↓ Bを選択した妄想

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


↓ Bを選択した妄想
投稿者:四葉 2010/5/3(月) 13:22:27 No.3204 [pc1jwarG1jFoM]

(B)翌日、引越しの挨拶はするが、宅配物の件には一切触れず返さない。

を選んだ場合の妄想〜〜〜


悩んだ挙句、私は中身が中身だしこの件は黙っておこうと決めた。
きっと隣の人も知られたく無い物だろうし、触れて来ないだろうと思った。
そう思うと早速、この大きなカリを味わってみたくなり箱からバイブを取り出した。
高まる気持ちでバイブへ電池を入れた。
私はショーツ一枚になり、まず胸に一緒に送られて来たボトルサイズのローション乳首へ垂らした瞬間、冷たい感触が私のスイッチを入れた。
光沢を放つ私の小さな乳首が普段よりイヤラシさを増した。
直ぐに乳首は突起し、私の興奮状態を示していた。
光らせる乳首を避ける様に丸々とした乳輪をバイブの先端でなぞる。
片方の手では摘んだ乳首を抓っては捻り、乳首を苛める。
バイブの大きなカリに乳首を引っ掛ける様に扱うが、ヌルヌルした乳首がニュルっとし引っ掛かってくれなかった。
私は床へ直に座り込み、大きな全身鏡を自分が映る様に位置を変えた。
今の自分を鏡に映す事で更に気持ちを高める。
ローションをショーツの上からドロドロっと垂らし込む。
あっと言う間にショーツの中まで冷たい感覚が染み込んで来た。
白いショーツがローション塗れになり、中が透けて見えた。
クッキリを形を浮かべる私のアソコが凄くイヤラシク映る・・・
ショーツの上からバイブの先端を浮き出す形に沿ってなぞってみた。
「はぁはぁはぁ……」
時折、鏡に映る自分と目を合わせる。
ショーツ越しだと言うのに、あまりの興奮でクリが外へ剥き出しになっているのが目でわかる。
バイブのスイッチを入れるとモーター音が部屋に響かせた。
大きな先端がウネウネと唸り続ける。
私はその動く先端を剥き出しになってしまったクリへググっと押し付けた。
「ふぁっ......っ」
突き抜ける様な刺激が私の肩、上半身を大きく弾かせた。
肩を震わせながらクリを責め続ける私。
油断すると、このまま逝ってしまいそうな刺激。
この大きなカリを味わう前に逝くのが勿体無く思えた私はバイブにゴムを装着した。
そしてショーツの脇からバイブの先端を捻じ込んだ。
ローションだけのせいでは無い。
私の溢れさせたイヤラシイ汁のせいもあっただろう。
ニュルっと引き込まれる様に私の中へ大きな先端が入ってしまった。
大きな先端が私の入り口を大きく広げている。
更にバイブを押し込み、スイッチを強にした。
「んぁぁぁぁぁ....っ」
私の中で大きなカリが蠢いている。
ヴィーーン、ヴィーーーーーンッ。
手にするバイブを出し入れする。
「ああんっ..ああぁぁっ......ん」
大きなカリが私の中、全てを引っ掻き出す感覚が強烈だった。
鏡に映る自分に淫らな行為を見られている感じ・・
鏡に映す自分へ淫らな行為を見せ付けている不思議な感じを受けた。
こんな自分の姿を鏡に映しながら、私は大きなカリを持つバイブで達してしまった。
逝き果てた私は引越しの疲れがドッと溢れて来た。
ローションや汁で汚れたショーツを脱ぎ捨てバイブは床に置き、全裸のまま布団に入った。
ピンポーンッ、ピンポーーーン。
「ん〜〜〜っん…誰よぉ、こんな朝っぱらから」
私はインターホンで目を覚まされた。
時計を見ると正午を過ぎていた。
「あちゃぁ、もうこんな時間?」
ピンポンピンポンッ。
「も〜〜〜分ったわよぉ」
私は傍にあったTシャツとショートパンツを履き玄関に向かった。
髪を掻き毟りながら覗き窓を覗き込むと、知らない男が立っていた。
「誰?男??」
見知らぬ男が待つ玄関の扉をゆっくりと開いた。
『俺、隣の者だけど〜』
「お隣の?あっ!すいません。ご挨拶が遅れて……」
(隣って〜確か、中村望って人だったよなぁ…)
(てっきり女の人の名前だと思ってたけど、もしかして のぞみ じゃなく のぞむ?)
私は宅配物の宛名で隣の人が女だと勝手に思い込んでいた。
『挨拶なんて別に良いんだけどさ、それより家の郵便物ってこっちに来てたでしょ?』
「え!!郵便物ですか?」
『そう、宅配日が昨日だったんだけど俺、留守だったしさ』
『通知も無かったから問い合わせしたら間違って此処に届けたって聞いてさ』
『来てたんでしょ?』
私は頭の中で、どう説明したら良いか分らなかった。


