↓の妄想の続き

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


↓の妄想の続き
投稿者:四葉 2010/4/25(日) 14:02:29 No.3187 [pc1jwarG1jFoM]

黒川はザッザッとサンダルの音を立てながら私に歩み寄って来た。
近寄る黒川から逃げようと試みたが足が震えて力が入らない。
そして私の目の前で立ち止まった黒川が座る私の目線に合わせる様に腰を落とした。
『その中身…見たんだろ?』
髪が乱れる程、私は首を横に振りそれを否定した。
『なら、何をそんなに怯えてるんだ?』
言葉を発しようとしたが震える唇から声が出なかった。
『生徒が教師の物を覗き見するなんて関心しないぞ?』
「あわっ...あわわ......」
『俺が怖いのか?』
黒川が私の肩を掴んで来た。
その瞬間、私は掴まれた黒川の手から逃れようと着ていたブレザーを脱ぎ捨て扉に向かって走り出した。
ガチャガチャ…ガチャガチャ……
「な、何で…何で開かないのっ!」
この扉に鍵が閉められていた事は知っていた。
締められた鍵を開ければ良い、唯それだけの事。
しかしパニックに陥った私は何度もドアノブを捻り、扉を叩く。
そうしている内に背後から黒川の履くサンダルの音が近寄って来た。
私が後ろを振り向くと黒川が直ぐ目の前に立って居た。
慌てて再び逃げ出そうとした私の腕を掴まえ壁に私の背中をドンっと押し付けて来た。
「うぐッ!!」
そのまま前面に突き出した胸をブラウスの上からギュっと掴まれた。
手を暴れさせ黒川の手を払い除ける。
「はぁはぁはぁ…」
1人息を荒立てる私と対照的に落ち着きを保っている黒川。
きっと今の私の様に逃げ暴れて来たクラスの皆を抑え付けて来た慣れだろう。
私の暴れさせる手を軽く払い除け、その隙から胸に触れてくる。
しかし一向に止まない暴れる手に嫌気が差したのか私の両腕を掴んで来た。
そこから壁伝いに私の手を頭上に運び、交差させられた手首を黒川の片手でグっと押さえ込まれた。
黒川に押さえ込まれた手を振り解こうと力を込めるがビクともしない。
私の渾身の力は黒川の片手の力にさえ太刀打ち出来なかった。
そして黒川は私の手を頭上に上げると、もう片方の手で胸を自由に触れてきた。
『これは〜クラスの中で1,2位を争う小ささだな!』
黒川は私が悩む程に小さい胸を指摘してきた。
『どれどれ……』
そんな言葉を言いながら黒川は私の着ていたブラウスのボタンを外し始めた。
手を押さえ込まれた私は上体や腰を捩り抵抗を試みた。
「はぁはぁはぁ…やだ………」
しかし片手とは言え、慣れた手付きで簡単に全てのボタンを外されてしまう。
ブラウスのボタンを外し終えた黒川はブラウスを肌蹴させ、ブラを露出させた。
『お?黄色のブラは初めてだぞ♪』
黒川は嬉しそうな笑みを浮かべ、その黄色い私のブラを掴んでガバっと上に捲くる。
ズラされたブラから私の食み出る程も無い小さな胸が露にさせられた。
「いや……いやぁ…………ッ」
露になる胸を再び確かめる様に、黒川は直に胸を触ってきた。
掌で軽く擦るような動き、動きを止めたと思うとギュッと掴みだす。
「く……っぅ」
『うーん……渡辺が1番だな!うん、1番小さい』
「いやぁぁぁぁぁ、いやっいやっいやぁぁぁぁ」
