お爺ちゃんのバイブ(刑)

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン

ひとりエッチ倶楽部 > ボクのひとりエッチの妄想 > お爺ちゃんのバイブ(刑)

[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


お爺ちゃんのバイブ(刑)
投稿者:四葉 2010/9/23(木) 12:52:35 No.3347 [pcWfB0oyY1ARs]

私の二十歳の誕生日にお爺ちゃんが亡くなった・・・
葬儀を終え、小さい頃よく遊んでいたお爺ちゃんの部屋が懐かしく思えた。
「これって…………」
私は棚に隠れていた箱を取り出した。
箱を開けると中には、淫形をした短い棒状の物が入っていた。



「お爺ちゃん、これなぁに?」
『これか?これはのぉ〜お爺ちゃんが昔、戦争に行ってた時の物じゃよ』
「ふぅ〜ん、何をするものぉ?」
『ふぉっふぉ。これはな…隠し事を吐かせる道具じゃよ』
「????」
「これで叩いたりするの?」
『いんや、挿すんじゃよ』
『戦争で戦うのは男じゃった…しかし、戦場の陰では女が動いていたんじゃ』
『陰で動く女を捕らえて、こいつを使って隠し事を言わせてたのじゃよ』
『何人もの女にこいつを挿したもんじゃ…』
『あまりの辛さに許しを請いながら自白する女が殆どじゃった』
『じゃが…中には舌を噛み、秘密を守る女も少なくは無かったの』
「死んじゃったの?」
『そうじゃ…あんな時世じゃったとは言え、おじいちゃんは酷い事をして来たかもしれんのぉ』
「ねぇ、おじいちゃん。これって使えるの?」
『ふぉ?何十年前のもんじゃ。とっくに壊れてるじゃろ』
『それに由愛にはまだ使えんわぃ。ふぉっふぉ』
「そっかぁ…」
『それに自害した女達の呪いが、こいつに憑いてるかも知れん…』
『使えたとしても、使うべきじゃない』
『由愛、絶対にこいつを使ってはならんぞ!大人になってもじゃ!!』
「う、うん…お爺ちゃん何だか…ちょっと怖い……よ」
『ふぉっふぉ、怖がらせちゃいかんな。お爺ちゃんを許しておくれ』
『この話は、婆さんには内緒じゃぞ?』
『わしゃ、戦場を駆けずり回ってたとしか言っとらん』
『わしが女達にこいつを使って自白していた事は婆さん、知らんからな』
「お婆ちゃんがこれ使ってお爺ちゃんに言わせたら良いんだ(笑)」
『ふぉっふぉっふぉ、由愛には敵わんわい』

まだ小さかった頃、私はお爺ちゃんにこんな話を聞かされたのを思い出した。
あの頃の私にはお爺ちゃんの話していたこれが何だったのか分かっていなかった。
だが、あれから成長した今の私にはこれが何なのか一目で分かった。

バイブレーター・・・・・
茶色く変色しているゴムだったが中は硬かった。
恐らく硬い何かをゴムで包んでいるのだろう。
お爺ちゃんは自白と言っていたが、言葉を変えると拷問・・・
多くの女性達が舌を噛むほどの苦痛を浴びせる物・・
私はこれを眺め、お爺ちゃんの話を思い出し、性的に興奮していた。
使ってみたいと心底、思ってしまった。
傍に誰も居ないのを確認し、私はこのバイブレーターをこっそり鞄に詰め込んだ。
そして親戚が集まる中、私は気分が優れないと言い残し先に帰った。
勿論、早く帰ってこれを使用したかったからだ。
家に帰るなり、私は礼服を脱ぎ捨て鞄から持ち出したバイブレーターの箱を取り出した。

「これって〜電池入れるとこ無いけど…ディルドなのかな?」

私はバイブレーターを隈なく調べたが電池を入れる様な場所は一切なかった。
箱まで調べていると、その箱が二層式になっていたのに気付いた。
箱の更に下には鉄で出来たレバーの様な形をした物が入っていた。

