↓ Aを選択した妄想

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


↓ Aを選択した妄想
投稿者:四葉 2010/5/3(月) 13:14:34 No.3201 [pc1jwarG1jFoM]

(A)翌日、引越しの挨拶に誤配送された宅配物を開けてしまった事を伝え返す。

を選んだ場合の妄想〜〜〜


翌日の午前中に隣へ挨拶をしに向かった。
ピンポーン・・・・・・ガチャッ。
扉が開き中から顔を出したのはスウェット姿をした30代位の女性だった。
「あ、あの。今度、隣に越して来た中村と言います」
『中村?私も中村なんだけど偶然♪』
「は、はい。昨日一度お伺いしたんですけど留守だったので…」
『そうだったんだ。ゴメンね。これからよろしくね♪』
「こちらこそ宜しくお願いします。後、それと……」
『ん?なぁに??』
「じ、実は…昨日なんですけど〜こちらの宅配物が誤って私の所に届いちゃって」
『そうなの?同じ苗字だもんね。何かゴメンね』
「い、いえ…それでなんですけど〜てっきり私宛だと思って中身…開けちゃったんです」
私は別の包装紙で宅配物を包み直した物を差し出した。
「本当すいませんっ!!」
頭を深々と下げ誤った。
『な〜んだ、そんな事別に良いのにぃ』
「で、でもっ…」
『中身は何だった?』
「そ、それは…………………」
『言い難い物だった?』
「ちょ、ちょっと……」
『ねぇ、今少し時間ある?』
「大丈夫ですけど、何か!?」
『家で少しお話しない?隣同士が同じ苗字って何だか縁がありそうじゃない』
「ま、まぁ…」
そして私はお隣の中村さん宅へお邪魔する事になった。
『ねぇ適当に座ってくれる。何か飲むでしょ?』
「あ、はい。すいません」
シンプルに纏められた部屋が私を落ち着かせる。
訳が無く、始めて会った人の家にお邪魔するのは同じ女性であっても落ち着かない。
『はい、お待たせ♪』
「あ、すいません……」
『えっと…私は中村望(のぞみ)年齢は〜今年で30(泣)』
「わ、私は中村○○です。23になります」
『若〜〜い。羨ましいなぁ(笑)』
「そ、そんな事…」
『そうだ!これ開けても良い?』
望さんは私が包み直した宅配物を開けても良いか聞いて来た。
「い、今ですか?此処で??」
『ほらぁ。さっきもそうだけど、そんな態度取られると気になるじゃない』
望さんは私の目の前で宅配物の中身を取り出した。
『アハ♪これかぁ。買った事すっかり忘れてたわよ(笑)』
何だか呆気に取られた気分だった。
逆に私の方が無性に恥しくなって来た。
『別に言い難い物じゃないじゃな〜い。普通にバイブでしょ?』
「そ、そうですか?だってそれって……」
『○○ちゃんはバイブとかって初めて?』
「初めてじゃ無いですけどぉ……って何を言わすんですかぁ///」
『アハハ○○ちゃんって可愛い♪』
「も、もぉ茶化さないで下さいっ///」
何だか子供扱いされた気分にさせられたが、こんな質問に受け答えすると照れてしまう私だった。
「え!?何してるんですか??」
『何って電池入れてるのよ?どんな動きするか見てみたいでしょ?(笑)』
「み、見たくなんか有りませんっ///」
『ヨシッ!スイッチON!!』
ヴィーーーン…ヴィーーーーーン……
望さんは私の目の前でバイブを動かした。
聞いているだけで恥しくなるモーターの音と、うねる様な動きをさせるバイブ。
