約束

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


約束
投稿者:四葉 2010/9/12(日) 14:30:20 No.3319 [pcWfB0oyY1ARs]

明日、海外へ出張していた彼が2年振りに帰って来る。
私は遠足を控えた小学生の様に心を躍らせ眠りに付いた。

「......ZZzzz..zz...」

眠っていた私は何となくだが人の気配を感じ目を覚ました。
すると、私の眠るベッドの真横に人影が立っていた。

「きゃぁッ!!だ、誰!?」

私はその人影に向け使用していた枕を投げ付け、慌てて部屋の灯りを付けた。 

明るくなった部屋に顔を押さえながら跪く男の姿があった。

「だ、誰なの!?どうやって中に!!」

跪く男は背を向けながら立ち上がり、私の方へ振り向いた。

「て、哲哉!!!!ど、どうして?」
「帰って来るのって明日って言ってなかった?」
『……………ごめん』
「もぉ、一日早まったなら言ってくれれば良かったのにぃ」

哲哉は海外出張していた私の彼氏。
どう言う訳か予定より一日早い帰省だった。
「ねぇ、何でそんなびしょ濡れなの?大雨でも降った??」
『…………………』

そう、哲哉は服から水が滴り落ちる程に濡れていた。

「早く拭かなくちゃ風邪ひいちゃうよ」

私はタオル持ち出し哲哉の濡れた髪を拭いてあげた。

「もぉ、どうしたの?さっきから全然喋らないじゃない」
『……………ごめん』
「ごめん、ごめんってそればっかり…」
「後は自分で拭いてっ!」

私は哲哉に向けタオルを投げ付け背を向けた。

「ごめん……遠かったもんね…疲れてるんだもんね」
「私…私、哲哉が帰って来るのずっと待ってた…」
「明日が待ち遠しかった…」
「だから今、此処に哲哉が居るのに驚いて…」
「ビックリしたけど嬉しくて……」
「ご、ごめん…明日ゆっくり話そう。風邪引くから早く着替えてね」

感情の高まった私の目からは涙が溢れていた。
涙を拭い、ベッドへ向かおうとすると背後から哲哉が私の体を抱きしめて来た。

「冷たいよ…ねぇ濡れちゃうよ……」
『………………千佳…本当にごめんな……』

私は胸元に回された哲哉の両手を包み込んだ。
冷たい筈の哲哉の手が、体が私に温もりを与えてくれる・・・

「ううん、良いの…だから哲哉、謝らないで……」
『…………ずっと…会いたかった』

哲哉は私を振り向かせて軽く唇を重ねてきた。
2年振りに重ねた唇はヒンヤリと冷たかった。
哲哉が私の着ているパジャマのボタンを外しだした。
私も哲哉の着ているシャツのボタンへ手を掛けていった。
そして哲哉の履いているズボンのベルトに手を掛け、ボタンを外す。
すると哲哉のズボンがストンと落ちた。
寝る時はブラをしない私の胸はボタンを全て外され露となった。

「哲哉、ベッドに…行こ……」

私は哲哉の手を引き、ベッドに向かった。

「あっ!電気!!」

私は明るい中での行為が苦手だった。
哲哉もその事を理解してか、ずっと灯りを消してくれていた。
照明のスイッチに手を伸ばす私の腕を哲哉が捕まえてきた。

「哲哉!?」

私の腕を捕まえながら、哲哉は首を振った。

「やっ、嫌だよ!明るいのは苦手なの知ってるでしょ?」

私の体は押し倒される形でベッドへ沈んだ。
それでも私は懸命に照明のスイッチへ手を伸ばす。

『今日だけ…今だけで良い………』
「哲哉…?」
「どうしたの?今まではちゃんと…」
『千佳の全てを…目に焼き付けたい………』

私は伸ばした手をゆっくりと下ろした。
哲哉は私に覆い被さり、着ている物の全てを脱がされた。
明るい中での全裸を晒すは初めての事だった。
当然、恥ずかしさが込み上げてきた。
私は胸を腕で覆い隠し、片方の手で大事な所を隠した。

「やっぱ無理っ、恥ずかしいよっ」
「哲哉、お願いだから電気っ...んんっ.....」

哲哉が私に覆い被さりながらキスをしてきた。
ヌルっとした冷たい哲哉の舌が私の口の中へ入り込んできた。
そんな哲哉の舌に吸い付くかの様に私は舌を絡ませた。
舌を絡ませ、脚を絡ませ合わせる私と哲哉。
哲哉の唇が私の唇から離れると、今度は首筋へ運ばれた。
首筋へ唇と舌が往復する。
その内、耳元へ向かい舌先が這って行く。
哲哉の唇が私の弱点である耳たぶを甘噛みしてきた。