「もしかして…これって……手動!?」
「その頃って〜電池って無かったんだっけ?」
「な〜んかガッカリ……」

バイブレーターが手動式だと分かって、少し興奮が冷めてしまった私。
しかし、このまま何もしないのもと思い何となく自慰を始めた。
ブラジャーを脱ぎ、胸を直に触れる。
決して大きくは無いが胸から弄るのが私の流れ。
胸を軽く揉みながら、まだ凹む乳首を指先で転がす・・
自分の指先を口に含み、唾液に塗れさせた指先を再び乳首へ・・・
唾液の滑りで乳首は光沢を放ち、徐々に変化してくる。
微かに弾力のあった乳首は硬さを持ち、芯を持ったかの様にカチカチに変わる。
凹んだ乳首は突起させ、飛び出す。
簡単に摘めるまでに変化した乳首を摘んでは引っ張る・・
引っ張っては捻り、私は胸への愛撫で薄れた興奮を呼び戻した。
片手で胸と乳首を弄りながら、片方の手はショーツへ運ぶ。
ショーツは湿り気を帯びており、手を添えた瞬間ヒンヤリと冷たい感覚があった。
湿り気の多い部分をなぞり、捏ね繰る手付きをさせる。
そこから最も敏感な部分へ指先を運び、強く押し付けた。

「んんっ......」

ショーツの上からですら感じた刺激が私を更に乱れさせる。
1人を良い事にショーツを脱ぎ捨て、大きく脚を開いた。
ペタりと寝ている陰毛を撫で上げ、逆立てる。
半開きで開く淫口へ指を挟みこませながら上下に動かす。
そして、指先を淫口へ流し込んだ。

「あっ...ぁっ..」

脚を大きく開き、上体を僅かに反らせながら淫口へ突き刺す指先を前後させる。
指先を1本、そしてもう1本と私は2本の指を淫口へ突き刺した。
2本の指を前後させては淫口の中を掻き回す。
グチュギュチュと淫らな音を部屋に響かせる。
自ら放つ淫音と声に、私の興奮は更に増して行った。
反り返る私の横目に、置き去りにしたままのお爺ちゃんのバイブレーターが目に付いた。
例えバイブ機能が無くても、ディルドだとしても指よりは断然気持ちい筈・・・
私はお爺ちゃんのバイブレーターを手にした。

「確か〜私には使うなって言ってたような…」
「古くて汚いから?でも、ゴムを付ければ大丈夫じゃない」

私はコンドームを用意し、お爺ちゃんのバイブレーターに装着した。


投稿者:四葉 2010/9/23(木) 12:57:03 No.3348 [pcWfB0oyY1ARs]

古びた茶色い棒がコンドームのピンク色と混ざり合い、本物っぽい色に変わった。
コンドームを装着したバイブレーターの先端へ私の溢れさせた淫汁を塗りつける。
大股を開き、バイブレーターの先端を覗き込みながら淫口へ押し込んでいった。

「あああ……やっぱり大きいっ…」

ヌプヌプと音を立てながらバイブレーターを根元まで押し込んだ。

「全部…入っちゃった……刺さると何だかエロい…」

自分のしている事に卑猥さを感じ、妙な興奮をさせる。

「どうしてこれが苦痛なんだろ」
「気持ちいの間違い?」

幼い頃に聞かせれたお爺ちゃんの言った事は私を脅かす為の嘘だったと思った。
そして、淫口へ突き刺したバイブレーターを動かそうとした時だった。

「痛っ......」

淫口の中が軽くチクっと痛撃を感じた。

「何だろ…トゲでもあったのかな?」

気になった私はバイブレーターを一旦、抜こうとした。
しかし、引き抜こうとしても抜けない・・・
幾ら力を込めようが、淫口の中で何かが引っ掛かる感じで抜けない・・・

「えっ!!な、なに?どうしてっ???」

私は慌て、あらゆる角度で引き抜こうとする。
しかし抜けない・・・
その内、動かない筈のバイブレーターが蠢きだした。

「う、嘘っ!?何で動くの?これって手動じゃないのっ」
「あっあっ...す、凄っ......ぃっ」

勝手に動き出したバイブレーターが私の淫口の中で暴れだす。
狭い中を広げる様にグィングィンと時計回りで動く。
両手を背後に付かせ、浮かせる私の腰がバイブレーターが動きと同じく時計回りに自然と動き出す。
これだけ動いているのに、このバイブレーターからは一切音がしなかった。
今まで使ったバイブレーターの煩いモーターの音が全く聞こえて来ない。
バイブレーターに合わせ腰を動かしていると、今度は反時計方向に動き出した。

「な、何なの…勝手に逆に……あっあっあっ…」

私の腰もバイブレーターに合わせた動きをさせてしまう。
淫らに腰を使うダンスをさせながら私は喘ぐ。
大きく脚を開き、陰部を丸出しにさせ男を誘う様な腰の動き。
バイブレーターの描く円の動きに私の腰は付いて行けなくなってきた頃だった。
私の興奮は絶頂に達しようとしていた。