『どう?○○ちゃん、このスイングどう??』
「そ、そんな事わかりませんっ!き、聞かないで下さいっ///」
『イヤラシイ動きだと思うでしょ?』
「し、知りませんっ」
そしてバイブを手にした望さんが私の背後にやってきた。
背後から手を回し、私の顔目前にバイブを差し向ける。
『フフ…○○ちゃんって可愛いんだもん。アタシ意地悪したくなっちゃう♪』
そんな事を言いながら望さんは服の上から私の胸にバイブを押し付けて来た。
「な、何をするんですか!?」
『シーーーッ!良い子だから大人しくしてて……』
「で、でもぉっ」
背後の望さんへ振り向いた瞬間、望さんの唇が私の唇と合わさった。
「んっ...ちょ、ちょっと......」
私の閉じる唇の隙間を強引に望さんの舌が潜り込んで来た。
逃げる私の顔を反対側から手で抑え付けられ、顔の行き場が無くなった。
そのまま潜り込まれた舌が私の口の中で私の舌を求めて来る・・
「んんっ...んっ..んっ....」
望さんのキスで私は体の力を抜かされてしまった。
キスをされながら背後からの手が私の胸に触れ、揉んできた。
私は胸を揉まれながら、下半身に忍び寄る感覚に気付いた。
私のジャンバースカートの中にバイブを持つ望さんの手が忍び込んだのだった。
「そ、そこは……」
ショーツの上から大きな先端が押し付けられる。
大きな先端が私のショーツの中身を捏ね繰り回して来る。
「はぁはぁはぁ...」
私の息が次第に荒くなりだした。
『気持ちいでしょ?もっと気持ち良くしてあげるわね……』
望さんは私の反応を知り、一旦バイブを止め私の股の間から抜き出した。
そして座る私の手を引き、目の前にあるベッドに連れて行った。
ベッドの前で立ち止まる私の着ているジャンバースカートのボタンを背後から外して来る。
肩から袖をスルスルと脱がされ、私は下着姿にさせられた。
『恥しい?』
「は、はい……」
『女の子とは初めて?』
「は、はい……」
『そっか。でも怖がらないで良いのよ?男より良い事が沢山あるから♪』
「………………」
無言で立つ私に望さんは要求して来た。
『ねぇ…私のも脱がしてくれる?』
私はその要求に応え、望さんの着ている上着を脱がしだした。
お互いがお互いの身に付けている物を全て脱がせた私と望さん。
ベッドに招かれた私は横に寝かされ、脱力感を与えるキスをされた。
「んっ...んんっ......」
チュッ…ヌチュ……2人の舌が音を立てながら交わる。
そして望さんが私の胸に触れた途端、私は体をビクっと振るわせた。
『フフ…○○ちゃんの胸、可愛い♪感度も素敵』
「小さいし恥しいです…」
『そんな事ないわよ?本当に可愛い胸よ♪この小さな乳首なんて特に…』
望さんは私の乳首をペロっと一舐めしてきた。
「あっ……」
キスと同じ優しい舌使いで私の乳首をネットリと舐め、時には吸い上げてくる。
『乳首…カチカチよ?気持ちいの?』
「は、は、、ぃ…」
『フフ…もっと気持ち良くしてあげるわね』
そう言うと私の下半身へ手を運び、覆い茂る陰毛を撫でてきた。
陰毛の周辺を撫で回し、太腿に触れてくる。
しかし肝心の所には一切触れて来ようとはしてこない。
細い指先が私の下半身を優しく触れ、撫でる。
膝を折り曲げたり伸ばしたり、そして交差させ捩る私。
望さんの優しい愛撫に焦れて来てしまった私は腰を浮かせ、望さんの指先に触れて貰いたい所を運びアピールをした。


