うさサンと彼のセックスを妄想

【四葉のひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン

ひとりエッチ倶楽部 > ボクのひとりエッチの妄想 > うさサンと彼のセックスを妄想

[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


うさサンと彼のセックスを妄想
投稿者:四葉 2011/3/6(日) 15:55:49 No.3436 [pcWfB0oyY1ARs]


彼は、うさの背後に座り込んだ。
脚を開き、うさを挟み込む様にしながら手を腰に回す。
彼と うさの雰囲気は出来上がっていた。
うさの腰に回されていた彼の手が上って来る。
彼の2つの手が うさのDカップの乳房を包み込んできた。

「後ろから胸を揉まれるのって何かエッチ…」
『うさは何をされてもエッチなんだろ?(笑)』
「そんな事ないもんっ!んっ……」

うさの乳房を包みながら彼の伸びた指先が乳首の先端で動かされた。
乳房に対し少し小さめな乳首を彼は優しく指先で転がす。

『もう乳首が立ってるよ?感じてるんだ??』
「だってぇ…そこばかり弄るから………」
『別に此処じゃなくても うさは感じるだろ?』

彼は背後から うさの右腕を上げ、脇の下を覘かせる。
そして、がら空きになった脇から下の脇肌に顔を密着させた。
彼は うさの脇肌に伸ばした舌を つつぅっと這わせる。

「ぁっ...そ、そこは駄目っ......嫌っんっっ」
『ほらぁ、声が大きいって〜隣に聞こえると恥しいって言ったのは誰だ?』
「だっ、だって…んんっ」

うさは彼の一言で唇を強く噛み締め開こうとする口を塞いだ。
横肌への違和感の伴う刺激は うさの上体を捻らせ、時には強く震わせてしまう。
うさの脇肌に舌を這わし、舐め続ける彼。
彼の余った左手は うさの左乳首をしっかり捕まえていた。
親指と人差し指で うさの乳首を摘みながら引っ張る・・・
親指と中指に変え、うさの乳首を引っ張りながら捻る・・・
うさの上体は何度も振るわせ、下半身を頻繁に捩じらせる。
時間を掛けて うさの上半身を愛撫する彼。
彼の左手が胸から離れ、腹を通過し下腹部に下がって来た。
処理を施された、本来あるべき筈の陰毛付近を撫でてくる。
胸ばかりの刺激に うさの気持と恥部は焦らされていた。
下腹部を撫でる彼に向け うさは脚を自ら開き、彼の手を誘い込もうとする。
しかし、彼は うさの気持を読み切ったのか再び手を胸に上らせた。
彼の焦らす行動に うさの我慢は限界だった。
そして うさは自ら彼に向け催促した。

「ねぇ…まだ?」
『ん?何が??』
「ずっと胸ばかりなんだもん……」
『そっか?色々してると思うけど』
「じゃぁ早く…触って……もう焦らさないで…」
『焦らしてないって〜それに何処に触って貰いたいんだよ』
「分かってる癖に………」
『俺には分かりませーんっ、何処ですかーーー?』
「……………意地悪」

彼の胸に寄り掛かりながら、うさ はM字になった脚を再び大きく開いた。

「此処……」
『ああ、そこかぁ(笑)』
「意地悪………」

彼は うさが言う所へ手の伸ばした。
そして大きくM字に開脚した太腿に手を添え、撫で始めた。

「ぁっっ...はぁ..はぁはぁ.....」

彼の太腿を撫でる手を、まだかまだかと脚を開き待つ うさ。
しかし、一向に うさが願う所へ手が運ばれて来ない・・

「ねぇ?ねぇってば……」
『今度は何?』
「どうして今日はそんなに意地悪するの?」
『別に意地悪なんかしてないだろ?』
『俺は うさの言う所にちゃんと〜』
「いつもより意地悪だもんっ!もぉ……」
『じゃぁ何処なんだよ。ちゃんと言ってくれないと分からないだろ?』
「言わせたいの?」

