つくりばなし

【りなのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


つくりばなし
投稿者:りな 2011/10/10(月) 2:43:06 No.7343 [nlXeVQTwFX.]

第六章[come]

男の中指が、パンティの脇から入ってきた。そして汁の溢れた密壷へ指を挿入してきた

危うくユメは声を出しそうになった
男は執拗に中で指を動かし、かき回した。
手すりに掴まるユメの腕が震えてきた
〈…はあ…はあっ、どうしよう〉
すっかり悦楽の波に飲みこまれ、我を失いそうになっていた

〈痴漢されてこんなに感じまくってる女なんて、変態か欲求フマ…〉
考える途中で腑に落ちてしまった

そうか、私は欲求不満の人妻だった

〈妻が求めてるのに相手にしない夫が悪いのよっ〉一瞬快感から遠のきかけた脳が、結局また痴漢されている現実を受けいれた

こんなに感じてしまって、気づくと男の方に腰を突き出してしまっている。シャツ一枚で辛うじて隠れている乳首は、快感にツンと立ったまま。もう尻も短いスカートの裾から半分は見えているだろう。
男の腕はユメのシャツの下から突っ込まれているから、裾が捲れ上がり、胸も見えてしまっているかも。そんな自分が周りの乗客から見られているような気になり、恥ずかしさから更に興奮してしまう

男の愛撫は終わらず、太ももにユメの熱い秘汁が流れていくのがわかった。腰を突き出すだけでは飽き足りず、腰を積極的に動かしてしまっている

〈はあん…はあ…〉

すでに男のぺニスをズボン越しにグッと押し付けられていた。
〈ソレ、欲しいの〉
心でユメは訴えた。もう一年以上与えてもらっていない【ソレ】

ズボンのファスナーを下ろす短い音が確かに聞こえた

後ろでもぞもぞ手や腰を動かしている男

やがて【ソレ】は静かにユメの中に入ってきた。男はすぐに腰を動かしはじめた

〈ああっ。これよ。私これが欲しかったのぉっ〉

ユメは感動すら覚え、身体が震えた。男に後ろからぺニスで突かれながら、「ああっああっ」と声を出す口を手で覆った。
〈すごいわ…痴漢にこんなに満たされるなんてぇ…〉
あまりの気持ち良さにユメは失禁もしていた

「痴漢でこんなヨガる女なんて、初めてだ。いやらしい女だな」

ニヤニヤしながら痴漢男はユメにそう言ったが、彼ももう我慢の限界のようだ。「うっ」と声を発してあっけなくユメの尻に射精してしまった。白く濁った男の汁が、ユメの尻から太ももにつたっていく




  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ワタシのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.