この黒川の放った一言で私は再び強く抵抗を始めた。
『お?お?何だ急に……』
黒川の表情が少し変化した。
『ったく、大人しくしてろよな……疲れるだろ?』
黒川は自分の履いているズボンのベルトを外しだした。
そして外したベルトをスルスルとズボンから抜き出すと、私の交差している手首に巻きつけて来た。
ベルトをギュっと絞り、私の手首が抜けない様に強く締められた。
「はぁはぁ…んッ!!」
強く締められたベルトはギシギシと音はするも、外れる気配が無かった。
今度はベルトによって私は手を拘束されてしまった。
黒川はベルトの先端を掴み、私を振り回す様に歩き出した。
「あ…や、やめて……」
黒川の行く先、行く先を両手を突き出す様に連れ回される。
グルグルと私を先導する黒川に足が縺れ倒れ込んでしまった。
それでもベルトを強く引き私を引き摺りながら歩き回る黒川。
暫く私を引き摺り歩いている黒川がやっと歩くのを止めた。
「はぁはぁはぁ……」
息の上がっている私を頭上から黒川が覗き込んできた。
黒川は、ニヤっと笑って私に向け両手を見せて来た。
私は黒川がベルトから手を離したと思い、拘束された手を持ち上げようとした。
しかし、持ち上げようとした手は動かなかった。
首を捻り頭上にある手の先を見ると何と黒川は自分の足でベルトを踏んでいた。
「んッ!んッ!!」
手に力を入れても踏まれたベルトは張ったまま。
両手が自由になった黒川は片足を残したまま、私の横に来た。
そして、少し不恰好な体勢で私のスカートに手を掛けだした。
スカートのホック、そしてファスナーを下ろされるとスカートの裾を掴み私の足からスカートを引き抜いた。
『上下で黄色か♪』
私はブラとお揃いの黄色いパンティを晒され、隠したくても隠せないせいか足を命一杯閉じた。
黒川は私の閉じる足に手を出して来た。
私の足を開こうとしているのか、それとも持ち上げ様としているのか分らなかったが、とにかく私は閉じる足に力を込めた。
もう、この力を弱めたら終わり。
足を開いてしまっては最後。
そう自分に言い聞かせ、私は有りっ丈の力を足にだけ込めた。
『ふぅ……仕方ないな…』
『もう残り少ないから、お前なんかに使いたく無かったんけどな…』
黒川は背広のポケットに手を入れ、何か小さな物を出して来た。
私には黒川が手にした物が何なのか知る由も無かったが、得体の知れない物に怯えた。
黒川はその手にした物を私のアソコへ近付けて来た。
「な、何!?やだ…やめて……」
足を幾ら閉じても隠しきれない箇所に向けシュッと何かを噴き掛けて来たのだった。
『コイツは効くぞ…直ぐだからな?』
黒川の言葉の意味が私には分らなかった。
そして更に数回、シュッシュッと噴き掛けられた。
パンティから冷たい何かがアソコに伝って来るのがわかった。
黒川に何かを噴き付けられて数分だった。
無性にアソコが熱くなってきた・・・
閉じる足を擦り合わせる様にモゾモゾとさせてしまう。
『ほら直ぐだって言ったろ?』
黒川は笑みを浮かべながら私の顔を覗き込んできた。
時間が経つにつれ、熱く感じていた感覚が増してくる・・・
それがジンジンと私のアソコを疼かせだす。
「はぁはぁはぁはぁ……」
私の口からは熱い吐息が吐き出されていた。
そして熱さが増し、疼きが増した私のアソコからは今までに無い位の恥ずかしい液を出していた。