うさは首を上げ、上目使いで彼を見る。

「……………………おまんこ」
『何?今なんて言った??』

彼は うさに向け耳を業とらしく傾けた。

『うさ、よく聞こえなかった』
「もぉ…何で今日はこんなに……」
「おまんこっ!」
『な〜んだ、うさは おまんこを弄って貰いたかったんだ(笑)』
『だったら早く おまんこ弄ってって言えば良いのに(笑)』
「ばか………」
『でもさ、我慢出来ないなら自分で弄れば良かったんじゃないか?』
「何で2人で居るのに自分でなのよぉ」



投稿者:四葉 2011/3/6(日) 16:03:09 No.3437 [pcWfB0oyY1ARs]

彼はベッドの上から一旦離れ、クローゼットに足を向かわせた。

「何してるの?」

そしてクローゼットの中から うさの愛用している玩具がしまわれている道具箱を持ち出して来た。

『これでさ(笑)』

彼が道具箱から取り出したのは以前彼と買ったバイブレーターだった。

『ほら、これ使ってさ』
「だから何でよぉ…してくれるなら良いけど……」
『良いから良いから!はい(笑)』
「…………………」

彼はバイブレーターを うさに手渡した。
そして再び うさの背後に座り込み うさの身体を抱き寄せた。

『ほらぁ、スイッチ入れて』
「ほんとにするの??」
『1人でする時は使ってるんだろ?その時みたいにさ』

彼は うさを抱き寄せながら両手に胸を包み込んで揉み解しだした。
乳房をグニュグニュと捏ねる様に揉み、突起が治まらない乳首を強く摘む。

「そ、そんな乱暴にしないでっ...あっんっっ」
『うさ何してるんだ?おまんこに早くそれ…入れちゃえよ?』
『ずっと、おまんこをどうにかして貰いたかったんだろ?』

彼の強い胸への愛撫と耳元で意地悪な物の言い方、そしてバイブレーターを手にした事で うさの気持が一気に高まりだした。
込み上げる興奮に うさは手にしたバイブレーターを開いた股の間に忍ばせた・・・
バイブレーターの先端を慣れた手付きで恥部へ押し当て、溢れていた恥汁を馴染ませる。
そして、ゆっくりと恥穴へバイブレーターを押し込んでいった。

「ああぁぁぁ......っ」
『うさ…バイブ入った?』
「う、うん…入っ……た」
『どう?オアズケされてた おまんこ気持い?』
「はぁはぁはぁ…き、気持ぃ……」
『ほらっ、スイッチ入れてもっと動かしてっ』
「動かしたいけど…声が……大きくなっちゃうから…」
『大丈夫だって!うさ、いつも我慢出来てるだろ?』

彼はバイブレーターを握る うさの手を掴み前後させて来た。
うさの意思では無く、彼の意思でバイブレーターは出し入れさせられる。

「ああっ...だっ、だめっっ......そんな動かし..ちゃ.........あっっ」
『うさ、声デカいって〜隣に聞こえちゃうって』
「はぁはぁ…だって……あっっくぅ…」

うさは自分の左手を口に覆わせ、塞いだ・・・

「っっ……はぁはぁはぁはぁ………っ」
『そうそう我慢しなくちゃ うさの喘ぎ声が隣に筒抜けだぞ?』

彼は嬉しそうな顔を うさに見せる。
うさがバイブレーターを握る手を離させ、彼がバイブレーターを手にした。
バイブレーターを出し入れさせながらスイッチを1つ入れた。

ヴィ゛ィ゛ィ゛ィ゛ィ゛ーーーーーッ。

「んっくぅぅっっ」

目を閉じ、うさの眉間に皺が集まった。

『ほーら、おまんこの中が掻き回すぞ?』
「はっはっはぁっ…んくっっ……くっ」

バイブレーターが うさの恥穴の中を蠢く…
狭い うさの中を内側から抉る様にバイブレーターは蠢く・・・・


投稿者:四葉 2011/3/6(日) 16:04:29 No.3438 [pcWfB0oyY1ARs]