「ぁぁ...っ」

思わず声を発してしまった私。
甘噛みされ、声を震わす私の更なる弱点である耳の穴に舌が入り込んで来た。

「あっぁぁ、そこは……んぁぁ…」

覆い被さる哲哉に下からしがみ付く私。
哲哉の耳への愛撫だけで、私は力を失い骨抜きにされてしまった。

「はぁはぁはぁ……」
「2年振りだからかな?何だか凄く敏感になってる…」

哲哉は私の顔を見てニッコリと微笑んだ。
 
「も、もぉっ…///」

恥ずかしさの余り、私は軽く哲哉の胸元を叩いた。
すると、哲哉は私の胸に顔を埋めてきた。

「や、やぁっ」

哲哉は私の胸に顔を埋めながら乳房にチョンチョンとキスをしてきた。

「て、哲哉ぁ」

乳房から乳首へ哲哉の唇が移動してくる。
自分で触れなくても乳首が硬く変化し、突起させているのが分かった。
突起する乳首に哲哉は唇を挟み込みハグハグと噛み出してきた。

「はぁっ、あっぁぁ…」

乳首を刺激してくる唇と舌が私の体を震わせる。
哲哉は私の胸を愛撫しながら、片方の手で内腿をなぞり上げてくる。
内腿をなぞる手が少しずつ上に向かいだす。
私の大事な所へ焦らす様に向かってくる。
胸への刺激を感じながらも、下半身の手を意識してしまう私。
しかし幾ら待ち焦がれ様が哲哉の手が私の大事な所へ辿り付く事が無かった。
大事な所と太腿の付け根に到達しても、直ぐに手は下がって行く。
何度も、何度も肝心な所には触れず唯、往復の繰り返しだった。

「ねぇ…焦らさないで……」

またもや私の顔を見てはニッコリと微笑みを見せる哲哉。

「哲哉の意地悪…///」

私がそんな言葉を口にするものだから哲哉は場所を私の足元へ変えた。


投稿者:四葉 2010/9/12(日) 14:32:03 No.3320 [pcWfB0oyY1ARs]

そして私の少し閉じ気味だった両足を抱かかえ、そのまま私の方へ向け押し込んできた。

「て、哲哉っ!やだこんな格好っ」

哲哉に押し込まれた私の両足が自分の顔の真横にあった。

「明るいよっ!哲哉ってばぁ…」

この格好になるのは決して初めてでは無かった。
しかし、それは全て暗い中でだけであって、明るい中では勿論なかった事だった。

「聞いてるの?恥ずかしいよ…見えちゃうよぉ……ねぇ」

哲哉は返事もせず、黙って私の丸見えになる大事な所を見つめていた。

「そ、そんなに見ちゃいやっ!お願いだから見ないでっ!!」

私は不自然な格好から手を何とか伸ばし、大事な所を隠そうとした。
しかし、哲哉は私の手を払いのける。
そして払い除けた私の手の上にドンと脚で押さえ付けた。
大事な所を隠したくても哲哉の脚で私の手は挙がらない。
その内、哲哉は私の内腿の間に手を入れ左右に広げてきた。
開いた脚の間から哲哉の顔が現れた。
ニヤニヤと笑いながら今度は手で私の大事な所を開きだそうとする。

「や、やだっ!広げないで……」
「わ、私の…き、汚いから……っ」
『千佳…千佳は綺麗だよ…………』


哲哉はそう言って、広げた私の大事な所を舐めだした。

「はっぁぁっ…」

広げられた両足が舐められた刺激に反応し、一瞬閉じた。
哲哉はそんな閉じてしまった私の両足を肘で押さえ込み閉じさせまいとしてくる。
勿論、両手は大事な所を広げたまま・・・・
ビチャビチャと恥ずかしい音が大きくなりだす。
私が溢れさせていると思われる液と、哲哉の唾液が交わり恥ずかしい音が耳に入って来る。

「ああっ...あああっぁぁ......っ」

私は腰を動かし、突き上げる尻をビクビクと震わせる。
最も敏感な突起した所を哲哉は吸い込んでくる。
何か、体の中身の全てが吸い込まれる感覚に私は陥る。

「あああああああ………っ」

私の視界に霧の様な白い靄が押し寄せて来たと思ったら、ふっと頭の中が真っ白になった。
ほんの僅かだったが私は気を失ってしまった。
自分に何が起こったのか分からないでいると、哲哉は私へ挿入を試みようとしていた。

