初めての射精

【なおのエッチな初体験】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


初めての射精
投稿者:なお  2005/11/30(水) 23:14 No.6

もう10年以上も前の話になるが、俺は中学に入ってから体操部に入部した。
特に体操が得意というわけでもなかったが、たまたま同じクラスになった友達に誘われ、軽いつもりで入部してみた。
部員はかなり多かったが、新入生はあまりいなく、1年は男3人と女子が2人だけだった。
練習はかなりきつく、1年である俺たちは毎日のように準備や片付けをさせられて、1学期も終わるころには続けていくのが嫌になっていた。
そんな1年の女子の中に、同じクラスのK子がいた。
今にして思えば中1の頃なんてSEXの仕方やオナニーの仕方なんて全然知らなかったが、女子の体に興味を持ち始めた頃であったような気がする。
わずかな胸の膨らみや、腰、足など男にはない彼女たちの体を目をそむけるようにしながらも見ていたのもこの頃であった。
K子は髪も短く、さばさばとした性格で、ボーイッシュな感じであったが、そんな性格からか俺とは男友達と同じような感覚で話しをすることが多かった。
夏休みになると、さらに部活の練習が厳しくなり、他の1年たちも理由をつけては休みがちになった。
そんな時、たまたま1年が俺とK子しか来ていない日があったのだが、
さすがに練習後の片付けが2人では本当にきつかった。
先輩たちはさっさと着替えて帰ってしまうし、2人して文句を言いながらも体育館の放送室の下にある器具置き場に何度も道具を運んだ覚えがある。
器具庫の棚に道具をしまっているK子を後ろから見た時に、ブラをしていることに初めて気づいた。
興味とその時のドキドキ感は今でも忘れられないが、「お前ブラしてんのかよ?」ってカラかってしまった。
「うるさいはね」ってK子に怒られ、「お仕置きだっ〜」なんて蹴りやパンチを食らった。いつもは男友達的な感じで付き合っていたので、俺もK子に「反撃だっ」って負けじと逆襲した。
最初はパンチだのキックだのとふざけていたが、いつの間にかプロレスごっこのようにお互いの体を密着させていったのは、子供ながらもお互いの本能であったんだと思う。
K子の両腕の下から俺の腕を組ませ、俺の足はK子の片脚に絡ませて次第にK子の動きを封じ込めていった。
参ったかっとばかりに俺は「もう動けないだろっ」って、たぶん興奮気味に言ったと思う。
「まだまだ」ってK子は強がりながらも、さらに反撃にでようとした。
俺はバタバタと暴れるK子を後ろから必死で抱きついた。
俺の手は腕から胸へとまわり、K子の下着がこの手ではっきりとわかるほど胸を覆い、絡ませた両足はK子の両足を拡げ、太腿の付け根まで自分の腿を絡ませていった。
ブルマを履いていたK子の柔らかな尻肉とわずかながらの胸の感触に、
興奮が収まらず、自分の股間をK子の尻に押し付けていた。
どれだけの時間がその時に過ぎたのかはわからないが、K子も何も言わず、動きもせず、ただお互い無言でそのまま時間が過ぎた。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ボクのエッチな初体験]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.