彼はバイブレーターを操る手を休ませ、再びクローゼットに向かった。
そしてクローゼットの中にもう1つの うさが愛用とする玩具を持ち出して来た。

『そろそろ1回、逝っとく?』

彼は嬉しそうな顔をしながら先端の大きな電気マッサージ器を うさに突き出した。

「逝きたいけど…逝きたいけど、それを使っちゃったら声…我慢出来ないよ」
『大丈夫だって〜こないだは我慢出来ただろ?』

マッサージ器を手にした彼は うさの身体の向きを変えた。

「!!!?」
『今度はもっと我慢しないとマズいぞ!』

彼は うさの身体を隣の壁に向けたのだった。
隣の壁に向けられた うさは嫌がった。

「やっ、やだってば!」
『うさが ちゃんと我慢すれば平気だって』

彼は背後から自分の足を使い、うさの両足を左右に広げた。
隣の壁に向けて うさの恥部は突き出す格好にさせらる。
すると彼はマッサージ器のスイッチを入れ、恥部へ押し当てだした。

「ああっ!」

強い刺激が うさの口を大きく開かせてしまった。

『シーーーーーーッ!!』

うさは慌てて両手で口を覆い隠した。
手の中ではしっかりと唇を噛み締め声を必死に押し殺す。
マッサージ器は うさの恥部を全体に押し当てられていたが、次第にその先端は一箇所へ集中しだした。
大きく開かされた脚に釣られ、最も敏感なクリトリスが剥き出しになっていた。
マッサージ器が集中したのは、その うさの剥き出しになるクリトリスへだった。

「うくっ..っくぅぅ......くっ...」
『良いぞ うさ…気持いだろ?』

うさは口を塞いだまま頷く事しか出来なかった。

『こうするともっと気持ち良くなるぞ』
『逝くのは我慢しないくて良いんだからな』

彼は左手を使い、膨れ上がったクリトリスを飛び出させた。
膨れ上がった うさのクリトリスにマッサージ器が強く押し付けられる。

「はっっくぅ...逝くっ.....逝くっっ」

マッサージ器が強く押し付けられて直ぐに うさは力尽きてしまった・・・

「はぁっはぁっはぁっ...」
『うさぁ、早かったなぁぁ(笑)』

うさが絶頂を向かえ、まだ息が上がっているにも関わらず彼は うさの身体を抱き起こした。
肩で大きく息をする うさを壁に向け四つん這いにさせる。

「はぁはぁはぁはぁ…!?」

うさの目の前には隣との壁。
そして彼に向け尻を突き出す。

「えっ!?ま、待って!ちょ、ちょっと」

うさが戸惑う間に、彼は うさの中へ突き刺した。

「ああっ...ま、待って〇〇待ってってばっ」
『壁とこんなに近いんだぞ?声出して平気なのか??』

彼が うさを力強く突き刺してくる・・
うさの顔と壁との隙間が無くなって行く・・・
次第に うさは壁に手を付かされる格好になった。
当然 うさの顔、目前には隣を仕切る壁。
うさは今まで以上に声を堪えようとする。
壁に肘を付き、その肘で口を塞ぎに掛かった。
気持良い行為が今だけは辛く思える うさ。
彼の挿入が激しくなりだした。

『はぁはぁはぁ…何か、何か興奮するな』
『うさが耐えてる姿が良いのか……』

彼は うさの両手を掴み背後へ引き出した。

「ちょ、ちょっとっ!あっ、ああっっ…は、離してっ」
『うさっ、うさっ』

彼の勢いが増す。
そして、うさは両手を彼に掴まれ顔を壁に向け強く突き出されてしまう。
声を抑える手段は唇を噛み締める事しか出来ない。
うさは必死に声を押し殺している。
しかし、勢いの増した彼が与える刺激は大きく うさの口から声が漏れ出す。