「ま、待ってっ…ま、まだ……ああっ…ま、だだって……んっ」

哲哉は私の制止を無視し、私の中へ硬いモノを押し込んで来た。
2年振りに押し込まれる哲哉のモノはとても大きく、太く思えた。
私の膣は哲哉の大きなモノで痛みを感じてしまう程、強く広げられる。

「いっ…んんっ……」

私が痛みを感じた表情をさせると、哲哉は頬を撫でてくれた。
哲哉の手は冷たかったが、優しさを感じさせる手だった。
私は哲哉の手を握り締めながら哲哉を見つめる。

「大丈夫だよ……」

哲哉は私の言葉に安心したのか、押し込んだモノをゆっくりと出し入れさせてきた。

「はぁはぁはぁはぁ……っ…んんっ…はっぁん」

まるで杭を打ち付けられている様な鈍痛が消え、私は快感だけを与えられる。
哲哉が腰を押し込み、奥深くへ突こうとすると同時に私の体の毛穴全てから何かが出て行く・・・
哲哉が腰を引き、突くモノを抜こうとするとその私の毛穴から出て行った何かが再び入り込んで来る・・・
そんな奇妙で不思議な感覚に陥る哲哉の挿入。

「ああっ...あああっ......変になっちゃう..っ」

哲哉の背に腕を回し力一杯しがみ付く。
私の股の間に収まっている哲哉の尻に強く脚をしがみ付ける。

「ああ…また、ま、また目の前が真っ白に……」
「て、哲哉…哲哉……」

私は先程よりも深い靄の中へ入り込んだ。
どれだけの時間が経過したのか分からないが、目を覚ました私は哲哉の腕の中に居た。
目を覚ました私に気付いた哲哉はニッコリ微笑んだ。

「哲哉♪」

私は哲哉にギュっと抱き付いた。
哲哉の手が私の頭を撫でてくれる。
哲哉の腕が私を包んでくれる。

『………………千佳』
「なぁに?」
『幸せになるんだよ……』
「なるに決まってるでしょぉ」
「もぉ、そう言う時は〜幸せにしてやる!とか幸せになろう!でしょ?」
『………………』

哲哉が言葉を失った時だった。 
私の携帯電話が着信を知らせた。

「あっ!泉美からだ」
「って、哲哉どこ行くの?トイレ??」
「あ、もしもし泉美?どうしたのこんな時間に…」
【千佳…落ち着いて聞いてくれる?】
「何よもぉ…そうそう泉美も聞いてくれる」
【ねぇ哲哉君って確か明日帰って来るって言ってたよね?】
「明日じゃないよ〜実を言うともう帰って来てるんだ♪」
【そんな冗談言っている場合じゃ無いのっ!!】
「もぉ、何よそんな大声出して〜(笑)」
【良いからTV付けて!CHは何処でも良いから!早くっ!!】
「泉美どうしちゃったの?TV付ければ良いの??」

私は友達の泉美に言わTVを付けた。
するTVの上の方にテロップが流れていた。

〜〜〜〜〜〜臨時ニュース〜〜〜〜〜〜

〜〜〜○○空港発、○○便が○○海の上空から墜落〜〜〜
〜〜〜乗客していた日本人1人の死亡が確認〜〜〜〜
〜〜〜〜○○哲哉さん(28)の死亡が確認〜〜〜〜

「う、、、そ、、、、、」
【千佳っ!千佳っ!!落ち着いて!】
「哲哉…トイレに居るんでしょ?ねーっ哲哉返事してよっ!!」

私はトイレに向かい走り出した。
トイレのドアを勢いよく開くも、そこには誰一人いなかった。
狭い部屋ながらも隈なく哲哉を探しだす。

「哲哉ーーっ!何処に居るの?応えてよ哲哉ーーーっ!!」

私はその場で泣き崩れた・・・・・
蹲り涙を流し、大声を上げるも哲哉は現れなかった・・・
蹲る私の足に何かがあたりカラカラと音を立てながら小さなガラス瓶が転がったのに気付いた。

「何…これ……?」

小さなガラス瓶には星の砂と書かれていた。


(ねぇねぇ、哲哉が帰って来る時お土産に星の砂が良いな☆)
(星の砂ぁ?)
(うん♪星の砂を年齢の数だけ集めると幸せになるんだって☆)
(幸せねぇ…わかった!約束する!!)
(必ずだよ☆)

「哲哉…多過ぎだよぉ……」
「こんな沢山…私そんな年寄りじゃないよぉ……」
「こんな物じゃなくて、哲哉に幸せにして貰いたかったのにーーーーーッ!!」


いやぁ、残暑に怖〜い妄想と思ったんだけど・・・
何だか泣ける話じゃないっすか〜〜〜(笑)
と、言う訳で内容がソフトなのは ご勘弁!


