母と娘

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


母と娘
投稿者:四葉 2010/9/5(日) 16:31:12 No.3310 [pcM/37WLNfKc6]

「結衣ッ!何度言わせるの!!」
「お母さんが居ない間に男の友達は呼ばない約束でしょ?」
『友達じゃないしぃ…一応、彼氏なんですけど?』
『つか、何でそんな事アンタが知ってるの??』
「ア、アンタって!!母親に向かってアンタは無いでしょ!」
「結衣の部屋の掃除をしてたらゴミ箱から出て来たのよ。あ、あれが…」
『はぁ?何??またアタシの部屋に勝手に入った訳?』
『って、あれって何よ?』
「あ、あれって言ったらあれよ!ひ…避妊……具…」
『何だぁ、ゴムの事を言ってたんだ』
「な、何だじゃないでしょ?結衣はまだ16でしょ!」
『16ですけど何か?16だとセックスしちゃダメな訳??』
「だ、駄目じゃないけど、、、も、もっと自分を大事に…」
『ほんっとウザッ!で、何?アンタは父親と別れて男が居ないから羨ましい訳?』
『単に欲求不満なの?何だったら男、紹介しよっか??笑』
「しょ!?紹介って…結衣ッ!!本当に好い加減にしなさいッ!母親に向かって何を言ってるのッ!」
『もぉ、ほんっと勘弁してくれる?アタシ知ってるんだからね!』
『アンタが外で男を作ったのが原因で離婚したの』
「ど、どうしてそれを………」
『アタシがまだ小学生だったから知らないとでも思ってたの?』
『アタシはアンタの事を母親だと思ってなんて居ないからねッ!!』
「ゆ、結衣ッ!ど、何処行くの?まだ話…」
母親と娘の口喧嘩が終わった。
娘の結衣は学校から帰り着替えもせずに家を出て行った。
それから結衣は男と待ち合わせをし、合流をした。
『ねぇ、正樹って〜36の女って興味ある?』
【36ぅ?微妙じゃね?笑】
【何なの急に?】
『微妙かぁ…因みにDカップッ!!』
【だから何なの?言ってる事が分かんねーって】
『だよねぇ…簡単に言うと〜〜アタシの母親を犯ってくれない?』
【はぁ!?母親って〜お前正気かよ?】
『マジでウザいんだよね〜アイツ…何だか欲求不満らしいしぃ』
【そー言う問題じゃねーだろ?】
『ねーねーお願いーーーーー♪』
【別に犯るのは良いけどさ〜〜後々面倒じゃね?だって母親だろ??】
『あんなの母親じゃないッ!』
【………まぁ、取り合えずお前ん家に行くか?母親見てからだな】
何と、結衣は自分の母親を彼氏である正樹に強姦するよう願ったのだった。
そして結衣と正樹は結衣の母親の待つ家に向かったのだった。
家の扉を開くと娘の帰宅に感付いた母親は慌てて玄関へ走って来た。
「結衣ッ!何処へ行ってた…の?」
母親は娘の背後に立つ男の存在に気付いた。
『アンタが居る時だったら問題ないんでしょ?』
【お邪魔しま〜〜〜〜す】
「ちょ、ちょっと…ゆ、結衣ッ!」
結衣は正樹を連れ、自分の部屋に入って行った。
『ねッ、ねッ、どう?出来そう?』
【なんつーか…想像してたのより全然……イケそう(笑)】
【お前の母親ってメチャメチャ綺麗じゃね?】
『そう?スッピンなんか別人だけどね…』
『それよりどうなの?犯ってくれるの??』
【本当に良いのか?】
『さっきからそう言ってるでしょ?一度アイツを黙らせたいのッ!』
『じゃ、犯ってくれるのね。ならアタシ、少し空けるから済ませちゃってね』

結衣は正樹へ母親を強姦する事を約束し自分の部屋を出て行った。
するとそれに気付いた母親は結衣の元へやってきた。
「何処か行くの?」
『別に…アンタに関係ないじゃん』
「お友達は?」
『だから友達じゃねーし!置いて行くからアンタ…手を出すなよな!!』
「お、置いて行くって…」
『あ!忠告しとくけど〜正樹のは大きいから』
「!!!!!?ゆ、結衣ッ!!」