投稿者:四葉 2010/5/3(月) 13:17:04 No.3202 [pc1jwarG1jFoM]

そんな私に気付いた望さんは意地悪に指先を私のアソコから避ける様にして来た。
『ふふ…私って意地悪でしょ?』
「………………」
『触って貰いたい?』
「………………は、はぃ///」
私は顔を背けながら頷いて直ぐだった。
「はっぁっっ」
焦らされた私のアソコへ1本の指先が触れた瞬間だった。
『○○ちゃん…凄く濡れてるわよ?もぅビショビショ……』
「……………恥しい」
『恥しがる子はね…此処をこんなにしないわよ?』
「//////」
望さんの指先は私のアソコの割れ目を何度も往復させ、私の恥しいお汁を塗り回してきた。
「はぁはぁはぁ…」
息を荒くさせ私は望さんが往復する指先に合わせ浮かした腰を動かしてしまう。
『本当にヌルヌル……○○ちゃんってエッチね』
初めて女性の口から言われる言葉が今までに無い恥ずかしさと興奮を与えてくる。
そして、私のアソコに指先がヌプっと音を立て入り込んできた。
「はぁぁぁぁぁ………っ」
今まで優しかった望さんの指使いがアソコに浸入した途端、激しく変わった。
目にも止まらぬ速さで私の中を指が出し入れしてくる。
「あっあっあっ……」
私の上に覆い被さりながら指を出し入れしながら、クリへも刺激を与えてきた。
「あっあっあはっ…あっはぁ……ぁっ」
最も敏感な箇所への刺激が私の腰を自然と浮き上がらせる。
しかし私の上に覆い被さる望さんが、上から私の腰を押さえ込む。
『ああ…○○ちゃんのオマンコ……今、物凄くイヤラシイわよ………』
『ほら、○○ちゃんのオマンコからイヤラシイ音がこんなに出てるわよ?』
望さんの言う通り、グチュグチュと私のアソコからは恥しい音がでていた。
「あっあっ…だ、だめっ!だめぇ……あっあああぁぁぁ……………っ」
私は逝ってしまった・・・・
初めて女性の指で逝かされてしまった・・・・
「はぁはぁはぁはぁ……」
『逝っちゃったのね…』
「はぁはぁはぁ…は、い……」
『気持ち良かったでしょ?』
「は、、、、ぃ///」
恥しがる私を望さんは優しく抱き締めてくれた。
そして、横になる私の腕を掴まえ起き上がらせてきた。
『ねぇ、今度は私のも触ってくれる?』
「え!?わ、私がですか??」
『えーッ!!○○ちゃん自分だけ気持ち良く逝った癖にぃぃ』
「だ、だってわ、私…女の人のなんて触った事……」
『自分で自分の触ったりしてるでしょぉ?』
「そ、それは……///」
望さんは私の手を掴まえ自分のアソコに導いた。
「の、望さん……」
『私のは弄ってくれないの?』
私は望さんのアソコに押し付けられた手を少し動かしてみた。
『そう…もっと動かして……』
望さんの指示通り私は指先で割れ目をなぞった。
すると、望さんのアソコにはヌルヌルした感触が伝わってきた。
『どう?私の……』
「ぬ、濡れてます……」
『指…入れても良いのよ?』
「で、でも…」
戸惑う私に向き合う望さんはキスをしてきた。
キスをしながら私のアソコに触れ、弄り出す。
「あっ...」
弄る指先を再び私の中に押し込んできた。
『ほらっ、こうするの……○○ちゃんもほらぁ』
私は指を望さんのアソコの中に入れ始めた。
『んっ…』
望さんの感じた声が耳元で聞えた。
同じ女性のアソコに初めて指を入れた私・・
私と同じ様な温かさあり、ヌルヌルしていた。
望さんに私はアソコの中を掻き回され、私も夢中になり望さんのアソコの中を掻き回した。
「あっあっあっ……」
『んっんっんっ……』
お互いの喘ぎ声が耳元に放たれる。
女性特有の柔らかく艶感のある肌が触れ合い、擦れ合う。
それからは望さんのリードによって更に深い快楽を味合わせられていく・・
私は望さんの上に跨り、お互いの顔がお互いの股に埋める事に・・・
間近に来る望さんのアソコは私と違い形が良く、綺麗に思えた。
逆に自分のアソコに顔を埋められ、恥しい想いが溢れてきた。
そんな想いを吹き飛ばしたのが、望さんの舌だった。


投稿者:四葉 2010/5/3(月) 13:19:08 No.3203 [pc1jwarG1jFoM]

