チカンのお兄さん

【シホのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


チカンのお兄さん
投稿者:シホ 2011/11/27(日) 6:17:22 No.7430 [m1X19Ro5IjA]


電車に揺られてたら、チカンの手が伸びてきて。
シホはビックリして周りを見るんだけど、チカンらしい姿は、後ろに立ってる、イケメンなスーツのお兄さんだけ。

まさかこんな人がチカンなんてするわけないって思って、シホはスーツのお兄さんに背を向けたの。

そしたら、ブレザーの制服のスカートから、ゴツゴツした手が、後ろからシホのパンツをまさぐるの。
同時に、後ろから伸びた左手が、シホの制服のボタンをゆっくりと外していくの。

振り返ると、スーツのお兄さんはニコリと笑ってる。
顔が赤くなっていくのがわかって、イヤイヤするんだけど、お兄さんはボタンを外す手も、お尻をまさぐる手も、止めようとしないの。

お兄さんはシャツのボタンをプチプチと外していくの。
そして、白のブラが現れたの。

お兄さんは「可愛いブラだね」って小さく呟いて、フロントホックを片手で外したの。

「大きいのに乳首は小さくてピンクなんだ、キレイだね」
ってお兄さんは言って、シホの乳首をコリコリし出すの。
パンツの中にも手を入れて、シホのオマンコの近くまできて、指を動かすの。

オマンコはヌルヌルで、その愛液をすくうと、お兄さんはクリをいじめはじめるの。

「ぁっ、あ、あぁ」
声が出るんだけど、電車の中だから、シホは両手で口を抑えたの。

お兄さんは「イイコだね…、イかせてあげるから、声、抑えてて」って耳元で囁くと、オマンコに指を出し入れしはじめたの。

軽くイきそうになって、シホは両手で口をキツく抑えるの。

お兄さんの手は、乳首とオマンコの両方を優しくいじめて、シホはおかしくなりそうなくらい気持ち良くなってたの。

「っぁ!イっ…!!」

小さく漏れた声は、電車のアナウンスに紛れて。
とろけそうなくらいヘニャッと力の抜けたシホを支えて、お兄さんは優しく笑ったの。

「明日も待ってるから」

制服を直してくれて、ニコッと笑って、そのチカンのスーツのお兄さんは、電車を降りていったの。

明日もまた、この車両に乗らなきゃ…って、今も疼いてるトロトロのオマンコのこと考えて、降りてったお兄さんの方を、シホはただ、見つめたの…。



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ワタシのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.