結衣は彼氏の正樹を部屋に残し家を出て行った。
自分の母親を彼氏に暴行させる時間を作る為に・・・・・
近くのコンビニエンスストアや、商店街をふら付き時間を稼ぐ。
(そろそろ終わった頃かな?)
(アイツの泣く顔〜見たかったなぁ)
近所をふら付き、約1時間程して家に向かった。
扉を静かに開け、リビングへ向け聞き耳を立てた。
すると母親の、か弱いながらも喘ぐ声が耳に入った。
結衣は慌ててリビングへ駆け寄った・・・・

「ゆ!?結衣!!!ち、違うのっ!こ、これは…」
【な〜んだ、もう帰って来たのかよ】
『最悪…………』



投稿者:四葉 2010/9/5(日) 16:33:15 No.3311 [pcM/37WLNfKc6]

帰宅した結衣の目前には、全裸で四つん這いになる母親の姿があった。
それも正樹に尻を掴まれながら挿入されて・・・・
結衣は母親の傍に歩み寄る。
這う母親の前で仁王立ちする結衣。

『アンタ何してんの?』
「だ、だからっ…こ、これは……」
『顔上げろよっ!どの面下げて娘の男とセックスしてるのっ!!』
【まぁまぁ…これでも最初は抵抗してたんだぜ?】
『抵抗?じゃぁさっきの喘ぎ声は何??』
『ねぇ、アンタ抵抗してこの始末?もしかして淫乱??』

娘の顔を見上げる事の出来ない母親は顔を両手で覆い隠し床に擦り付け否定する。
母親が顔を覆い嘆いているのを良い事に、結衣と正樹は笑みを浮かべだした。
ニヤニヤと無言で相鎚を交わしていた。
そして正樹へ向け、結衣は顎を突き出した。
『ほらっ、ほらっ』
と、顎で正樹を使った。
正樹は結衣の意思表示を理解し、腰を力強く母親へ向け押し出した。
母親の中に納まる正樹の大きなモノが強い刺激を与えた。

「ああっ...っ」
『何その声?今、感じたでしょ??』
「ち、違うっ」

四つん這いになりながらも手で顔を覆い隠し蹲る母親。
『もっとっ!もっと!!』
と、今度は手を使い正樹へジェスチャーを始める結衣。
それを見た正樹は、母親の中へ埋めていたモノを素早く出し入れさせだした。
パンパンパンッ、と正樹の骨盤と母親の尻肉が激しくぶつかり合う。

「あっあっあっ...い、いやっ..や、やめてっ」
「だ、だめっ...お願いっやめて......っ」
『な〜にが、いやっ、やめてっ…だよ!』
『しっかり感じてる癖によく言うよ…』
「か、感じてなんか……あっあぁぁぁ………っ」
『…………唯の淫乱女丸出しね?』
『ねぇ、淫乱女の顔見せてよ?どんな顔して感じてるの??』
「いやっ!で、出来ない……」
『ふ〜ん…正樹!』
【了解〜〜〜〜〜】

正樹は母親が覆っている両手を背後から掴みだした。
掴んだ母親の両手を引きだし、母親の状態を持ち上げようとする。
床に伏せていた母親の顔が見る見る内に持ち上がり、顔を曝け出す格好となった。

「止めてっ、止めてっ!」
『これが淫乱女の顔かぁ…』
『ねぇ、もっと感じてる顔見せてよ?』

状態を持ち上げられ、顔を結衣へ晒しても必死に首を振りだす母親。
そんな母親の顔を結衣は指を刺し、笑いたかった。
しかし、敢えて見下す様な目付きを演技する結衣だった。
そして母親の両手を持ったまま正樹は挿入を繰り返した。
両手を背後へ引かれる事で、正樹の挿入が更に強く深くなる。
Dカップと言われていた母親の胸が前後へ大きく揺れだす。