「こ、これ…凄っぃっ……凄く…いい…………」
「あっあぁぁ...逝っちゃぅ......逝っちゃぅぅ....っ..」

絶頂に達し、力尽きた私は浮かしていた腰を下ろし、ペタんと尻を付く。
それでもバイブレーターは動きを止めない。

「はぁはぁはぁ…ま、待って……待ってってば…」

息を荒げ、休息を求める私の意思に反しバイブレーターは動き続ける。
未だに機械音は聞こえないが私の中でバイブレーターが一回りしたら反対へ一回る。
ヌチョっ・・・ヌチョっっ・・・・
聞こえるとすると、私の中で淫汁が掻き回される音・・・

「はぁっ..はぁっ...はぁっ...っ」

力尽きた私に余力が戻って来ると、バイブレーターが与えてくる刺激に再び感じ出した。

「あっあっあぁぁぁ……」

一度、絶頂を迎えた私の身体は益々過敏になっていた。
膝を付き、前のめりに蹲りながら尻を突き出す。
突き刺さったバイブレーターが勝手に動いている。
尻を突き上げる私の淫口からは、床へ淫汁が滴り落ちて来た。
水を得た魚・・・
このバイブレーターは私の溢れさせる淫汁に塗れ、更に動きを激しくさせてきた。

「ああっあああっ…ど、どうしてこんなに……んあぁっ」
「ま、また…ま、た逝っちゃ……ぅっ」
「逝くっ逝っっく…あっああぁぁぁダメッ、逝っくぅぅぅ…」

私は再び絶頂に達してしまった・・・
だが、バイブレーターは動き続ける・・・・・

「はぁはぁはぁ…も、もぅ……」
「止まって…お願いだから止まってっ」

私は勝手に動いているバイブレーターを捕まえた。
そして再び引き抜こうと試みた。
だが、最初と同じ。
幾ら力を入れ引っ張ろうが抜ける気配が全くしない。

「いつまで動くの……誰か…誰か助けてっ」

私の興奮は既に冷め切っていた。
しかし私の身体は、淫口へ与えられる刺激を感じずには入れれなかった。

「ああっ...あああっ......お願いっ、お願いだからも、もうっ」

私が悶え苦しんでいると電話が鳴った。
電話の相手は私のお母さんからだった。

【あ、由愛。お母さんだけど〜今から帰るからね】
「う、うん…」
【どうしたの?何かあった??】

本当は言って何とかして貰いたかった。
しかし、親にお爺ちゃんの持っていたバイブレーターをこっそり持ち出し使ったなんて言えなかった。

「う、ううん…大丈夫……」
【そう。なら良いんだけど】
【本当は今日くらいお婆ちゃんの傍に居てあげたいんだけどね…】
「お婆ちゃんだ!」
【な、何よ急に?】
「ううん、何でもない」

お婆ちゃんならお爺ちゃんのしていた事を知らなくてもこれの事、何か知っているかもと思った。
私はお婆ちゃんに会うため再びお爺ちゃん家に向かう仕度をした。
ショーツは履けないから、ロングのスカートを履く事にした。
そして、このバイブレーターの箱も持った。
箱を持つ時に、蓋の内側に文字が書かれている事に気付いた。

―― 刑解:石嶋源一郎 ――

「刑解?刑を解く……ひょっとして、これを解くって事!!」
「石嶋源一郎…この人ならっ」

私はお婆ちゃんに、この石嶋源一郎と言う人の事を聞きに向かった。
只管、動き続けるバイブレーターを突き刺したまま・・・
ちょっと油断すると声を漏らしてしまう。

「んあっ……」




投稿者:うさ  2010/9/23(木) 14:37:13 No.3349 [x3rmhuSbi6I]

こんにちわ(*^_^*)

新しい お話
またドキドキしながら
読んじゃいました(//∀//)こんなの
うさも欲しかったりして♪続きも凄く気になってます(*/ω\*)
でも。。
抜けないのは。。
(・・;)


一つ不思議な事があって。。うさ。。
下の毛がないって
話してましたっけ?
(;^_^A


うさ


投稿者:四葉 2010/9/23(木) 14:56:55 No.3351 [pcWfB0oyY1ARs]

うさサン こんにちは。

欲しいですか(笑

ちゃんと抜ける方法はあるんですよ。

まだ書いてませんが、頭の中では出来上がってます♪

続きは暫しのお待ちを〜〜〜

で、うさサンの下の毛が無いのは皆、承知してますよーっ
今もツルツル?それともジョリジョリ??