投稿者:うさ  2010/9/13(月) 10:01:10 No.3322 [x3rmhuSbi6I]

おはようございます(^-^)
はじめまして。。
うさです(*^_^*)
今までにない感じでしたけど。。。
うさは こんな感じの方が 好きです(;^_^A
読ませてもらってる途中から
ひょっとしたら??って思っちゃってたら
想像通り 亡くなってたんですね(;_;)
でも。。。
亡くなっても愛されるって何だかキュンってしちゃいました(*^_^*)
現実そうだったら。。。
たまらないと思うけど(T_T)


うさを使って
お話書いてもらえませんか?(*^_^*)
なんて。。。


うさ


投稿者:四つ葉 2010/9/13(月) 15:57:54 No.3325 [hgiBZqmpEzA]

うさサン
初めまして こんにちは♪
思った通りのラストでごめんなさい。
ま、キュンとなってくれたらしいし〜俺的にヨシ!だな(笑)

妄想は非日常的、非現実的な事の方が多いと思います。
てな事で、うさサン…
どんなお話が良いですか?
そうそう、自分の事を使って何て言い方は駄目ですよ〜
物じゃないんだからさ
可愛い女の子なんだから♪
とにかく時間を作って書きますので、どんな風になど教えて下さいな。
出来たら〜うさサンのスタイルやお気に入りの下着なども(笑)


投稿者:うさ  2010/9/13(月) 23:27:00 No.3326 [x3rmhuSbi6I]

こんばんわ。。

お疲れ様です(^-^)

まさか こんなに早く
お返事があるなんて。。
ありがとうございます♪
凄く嬉しいです(*^_^*)
うさの お願いまで
きいてもらえるなんて
(≧▼≦)
本当に ありがとうございます(*^_^*)


どんな感じが いいかな? 強引なのよりは
優しく焦らされて。。。
言葉で意地悪されるほうが良いかなぁ。。(*/ω\*)
うさが たまらなくなって おねだりしちゃうような。。玩具とかも使われて
(//∀//)
何だか大雑把で済みません(;^_^A


うさは 小ちゃめです
(*^_^*)
胸も。。。乳首も。。
C65ってとこです(;_;)
好きな下着は。。
レース系かな?
色は黒とかピンク。。パープル(^-^)
もちろん Tバックも大好きです♪
こんな感じですけど
四葉さんに妄想してもらえますか?(;^_^A

お話 出来上がるの
楽しみに待ってます(*^_^*)


うさ


投稿者:四つ葉 2010/9/14(火) 12:21:44 No.3327 [hgiBZqmpEzA]

うさサン
こんにちは♪

こちらこそ お早い お返事に感謝です。

キーワードは 優しく、意地悪、そして焦らし…ですね。

中々の可愛いらしいMっぷりですね(笑)
胸も可愛いらしい様子で〜苛め甲斐がありそうだ。
下着はレースやTを好んでる辺りは、スケベっ子ですね!

一応 わかりましたが、相手はどうします?
関係や呼び方など希望あります?


投稿者:うさ  2010/9/14(火) 23:16:27 No.3328 [x3rmhuSbi6I]

こんばんわ(^-^)
お疲れ様です。。。


Mっ子って
ばれちゃいました?
(;^_^A
恥ずかしいんですけど
耳元で意地悪な事
言われると
自分でも びっくりする位 濡れちゃうんです
(//∀//)


設定。。。
お父さん位 年上の人に。。 なんていいかなぁ(*^_^*) 背が高くてシブい感じの
おじ様(≧▼≦)
うさの会社の上司。。。
なんて いいかな(*^_^*)
って思うんですが。。
四葉さんの妄想に
はまりますか?
宜しくお願いします
(*^_^*)


うさ


投稿者:四つ葉 2010/9/15(水) 0:18:00 No.3329 [hgiBZqmpEzA]

うさサンは濡れやすいんだ…
Mっ子で濡れやすいなんて〜恥ずかしいなどの言葉にゃ全く説得力ないですね(笑)

で、上司と関係ですね。
う〜ん、俺の妄想にはまると言うか
うさサンにはめたいですねぇ(笑)
しかし上司かぁ、只今 頭フル回転で考案中…考案中……ブチッ!
あ、うさサンって〜人前で弄ったりします?