「ぁっ.........ぁっ......ぁっ...だめっ聞こえちゃぅ......」
「ぁっ.........ぁっ.........も、う......ああっあっあっあっ」
『う、うさっ。声っ!声っ!!』
「んあっ、ああんっああっん...あっあっあっあっああああ」

一旦開いてしまった うさの口は閉じる事が難しく、彼が慌てて うさの口を手で塞いだ。

『今の完全に聞こえたぞ?』

彼は うさの口を塞ぎながら最後の力を振り絞り素早く うさの中を突く。

「んっんんっ...んっんっんっんっ......」
『はぁはぁはぁはぁっ、逝くぞ?逝くからなっ!!』

彼は うさの中から抜き出し、うさの尻に目掛けて精液を放った。
うさの尻を流れ落ちる彼の精液・・・
その滴り落ちる精液の下には うさが溢れさせた恥汁が大きな輪を作っていた。


こんな感じで、うさサンと彼の家でのセックスを想像させて頂きました(笑
近い所あるのかな?
もっとエグい事もしてると思いますが・・・

それと〜うさサンの声がどれだけなのか知りませんが
バイブや電マの音って隣に聞こえてると思った四葉サンでした♪
深夜になればなる程、筒抜けでしょうね(笑


投稿者:うさ  2011/3/7(月) 2:19:58 No.3439 [x3rmhuSbi6I]


こんばんわ♪
四葉さんの妄想に
今夜もドキドキしちゃってます(//∀//)
彼との えっちに
あまりにも似てる所が
多くて(*/ω\*)
本当は見られてた??
(・・;)
この前は彼の所だったんだけど。。。
うさも彼も それぞれに
玩具 持ってて(;^_^A
確かに彼。。。
クローゼットから出したんですよね(;^_^A
だから余計に読んでて
ドキドキしちゃいました
(//∀//)


深夜ほど 響いちゃいますよね(;-_-+
お隣さんにバレちゃってるかなぁ(・・?)
毎朝 顔合わしてるんだけど。。。
あの微笑みは
全て分かったうえなのかしら?(;^_^A


読んでて ますます四葉さんのファンになっちゃいました(*^_^*)
これからも うさの事
もっとドキドキさせて下さい(*/ω\*)



うさ


投稿者:四葉 2011/3/7(月) 9:32:55 No.3440 [V.iV2Y7D0gY]

うさサン おはようさん。
雨が雪に変わり寒さがまして来ましたよ。


この程度で ドキドキして貰えて得した気分です♪

今度 うさサン と彼のsexに参加しても良いですか?(笑)
あ、見てるだけでも結構なので(笑)

これ以上のドキドキ感は俺では無く彼のお仕事ですよーッ


投稿者:うさ  2011/3/7(月) 10:48:18 No.3441 [x3rmhuSbi6I]


おはようございます
(*^_^*)

そちらは雪なんですね
(*_*)
寒いでしょ?
風邪ひかないよう気をつけて下さいね(^-^)
うさの所は少し前に雨が降り出しました(;^_^A


うさは欲張りなので
彼にも四葉さんにも
ドキドキさせてほしいなぁなんて思ってます
(*^_^*)
彼が うさに
お前って えっちに対して貪欲だよね。。。って(;^_^A そんな姿を四葉さんに
見られちゃうの少し恥ずかしいかも(*/ω\*)
なんて いろんな事話してるのに今更。。。ですよね
(;^_^A
四葉さんと彼と
攻められたら。。。
考えただけで うさは。。。
まだ お仕事中なのに
えっちな気分になっちゃいます(//∀//)
側にいて ご指南願います (*/ω\*)
なんて♪

真面目に お仕事します
(;^_^A


うさ


投稿者:うさ  2011/3/10(木) 13:43:16 No.3442 [x3rmhuSbi6I]


こんにちわ(*^_^*)

って。。。
四葉さん
忙しいのかなぁ(・・;)
それとも
体調不良かなぁ(・・?)
また 来てみます(;^_^A


うさ



投稿者:四葉 2011/3/10(木) 21:58:10 No.3443 [V.iV2Y7D0gY]