投稿者:四葉 2010/4/25(日) 14:05:39 No.3188 [pc1jwarG1jFoM]

自分でも分る程、パンティを濡らしているのが分った。
「んーーーっ、んーーーーーーーーーっ」
アソコを弄りたくて仕方なかった・・・
疼くアソコをどうにかしたかった・・・
このまま放置して置くと気が狂いそうな位、疼いてくる私のアソコ・・・
ベルトで拘束された手を何度も何度もアソコに運びたかった。
『弄りたいのか?弄りたいんだろ??』
「はぁはぁはぁ………………違っ…」
『そっか…』
黒川は私の両膝を掴みガバっと大きく開いてきた。
あれだけ力を込めていた私の両足が簡単に開かされた。
蟹股の様な格好をさせられた私は足を閉じようと試みたが力が入らない・・
そして黒川は私の両足を軽々と持ち上げ、尻が上に突き出す様な格好にさせられた。
恥しい格好・・・
アソコが丸見えにさせられる格好・・・
「いやっ...いやっ......」
『あ〜〜あ、ビショビショに濡らしちゃって……』
『外にまで染み出して来てるぞ?渡辺ぇ…』
「…………………………」
自分でも相当に濡らしてしまっているのが分っていた。
それを黒川に指摘され恥しさが一層込み上げて来た。
それもこんな格好にさせられ、パンティを履いているとは言えアソコを覗き込まれているから。
そして一向に鎮まる事のない疼きが黒川の手に寄って加速させられた。
黒川は私のお尻を撫で回し、アソコに触れないよう足の付根やアソコ付近に指を運ぶ。
「はぁっ…」
もどかしさが余計に疼きを増してくる。
触って欲しい・・・触れて欲しい・・・そして入れて欲しい・・・・・
何でも良いからこの疼きを止めて欲しい・・・
こんな想いが私の中を埋めていた。
しかし、こんな事は絶対に言いたくなかった。
このまま耐えて時間が経てば収まる。
もしかしたら黒川が・・・とまで思う様になってしまった。
すると、黒川は私の座っていた椅子を持ち出し、私の股の間で椅子を横に倒した。
「!!?」
横に倒された椅子の足、4本が私に向けられている。
『疼くわ、弄れないわで辛いだろ?』
まさに黒川の言うとおりだった。
『この椅子使えよ?』
黒川の思わぬ言葉に私は言葉が出なかった。
私が黙っていると黒川が椅子を持った。
『こう使うんだよ』
椅子の足先1本を私のアソコにグリグリと押し付けて来た。
「はぁっ!!」
ずっとオアズケにされていた感覚が私を突き刺した瞬間だった。
「はぁっ...はっあぁぁ......」
黒川の押し付けてくる椅子の足に自ら腰を振り、もっと、もっとと心の中で思わされた。
しかし黒川は私に押し付けている椅子を置いてしまった。
『後は自分でやるんだな!』
「そ、そんな…自分でって……」
置かれた椅子の足は、寝ている私にとって高い位置にあった。
『ほら、どうした??』
椅子の足を使うのが、どれほど惨めで情けなくなるのか私には想像出来ていた。
しかし、私は負けてしまった・・・
私は足を開き、ゆっくりと腰を浮かし突き出ている椅子の足に向かいアソコを近付て行く・・・
腰が浮かすと言うより、この格好はブリッジだった。
そうまでしないと椅子の足には届かない。
やっとの思いで私のアソコは椅子の足に触れた・・・
「あぁぁ……」
夢中になり椅子の足にアソコを擦る私・・
情けない格好をしながら膝を使い、アソコを擦り上げる。
『凄いな渡辺ぇ』
黒川がチャカそうが私は夢中に疼くアソコを椅子の足で鎮めている。
パンティの上から椅子の足を割れ目の間にし、膝を動かし上下させる。
「あっは...ああっはぁ..っ」
クリトリスを足の先端で抉る様にし刺激を与える。
「ああ…ああぁぁぁ……」
『酷いな……』
夢中で快楽に浸かる私には黒川が何を言おうが今の私には耳には入らない。
このままクリトリスの刺激を続ければ私は逝ける。
「あっあっあっあっ……」
黒川の前で逝くのは嫌だけど逝きたいと思った私。
だが此処でまたもや黒川が意地の悪い事をしてきた。
まるで親が子供の玩具を取り上げる様に、黒川は私から椅子を取り上げた。
「はぁはぁはぁはぁ……そ、そんな…」
『今、逝きそうになっただろ?』
『そう簡単に逝かせないからな?』
横に倒した椅子を今度は背凭れを利用し斜めにして置いた。
すると椅子の足が今まで横に突き出ていたのが、今度は斜め上に突き出した。
『此処に…入れてみろよ……』
黒川が指を指す椅子の足の底は汚く汚れている。
しかし玩具を取り上げられた子供は必ず取り返そうと親の言う事を聞く。
今の私は、子供と一緒。
黒川がベルトを手にし、私の体を引き起こす。
『ほらぁ…』
私は斜め上に突き出した椅子の足の高さに腰を落としていく・・・
手の使えない私は椅子の足の先端にパンティを引っ掛ける。
そしてパンティの中へ椅子の足先を潜り込ませた。
椅子の足先を確かめる様に腰と膝を使い、私は自ら足先をアソコの中へ沈めていった・・
「んんっ……」
簡単にアソコの中に入り込んだ椅子の足・・
ゆっくりと腰を前後させ、椅子の足を出し入れさせる。
椅子の足は細いが長さがある為、子宮を確実に突付いて来る。
「あっあっあっ……」
私は両腕を目の前に立つ黒川に差し出しながら腰だけを動かしている。
止まらない・・・
こんなの衛生的では無い。
それに情けなく惨めだ。
こんな事で喘いで恥しい。
だけど、止まらない・・・
私は椅子の足を奥に突っ込み子宮へ先端を押し付けながら腰を円を描く様にグルグルと回す。
アソコの中を拡げ擦る刺激を自ら与える。
「ああぁぁぁ……ああぁぁぁぁぁぁ…………」
そして私は逝ってしまった・・・・・
「はっはっはっはっ…」
椅子の足を突き刺したままで居る私を黒川がベルトを引き私を椅子から引き離した。
そのまま膝を付き、崩れる私に黒川が見せて来た物。
それはいつ撮ったのか全く気付かなかった私の写真だった・・
私がブリッジしながら椅子で刺激を与えている私。
そして今の椅子の足を突っ込んで逝く寸前の私がカメラに表示させられた・・・・
『これで口封じになるか??』