投稿者:うさ  2010/9/23(木) 19:43:34 No.3353 [x3rmhuSbi6I]

こんばんわ(^-^)

ちゃんと抜けるんだ♪
それなら やっぱり
欲しいです(*^_^*)
あれから あれこれ
想像しちゃって(//∀//)
ちょっと。。。


ない事 分かってらしたんですね(;^_^A
ちょっと恥ずかしい
(*/ω\*)
今は ツルツルです
(*^_^*)
見てみます?
なんて。。。


うさ


投稿者:四つ葉 2010/9/23(木) 22:40:29 No.3355 [hgiBZqmpEzA]

うさサン は道具ないんですか?

想像して ちょっとどうしたんだろう…(笑)

うさサン のツルツルは〜自分で言ってたんじゃないですか。
それを恥ずかしいなんて……


で、見せて頂けるんですか?(笑)


投稿者:うさ  2010/9/23(木) 23:31:34 No.3357 [x3rmhuSbi6I]


道具は。。
ちゃんと お道具箱の中に しまってあります
(//∀//)
その時の気分で
使い分けてます(*^_^*)


見て頂けるなら
見て頂いて。。。
四葉さんに
もっともっと
いっぱい妄想してもらいたいです♪(//∀//)
でも。。。
それは難しい事ですから。。(・・;)


うさ


投稿者:四つ葉 2010/9/23(木) 23:39:06 No.3358 [hgiBZqmpEzA]

ちゃんと お道具箱があるんですね(笑)
無い訳がないか

うさサンのツルツルを見たら〜
妄想なんて必要なくなってしまいますよ〜〜

おッ立たせたモノをブチュッて刺しちゃいそうだ。
あ、ツルツルなら素股?(笑)


投稿者:うさ  2010/9/24(金) 12:02:30 No.3359 [x3rmhuSbi6I]

こんにちわ(*^_^*)
お仕事中でしょうか?


お道具箱
ないわけない。。。
あはっ(;^_^A
言うまでもなかったですね(//∀//)
でも。。
もう一本 新しいの欲しいかなぁ。。。
なんて思っちゃってます♪

四葉さんは
素股のほうが
お好みですか?
うさは やっぱり
いっぱい突いてもらいたいなぁって。。。(//∀//)
こんな お話してると
午後からの仕事に支障が出ちゃいそう(・・;)


四葉さん
午後からも お仕事頑張って下さいね(^.^)b



うさ


投稿者:まなまな 2010/9/25(土) 20:48:29 No.3360 [blpAn.Cp0g2]

私も、早く続きがみたいです?あっ、私もツルツルですよ?それも課題に入れて下さい?


投稿者:四つ葉 2010/9/26(日) 23:24:49 No.3361 [hgiBZqmpEzA]

うさサン
まなまなサン

お返事が出来なくてゴメンなさい。
これの続きは書いてたんですが〜途中、握り締めてしまい打ち切りしちゃいました アハハ(笑)
うさサン、素股は特に好きとかじゃないです。
うさサン 同様に突く方が良いですね♪
まなまなサン、パイパンでしたか〜
色々と頭に浮かんでるんですが〜中々 パーツが揃わないです。
もう暫く待って貰いたいです。
お二人共、無毛なので肌寒くなった今、風邪をひかないように!笑


投稿者:うさ  2010/10/3(日) 23:59:57 No.3362 [x3rmhuSbi6I]

こんばんわ(*^_^*)
お久しぶりです。。
お元気でしょうか?


続きが凄く気になって
(;^_^A
今日は 四つ葉さんに
ご報告です♪
この間 彼が
新しい玩具を買ってくれました(*^_^*)
二人で選んだんですけど。。選んでる時
四葉さんの お話
思い出してしまって。。
あんなのないかなぁって
探しちゃいました(//∀//)結局 彼のモノに
似た大きさと太さの物にしちゃったんですけどね。。。

お話の続き
気長に待ってます(*^_^*)


うさ


投稿者:四つ葉 2010/10/4(月) 10:31:52 No.3363 [hgiBZqmpEzA]

こんにちは うさサン

元気は〜あんま無いかもです(ーー;)
ですので、妄想はしてるんですが、書く気力が湧いて来ないんだなぁ。

彼と選んだ玩具の味は如何でした?