「あっあっあっあっ...だめっ......そ、そんなにしちゃ...っ」
『正樹、もっとだってさ』
「!?だ、誰もそ、そんな事……ああっ」
『淫乱女の顔…ほんっと見てて虫唾が走るっ』
『喘ぎっ放しで口が全く閉じないじゃない!』
【でも、やっぱ親子だよなぁ…お前とそっくりじゃん(笑)】
『ば、ばか言ってんじゃないわよっ!こんな女と一緒にしないでよっ!!』

結衣が正樹の状態を突き飛ばした。
すると正樹は体勢を崩し、四つん這いの母親を抱き起こした。
正樹は尻を床に付かせ母親を抱き抱える形、背面座位の格好になった。
母親は結衣へ全裸の前面を晒す。
年齢と共に維持の出来なくなってきた胸を露にさせた。

『アンタの胸を見てると何だか可愛そうに思えてくるね…』
『何これ?全然弾力ないじゃない?脂肪の塊??』
『でも、その癖に乳首だけはしっかり立ってるのね』

上体を晒す母親の胸に触れながら罵声を浴びせる結衣。
それを拒もうと母親は腕で胸を隠そうとするが、結衣の手によって退けられる。
そして、突起する母親の乳首を摘んだ。

「い、痛っ!ゆ、結衣っ痛い」
『アンタが乳首をカチカチに立たせてっから痛いんだよ!』
『娘の目の前で勃起乳首なんてさせんじゃねーよっ』

母親の硬くした乳首を結衣は摘みながら捻り出す。
摘み、捻り、引っ張る・・・・
母親は痛みを口にするが時折、吐息を漏らす。

『何?娘に乳首を弄られて感じちゃうの?』
「結衣…自分が何をしてるのか分かってるの?」
「こ、こんな事もう止めてっ!早く止めさせてっ!!」
『何って〜親孝行?欲求不満な母親の欲求を解消してあげてるんだから』
「な、なにが親孝行よっ!好い加減にしなさい!!」
『欲求不満が堪ってる所はどんな感じ?』

結衣は正樹に抱きかかえられて居る母親の前で膝を付いた。
そして正樹のモノが挿入されている母親の陰部を覗き込んだ。

『うっわっ!ぐっろっ!!ビラビラ真っ黒じゃん』
「そ、そんな所、見ないでっ!」

慌てて手で下半身を隠す母親。
しかし、その手は結衣が軽く払い除けてしまう。

『正樹の大きいから、すっごく広がってるし…』
『つか、なに濡らしてんの?正樹にまで伝ってんじゃん』
『ねぇ、さっきから手…邪魔なんだけど?』
『正樹、この手〜どうにかして』

正樹は結衣の言葉に従い、母親の両手を掴んだ。
掴んだその両手を母親の背後へ運び、羽交い絞めに拘束した。
母親は無残にも娘の目の前で何1つ隠す事の出来ない身体を晒された。
最も隠したい所を丸出しにさせ、しかも娘の彼氏のモノで塞がれている。

「結衣…どうしてこんな真似するの?お母さん何かした??」
『んーーー忘れた…唯、アンタのその顔が見たかった?かな(笑)』
【だったらさ〜写真でも撮っておけば?記念に(笑)】
『ナイス☆良い事いうね』
「しゃ、写真!?や、止めなさいっ!止めてっ!!」

結衣はポケットの中から携帯電話を取り出し母親に向けた。

『ねぇ、こっち向いてくれる?』
「止めなさいって言ってるでしょ!ゆ、結衣っ」
『正樹〜顔を押さえてよ』

正樹は母親の手を片手で押さえ込んだまま、余った手で母親の顎を掴んだ。
掴まれた母親の顔は、携帯電話を構える結衣へ向かされた。
『あ!その顔イイ♪頂き♪』
結衣の携帯電話からシャッターの切られる音がする。

『中々の出来かも(笑)』
「お願いだから止めて…もう止めて……」
『折角だから、その突っ込まれてる所も撮ってあげる』
「いやっ…いやぁぁ……」
『ほら、どう?アンタの真っ黒ビラビラが広がってるの分かる?』
『正樹のぶっといのが突き刺さってるの分かる?』
「やめてっ!!」



