られて来た写真は俺の予想を超えていた。
俺が言った訳でも無いのに、彼女は履いていたスカートを脱ぎ降ろし上半身は裸。
身に付けて居る物はピンクのフリルが付いているショーツのみだった。
胸元を腕で隠してはいる物の、出来た谷間がその胸の大きさを俺に教えてくれた。
直ぐ様、俺は返事を書いた。
【どうして裸?もしかして〜したくなっちゃった?】
【その手が邪魔だなぁ…フリフリのパンティも汚れちゃうから脱いじゃおっか?】
この際、行ける所まで行くつもりの俺のメールはエスカレートしていった。
彼女も俺の言葉を達也の言葉だと信じ込み、躊躇し恥らいながらも指示に従ってくれた。
彼女は返事の度に写真を送り付けてくる。
綺麗に処理している縦長の陰毛を晒す写真。
迫力のある大きな胸をドンっと突き出す写真。
そして自ら開いた陰部を写し、指先を深々と押し込む写真まで送って来た。
彼女の視線は恥らいながらも必ずカメラ目線で写され、可愛い顔からは想像出来ない程、淫らに写っていた。


投稿者:四葉 2010/2/14(日) 17:57:33 No.3108 [pc1jwarG1jFoM]

その彼女が送ってくる淫らな写真を逐一自分の携帯電話に転送していた。
写真のネタが付き掛けて来たのを感じ、俺は再び賭けに出た。
達也が俺に昨夜、電話で彼女としたと言っていたのを思い出したのだった。
【ねぇ、気持ちい?電話でもっと気持ち良くなろっか?昨日みたいに……】
俺がこんなメールを送ってから直ぐに彼女から電話が掛かって来た。
まさか彼女の方から電話を掛けてくると思っても居なかった俺は慌てて電話に出た。
『も、もしもし……』
「達也?何か〜声が違くない?」
『あ、ああ。さっきまでカラオケでさ〜気合入れ過ぎて声がちょっと…ね』
「カラオケぇ?女とでしょ?」
『違う違う(笑)バイト仲間だって』
「ふーん…怪しい……」
疑う彼女を何とかして本来の目的に戻そうとする俺。
『さっきの写真見て、もうメチャメチャ大きくなってるんだ…』
「ちゃんと消してよ?撮りながら恥しかったんだからぁ」
『大丈夫、大丈夫!ちゃんとオカズにするから(笑)』
「ば、ばかぁっ!!」
『それより途中だったんだろ?オナニーの……』
「…………………」
『何で黙るんだよ?』
「い、言わないっ!もぉ……」
『アハハ。どこを弄ってる途中だったんだぁ?』
「………………あそこ」
『あそこぉ?何処だそれ?ちゃんと言ってご覧。あそこって何処』
「んもぉっ。あそこで分るでしょぉ?」
『ほらほらぁ。早く言って指入れないとスケベな汁が垂れて来ちゃうぞ?』
「や、やだぁ。そんな風に言わないでよぉ…なんか〜今日はいつもの達也と違う」
『酒入ってるし、明奈のあんな写真見た後だからかも……』
『それより言ってご覧?気持ち良くなりたいんだろ?』
「…………お…おま…………………」
『はい?何だって??聞えないぞ』
「やっぱ言えないっ!」
『へーーーっ。言えないなら切っちゃおっかなぁ?』
「や、やだっ!い、言うからぁぁ」
『なら早くっ!』
「お…おま……ん…」
『ん?聞えないって〜』
「おまんこ…………」
『全然聞えなーい!』
「も、もぉっ!聞えてるでしょ?達也の意地悪……」
『おまんこ弄ってたんだ?写真撮りながら…』
「う、うん………」
初めて聞く彼女の声はとても可愛らしく、恥じらいをも感じた。
俺は電話で彼女へ向け、自慰行為の指示を送りつける。
恥らう言葉を吐かなくなった彼女は甲高い喘ぎ声ばかり吐き出している。
その喘ぎ声は携帯電話を耳元から離しても響く程、高く大きかった。
「あっ...あんっ......ああんっ...」
携帯電話を片手に自慰行為をしている彼女を頭に浮かべ俺は露にさせていたモノを握り締めていた。
自分の携帯電話に転送した彼女の淫らな写真を表示させ、悦び喘ぐ声を聞きながら俺は扱いていた。
「あっ..いやっ!き、気持ちぃの...もぉ逝っちゃうよぉ......」
『もう逝くのか?まだ早いぞ??』
「で、でも…凄く……あっ、だめっ!逝っちゃぅ」
「ねぇ、逝っても良い?逝かせて……あぁぁっ…逝っくっぅぅ………っ」
絶頂に達してしまった彼女は息をハアハアと荒げてしまった。
『逝ったんだ?気持ち良かった??』
「はぁはぁ…う、うん。逝っちゃった……」
俺は友達の達也を装い、彼女を逝かせてしまった・・・
行為の後、暫く普通に話すのに必死に頭の中で彼女の情報を引きずり出し会話を進めた。
『確か〜来週帰って来るって言ってたよな?』
「うん」
『久し振りに明奈に逢えるな♪』
「アタシに逢えて嬉しい?」
『嬉しい、嬉しい!逢って〜沢山エッチして〜〜(笑)』
「もぉ、達也は直ぐそればっかりぃ(笑)」
『明奈はエッチしたくない?』
「したいよ…達也に沢山気持ち良くして貰いたいもん」
こんな会話をしていると、友達の彼女がまるで自分の彼女に思えてしまう。
そう思うと無性に彼女を抱きたくなってしまった。
電話を切り、色々と考え俺は1つ閃いてしまった。
その閃きとは・・・・・・・


投稿者:あき 2010/2/14(日) 23:04:11 No.3109 [V9GoS8OiwrM]

四葉サン(>_<)

めっちゃ続き気になるじゃないですか〜!!!!
今回の、超★イイですっっ!(´Д`)
あたしも四葉サンとTELエッチしたいなぁ〜…(>ε<)☆

なんて(笑)


首を長く長〜〜〜くして、続きを待ってます(^^)♪


投稿者:さや  2010/2/23(火) 22:30:35 No.3111 [L.PibS7z5Jc]

ご無沙汰でした(..)

今回も読ませていただきましたよぉ。

まさか電話で逝かせちゃうとは…うらやましい!!
友達の彼女、ホントに抱いちゃうの?

続きが気になります(ウズウズ)早く読みたいな〜


投稿者:四葉 2010/2/26(金) 18:25:27 No.3113 [pc1jwarG1jFoM]

あきサン。
超が付く程良かったですか?
そいつは嬉しい褒め言葉ですね♪
俺とTELえっちしたいとは・・・
逝っちゃいますよ?笑

さやサン。
電話で〜って羨ましい事ですか?
友達の彼女を抱いてしまうのか!
それとも、久し振りの彼に抱かれるのか!!
ハッピーエンドで終われたら良いですよね。




  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.