投稿者:四葉 2010/5/3(月) 13:23:31 No.3205 [pc1jwarG1jFoM]

何て言えば良いのか分らない私はその場で黙ってしまった。
「……………………」
『何で黙ってんの?届いてるんだろ??』
「と、届いてます……で、でも…………」
『でもって……何?』
「あ、、い、いえ。あの、実は〜私宛てと勘違いして開けてしまって…」
何処と無く威圧感のある男に私は動揺してしまった。
『ああ、そんなの別に良いって。どうせ玩具だし〜玩具だったろ?』
「は、はい……」
『今夜、使う予定だったからさ。別に中を見られた位、どうって事ないから』
(え〜今夜使う予定って…私が昨夜使っちゃったよぉ……どうしよ…)
『で、何してるの?』
「はい?」
『いや、はい?じゃなくて早く頂戴よ!』
「あ、、、そ、それは…な、なんて言えば良いのか……」
『さっきから何言ってるの?』
「で、ですからっ!!実はですね?」
『あ〜じれってーな!!』
私の態度に嫌気が出た男は部屋の中に入り込んでしまった。
『ほら、何処にあんだよ?』
「あっ!!ちょ、、ちょっと待って…待って下さい。勝手に……」
そして部屋に入った男は床に転がされたままのバイブに気付いた。
『あーーーーーーーーッ!!お前まさか使ったとか!?』
「…………………す、すいませんッ!!」
『すいませんじゃねーだろぉ。何してくれてんだよッ!!』
「すいませんっ!すいませんっ!!」
私は必死に男へ謝り続けた。
『勘弁してくれよぉ…今夜使うのにコイツ、どれだけ待ったか……』
「べ、弁償しますからっ!」
『弁償つったって今夜使うってさっきから言ってんだろ!』
『あーーッ!訴えてやる!!』
「え!?訴えるって……」
『人の家に送られて来たバイブを勝手に使われたって』
「そ、そんな事になったら親に恥しくて顔向け出来ません」
「どうか…どうかそれだけは……お願いしますから訴えるとかは…」
『ご丁寧にゴムまで付けたまんまかよ……ローションまで使ってんし…』
「何でもしますっ!何でも聞きますっ!!ですから」
『お前…顔に似合わず、かなりの好き者だな!』
「……………………」
そして男はバイブの傍に落ちていた私の昨夜汚してしまったショーツを手にした。
『あ〜あ、何このベットリしたパンツ……』
「か、返して下さいっ!」
昨夜した私の淫らな行為の証拠を掴まれた私は恥しい想いで一杯だった。
そんな恥しい証拠品を高々とさせる男から私は奪い返そうと必死だった。
「か、返してっ!返して下さいっ!!」
『なぁ、お前〜さっき何でもするって言ってたよな?』
『昨日、此処で何してたんだ?コイツ使って何してたんだ??』
男は私にバイブを突きつけて来た。
『昨日してた事を今、此処でしてみろよ』
「な、何を言って……」
『出来なきゃ即効、訴えるけど?』
そして男は私に昨夜の行為を目の前でするよう強要して来た。
『どうする?訴えられる?それともやるのか?』
こんな物を使ったなんて親には知られたくなかった。
私は男の要求に応えようと、男が私へ突きつけるバイブに手を伸ばした。
ベッドの上に座り、手にしたバイブをアソコに押し付けた。
『なに?此処でそうやってたの?』
「い、いえ…此処じゃないです……」
『再現するの!な?同じ事をするんだよ!!』
『それも着ていたのか?』
「ち、違います……」
私は男に背を向けTシャツを脱ぎ、ショートパンツを脱ぎ出した。
『お前…ノーパン、ノーブラじゃねーか!』
『あ!もしかしてこのパンツ脱ぎっ放しか?』
男は私の汚した白いショーツをチラチラと見せ付けて来た。
「か、返してっ!」
ショーツを奪い返そうと手を伸ばすと、面白がる男は再びショーツを高々とあげた。
『ほら!さっさと始めろよ。そこでしたのか?』
私はベッドから立ち上がり、昨夜自分の姿を映し出した全身鏡の前で座り込んだ。
『鏡の前!?お前って〜ほんっとスケベな女だな……』
『で、どうしたんだ?自分の口で説明しながら再現するんだぞ!』
「…………………」
『そっか!この汚ねーパンツを履いてたんだっけか?だから必死に奪おうとしてたんだな?』
『悪ぃ、悪ぃ。ほらよっ』
男は私へショーツを放り投げて来た。
「え!?」
『え!?じゃねーよっ!それ履いてたんだろ?だったら履けよ!』
ローションと自分の出したイヤラシイ汁に塗れたショーツに脚を通して行く・・・
数時間経過したとは言え、ローションのしっとりと残る不快な感じ。
それと、イヤラシイ汁が硬化した淫痕を残すゴワゴワしたショーツが再び私のアソコを覆った。
こんな仕打ちは生まれて初めてだった。
『で、それから?』
「ローションを……垂らしました…」
『コイツか…ほらよっ!』
私は男からローションを手渡され、昨夜と同じくショーツの上からローションを垂らしていった。
昨夜と違い、ローションを垂らしてもアソコの形は浮かび上がらなかった。
『何か…堪んねーな、こ〜言うの……』
『ちゃんと説明しながら手を動かせよ!』
「ク、クリ…クリに押し付け…て……」
私は恥しい自慰行為を口で説明しながら再現して行く・・・
『鏡は見なかったのか?』
「み、見てまし…た……」
『なら見ろよ!』
私は鏡に向け視線を合わせた。