投稿者:四葉 2010/9/5(日) 16:36:30 No.3312 [pcM/37WLNfKc6]

結衣が撮影をした陰部の写る画面から顔を背ける事の出来ない母親は目を力一杯閉じた。

『ねぇ、今さ〜どうなってるか答えてよ?』
「???」
『今、何処に何が入っているのか答えてくれたら止めても良いけど?』
【お前〜母親にそれ言わせちゃう?(笑)】
「本当………?」
『信用しないの?』
「い、言えば止めてくれるのね?」
『しつこいんだけど?別にもっとって言うならしてあげるけど?』
「ち、違うのっ!い、言う!言うからっ」
『じゃぁ早く言って!』

母親は大きく唾を飲み込み言葉を出そうとする。

『どこ向いてんの?こっち見て言ってよ』
「そ、そんな…娘に向かって……」
『あっそ、正樹…ガンガン突いてくれる』

正樹は膝に跨る母親に向け、押し込まれていたモノを突き上げた。
母親の上体は大きく揺れ、胸が上下に弾ける。
その出し入れされる母親の陰部を覗き込む結衣。

「あっあぁぁぁ…止めてっ、い、言うから動かさないでっ」
『だったらさっさと言ってくれる?言うまで止まらないからね!』
「あっあっ…アソコっ……アソコにオチン、、チンが入ってる…あああぁぁっ」
「ね、ねぇ言ったでしょ?早く止めてっ」
『な〜にがアソコ、な〜にがオチンチンよ!誰がそんな風に言えって言った?』
『真っ黒オマンコでしょ!極太チンポでしょ!!言い直して!』
「!!!!そ、そんな言葉………はっあぁぁっ」
『あ、追加で〜娘の彼氏の極太を付けてね』
【お前…鬼だなぁ(笑)】
『早く言わないと〜中で出されちゃうかもよ?』
「な、中っ!?それは駄目っ!!言うから中は許してっ!」
「わ、私の…ま、真っ黒オマ、、あっあぁンコに、、、娘んんっのか、彼氏の極太チ、、ンポが入っああっぁ」
『ちょっとぉ、全然なに言ってるのか分かんないんだけど?』
「こ、こんなんじゃ言えな、、、い」
『正樹、一回止まってくれる』
「はぁはぁはぁはぁ……」
『これだったらハッキリ言えるでしょ?』
「……わ、私の…」
『あっ!ちょっと待って』
「ま、また!?写真は止めてって」
『今度はムービーだけど?しっかり言葉を残させて貰うから!』
「そ、そんな…どれだけお母さんを……」
『余計な事は良いから早く言って』
「…………」
『こっち向いて言うんだからね!』
「わ、私の真っ黒オマンコに…娘の彼氏の……極太チンポが入って…ます……」
『本当に言うとは思ってなかったんだけど〜〜〜何か怖っ!』
【いや、怖いのはお前だろ?】
『う、煩いっ!!』
「ねっ、結衣?もう止めて?結衣?お願いだから…」
『ア、アンタは黙ってっ!正樹ッ!こんなのさっさと終わっちゃって』
【はいはい……】

正樹は母親の中から突き刺すモノを抜いた。
そして母親の身体を床に寝かせ、母親の両足を抱え上げた。
「!!!?」
硬く突き出すモノを母親の陰部へ擦り付け、先端を再び中へ押し込んだ。

「んぁっ……ゆ、結衣?約束…止めるって約束……はぁっ」
『アンタが逝くまで終わる訳ないでしょ!』
『娘が見てる前で娘の彼氏に逝かせて貰うなんて〜屈辱、親として情けないよねぇ…』
「結衣…そんなにお母さんを………」
『正樹ッ!何してんの!!欲情した女1人逝かせられないのっ』

結衣の言葉に発奮した正樹は母親の中を腰を巧みに動かし掻き回す。
陰毛と陰毛が密着する程、深い挿入をしたまま掻き回す。
母親は唇を噛締め、声が漏れるのを堪えていた。
「んっんんっ……」
頭を振り、喘ぐ事を堪える母親。
これでもかと、母親の腰を強く捕まえながら腰を振る正樹。

