メイドのお仕事〜朝〜

【gyuneyuのひとりエッチの妄想】
こんにちは ゲスト さん ログイン


[レスを付ける] [ご利用方法] [匿メール]
記事No 削除キー


メイドのお仕事〜朝〜
投稿者:gyuneyu 2011/12/30(金) 10:35:23 No.7459 [pcBZEwMqrm7TQ]

メイドのお仕事

私はみるく、ご主人様に仕えるメイドです。
今日もご主人様を起こす事から一日が始まります。

「ご主人様…おはようございます」
声をかけてご主人様の部屋に入り、一礼をしまし た。
そしてまだ眠っているご主人様の被っている布団を捲ります。
「失礼します…」 そう言って、私はご主人様のバスローブを剥いで、 下半身を露わにさせました。
部屋では下着をつけて いないご主人様の立派なおち○ちんが現れます。
「今日もみるくに、ご主人様の朝一番の精液を下さいませ…」
そっと手を添えてそう言い、私は肉棒を咥えました。

「ん、ん…はむ…んちゅ」
朝勃ち状態のモノがますます凶暴に硬くなっていきます。
「ん…みるく?」
「あむ、…ごしゅじんさま…お目覚め、です か…?」
みじろいでご主人様が私に声をかけました。
「あぁ、おはよう。」
そして私の頭を撫でて下さります。
「ん…ふぅ、ん…」
それに嬉しくなり私はいっそう肉棒を吸い上げ射精を待ちます。
「あぁ、みるく、出すよ…」
れろれろと先端を舐めていると、ご主人様が言いました。
「はい…みるくのおくちに、たくさん出して下さ い…」 ぱくりと大きなおち○ちんを口に含むと、宣言通り すぐ様濃い精液が噴き出します。
「んんぅ…!」
どくどくと口いっぱいに広がる液体を受け止め、ご くん…と喉を鳴らして飲み干しました。
「ふぅ…。…みるく、朝ご飯は用意出来てる?」
「は…はい、あちらにございます…」
精液にうっとりしかけた私の頬を撫でてご主人様が 問うたので、私が答えるとご主人様はベッドから下 り、バスローブの前合わせを閉じました。
「今日も一日よろしく。みるく」
「はい…ご主人様」

こうして私の一日は始まります…。


投稿者:たかし 2011/12/30(金) 13:54:43 No.7460 [1asFhWWvhAA]

いいね(^o^)
このご主人様になってみたいなぁ
こんなふうに起こされてみたいよ(笑)



  • ログインして書き込めば、メアド非公開でメールのやり取りも可能!
    無料&ファイル交換も可能な匿メールシステムはこちら。是非ご登録を~!
  • 掲示板のサブタイトルに記載の通り、趣旨に沿った書き込みをお願いします。
    待ち合せ板、オナ友募集板以外での【指名/誘いメッセージ禁止!!】
  • リアルな出会いに繋がる書き込み電話番号誹謗中傷など厳禁。
    →リアルな出会いは「紳士淑女の夜の社交場」で
  • 掲示板上での2人エッチ行為は禁止します。1人エッチはOK
       →2人エッチにはツーショットチャットをご利用下さい。
  • ルール・マナー・法律違反者は利用者制限措置をとります
  • 投稿記事は30日経過しないと削除出来ません。
  • 使い方がイマイチ分からない方はゲストブックでお試しください
  • 印は必須入力項目です。

年齢確認を実施して下さい (女性無料)

年齢確認がお済でないと利用出来なくなります。

名 前
全角10文字以内
削除パスワード
半角6~16文字以内
コメント
1 全角4096文字以内。適宜改行を入力してください。
2 サイト宣伝&URL入力NG。
文字色
あなたのイメージ
← あなたのイメージを選択してください →
イメージ
設 定
書込み時の状態を保存する

[ワタシのひとりエッチの妄想]


弊サイト内の全ての画像、文書等の無断転載及び無断雑誌掲載を固く禁じます
【インターネット異性紹介事業届出済】 (C)2001-2016 ひとりエッチ倶楽部 SYAKOUBA.COM All rights reserved.