投稿者:四葉 2010/5/3(月) 13:30:00 No.3206 [pc1jwarG1jFoM]

すると鏡には昨夜とは違う光景が映し出されていた。
それは、私の背後に男が立っていた事。
『そうやって鏡に映るスケベな自分を見ながらバイブでオナってたのか…』
「………………………」
『バイブ入れたんだろ?まだ入れないのか??』
「入れました……ショーツの脇から…入れました……」
私は多分、この時は濡れていなかったと思う。
乾くアソコにこんな物が本来なら入る訳が無かった。
しかしショーツから染み込むローションが私のアソコに潤いを与えていた。
ショーツの脇から突っ込んだバイブの先端はヌプっと音を立てる様にめり込んでしまった。
「んっ…」
『スイッチは?』
私はバイブのスイッチを昨夜と同じ強にした。
ヴィーーン、ヴィーーーンッ。
バイブの変わらぬモーター音が響いた。
私の中で蠢くバイブの動きに変化は無く、私の中を刺激してくる。
「んんっ...んっ......」
鏡に映る男が視界に映る度に、恥しく嫌な筈なのにバイブはお構いなしに私に刺激を与えて来る。
そんな刺激が私の手を操り、腰を動かせる。
昨夜、味わった大きなカリが再び私の中を引っ掻き出す・・
「あっ...あっあぁ......」
夢中にバイブを出し入れしていると、背後に映る男の下半身が露になっていたのに気付いた。
男は私の頭を掴み、露にさせたモノを私の顔に押し付けて来た。
「な、何を!?いやっ!やめてっ!!」
『そのバイブ引っこ抜いて、コイツを入れても良いんだぞ?』
「んごっ...んごっご.....」
男が無理矢理に私の口へ自分のモノを押し込んできた。
頭を掴まれ男は自ら腰を前後してくる・・・
引き離そうと男の腰を掴まえる私のアソコには無情にも唸り続けているバイブ。
そのバイブが抜け落ちまいと男は足を使いバイブを押さえ込む。
「んごーーッ!んごごぉーッ」
『ったく、フェラもまともに出来ないのか?』
『あーッ!もう良い!!この下手くそが!!』
男は私の口から抜き出した。
「ゴホッ、ゴホッ…」
私が咳き込み苦しんでいると背後から男が私の腰を押さえ込んできた。
「や、やだッ!やめてッ!!」
私を四つん這いにさせ、男は突き刺さったままのバイブを取り出した。
そしてバイブの代わりに男のモノを私に突き刺してきた。
「嫌ッ!お願いだからッ!!」
尻を振り乱し抵抗する私の体を衝撃が貫いた。
「はぁぅっ!!」
ローションとバイブによって拡げられていた私の中は簡単に男のモノを受け入れてしまった。
『意外と締まりが良いじゃねーかよ……』
男は私の腰を押さえながら腰を動かしてきた・・・
私の中を男のモノが出入りしてくる・・・・
「いやぁぁぁ。抜いてぇ…お願いだから抜いて………」
『ケツの穴が丸見えだぞ?』
男は私のお尻を拡げながら挿入部を覗き込む。