『なにそれ?気持ちいんでしょ?なに我慢してんのっ!』
『もっと声出して悦べば良いじゃないっ!!』
『何ちんたら動いてのよっ!さっさと逝かせなさいよっ!!』

正樹は男の意地を掛け腰を振り、母親の中を素早く出し入れさせる。
母親は意地でも声を漏らすかと唇を噛締める。
「はぁはぁはぁはぁ…」
噛締める唇の隙間から吐息が漏れ出す。
「はぁはぁはぁはぁ……」

『なに堪えてるのよっ!あの時はもっと大声で喘いでたでしょ!』
「結……衣!?」
『お父さんが出張で留守になる度に男を呼んで…』
『寝ているアタシが起きる位、大声で喘いでたじゃないっ!』
『あの時みたいに悦べば良いでしょ!淫乱女っ!!』

結衣は離婚の原因となった母親と男の情事を知っていた。
父親が出張の度に男を家に連れ込んでは欲望を吐き出していた。
まだ小学生だった結衣は、母親の吐き出す欲情した声で夜な夜な目を覚ましていたのだった。
今でも浮かび上がる、このリビングで全裸になりながら悶える母親の姿。
寝不足と浮かび上がる母親の姿が学校の授業の妨げになり成績が低下していったのだった。

『正樹、足もっと上げてっ!』
【こうか?】
『もっと開いてっ!!』
「!!!!?」

結衣は正樹に母親の足を高々とさせ、大きく開くよう指示をした。
大きく晒された母親の陰部へ向け、手を差し伸べる結衣。
ぷっくりと肥大させているクリトリスへ伸ばす指先で刺激を与えだした。

「はぁっぁぁ...ゆ、結衣っ..そ、そこは......っ」
『どう?挿入されながら此処を弄られるのは?』
『我慢出来ないでしょ?』

結衣は指先を母親のクリトリスの上で縦横無尽に動かす。
目にも止まらぬ速さでクリトリスを擦り続ける。
同様に正樹の挿入も早さが増し、卑猥な淫音が陰部から放たれる。
噛締めていた唇が揺るみ、堪えていた声が漏れ始めた。

「あっあっあっあっ……っ」
「だ、だめっ…そんなにしちゃ……ああっぁぁ」
『淫乱なアンタのこの声がっ!この声がっ!!』

頭を振り乱し、娘の指先に感じ、娘の彼氏の挿入に喘ぐ母親。
何度か手で押さえつけようとするも、払い除けられ弄られる。
終わらない刺激に母親の口からこぼれた。

「ああっあああっ…だめっだめっっ……止めてっ、結衣やめてっ」
「逝っちゃうっ、逝っちゃっぅぅぅ…」
『逝くの?娘に見られながら逝けるの??』
「ああっ…ご、ごめんなさ、、、い……も、もう……」
「逝っっくっっっ!!」

娘の目前で母親は絶頂を向かえ力尽きてしまた・・・
「はぁはぁはぁはぁ…」
『何これ?ほんっと最低………』
【あんま虐めるなって〜〜】
【お前より締め付けあったぞ?(笑)】
『ふざけんなっ!!』
【お、おいっ待てよ!何処いくんだよ?待てってば】
【俺、まだ逝ってないんだぞ!!あ!ご馳走様でした♪】
「・・・・・・・・・・・・・・・・」



久し振りに書いてはみました〜
リアルな体験から遠ざかり、発想力?妄想力??が衰えたかな(笑)
この衰えは日々続く暑さのせいだと思いたいが・・・・・


投稿者:まみたす 2010/9/11(土) 16:13:45 No.3318 [fUHFaYiNJec]

すっごく興奮しました(^O^)
まんこがうずうずする〜(T_T)
次はもっともっと過激なの
期待してます☆


投稿者:四葉 2010/9/12(日) 14:36:01 No.3321 [pcWfB0oyY1ARs]

まみたすサン

興奮&うずうず してくれて、どうもです♪

あまり過激なのは難しいかも・・・

出来るだけ期待にはお応えしたいですけど〜俺、こんなんですから(笑



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.