う〜〜〜〜ん………
まさか椅子を使うとは思ってませんでしたね(笑)
つか、俺の発想って何??
普通じゃないよな…
病んでるなこりゃ(笑)


投稿者:さや (sayakachan)  2010/4/25(日) 20:59:27 No.3191 [L.PibS7z5Jc]


お久しぶりです!!
なんか四葉さん…グレードアップしてますね〜

椅子を使うとは思いませんでしたが、読んでて興奮しちゃいました(>_<)

あのシュッとしたのは…ヤバいですね♪
でも、実は一度やってみたいことなんです〜

媚薬責めとかって、できますか?


投稿者:四葉 2010/4/25(日) 23:28:48 No.3192 [pc1jwarG1jFoM]

さやサン
お久し振りですね♪
グレードアップしてます?
何だか下がった気がしてるんですけど・・・
ま、興奮してくれたらしいのでヨシとしてます♪
俺も椅子を使うなんて思ってもいませんでしたよ(笑

媚薬責めとかは〜出来ません。
何故なら、俺も使った事がないからです!笑


投稿者:あき 2010/4/25(日) 23:39:14 No.3193 [V9GoS8OiwrM]

四葉サン(o^-^o)

こんばんは★
まさかイスとは…!
おみそれしました(´Д`)そして、かなり股間がヌレヌレです(笑)
興奮が凄かったです…!

今日こそオナニーでイケるかも!!

今からまたチャレンジしてみますね♪

最高のオカズをありがとうございます(笑)


投稿者:四葉 2010/4/25(日) 23:44:30 No.3194 [V.iV2Y7D0gY]

あきサン
こんばんは♪
ヌレヌレになる程の興奮でしたか〜
オナゴは椅子が好きなんか?笑

あきサンは指派?道具派?
しっかり気持ち良くなって逝けますよーにっ
万が一の時は俺が……(笑)


投稿者:あき 2010/4/26(月) 8:18:52 No.3195 [V9GoS8OiwrM]

四葉サン(^^)

おはようございます★

昨夜のオナニーの結果報告です(笑)

……………ズバリ



イケましたよ〜!!)^o^(


いや〜やっぱり先にヌレヌレになってたのが良かったです☆

ちなみに昨日は指オンリーでした(^^)

めちゃくちゃイキまくりたい時は道具を使いますが、シーツがビショビショになって後始末が大変なので…(笑)

指でも3回はやりましたが(大笑)


でも今度は四葉サンにお手伝いして欲しいな♪

なんちゃって(^^ゞ
いや、結構本気ですが(爆弾発言★)


ではでは仕事行って来ます〜(^^)/~~~


投稿者:四葉 2010/4/26(月) 21:57:48 No.3197 [V.iV2Y7D0gY]

あきサン
オメデトーッ♪
しかも3回も(笑)
では、報告ついでに〜
その流れも報告して下さい(笑)
どこを どう触れ逝くまでになったのか…


で、ちょこっと爆弾発言は了解してあげたいんですが〜
此処じゃ無理ですね。


あきサンの出勤時間を推測すると、販売業ですか?
でも車でしたよね?
そうなると分からん…
とにかく都内では無いですねぇ

今夜は大人しく寝るのかな?



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.