夏の思い出

【バーグのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


夏の思い出
投稿者:バーグ  2006/09/19(火) 16:15 No.496

その2

部室といっても、その広さは4畳半程度で、部屋と部屋はブロック塀で
仕切られている。左隣は男子テニス部で右隣はラグビー部である。

美紀は壁にもたれるように椅子に浅く座り、足を投げ出した。
いつも家でオナニーをする時の”座りバージョン”である。

美紀はタオルを広げ、眺めた。そして、自分の顔をタオルで覆おうようにして
思いっきり息を吸い込んだ。汗独特の酸味のある匂いが美紀の鼻腔から
一気に吸収され、体内に滑り込んできた。
「マサシの・・・マサシのニオイ・・・」
それまで味わったことのない異常な興奮が、美紀を取り巻いてきた。
「は・・・ああ・はあ・・」
もう一度、匂いを吸い込んだ。まるで、マサシの大きな体がアメーバのように
液体化し、美紀の体に纏わりつくような錯覚に陥る。
美紀は左手でタオル越しに鼻を押さえた。
「感じる・・・マサシを・カンジル・・」
美紀は、舌を出しタオルをベロベロと、舐め回しだした。
「はぁ・・はぁ・・はぁ・・・」
いったん舐め出した舌は、別の生き物のように激しさを増した。タオルが
唾液でグショグショなるまで、夢中で・・夢中で美紀は舐め回した。
堪らず、美紀は右手でオ○ンコをいじり始めた。

美紀のソコは今までにないくらいに、ぐっしょりと濡れ、それがまた
いやらしさを倍加させた。
いやらしく充血したクリを、美紀は激しく指で嬲った。何度も何度も・・・
激しく指を行き来させる。
「あああ〜・・・あああ〜・・・ああ〜〜・・」
足を突っ張り、オ○ンコを突き出すような格好でクリを弄ぶ。椅子の端が
お尻に食い込み、壁に背中を押し付けているので、少し痛いが、それが
また、快感を呼び起こす。
夏休みの夕方の部室で、ひとり、マサシのニオイのついたタオルをベロベロ舐め
嗅ぎ、激しくオナニーをしている・・・こんな格好で・・・
「はぁ・・はぁ・・あたし・ヘンタイ?・・ヘンタイ・よ・・ヘンタイよおお!!・・・」
こんなに感じるのは初めてだ。

太ももの付け根が、ビク・・ビク・・としてきた。
「・・イッちゃう・・イッちゃう・・」
腰が浮いてくる。椅子の端がお尻にさらに食い込んでくる。
まるでオ○ンコが、マサシの逞しいモノを求めているかのように
美紀はひときわ高く腰を突き上げた。
「あああ〜〜〜っっ!!!」
経験したことがないほど、体がビクンビクンと波うち、激しい痙攣にも似た
感覚が美紀の下半身を捉え、頭が真っ白になった。
美紀は、部室で、ひとり、絶頂を迎えた・・・一回目の・・・



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.