ツルツルな所に突き刺さった玩具は卑猥な光景を想像させますね。

俺のと似た形と大きさのモノはいりませんか?笑


投稿者:うさ  2010/10/4(月) 14:54:56 No.3364 [x3rmhuSbi6I]

こんにちわ(*^_^*)
体調崩されてるんですか?(・・;)
大丈夫ですか?
今年の夏は
凄く暑かったし。。
気候に身体がついていけないですよね(;_;)
無理されないよう気をつけて下さいね(^-^)


四葉さんのモノに
似た物も使ってみたいです(//∀//)
なんて想像してたら
なんだかウズウズしてきちゃいました(*/ω\*)
仕事が終わるまで
我慢出来るか心配です。。
(;^_^A


うさ


投稿者:うさ  2010/10/4(月) 16:10:35 No.3365 [x3rmhuSbi6I]


四葉さん。。
あれからウズウズが
治まらなくて。。。
外回りに出かけた時に
。。。しちゃいました(//∀//)
ショッピングセンターの
トイレだったんですけど
変に音が響いてる気がして余計にドキドキ(*/ω\*) うさがトイレにいる間は
誰も入って来なかったけど(;^_^A
女の子の日が近いせいか
何時もより
えっちな うさです
(//∀//)


うさ


投稿者:四つ葉 2010/10/4(月) 18:36:23 No.3366 [hgiBZqmpEzA]

うさサン
しちゃいましたって…
何をですか?
ショッピングセンターとは言え、トイレでする事は〜
オシッコですよね?
他にする事ってあるかなぁ……
うさサンは一体なにをしたんですか?(笑)

因みに 体調面は万全ですよ。
精神的にちと(ーー;)
ですが、心配、お気遣いドウモです♪


投稿者:うさ  2010/10/4(月) 19:55:22 No.3367 [x3rmhuSbi6I]

お疲れ様です(*^_^*)
精神的。。。
うーん(-ω-)
ストレスなのでしょうか?それとも頑張り過ぎでしょうか。。。
少し ゆっくりされてみたら どうでしょうか(^-^)


トイレで。。
普通は おしっこ。。
ですよね(;^_^A
まぁ確かに おしっこも
しちゃいましたけど
それだけなら
四葉さんに ご報告しませんよ(*^_^*)
分かってるのに。。
意地悪ですよね(*/ω\*) まだ少し。。
えっちな気分だから
今夜は四葉さんの
妄想で。。。(//∀//)
しちゃうかもしれない
(*´∇`)


うさ


投稿者:四つ葉 2010/10/4(月) 20:56:48 No.3368 [hgiBZqmpEzA]

分からないから聞いてるんじゃないですか〜
教えて下さいよぉ(笑)

で、で、今夜はしちゃうかも?
だから 一体全体なにを……


投稿者:うさ  2010/10/4(月) 22:58:01 No.3369 [x3rmhuSbi6I]


四葉さん。。
うさの口から
言わせたいんだ(;^_^A


オナしちゃいます
(//∀//)


うさ


投稿者:四葉 2010/10/4(月) 23:16:54 No.3370 [pcWfB0oyY1ARs]

男は女に言わせてなんぼじゃぃ!笑


うさサン…オナニーしちゃうんですか?

うさサンのオナニー、、、うさサンの、、、、、、

あッ!さては〜新玩具のご使用ですか?

うさサンの オナニーってどんなだろ…

何処から触れ始め、何処をどの様に弄るんだろ…

教えて下さいな♪
明日の昼休みにでも(笑
今夜のオナニーを思い浮かべ、詳しくお昼休みに報告して下さいな(笑

と、言うわけで〜四葉さんはオネムです。
夢の中で逢いましょう♪

うさサン ガンバ!!


投稿者:うさ  2010/10/5(火) 23:04:43 No.3371 [x3rmhuSbi6I]

こんばんわ(*^_^*)
今夜も四葉さんは
既に夢の中でしょうか?
(ρ_-)ノ
昨夜なのですが。。。
結局 何もせず
眠ってしまいました
(;_;)
と言うのも。。
何時もより早く女の子の日が始まっちゃって(・・;) がっかりさせちゃいましたか?(;-_-+
暫く お預けです(T_T)
今夜は お薬を飲んだせいか。。。
眠いです(-_-)zz



うさ


投稿者:四つ葉 2010/10/5(火) 23:21:50 No.3372 [hgiBZqmpEzA]

うさサン こんばんは。

何も無かったんですか…
ま、オナるのは この先〜何千回と出来ますしね(笑)

薬を飲む程なら、うさサン の女の子は重いんですか?
起きてても辛いだけです。
早めに寝て下さいな。
四つ葉サンは〜先っちょをゴリゴリして遊んでから寝ます(笑)
四つ葉サン の先っちょは意外と綺麗な色なんですよ(プッ



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.