呼ばれて 飛び出て ジャジャジャジャーン♪

こんばんは、うさサン。

そんな忙しくは無いですよ。
体調は〜やたら眠いかな(--;)
俺が来なくて寂しかったかい(笑)
それとも 弄くる為の妄想が欲しくなりましたか?(笑)


投稿者:うさ  2011/3/11(金) 2:24:46 No.3444 [x3rmhuSbi6I]


こんばんわ♪
四葉さぁん(*^_^*)
良かったぁ(^-^)
体調悪いのかなぁって
心配してたんです(;_;)


四葉さんの妄想も大好きだけど。。
うさは 四葉さんが
好きだから(//∀//)
四葉さんと
お話出来ないと
淋しいんです(;_;)


うさ



投稿者:四葉 2011/3/11(金) 12:43:19 No.3445 [V.iV2Y7D0gY]


ひとりエッチ倶楽部に登場して6年位だけど〜
此処での俺って…
モテモテだ(笑)
と、言う事で〜うさサン こんにちは。

しかし、寂しい何て大袈裟ですよ。
攻め鎬あう彼が居るし
分からないけどメールする男友達やエロ仲間だって居るでしょうに(笑)

ですが、こんな中年男に好意を持って頂き ありがとです♪


投稿者:うさ  2011/3/12(土) 0:39:39 No.3446 [x3rmhuSbi6I]


こんばんわ。。
地震で凄い事になってますが(・・;)
四葉さんの所は
大丈夫な所なのかなぁ?
(;_;)
うさは凄く心配しています(T_T)


うさ




投稿者:うさ  2011/3/14(月) 0:12:37 No.3447 [x3rmhuSbi6I]


こんばんわ。。。
四葉さん
今夜も いらしてないんですね(・・;)

また来てみます(;^_^A


うさ




投稿者:なお (ke225ki725)  2011/3/15(火) 7:17:54 No.3454 [3UIfZhDIrtA]

心配ですね(・・;)

早く連絡がとれることをお祈りをしています><


投稿者:うさ  2011/3/16(水) 11:06:46 No.3455 [x3rmhuSbi6I]


こんにちわ(^-^)
四葉さん。。
大丈夫ですか?(・・;)


うさ


投稿者:うさ  2011/3/17(木) 12:09:34 No.3456 [x3rmhuSbi6I]


四葉さん。。

どうされてますか?
(;_;)
何事もないのなら
良いのだけれど。。。
地震が起きたりとかしたし(☆。☆)
四葉さんが 元気だと
いいなって。。。
何度も書き込んじゃって
ごめんなさい
m(__)m



うさ


投稿者:四葉 2011/3/17(木) 21:59:22 No.3457 [V.iV2Y7D0gY]

うさサンへ

長い間 心配かけてすいません。

俺は無事です。
地震により携帯がダメで何とか機種変しました。

余震、計画停電で生活のリズムが乱れてますが

色々と ごめんね。


投稿者:うさ  2011/3/17(木) 22:44:49 No.3458 [x3rmhuSbi6I]


四葉さぁん♪
良かったぁ(≧▼≦)
ご無事だったんですね
(^-^)
本当に何かあったのかと
心配してました。。
毎日毎日 報道聞いてると 不安で(;_;)
うさは 四葉さんが
何処に住んでらっしゃるのかも分からないし。。
でも うさの所より
ずっと東に住んでらっしゃるだろう。。って(・・;)
もしや。。。って考えると
怖かったです(T_T)

計画停電とか
大変な事ばっかりで
気が落ち着かないですね
(;_;)
いろんな物も品薄みたいですし(・・;)
大丈夫ですか?


だけど 四葉さんに
何事もなくて良かったです(*^_^*)


うさ


投稿者:四葉  2011/7/3(日) 15:42:50 No.3485 [V.iV2Y7D0gY]

むむっ



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.