媚薬で3

【スノーのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


媚薬で3
投稿者:スノー 2011/6/26(日) 0:51:02 No.6984 [GbOZuXX/kUw]

「グチョグチョじゃないか。透け透けで、丸見えだよ。いやらしいおマンコだね」
熱をおびたおマンコを、下着のうえから、上司の舌が這う。

ンッ… アンッ…

「我慢しなくていいんだよ。誰もいないんだから。もっと乱れなさい」

アンッ ア〜〜ッ
舌の動きに合わせて、腰が勝手に動き出してしまう。

チョキンッ……

いつの間にか手にしたハサミで、下着を切られ、丸見えになるおマンコ。

「凄いよ。こんなに濡らして。どうして欲しい?舐められたい?指でかき回されたい?」

答える間もなく、ジュルジュルとおマンコに吸付く上司。
硬くなったクリトリスを舌先て激しく弾く。

アッ ダメッ 出ちゃうッ!
拘束された手で、必死に上司の顔を押しどけると、失禁しながらイッてしまった私。

「お漏らしして、悪い子だねぇ。君ばかり気持ちよくなって」

息を荒げる私の口元には、上司の大きなおチンチンが。
先が少しテカテカして、男性特有の匂いを発している。
舐めたくなり、舌を出すと、スーっと上司の体が遠くなる。

「舐めたいのか?ちゃんと言いなさい」
……舐めたいです……
「ちゃんと、目をみてお願いしなさい」
体中が熱く、ぼーっとしたまま、上司を見上げる。
……おチンチンを舐めさせて下さい……

「いいこだ」
頭を撫でられ、思いっきり、喉までおチンチンが入ってくる。
苦しいのに、吐きそうになるのに、気持ちいい。
激しく口の中を出し入れされるおチンチンを、もっと舐めたくて、舌をおもむろに動かす。

静かな職場の部屋に、
ジュボッジュボッ
ジュルジュルッ
音が響く…



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ワタシのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.