「いやぁぁぁぁ…いやぁぁ………」
俯き叫ぶ私は頭を掴まれ、顔を持ち上げられた。
『ほら、自分の姿をみてみろよ』
私は強制的に目の前にある鏡を見せられた。
その鏡には時々外で見掛ける犬同士の交尾の様な光景が映し出されていた。
目に映し出された自分から顔を背けたくなった私は髪を振り乱し男の手から頭を振り解いた。
男の腰は止まらない・・・
止まる所か徐々に速さが増し、力強さが増して来た。
「んっ...んんっ.....や、やめ、、、て」
「あっぁっ...い、、や......ぁっ」
バイブとは違う生を感じさせる男のモノが私を襲う。
目にも止まらぬ速さで私を貫く・・・
『はぁはぁはぁはぁ…っ』
「あっあっあっあっあっあっあっ...いやっ.....いやぁ...」
『あ゛ーーーーーーッ!!』
男は絶叫と同時に私の中から抜き出した。
その瞬間、私の背中に熱い液が吐き掛けられた。
私は背中一面に男の吐き出した精液を浴びせられた・・・・
蹲る私の背後で男は満足気にズボンを履いていた。
そして私から立ち去ろうとした時、落ちていたバイブを手に持ち私の口へ押し込んで来た。
「んごごっ……」
『コイツやっからフェラの練習でもしとけ!』
『マンコばっかに突っ込んでんなよ!!』
そう言い残すと男はバイブを持ち帰る事なく私の家から出て行った。


Bを選択した、儲けと思った悪い人にはちょっと懲らしめを!笑
だけど〜こんな懲らしめなら…
って思う人も中には居る〜かな?

取合えず妄想を選択する、何気に無意味な妄想にチャレンジしてみました。
さてGWです。
仕事の方は混み合うのが予想されると思いますが、しっかりとミスの無い様に!
休みの方は休みを満喫しつつ、羽目を外し過ぎない様に!
お前に言われたくない!ってか(−−;



投稿者:あき 2010/5/5(水) 3:26:18 No.3210 [V9GoS8OiwrM]

四葉サンv(^^)v

………気になって寝れませんでした(笑)

お仕置きされてしもーたー!(笑)

自分的にはAの方がムラムラきました★(o^-^o)

これを励み(?)に、明日(今日)も頑張ります!


投稿者:四葉 2010/5/5(水) 12:22:29 No.3212 [pc1jwarG1jFoM]

気になって?
一体、何が気になったんでしょうか??
あきサン的にはAでしたか〜
選択ミスしましたねぇ(笑

いつもいつも忙しい中、体に鞭打ちながらも
俺の長々とした妄想なんか読んでくれてどうもです。
しかもお返事までしてくれてありがとう御座います。
お返事は時間が出来て暇で暇で堪らない時で良いんで自分の体を大事にして下さいね♪




  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.