投稿者:四つ葉 2010/9/15(水) 0:20:15 No.3330 [hgiBZqmpEzA]

あっ…

言い忘れてました。
こんばんは♪
そして うさサン もお疲れ様でした。

挨拶を忘れちゃマズいですよね(ーー;)


投稿者:うさ  2010/9/15(水) 0:52:12 No.3331 [x3rmhuSbi6I]

まだ 起きてらしゃいますか?

やっぱり
説得力なかったですか
(;^_^A
ですよね。。。
うさも 書き込みした後
あれ??って
思っちゃいました(;^_^A


挨拶。。。
そんなに堅苦しくされなくても いいですよ(*^_^*)
うさは こうして
お話してもらえるだけで
嬉しいんですから♪

お話 楽しみに
待ってます(*^_^*)


うさ


投稿者:うさ  2010/9/15(水) 1:06:06 No.3332 [x3rmhuSbi6I]


大事な事
忘れてました(・・;)

人前で。。。
彼の前では。。
あります(*/ω\*)
最初は 指だけだったんですけど
そのうち 玩具とかも
使うようになっちゃって
(//∀//)
うさが 逝くまで
彼は見てます(*/ω\*)
一度 逝っちゃうと
また 欲しくなっちゃうから
彼。。。うさを 弄り始めるんです(//∀//)
あっ。。
これは 関係なかったですね(;^_^A


うさ


投稿者:四つ葉 2010/9/15(水) 7:40:25 No.3333 [hgiBZqmpEzA]

うさサン
おはようございます

なんとまぁ、彼氏に向けて弄っていたとは…
しかも道具まで使用……
こりゃ ぬるい書き込みなんかしたら不評も良いとこだな(ーー;)
ハードルが上がっちまったぜぃ!
年上、上司だと うさサンの呼び方は名字とかの方が合いそうですが〜
相手のお名前 どうしましょ?


投稿者:うさ  2010/9/15(水) 11:58:05 No.3334 [x3rmhuSbi6I]

こんにちわ。。
そろそろ お昼休みでしょうか?
うさは これから
お昼ご飯です(^-^)


ハードル。。
あげてしまいましたか?
(;^_^A
あまり 気にせず
四葉さんの思うよう
書いて下さい(*^_^*)
たぶん それで
うさは 濡れちゃうと思います(//∀//)


四葉さんの所は
まだ暑いのでしょうか?
うさの所は
曇ってますが
過ごしやすいです(^-^)
午後からも
お仕事 頑張って下さい
(*^_^*)



うさ


投稿者:四つ葉 2010/9/16(木) 6:01:47 No.3335 [hgiBZqmpEzA]

おはようございます うさサン
昨日は忙しい1日でした(ーー;)
ま、ハードルが上がろうが〜
俺の妄想は あんなもんなんで大して変わらないんですけどね(笑)

雑談も良いですが、そろそろ本題を書かなくちゃ うさサン じれちゃいますね。
と言う訳で大まかに出来てるのは〜
うさサン と上司が初めて関係を持ってしまう話にしようと思ってます。
仕事を終えて、お酒の場へ〜
場所は上司宅かホテル!
道具の使用はどうしようかな…
あ、下着は紫のT姿を想像しています(笑)
ご希望の焦らしと優しくも意地悪な言葉を混ぜ合わせますよ♪

今日は肌寒く感じる雨です。
濡れやすい、うさサン!
仕事中 濡らしてしまわないように!!
ひんやり冷たくなって風邪ひきますよ(笑)
因みに完成は週末です。


投稿者:うさ  2010/9/16(木) 18:57:18 No.3336 [x3rmhuSbi6I]

お疲れ様です(^-^)
お仕事 お忙しいようですね?
大丈夫ですか?


上司とホテルの
ラウンジ。。とか
いいですよね(*^_^*)
でも うさはアルコール
飲めないんです><
飲んでも すぐ真っ赤に
なっちゃうし(・・;)
心臓がバクバクしちゃって(;_;)
ダメですね(;^_^A


書き上がるのは
週末ですか(^-^)
今から楽しみです♪
あっ でも忙しいようでしたら
無理されないで下さいね
(*^_^*)


うさ


投稿者:四つ葉 2010/9/16(木) 22:20:42 No.3337 [hgiBZqmpEzA]

うさサン こんばんは♪

お酒ダメなんですか?
そいつは困りましたねぇ…
飲みに誘えないじゃないですか(笑)
じゃなくて 少し変更が必要になりましただ。

仕事は忙しいですが、大変では無いんで ご心配なく。
約束は必ず週末に果たしますよーッ
今日は肌寒い1日でしたが気候の変化に着いて行けましたか?
俺は朝の豪雨に打たれてびしょ濡れっすよ。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.