キスでは気付かなかった舌のザラザラ感が私のアソコを大きく舐め上げてきた。
「はんっ!!」
両手で私のアソコを一杯に拡げられながら舐められているのが分る・・・
剥き出しになったクリを前歯でカリカリとさせ、ポッカリ口を開けている穴へニュルっと舌を入り込まれる。
私は望さんのアソコを舐め様と必死に舌を伸ばすが、あまりにも気持ちの良いクンニで喘ぐばかりだった。
『んっんっ…○○ちゃんも舐めて?私のって舐められない程??』
「あんっ、ああんっ…そ、そんなんじゃ……」
「んっはぁ、気持ち良過ぎてそれ所じゃ…あっぁ……」
『んもぉ…』
望さんは舐めるのを止め、跨る私を下ろした。
そして、いつの間にか用意してあったあのバイブを持ち出していた。
『脚…広げて……』
「え!?も、もしかして…」
「ちょ、ちょっと望さん?」
私の声を無視する望さんは、バイブの先端を私の穴にグリグリ擦り付けながら押し込んで来た。
「んんっ………」
私はバイブの根元まで埋め込まれてしまった。
それからはバイブのスイッチを入れる事なく、ただ出し入れしてくるだけ。
それでも先端が大きなバイブが引かれる度に私の中を抉る様な刺激を与えてくる。
『このバイブは引きが大事なのよ♪』
『突っ込む時は力強く押すの、引くのは中を穿る様に…』
望さんの言葉通り、バイブを奥に力強く押し込んで来る・・
そして引く時には先端のカリを引っ掛けるように扱っている・・・
私の意識を時折薄っすらとさせてしまう程、望さんのバイブ捌きは強烈だった。
私を喘ぎ悶えさせている間、望さんは枕元の引き出しに手を伸ばし何かをしていた。
『○○ちゃん、このバイブの本当の使い方を教えてあげる♪』
望さんが引き出しから取り出したのは、今、私が挿入されているバイブと全く同じ物だった。
「同じ物を持ってたんですか?」
『同じだけど〜ちょっとだけ違うの』
そう言うと望さんは取り出したもう1つのバイブの末端と、私に挿入してあるバイブの末端を繋げ始めた。
『待ちに待った合体♪』
そして今、2つのバイブが1つに繋がれた。
望さんは私の足をM字にさせ、望さんも自ら足をM字にさせた。
すると、私のバイブと繋がったバイブの先端にアソコを近付け中に押し込めていく・・
『んんっ………』
『これで○○ちゃんと私はこのバイブで繋がったね♪』
「このバイブにこんな使い道が……」
お互いが向き合い、足をM字に開き、その中心にはバイブを入れ合っている私達・・
見れば見るほど恥ずかしさが増す格好に光景だった。
『スイッチ…入れるね?』
望さんは私に突き刺さっているバイブと、自分に突き刺しているバイブのスイッチを入れた。
2つのバイブが同時に唸りをあげ動き出した。
ヴィーーーーン、ヴィヴィーーーーーーン、ヴィーーーーヴィーーーーッ
その瞬間、私と望さんの声が強く吐き出された。
『あああぁぁぁぁぁぁぁ……ッ。イイッ、イイイッ』
「んはぁぁぁぁ…ス、スゴイッ」
2つのバイブの音、2人の喘ぎ声が部屋一面に響いている・・・
望さんが腰を振り、動かして来た。
すると私の中に突き刺さるバイブが更に奥へ押し込まれ、強い刺激が襲ってくる。
堪らず私が腰を動かす。
引いては突き出し、突き出しては引く。
私達は腰を浮かせ、淫らな腰付きでお互いのバイブで刺激を与え合う。
『はぁはぁはぁ…○○ちゃん、気持ちいでしょ?』
「あんっああんっ…凄いです……望さん私、私おかしくなりそう…」
『ふふ…まだまだこれからよ?』
「きゃっ!!」
望さんが私の両足を掴み、そのまま抱え上げてきた。
私は倒され、体が折れ曲がる程に頭の方まで足を押し込まれる。
マングリ返し・・・しかしこの状態は正常位と呼ぶのかも知れない・・
今の望さんはまるで男・・・
バイブを挿入したまま腰を前後させてきた。
それがおかしな事にバイブは2人とも突き刺しただけだと言うのに、私のバイブは出し入れされるのだった。
うねりを上げ出し入れされるバイブは男のモノとは全く異質な快感を私に与えて来る。
「ああっ、あっああっ……ダメッ、望さんダメッ!おかしくなっちゃう」
『はぁはぁはぁ…良いのよ?おかしくなって良いの』
「逝く、逝くぅ、、、逝っちゃぅ」
私は大きな声と同時に力果てた・・・・・・・
力果てた私を望さんは優しく抱き締めてくれた。
男の人では滅多にして貰えない後戯をしてくれた。
ずっとこのままで居たい・・・
そんな事を思わせてくれる時間だった。
それから少し話をして私は隣の自分の部屋に帰ろうとした。
すると玄関先で望さんが私に使った方のバイブを差し出して来た。
「え!?」
『これ…○○ちゃん専用に♪』
『1人で使っても良いし、また一緒にしたくなったら持って来て♪』
「は、はい………///」


女同士ってイマイチ想像つかないのでこんなのですが………
ま、Aを選択してくれた方にはゴメンなさいって感じですかね(笑)



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.